HCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品の比較に有効
HCIの主要コストがすぐ分かる「TCO計算チェックリスト」
「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入を検討する企業は、各製品のTCOを比べると、自社に適した製品を選びやすくなる。TCOを計算するにはどうすればいいのか。まず確認すべきチェックリストを示す。(2021/5/14)

オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【後編】
「Active Directory」(AD)とクラウドの「Azure AD」を同期させる方法とは
「Azure AD」を利用しても、必ずしもオンプレミスの「Active Directory」(AD)をなくせるわけではない。将来的にオンプレミスのADをなくすとしても、それまではAzure ADと共存させる選択肢がある。その方法とは。(2021/5/12)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【後編】
NVIDIA vs. AMD 「GPU」「ビデオカード」の演算能力が高いのはどっち?
NVIDIAとAMDは、共にGPU分野に重点的に投資している。両社のビデオカードは、演算能力などの性能や機能においてどのような違いがあるのか。(2021/5/11)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【前編】
NVIDIAのArm買収にGoogleもMicrosoftも反発 その理由は?
NVIDIAはArmを買収することで、新たな市場開拓が可能になるだろう。だが業界から懸念の声が出ており、話は簡単には進まない。何が問題なのか。(2021/5/7)

「VDI」6つのメリットと5つの注意点【後編】
「VDI」導入の失敗企業が見落とす5つの注意点
企業にさまざまなメリットをもたらす「VDI」。ただし事前の検討や準備が不十分だと、導入効果を引き出し切れない可能性がある。VDIを導入する前に検討しておきたい注意点を解説する。(2021/5/7)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【前編】
NVIDIAのビデオカード「A100 Tensor Core GPU」は何がすごい? AI向け機能も
NVIDIAとAMDはデータセンター向けGPU製品で競争している。本稿はまず、NVIDIAのビデオカード製品を紹介する。ビジネス要件にどちらが適しているのか検討してみよう。(2021/5/3)

クラウドニュースフラッシュ
マネーフォワードがFinTechサービスを「AWS」で動かす理由
時事通信社やマネーフォワードが自社サービスのシステムにクラウドサービスを活用した事例や国内のパブリッククラウド市場調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/4/30)

メインフレームからクラウドへ【後編】
COBOLやPL/Iのメインフレームアプリケーションをクラウドサービスで動かすには
ソースコードがあれば、メインフレームアプリケーションのクラウドサービス移行は比較的容易だ。ただしプログラミング言語の種類によって難易度は異なる。「COBOL」「PL/I」で書かれている場合はどうなるのか。(2021/4/22)

オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【前編】
「Active Directory」(AD)と「Azure AD」の違い クラウド版だけの機能とは
「Microsoft 365」などのクラウドサービスを利用する際、必ずしもオンプレミスの「Active Directory」(AD)までクラウドに移行する必要はない。ただし選択肢はある。ADと、そのクラウド版の「Azure AD」の違いは。(2021/4/21)

南極調査船のストレージシステム【後編】
南極調査船が「テープ」を選んだ理由と、極寒の南極で「過熱」が問題になる理由
南極調査船は過酷な環境下で航行するため、船内で運用するストレージシステムも特別な要件を満たさなければならない。どのようなストレージシステムを採用し、どう運用するのか。(2021/4/20)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
SD-WAN運用の注意点、一貫したセキュリティを実現するための4つのポイント
エンタープライズWANが拡大するのに伴い、トラフィック急増に伴う遅延やコスト増が課題となっている。これを解消するとみられるのが「SD-WAN」だが、その運用においてはセキュリティが軽視される傾向にあるという。(2021/4/19)

プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【後編】
AWS、Google、Dell EMCの「プライベートクラウド」構築に役立つ認定資格とは?
プライベートクラウド構築に携わるIT管理者を支援すべく、ベンダー各社は自社製品に関する知識や技術の獲得に役立つ認定資格や教材を用意している。AWS、Google、Dell EMCの認定資格や教材を紹介しよう。(2021/4/17)

