ダウンタイム対策としての「レジリエンス」【後編】
「レジリエンス」を高めてダウンタイムコストを最小限に抑える方法
計画外のダウンタイム発生に備えて、最も重要なシステムのレジリエンスを高めることで、損失を最小限に抑えられる可能性がある。どう取り組めばよいのか。(2021/9/22)

「未知に備える」力を磨く【後編】
「組織レジリエンス」の失敗しない進め方 専任チーム結成後にすべきことは?
企業が危機を乗り越える回復力を身に付けるために、参考にすべきPDCAサイクルがある。これに沿って取り組めば、「組織レジリエンス」を実現できる。何に取り組めばいいのか。詳細をまとめた。(2021/9/21)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第3回】
採用面接で仮想化技術の“あの言葉”の意味を聞かれたら、どう答えるべきか
仮想化エンジニアの採用面接では、求職者が持つ仮想化技術の知識や経験を問われることがある。採用面接に頻出する質問を基に、仮想化のスキルをアピールするための回答のポイントを説明する。(2021/9/21)

「未知に備える」力を磨く【前編】
危機に強い企業の秘訣は「組織レジリエンス」 話題の概念の“つかみどころ”は
先行きが不透明な激変の時代。企業はさまざまな危機に備え、いち早くビジネスを通常に戻すための回復力が問われる。欠かせないのは組織としての結束力だ。企業が関心を寄せる「組織レジリエンス」の実態に迫る。(2021/9/14)

ダウンタイム対策としての「レジリエンス」【前編】
「ダウンタイム」が招くコストを正確に見積もる方法
ダウンタイムは重大な損失につながりかねない。評判を損ねたり、売り上げを失ったり、余計なITコストが発生したりする恐れがある。こうしたコストを見積もる方法は。(2021/9/14)

「オペレーショナルレジリエンス」とは何か【後編】
「オペレーショナルレジリエンス」には会話が不可欠な“納得の理由”
さまざまな危機に“免疫力”を持つには、部門を超えて積極的にコミュニケーションを取ることが重要だ。「オペレーショナルレジリエンス」の本質に迫りつつ、実現への道筋を示す。(2021/9/7)

「オペレーショナルレジリエンス」とは何か【前編】
危機に強い「オペレーショナルレジリエンス」企業を実現する8つのチームとは?
災害時の「レジリエンス」(回復力)の拡張版として、サイバー攻撃などさまざまな危機を乗り越えるための「オペレーショナルレジリエンス」に注目すべきだ。どのようなものなのか。(2021/8/31)

サイバーセキュリティ予算の賢い立て方・使い方【後編】
ROIを高める「サイバーセキュリティ予算」の使い方“3大ステップ”
サイバーセキュリティはROIが見えにくい。CISOがサイバーセキュリティ予算の配分と投資で組織に貢献するためには、どうすればよいのか。(2021/8/12)

オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【後編】
新型コロナ「ワクチンパスポート」活用に「接触確認システム」の経験が生きる訳
企業がCOVID-19のワクチンパスポートを利用する場合、個人情報の管理に伴うさまざまなリスクが発生する。安全な利用には何が必要なのか。具体策を解説する。(2021/8/10)

サイバーセキュリティ予算の賢い立て方・使い方【前編】
「サイバーセキュリティ予算」を率先して投じるべき4分野とは?
CISOはサイバーセキュリティ予算を確保した後、どのような分野に予算を配分し、使用すればよいのか。率先してサイバーセキュリティ予算を投入すべき4つの分野を紹介する。(2021/8/5)

サイバーセキュリティ保険選定ガイド【第4回】
「サイバーセキュリティ保険」契約後に最低限やるべきこととは?
自社に必要なサイバーセキュリティ保険を選定し、契約することは重要だ。ただし、それだけではサイバーセキュリティ保険を有効に活用できない。契約後に実施すべき行動を解説する。(2021/8/5)

サイバーセキュリティ保険選定ガイド【第3回】
「サイバーセキュリティ保険」比較の肝 “良い保険会社”を選ぶ基準とは?
自社に必要なサイバーセキュリティ保険を選ぶには、何に注意して選定を進めればよいのか。選び方のヒントを紹介する。(2021/7/29)

