“Twitter改革”に血眼だったマスク氏が「障害時に出した正論」とはマスク氏の大改革が一時中断【前編】

TwitterのCEOに就任し、さまざまなコスト削減策を発表したイーロン・マスク氏。ユーザーがツイートできない障害が発生したことを受け、マスク氏は施策の一部に変更を加えた。

2023年03月31日 05時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

 2022年10月に短文投稿サイトを運営するTwitterを買収し、同社CEOになったイーロン・マスク氏は、従業員の解雇をはじめとした派手なコスト削減策を打ち出した。コスト削減の対象は、Twitterのサービスを支えるデータセンターにも及んだ。だが2022年2月に発生した障害が、マスク氏の計画を狂わせた。

マスク氏、障害発生でTwitter従業員に緊急連絡

 2023年2月8日(米国時間)にTwitterで障害が発生し、ユーザーはツイート(短文投稿)やダイレクトメッセージの送信ができない状態に陥った。Webサービスのシステム停止を監視するWebサイト「Downdetector」にユーザーが寄せた一連の障害報告によると、同日午後10時前ごろからTwitterに障害が発生し始めた。Downdetectorでの障害報告数は午後10時過ぎにピークに達し、障害報告の頻度はその後、間もなく低下した。

 この障害を受けて、マスク氏はTwitterの従業員にメールで指示を出した。米誌『Fortune』の報道によると、それは次のような内容だった。「システムの安定性と堅牢(けんろう)性を最大限に高めることを優先し、新機能の開発は当面中止するように」

 その直後、マスク氏は従業員に追加のメールを送った。それはサクラメント、アトランタ、ポートランドにあるデータセンターの閉鎖や縮小のために進めている作業を、一時的に停止するよう指示する内容だった。


 マスク氏によるコスト削減策は、データセンターの縮小以外にも及んでいる。後編はクラウドサービス利用の観点で考える。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...