物理サーバと仮想サーバを比較する【後編】
「物理サーバ」と「仮想サーバ」のどちらを選べばよいのか?
仮想サーバでアプリケーションを動かすことは珍しくなくなった一方で、物理サーバでアプリケーションを動かすことが時代遅れになったわけではない。物理サーバと仮想サーバのどちらを選べばよいのか。(2021/4/15)

VMwareの主要製品を理解する【後編】
「VMware Horizon」「Workspace ONE UEM」とは 「VCP」などのVMware認定資格は
VMwareはデスクトップ仮想化をはじめとするデジタルワークスペース製品群を提供している。「VMware Horizon」「Workspace ONE UEM」などデジタルワークスペースの中核製品と、同社が提供する認定資格を説明する。(2021/4/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
IT変革のボトルネック、サイロ化したデータセンターはCI/HCIでどう変わる?
サイロ型のリソースとして導入されてきた従来型のデータセンターインフラは、コストの増大、拡張性や俊敏性の欠如といった課題を招き、IT変革の阻害要因となっていた。これを解消するとみられるCI/HCIの効果を、IDCの調査から探る。(2021/4/13)

プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【前編】
「プライベートクラウド」のスキルが育つHPEとMicrosoftの認定資格・教材とは?
プライベートクラウドの構築と管理には広範なスキルが求められる。こうしたスキルの習得に役立つのが、ベンダーによる認定資格や教材だ。まずはMicrosoftとHPEの主な認定資格や教材を確認しよう。(2021/4/10)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【後編】
AWS「CloudEndure」「Azure Site Recovery」の保護対象、料金、サポートの違い
大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoftは、それぞれ「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」というDRaaSを提供している。これらの保護対象と課金体系、サポート内容を比較する。(2021/4/9)

もっと、セキュリティはシンプルでいい:
SASEを取り入れた次世代ファイアウォール 企業のゼロトラスト戦略を支援
「境界型セキュリティ」から「ゼロトラストセキュリティ」への移行を進める際には、エンドポイントだけでなく、ユーザーやデバイス、アプリケーションごとに最適化したネットワークセキュリティデザインの検討が必要だ。そのポイントとは。(2021/4/12)

メインフレームからクラウドへ【前編】
「メインフレーム」のアプリケーションをクラウドサービスで動かす3つの選択肢
メインフレームで稼働するアプリケーションをクラウドサービスに移行させるには、どのような方法があるのか。3つの方法を説明する。(2021/4/8)

クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】
「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?
システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
仮想化技術をさらに活用するために、ストレージに求められるvSphere統合機能
仮想化アプリケーションが幅広く活用される中、ストレージには単に仮想化機能をサポートするだけでなく、VMware vSphereのような主要な仮想化テクノロジーとの統合機能が求められる。次世代ストレージはこのニーズにどう対応しているのか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データへの常時アクセスを安全に、次世代ストレージに見る可用性の実態とは?
データへ常時アクセスできる環境を整えることは、事業の滞りや収益損失を回避するために不可欠になりつつある。そこで注目したいのが、ハードウェア/ソフトウェアの両方で、全コンポーネントにわたる冗長性を備えた次世代ストレージだ。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
主要都市間でも性能低下なし、RPO/RTOゼロの同期レプリケーションを実現する
データの重要性が高まった現在、その可用性はビジネス継続性の担保に欠かせない。RPO/RTOをゼロにし、災害でも障害でも止まらないデータ環境を構築するため、アクティブ/アクティブな同期レプリケーションに取り組みたい。(2021/4/8)

コスト最適化の第一歩
クラウドのメリットを最大化する秘訣――TCO削減に向けた2つのポイントとは
クラウド利用で想定外のコスト増に悩む企業がある。オンプレミスと同様に必要スペックを算出しており、リソース配分の最適化ができていないことが理由の一つだ。サービスレベルを維持しつつ、最適なTCOを実現するにはどうすればよいのか。(2021/4/8)

突貫工事のテレワークで見えた“穴”の埋め方
“いきなり完璧”を目指さない、既存インフラに寄り添う「ゼロトラスト」とは?
テレワークの拡大に伴い、シャドーITの増加やVPN機器の負荷増大、通信路の圧迫など、各企業にさまざまな痛みが生じている。それらの解決を図り、徐々にゼロトラストセキュリティに移行する現実的な方法とは。(2021/4/8)

