2023年03月31日 05時00分 公開
特集/連載

“Twitter改革”に血眼だったマスク氏が「障害時に出した正論」とはマスク氏の大改革が一時中断【前編】

TwitterのCEOに就任し、さまざまなコスト削減策を発表したイーロン・マスク氏。ユーザーがツイートできない障害が発生したことを受け、マスク氏は施策の一部に変更を加えた。

[Caroline DonnellyTechTarget]

 2022年10月に短文投稿サイトを運営するTwitterを買収し、同社CEOになったイーロン・マスク氏は、従業員の解雇をはじめとした派手なコスト削減策を打ち出した。コスト削減の対象は、Twitterのサービスを支えるデータセンターにも及んだ。だが2022年2月に発生した障害が、マスク氏の計画を狂わせた。

マスク氏、障害発生でTwitter従業員に緊急連絡

 2023年2月8日(米国時間)にTwitterで障害が発生し、ユーザーはツイート(短文投稿)やダイレクトメッセージの送信ができない状態に陥った。Webサービスのシステム停止を監視するWebサイト「Downdetector」にユーザーが寄せた一連の障害報告によると、同日午後10時前ごろからTwitterに障害が発生し始めた。Downdetectorでの障害報告数は午後10時過ぎにピークに達し、障害報告の頻度はその後、間もなく低下した。

 この障害を受けて、マスク氏はTwitterの従業員にメールで指示を出した。米誌『Fortune』の報道によると、それは次のような内容だった。「システムの安定性と堅牢(けんろう)性を最大限に高めることを優先し、新機能の開発は当面中止するように」

 その直後、マスク氏は従業員に追加のメールを送った。それはサクラメント、アトランタ、ポートランドにあるデータセンターの閉鎖や縮小のために進めている作業を、一時的に停止するよう指示する内容だった。


 マスク氏によるコスト削減策は、データセンターの縮小以外にも及んでいる。後編はクラウドサービス利用の観点で考える。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...