デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コアからクラウドまで包括的に保護、セキュリティを組み込んだ次世代HCIの実力
IT運用をモダナイズする上でセキュリティ対策は欠かせないが、システムのサイロ化に伴いそのハードルは高くなっている。そこで注目したいのが、コアからエッジ、クラウドまでを保護する、包括的なセキュリティが機能を組み込んだHCIだ。(2022/6/29)

「ランサムウェア」「誤操作」で取り返しのつかない事態に
「Microsoft 365」のバックアップが標準機能だけでは不十分な理由
クラウドサービスの導入を進めるときに盲点となりがちなのがデータのバックアップだ。「Microsoft 365」を利用する場合、標準機能だけではデータを損失したときの復元が不可能になる場合がある。確実なバックアップを実現するには。(2022/6/28)

スマートNICによるプロセッサの負荷分散【第1回】
「スマートNIC」入門 CPUに代わる「DPU」「IPU」で理解する
プロセッサ分野ではCPUからGPUへの分業が進むだけではなく、プロセッサを搭載する「スマートNIC」の活用が進む兆しが見えている。CPU代替のプロセッサが台頭する理由や、スマートNICの理解に不可欠なポイントは。(2022/6/24)

専門家が語る「HDDの運命」【第6回】
「HDDはなくなる」は本当か? IDCの答えは
特定分野でSSDへの移行が進んでいるものの、HDDがすぐになくなることはない。生き残るための条件も含め、ストレージ業界の専門家がHDDの運命を占う。(2022/6/23)

よみがえったテープ人気は続くのか【前編】
「テープ」は死んでいなかった 突然息を吹き返した“謎”の事態
2020年に出荷容量が落ち込んでいた「LTO」のテープは、2021年に大きな盛り上がりを見せた。その背景には、企業が無関心ではいられない“ある事情”があった。(2022/6/21)

データ増大とCO2排出の対策【後編】
ストレージにたまる無駄データと、管理者を悩ませる「データ所有者」問題
企業のストレージには、重要なデータから必要性の疑わしいデータまで、さまざまなデータが混在しがちだ。データ量が増えるにつれてデータを保管し続けることの負担は増大する。どうすればいいのか。(2022/6/21)

データセンターの「ネットゼロエミッション」を実現するには【後編】
温室効果ガス排出量実質ゼロ「ネットゼロエミッション」の実現に役立つITとは?
データセンターのネットゼロエミッションを実現する手段として、環境に配慮した形で設計・運営するためのITがそろいつつある。企業はどのようなITを生かしているのか。(2022/6/20)

プロセッサベンダーが競う次の分野【後編】
もはや限界のCPUに代わる「DPU」「スマートNIC」とは何か?
IntelやNVIDIAに続き、AMDが「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入することになった。各社の狙いはどこにあるのか。プロセッサは今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/16)

データ増大とCO2排出の対策【前編】
「使わないけど消せないデータ」を保存する“あのストレージ”とは?
保有データ量が増大する問題は、コストの面でもCO2排出の面でも企業を悩ませる可能性がある。今後、ストレージのデータをどう保管すればいいのか。まず考えた方がよいのは「使わないデータ」の扱い方だ。(2022/6/14)

SSDの今後を一歩先読み【後編】
SSD利用者が知っておくべき“NVMe接続の本命”とは?
SSD分野は今後、PCIeの新世代への移行が進む見通しだ。矢継ぎ早にSSDの新製品を発表するキオクシアは、SSD分野の今後がどうなるとみているのか。(2022/6/14)

NHSの医療DXガイドライン【後編】
「成熟した医療DX」実現のために英国は何をしようとしているのか?
医療現場におけるデジタル成熟度の底上げを目指し、英国政府はNHSの予算制度を見直し、医療機関がIT化を進める際の資金調達プロセスをより明解にするための行動計画を提示している。その内容は。(2022/6/13)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

WANを捨てるべきか、生かすべきか【後編】
VPNどころかWANを捨てる時がきた――求められる発想の転換
企業が必要とするネットワークは、テレワークが広がったことで変わった。コストも運用の手間もかかる拠点間のWANは、廃止の対象になる。今後はどうなるのか。(2022/6/10)