テレワーク普及とともに深刻化
テレワークとクラウドの時代に最適なネットワークとセキュリティは?
テレワークの普及でクラウドサービスの利用が拡大するとともに、従来のネットワーク構成に起因する「負荷増大」や「セキュリティの低下」といった新たな課題が浮上している。その解決の鍵は。(2021/4/13)

NEWS
生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化
オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。(2021/4/7)

オンプレミスとクラウドの様相【前編】
「オンプレミス回帰」「脱クラウド」でクラウドサービスの顧客離れは進むのか
オンプレミスのインフラとクラウドサービスを組み合わせて利用することが一般的になり、企業は運用管理が複雑になる問題に直面している。クラウドサービスへの移行の失敗も問題をややこしくしている。(2021/4/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「99.9999%」だけでは不十分? 永続的な可用性を実現する真のストレージ要件
99.9999%の可用性をうたうストレージは少なくないが、一定期間中にシステムが動作する確率だけでは、クリティカルなアプリケーション環境においては不十分なこともある。永続的なデータの可用性を実現する、ストレージの真の要件とは?(2021/4/8)

コンテナネットワークの基礎知識【第7回】
Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは
オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。(2021/4/21)

物理サーバと仮想サーバを比較する【前編】
いまさら聞けない「物理サーバ」と「仮想サーバ」の基本的な違いとは
「物理サーバ」と「仮想サーバ」は何が違うのか。仮想サーバが広く使われるようになった今、あらためて両者の違いを理解しよう。(2021/4/5)

クラウド時代のネットワーク最適化【第4回】
Cisco、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品を比較 クラウド高速化技術の違いは?
クラウドサービスとの接続の最適化に有効なSD-WAN製品。さまざまな製品が登場しており、それぞれ異なる特性を持ちます。ここではCisco Systems、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品の特徴を見てみましょう。(2021/4/2)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】
AWS「CloudEndure」と「Azure Site Recovery」 2大DRaaSの似た機能、違う機能
AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。(2021/4/2)

TechTarget発 世界のITニュース
VPN代替を目指すGoogleの「BeyondCorp Enterprise」とは 「Chrome」で提供
Googleはゼロトラストセキュリティの新サービス「BeyondCorp Enterprise」を発表した。Chrome経由で利用できるという。具体的にどのようなサービスなのだろうか。(2021/4/2)

なぜ両方必要? EDRとNDR
ゼロトラストセキュリティに向けた、エンドポイントとネットワークのアプローチ
IT環境の変化やデジタル化に伴い、既存のデータセンター境界線型の対策から脱却し、ゼロトラストセキュリティを検討する動きが続いている。重要なポイントは、エンドポイントの健全性とネットワークの視点も加えた多面的な現状把握だ。(2021/4/13)

VMwareの主要製品を理解する【中編】
「vSAN」「Virtual Volumes」(vVols)の違いは VMwareのストレージ仮想化製品
VMwareはSDDCを実現するためのさまざまな仮想化製品を提供している。その中からストレージ仮想化を実現する「vSAN」「VMware vSphere Virtual Volumes」と、運用管理の「VMware vRealize Suite」を取り上げる。(2021/3/31)

クラウドニュースフラッシュ
資生堂が「Dynamics 365」を日本とタイに導入した理由とは?
資生堂が国内やタイの拠点に「Dynamics 365」を導入した事例やIaaS/PaaS市場の調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/3/31)

「HDD」の需要と技術進化【後編】
「NVMeのHDD」爆誕か? そもそも現実的なのか?
インタフェースにNVMeを採用する、フォームファクタを変えるなど、HDDの進化に関するさまざまな議論が持ち上がっている。専門家が解説する注目点は。(2021/3/31)

