Top Story

icon
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第2回】

変化に強いリーダーや社員は“あの事実”を理解している

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、企業を取り巻く状況は大きく変化した。変化に適応できる企業となるために必要な従業員教育とはどのようなものか。

(2021/09/09)

新着記事

news10.jpg
戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【前編】

「人材採用」と「人材獲得」の違いとは? ビジネスリーダーの基礎知識

「人材採用」と「タレントアクイジション」(人材獲得)は、一見同じ言葉のように見える。だが取り組み内容や利用する技術が異なる。それぞれの違いを説明する。

(2021/09/07)
news05.jpg
「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【中編】

自動化技術が期待外れだった企業こそ「プロセスマイニング」を試すべき理由

デジタルトランスフォーメーションに向けて自動化技術の導入を検討するのは一つの戦略だ。だが古い業務プロセスを自動化するだけでは効率化にはつながらない。効率が落ちた業務プロセスを見つけるには。

(2021/09/07)
news01.jpg
コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】

コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?

自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。

(2021/09/03)
news08.jpg
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】

「スキルアップ」「リスキリング」の違いは? スキルギャップを埋める人材開発手法

ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。

(2021/09/02)
news10.jpg
活気づく労働者市場

退職をやめたらスポーツカーや「MacBook Air」を支給 激化する人材引き留め策

米国では働き手の不足から、一時解雇者数と会社都合の退職者数が低い水準で推移している。雇用促進のために従業員向け懸賞やインセンティブ付与などの施策に取り組む企業もある。

(2021/08/31)

製品一覧

ERP&IFRS製品一覧

数多くの製品がしのぎを削るERP製品、IFRS関連製品の市場。統合ERPやその他の業務アプリケーションを紹介する。

製品選択の視点

SAPで実現するIFRS対応

SAP ERPでのIFRS対応の考え方を紹介する。ERPを活用してどのような経営モデルを構築し、企業のグローバリゼーションを図るのか。その思想によってIFRS対応にも複数の方法がある。

EBS、HyperionユーザーのIFRSガイド

「Oracle E-Business Suite」と「Oracle Hyperion」を使ったIFRS対応を紹介する。IFRSの要件に対応し、経営管理の高度化をどう実現するのか。連載で解説する。

アプリケーションベンダーが語るIFRS

ERPをはじめとするソフトウェアベンダーはIFRSをどう考え、どう対応するのか。ERPや連結パッケージなどIFRS適用に深く関係する主要ベンダーにIFRSへの考え、製品対応などを聞く。

ERPとIFRSの基本を知る

IFRS対応ITシステムの本質

IFRS適用を考える場合、ITシステムの対応をどうするのか。ERPや総勘定元帳、システム・アーキテクチャなどポイントは多い。ITシステムをIFRS対応させるうえでの基本を解説する。

IFRS時代のXBRL活用を探る

IFRSの登場で、XBRLが再び注目を集めている。これまで国内で一定の利用がされてきたXBRL。企業内での利用をさらに加速させるきっかけがIFRSだ。その基本と活用を説明する。

ERP導入事例

ERP導入事例

基幹業務を支えるERPは効果が期待される半面、コスト負担が大きく失敗に伴う痛手は大きい。ここでは、中小企業を対象としたERP導入の成功事例を通して、導入担当者が抱える悩みや不安を解消していく。