サイバーセキュリティ保険導入ガイド【第2回】
「サイバーセキュリティ保険」選びに失敗しない“8つのステップ”とは?
自社に適したサイバーセキュリティ保険の見当を付けるには、どのようなプロセスを踏めばよいのか。選定に失敗しないための8つのプロセスを紹介する。(2021/7/22)

サイバーセキュリティ保険導入ガイド【第1回】
「サイバーセキュリティ保険」は何を補償するのか? 範囲と内容
セキュリティインシデントによる被害を抑えるためにはサイバーセキュリティ保険が有効だ。何が可能で何が不可能なのかを理解しよう。(2021/7/14)

「こんなはずでは」を未然に防ぐデータ保護
DX時代のIT-BCP/DRには何が必要? 従来製品では足りない「万が一」への備え
ビジネスがデジタル化し、システムの停止が企業活動の停止に直結するようになった現代、データ保護の重要性は増している。だが従来のバックアップ方式では、いざというときの復旧に不安が残るという。どうすれば対処できるのか。(2021/7/28)

DRは本番とレプリカ機のデータ整合が費用・リスク抑制のカギ
「IBM AS/400」の災害対策、手頃なコストで確実な事業継続を実現するには
「リモートレプリケーション」は本番機が被災してもレプリカ機ですぐに業務を再開できる点が強みだが、構築と管理の難しさやITインフラのコストが課題だった。これらを解決するシンプルな答えは。(2021/6/8)

バックアップと復元で起こりがちな問題
「Microsoft 365」のバックアップはなぜ複雑か アプリの多彩さが落とし穴に
「Microsoft 365」にはさまざまなアプリケーションを利用できるメリットがあるが、バックアップが複雑になりやすいことに注意が必要だ。具体的にどのような問題があるのだろうか。(2021/6/1)

データ保護規制にも対処
クラウドデータ保護「DPaaS」とは? 使い倒す方法は?
バックアップやセキュリティ対策といったデータ保護のクラウドサービス「DPaaS」は、データ保護の運用効率化とデータ損失を防ぐ対策強化に有効だ。DPaaSを最大限に活用するヒントを紹介する。(2021/5/19)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第3回】
「RPA」が社員や顧客のモチベーションを高める“これだけの理由”
RPAによる業務の自動化は、結果として従業員と顧客の両方に良い心理効果を与える可能性がある。それはどういうことなのか。RPAがもたらすメリットを整理する。(2021/4/27)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【後編】
「新型コロナワクチン接種証明システム」構築に立ちはだかる「相互運用性」の壁
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況を確認するデジタル証明書管理システムが、社会で広く使われるものになるためには、医療データの相互運用性と標準化の問題がある。現在の状況は必ずしも楽観的ではない。(2021/4/23)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第2回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「迅速化」と「人の有効活用」の魅力とは
「RPA」による業務の自動化は、ビジネススピードや効率性の向上にどう役立つのか。専門家の話から、その実力を探る。(2021/4/20)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【中編】
QRコードを使った「新型コロナワクチン接種証明システム」とは?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を証明するシステムを開発するために、必ずしも新しい技術は必要ない。既存技術の転用でシステムをいち早く実現した企業の取り組みを見ていこう。(2021/4/16)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?
調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。(2021/4/14)

コロナ禍のランサムウェア対策、医療機関はどうすべきか【後編】
パンデミックとサイバー攻撃の集中砲火にさらされる医療機関に必要な対策とは
コロナ禍の影響で、医療機関のセキュリティ対策は脆弱な状態だ。その上テレワークやオンライン診療に伴う新たなセキュリティ課題もある。いま特に必要なセキュリティ対策は何か。(2021/4/13)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【後編】
AWS「CloudEndure」「Azure Site Recovery」の保護対象、料金、サポートの違い
大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoftは、それぞれ「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」というDRaaSを提供している。これらの保護対象と課金体系、サポート内容を比較する。(2021/4/9)