コンテナネットワークの基礎知識【第6回】
AWS、Azure、GCPの「Kubernetesサービス」とは? 可用性を高めるための工夫
Kubernetesクラスタの構築・運用は簡単ではありません。運用するインフラを問わず、Kubernetesの課題を解消するさまざまな製品やサービスが登場しています。大手クラウドベンダーの関連サービスを紹介します。(2021/4/14)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【前編】
AWSのCloudEndure Disaster RecoveryとAzure Site Recoveryの用途、構造の違い
代表的なDRaaSであるAWSの「CloudEndure Disaster Recovery」とMicrosoftの「Azure Site Recovery」。両者は何が違うのか。用途とアーキテクチャの観点から比較する。(2021/3/26)

南極調査船のストレージシステム【前編】
南極調査船の「内蔵ストレージシステム」とは? 大量の調査データを守り切る
英国南極観測局(BAS)は、南極調査船の初航行に向けて調査データ保存用のストレージシステムを構築した。過酷な環境で大量のデータを運用するために、採用した製品とは。(2021/3/23)

TechTarget発 世界のITニュース
コロナ禍でも根強く売れるIT製品は? Gartnerが予測
2021年に企業のIT支出は回復し、4兆ドル近くに達するとGartnerは予測する。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにおいてテレワークが広がる中、特に支出が増える分野とは。(2021/3/23)

「オンプレミス回帰」の国内動向【後編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で選ばれる製品とは? IDC Japanに聞く
パブリッククラウドからのオンプレミス回帰を計画する企業は、どのような製品を選択すればよいのか。オンプレミスのインフラとパブリッククラウドを使い分ける視点と併せて、IDC Japanのアナリストに聞いた。(2021/3/31)

VMwareの主要製品を理解する【前編】
いまさら聞けない「vSphere」「NSX-T Data Center」とは? VMwareの仮想化製品
VMwareの仮想化製品は幅広い。それぞれどのような機能を持つのか。まずはサーバ仮想化ソフトウェアの「vSphere」とネットワーク仮想化ソフトウェアの「VMware NSX-T Data Center」を解説する。(2021/3/22)

ゼロトラストセキュリティが目指すもの【前編】
「ゼロトラストセキュリティ」を重要にした“3つの変化”とは?
さまざまなセキュリティベンダーが「ゼロトラストセキュリティ」の重要性を強調している。その背景にある変化とは何か。専門家に聞いた。(2021/3/19)

「HDD」の需要と技術進化【中編】
クラウドベンダーは「SMR」HDDを積極採用か オンプレミスのHDD導入傾向は?
クラウドベンダーは、今後も大量のHDDをデータセンターに導入する見込みだ。一方、ユーザー企業の間ではオンプレミスのインフラをサービスとして利用する動きが広がり、これがHDDの需要を押し上げる可能性がある。(2021/3/18)

医療業界の「HCI」導入事例【後編】
医療クラウドベンダーが「HCI」で実現したインターネット分離手段とは?
英国の医療クラウドベンダーAIMESは、インターネット分離する手段として「Health Cloud」というクラウドサービスを提供している。そのインフラとして採用したのが「HCI」だ。Health Cloud登場のいきさつを紹介する。(2021/3/16)

「オンプレミス回帰」の国内動向【前編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」が国内で拡大する理由は IDC Japanに聞く
国内でもパブリッククラウドを活用していた企業の間で「脱クラウド」「オンプレミス回帰」の動きがある。具体的にどのような動きがあり、なぜ起きているのか、IDC Japanのアナリストに状況を聞いた。(2021/3/25)

コンテナネットワークの基礎知識【第5回】
「Kubernetesクラスタ」の自前構築はなぜ難しい? Kubernetes運用の基礎知識
大規模なコンテナ環境を扱う際に必要になるのが「Kubernetes」です。ただしKubernetesそのものを使ってコンテナクラスタを構築するのは簡単ではありません。どのような点に注意が必要なのでしょうか。(2021/3/16)

クラウドビッグ3のDRオプション
AWS、Azure、GCPの全く異なる災害復旧オプション、どれを選ぶか
クラウドビッグ3のAWS、Azure、GCPはそれぞれ災害復旧のためのサービスを用意しているが、アプローチは全く異なる。(2021/3/10)