データセンターの「ネットゼロエミッション」を実現するには【前編】
知らないと恥ずかしい環境用語「ネットゼロエミッション」とは? 実現するには
サステナビリティを目指す企業の取り組みの中、データセンターの「ネットゼロエミッション」実現は重要な役割を果たす。そもそもネットゼロエミッションとは何なのか。具体的な対策は。(2022/6/9)

「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第4回】
VMwareのハイパーバイザー「VMware Workstation Pro」の主な機能とは?
「VMware Workstation Pro」は、「Linux」「Windows」搭載PCで使えるハイパーバイザーだ。その主な機能を簡潔に紹介する。(2022/6/9)

SSDの今後を一歩先読み【前編】
「SSD」のPCIe新世代とは何なのか? NVMeの外せない動き
NVMe接続のSSDは、これからどう変わるのか。キオクシアはPCIeの世代移行を見据えて新製品を発表した。アナリストやベンダーの見方は。(2022/6/6)

これからの企業ネットワークの在り方とは
DX/クラウド推進の鍵はネットワークとセキュリティ、SD-WANでどう実現するのか
大企業から中堅中小企業まで期待が高まるSD-WANをビジネスでどう活用すべきか。また、高度化するサイバー攻撃への対応とDXの推進を両立させるにはデータセンターで何をすべきか。次世代ネットワークの姿を示す。(2022/6/6)

WANを捨てるべきか、生かすべきか【前編】
VPNなんて要らない――企業がWANを捨てる4つの事情
企業の間でWANの必要性を見直す動きがある。VPNなど拠点間WANを廃止すればコストも手間も削減できる可能性がある。どのような点を検討しているのか。(2022/6/3)

専門家が語る「HDDの運命」【第3回】
「HDDとSSDのどちらを買うか」が無意味な理由
HDDは長年、強力なライバルであるSSDと戦ってきたが、近年は“共存”を目指す動きが活発だ。主要ベンダーは技術の組み合わせの可能性をどうみて、何に取り組んでいるのか。(2022/6/2)

クラウドニュースフラッシュ
Googleがクラウドで奇策 「AWSやAzureと“戦わずに勝つ”」戦略とは?
Googleが進める「Google Cloud Platform」の拡充戦略や、NTTドコモの新しい仮想マシンサービスの発表など、クラウドに関するニュースを取り上げる。(2022/6/1)

GPUの用途と主要製品の違い【後編】
NVIDIAとAMD、“人気GPU”の違いとは? 何を見て選ぶべき?
GPUの主要ベンダーであるNVIDIAとAMD。GPU市場で主流になっている両社の製品にはどのような違いがあるのか。企業が検討すべきポイントは。(2022/5/30)

BroadcomによるVMware買収 その影響は【前編】
“謎”の半導体企業「ブロードコム」とは? ヴイエムウェア買収合意で脚光
仮想化大手VMwareを買収するBroadcomは、「半導体企業」という説明に引きずられると実態を把握しにくい。大手ベンダーの買収を続けてきた、Broadcomの歴史を簡単に振り返る。(2022/5/27)

データセンターの省エネ対策【後編】
サーバを“狙い撃ち”で冷やす「局所冷却」「液浸冷却」とは? 冷却の新常識
データセンターの電力消費を抑制する上で欠かせないのがサーバ冷却の効率化だ。空気の通り道を整備すること、HPCなど高電力のサーバを集中的に冷却することなど、さまざまな手法がある。主要な手法を整理しよう。(2022/5/27)

NEWS
PostgreSQL互換のクラウドDB「AlloyDB」発表 「Cloud Spanner」との違いは?
GoogleはPostgreSQL互換のクラウドデータベース「AlloyDB」を発表した。クラウドデータベース「Cloud Spanner」との違いは何か。どのような用途に最適なのか。(2022/5/26)