最優先課題であるTCO平均30%削減
クラウド利用で直面する想定外のコスト増、リソース配分をどう最適化する?
クラウドを採用する目的はテレワーク推進やBCP対策強化などさまざまだが、TCO削減は多くの企業が期待する効果だ。とはいえ、導入するだけでは成果が得られないことも多い。特に課題となるリソース配分の最適化について、解決策を紹介する。(2021/4/8)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【前編】
SAPやSalesforceは「新型コロナワクチン接種」証明システムをどう実現するのか
人事部門は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した実績をデジタル証明書として確認する方法を求めている。ベンダー各社もこうしたニーズに応えるために、製品開発を急いでいる。その現状は。(2021/4/7)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】
AWS「CloudEndure」と「Azure Site Recovery」 2大DRaaSの似た機能、違う機能
AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。(2021/4/2)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DR対策と長期保存の課題を解消、「クラウド対応データ保護」の最適解とは?
DR/BCP対策やデータ長期保存の重要性が高まったことで、クラウドにデータ保護環境を拡張したいと考える企業が増えているが、その実践においても課題は伴う。拡張性やコスト効率に優れたクラウド対応データ保護はどうすれば実現できるのか?(2021/4/1)

従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【後編】
企業は「従業員の新型コロナワクチン接種状況」をどう把握すべきか
企業は、従業員が新型コロナウイルス感染症のワクチン接種をしたかどうかをどのように把握すればよいのか。その具体的な手段を検討する。(2021/3/29)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【前編】
AWSのCloudEndure Disaster RecoveryとAzure Site Recoveryの用途、構造の違い
代表的なDRaaSであるAWSの「CloudEndure Disaster Recovery」とMicrosoftの「Azure Site Recovery」。両者は何が違うのか。用途とアーキテクチャの観点から比較する。(2021/3/26)

従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【中編】
企業は「新型コロナワクチン接種」の情報を従業員にどう提供すべきか
オフィス勤務を再開する条件として、従業員に新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を義務化したり奨励したりする企業は、接種に必要な情報を従業員に提供する必要がある。どのように提供すればよいのか。(2021/3/22)

クラウド時代のDR
システム障害を経験した企業が新システムに込めた教訓 復旧に向けた2つの時間
障害や災害によるシステムの停止は回避できるに越したことはないが、経験しなければ得られない学びもある。ある企業がシステム障害を引き起こした事例から、同社が得た教訓と対策を紹介する。(2021/3/19)

「HDD」の需要と技術進化【中編】
クラウドベンダーは「SMR」HDDを積極採用か オンプレミスのHDD導入傾向は?
クラウドベンダーは、今後も大量のHDDをデータセンターに導入する見込みだ。一方、ユーザー企業の間ではオンプレミスのインフラをサービスとして利用する動きが広がり、これがHDDの需要を押し上げる可能性がある。(2021/3/18)

医療業界の「HCI」導入事例【後編】
医療クラウドベンダーが「HCI」で実現したインターネット分離手段とは?
英国の医療クラウドベンダーAIMESは、インターネット分離する手段として「Health Cloud」というクラウドサービスを提供している。そのインフラとして採用したのが「HCI」だ。Health Cloud登場のいきさつを紹介する。(2021/3/16)

従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【前編】
企業はオフィス勤務再開時に新型コロナワクチン接種を義務付けるべきなのか?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が世界中で進みつつある。米国ではオフィス勤務の再開とワクチン接種の扱いについて本格的な議論が進んでいる。焦点はワクチン接種を義務化するかどうかだ。(2021/3/15)

医療業界の「HCI」導入事例【前編】
コロナ禍で施設拡大が頓挫、窮地の医療機関をNutanixの「HCI」はどう救ったのか
米医療機関Delaware Valley Community Healthは、施設拡大に取り組む最中にCOVID-19の危機に直面し、計画変更を余儀なくされた。ピンチを乗り越える鍵はNutanixのHCIだったという。HCIがもたらしたメリットとは。(2021/3/9)