専門家が語る「HDDの運命」【第2回】
HDDがこれからも売れ続ける“これだけの根拠”
記録容量20TBのHDDが登場した。ユーザー企業の反応はどうなのか。HDDベンダーの幹部や調査会社のアナリストに、20TBのHDDの需要について聞いた。(2022/5/26)

FUJIFILM Business Innovation Asia Pacific女性CIOの挑戦【前編】
旧富士ゼロックス系の女性プログラマーが「DX」を主導するCIOになるまで
FUJIFILM Business Innovation Asia PacificのCIOであるヘンリエッタ・ヨウ氏は、自身のキャリアを通じて「人とのつながりを大切にした経営」を重視している。同氏がDX推進プロジェクトを通じて達成したことは。(2022/5/25)

いざというときの火災対策マニュアル【後編】
ガスなら人もサーバも生き残る? データセンター火災の“消火と復旧”
データセンター火災が発生した場合の消火手段としては、水とガスの2種類がある。それぞれ何が違うのか。火災からの復旧に備えて、消火手段の特性を知っておくことが欠かせない。(2022/5/24)

GPUの用途と主要製品の違い【前編】
「CPU」と「GPU」は結局何が違い、どう使えばいいのか?
コンピュータの計算処理を担うCPUとGPU。2つの役割を整理して、GPUが必要になるのはどのような場合なのか、GPUをどう使えばよいのかを紹介する。(2022/5/23)

データセンターの省エネ対策【前編】
「低PUEのデータセンター」は何がすごいのか? 軽視できないサーバ冷却
データセンターにおける電力の使用効率を示す「PUE」。これを向上させるにはサーバ冷却の効率化など対策が必要だ。優れたPUEを達成するデータセンターは、どのような手法を取り入れているのか。(2022/5/20)

専門家が語る「HDDの運命」【第1回】
“HDD不要論”をなくす「20TBのHDD」の衝撃
HDDは容量を増やし、SSDより低い容量単価を維持している。だが、SSDも着実に広まりつつある。HDDの役割はどうなるのか。業界関係者やアナリストに「HDDの運命」を聞いた。(2022/5/19)

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第4回】
動画配信に欠かせない「CDN」が近年提供する意外な機能
企業がCDNを使う理由として、まずユーザー体験の向上を挙げることができる。機能が多様化する中、CDNのメリットはそれにとどまらなくなってきた。CDNについて他に何を知っておくべきなのか。(2022/5/16)

Micron 7450 SSDの見逃せないポイント
176層NANDでSSDの容量倍増、さらに速度と耐久性が向上した納得の理由
Micron 7450 SSD with NVMeは初の176層NANDで容量が大幅に向上した。だが、それよりも見逃せないのが大容量SSDでありながら速度と耐久性が高いことだ。それには理由がある。(2022/5/13)

いざというときの火災対策マニュアル【中編】
サーバを水没させない――データセンター火災から機器を守る消火方法
火災を予防することが先決だが、それと同時に火災が発生した場合の備えも検討しておく必要がある。データセンターで火災が発生した場合の消火手段を紹介する。(2022/5/10)

ランサムウェア攻撃からのデータセンター保護術【後編】
真っ先にやるべき「ランサムウェア対策」はこれだ
ランサムウェア攻撃の実害を防ぐために、データセンターにおいて企業ができることは幾つかある。中でも優先的にやるべきこととは何なのか。(2022/5/10)

パンデミックで高まるNaaSへの関心【後編】
「NaaS」という用語は知っていても、その意味を知らない企業の現実
企業はNaaSに関心を寄せている。従来のネットワークの運用しにくさを変える可能性があるからだ。ただし企業の理解は表面的なところにとどまっている。その実態とは。(2022/5/9)

Computer Weeklyリバイバル
限界に近づくCPU&サーバの電力密度 Intelが出した結論とは?
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/5/7)

Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。(2022/5/2)

NasdaqがAWSを採用する理由【前編】
Nasdaqは「AWS」移行をどのように進めるのか
株式市場のNasdaqがAWSと連携し、各市場のクラウドサービス移行を進めることを発表した。同社の狙いと、移行の中核要素となるAWSサービスを説明する。(2022/5/2)