COVID-19で遠隔医療に切り替えた医療機関【後編】
「遠隔医療4600人体制」を夜通し作業で実現した医療機関の“信念”
医療機関Penn State Healthはパンデミックに対処するために、医療従事者とスタッフ合わせた約4600人を一気に遠隔医療体制に移行させた。同機関が「遠隔医療は、今後の医療戦略を前進させる鍵」と考える理由は。(2021/3/2)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【後編】
DXリーダーにこそ「傾聴力」が欠かせないシンプルな理由
テレワークが当たり前になり、働き方の常識が大きく変わった。企業はDXを推進する上で、こうした変化を捉えて組織構造やリーダーシップのスタイルを見直す必要がある。どう見直せばよいのか。(2021/2/26)

2021年のDXトレンド予測【後編】
「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由
2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。(2021/2/24)

COVID-19で遠隔医療に切り替えた医療機関【前編】
「遠隔医療」にコロナ禍で一斉移行した医療機関の“教訓”
米医療機関Norman Regional Health SystemはCOVID-19の危機に直面し「計画通りに医療を提供するには遠隔医療の仕組みが不可欠だ」と判断。約200人の医師を遠隔医療体制に移行させた。その裏側で何が起きていたのか。(2021/2/22)

クラウドサービスのトラフィック最適化【第7回】
“速いMicrosoft 365”をかなえる「クラウドとの距離」を縮める利点と課題
クラウドサービスを快適に使うために、通信を最適化する方法はさまざまです。今回はそれらの中から、クラウドサービスとの距離を最小化する方法のメリットとデメリットを紹介します。(2021/2/24)

2021年のDXトレンド予測【中編】
DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由
システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。(2021/2/16)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【中編】
ITリーダーは「DX推進に必要なIT人材がいない」問題をどう解決すればよいのか?
テレワークの普及は人材採用に寄与するとの声があるものの「IT人材不足がビジネスの妨げになっている」と悩む企業はいまだに少なくない。ITリーダーが取り得る現実的な解決策は。(2021/2/12)

教育を揺るがすランサムウェア【後編】
学校は「ランサムウェア」で教育を止めないために何をすればよいのか?
オンライン教育を実施する学校を標的にしたランサムウェア攻撃は、2021年も続くことが予想されている。FBIやCISAなどの米国機関は、学校に対してどのような対策を実施すべきだと呼び掛けているのか。(2021/2/10)

Boseのサプライチェーン強化【後編】
音響大手Boseがサプライチェーンの混乱時に実践する「危機管理プロセス」とは
音響メーカーBoseは、サプライチェーンの回復力強化のためのシステムを導入し、混乱に素早く対処できるよう備えている。同社は危機の重要度と影響度を3つのレベルに分けている。それはどのようなものか。(2021/2/9)

2021年のDXトレンド予測【前編】
アジャイルが「DX」に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?
ITリーダーがDX実現に向けて求められる役割の中には、企業文化に関係することも含まれるようになる。具体的な役割を理解する上で重要なキーワードが「アジャイル」だ。(2021/2/8)

予測不可能な時代の道しるべ
テレワーク前提時代に知っておきたい「UC」市場の4大トレンド
新型コロナウイルス感染症の今後の状況はいまだ不透明で、2021年は不確実性に満ちている。これからの新しい働き方を模索する上で知っておきたい、ユニファイドコミュニケーション(UC)の4つのトレンドを紹介する。(2021/2/4)

ITインフラに求められる“変革”とは
テレワークの継続を阻む3大課題 セキュリティ 、BCP、運用効率化の一挙解消策は
新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークが急速に普及した一方、継続的な運用を実現するには、セキュリティ 対策や災害対策、IT部門の運用負荷軽減といった難題をクリアしなくてはならない。こうした中、求められるITインフラの形とは?(2021/2/5)

Boseのサプライチェーン強化【中編】
音響大手Boseに聞く、サプライチェーンの混乱をいち早く察知する4つの要素とは
音響メーカーBoseはサプライチェーン強化に向けてシステム構築を進める際、サプライチェーンの混乱を察知し迅速に対処するために、幾つかの要素を重視したという。何を重視しているのだろうか。(2021/2/2)