Computer Weeklyリバイバル
増加する“脱クラウド”、その残念な理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/4/29)

フランス公共放送系の「脱クラウド」【後編】
「脱クラウド」で公共放送子会社が実感した“あのメリット”とは?
システムの一部をクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻したFrance Televisions Publicite。脱クラウドが同社にもたらしたメリットとは何か。脱クラウドの先にある「システム改革」とは。(2022/4/27)

ストレージの電力消費問題【後編】
容量増加のSSDと安いHDD、低電力のテープ――これからのストレージの選択肢
消費電力量の抑制はこれから企業が重視すべき取り組みの一つだ。SSDやHDD、テープといった各種ストレージについて消費電力を軸にして検討する場合、企業は何を知っておくべきなのか。(2022/5/10)

いざというときの火災対策マニュアル【前編】
段ボールやプラスチックはNG? 「データセンター火災」を防ぐ基本行動
データセンターの火災は企業に甚大な損害をもたらす。最悪の事態を防ぐために、企業はどのような火災対策を取るべきなのか。(2022/4/26)

パンデミックで高まるNaaSへの関心【前編】
なぜ9割もの企業が「NaaS」に魅力を感じるのか?
IT部門の意思決定者は、ネットワークをサブスクリプション型で利用する「NaaS」に大きな関心を寄せている。調査で明らかになった、既存ネットワークの問題とは。(2022/4/25)

データセンター需要とグリーン化【後編】
太陽光や水素をエネルギー源にするデータセンターの立地はどうなるのか?
国内のデータセンターは東京や大阪の都市圏に集中する傾向にある。データセンターにおける再生可能エネルギー利用の動きがこれから広がる場合、立地にどう影響する可能性があるのか。(2022/4/22)

ストレージの電力消費問題【前編】
SSDとHDDを単純比較してはいけない理由 電力に敏感な企業のストレージ
多様なデータの利用が広がり、データセンターの電力消費は増大を続ける見通しだ。データ保管という重要な役割を担うストレージに関して、企業が考慮すべきこととは。(2022/4/28)

「クラウドと同等な機動性と可用性を実現」:
パブリッククラウドからオンプレミスに回帰した企業のとった作戦とは
パブリッククラウドは拡張性が高く、利用量が変動する場合はコストを最小限に抑えることが可能だ。だが可用性を高めようとすると、HCIに軍配が上がる場合もある。複数のデータセンターを持つ企業がどのように構成したのか事例を紹介する。(2022/4/20)

運用監視業務をテレワークにできない3つの理由
Withコロナ時代における運用担当者の新たな働き方の可能性
IT業界で柔軟な働き方が広まる一方、テレワークの恩恵にあずかれず、出社を余儀なくされているのが「運用監視業務」に就く担当者や運用監視をなりわいにするデータセンター事業者、システム運用事業者だ。出社前提の運用監視業務でもテレワークを実現できる「現実的な解決策」はあるのか。(2022/4/20)

ランサムウェア攻撃からのデータセンター保護術【中編】
エアギャップはなぜ重要か 「論理的エアギャップ」との違いは
ランサムウェア攻撃のリスクにさらされているデータセンター。システムを守るための一つの手段として「エアギャップ」がある。どのようなものなのか。(2022/4/19)

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第2回】
Web黎明期からあった「CDN」に企業が最近になって注目する理由
CDNは1990年代に登場して以来、Webの進化に合わせて変わってきた。Webコンテンツの多様化、クラウドサービスの拡大などが背景にある。CDNの変遷と最新機能を紹介する。(2022/4/19)

持続可能性向上のためにIT部門が知っておくべきこと【後編】
これからの「企業価値」の話をしよう 投資家にも社員にも愛される企業とは
株主利益を最優先とする「株主資本主義」から、利害関係者全ての利益を追求する「ステークホルダー資本主義」へと、世の中の価値観が変わりつつある。この変化の中で重視すべきサステナビリティ向上のトレンドは。(2022/4/13)