Top Story

icon
テレワークで分かり合えない企業と社員【後編】

「テレワーク終了のお知らせ」が有能社員のやる気をなくす

行動制限下での一時的措置としてテレワークへ移行した企業にとって、制限がなくなればオフィスワークを再開させるのは自然なことだ。ただし無思慮な再開は従業員の士気をそぐ可能性があるという。それはなぜなのか。

(2021/10/16)

新着記事

news05.jpg
米国で進む「同一労働同一賃金」【後編】

“賃金格差のない社会”実現のためにカリフォルニア州は何をするのか?

賃金格差解消のために、米国の一部の州は新しい法令を定めている。カリフォルニア州はどのような施策を実施するのか。

(2021/10/14)
news07.jpg
フォルクスワーゲン、ホンダなどの自動車販売会社Inchcapeのデータ活用【前編】

大手自動車販売会社が「GCP」「RISE with SAP」導入で備えた“根本的変化”とは

自動車販売企業のInchcapeはSAPのクラウドERP「RISE with SAP」と、そのインフラとして「Google Cloud Platform」の採用を決定した。同社がこれらのサービス群を採用する背景にある、自動車業界の変化とは。

(2021/10/12)
news01.jpg
テレワークで分かり合えない企業と社員【前編】

「テレワーク」をやめたい上司の本音 「部下がちゃんと働かない」

テレワークはもはや“普通の働き方”になりつつある。一方で企業の意思決定層は、テレワークを必ずしも快く思っていない可能性があるという。何を懸念しているのか。調査結果から探る。

(2021/10/09)
news06.jpg
米国で進む「同一労働同一賃金」【前編】

「賃金データの報告」義務化で新たに生じた「HR Tech」のニーズとは

「同一労働同一賃金」は米国企業にとって、人材を集める手段として考えられていた。だが同一労働同一賃金の法制化が一部の州で進みつつあることで、この考えは変わる可能性がある。どのように変化するのか。

(2021/10/07)
news02.jpg
オンプレミスERPでは不可能

オンプレミスERPからクラウドERPへの移行を決断させた「破滅的な危機」

サプライチェーンサービスプロバイダーのVallen Asiaは、ある大型契約を受注したことで重大な危機を経験した。これを契機に、同社はクラウドERPへの移行を決断した。

(2021/09/30)

製品一覧

ERP&IFRS製品一覧

数多くの製品がしのぎを削るERP製品、IFRS関連製品の市場。統合ERPやその他の業務アプリケーションを紹介する。

製品選択の視点

SAPで実現するIFRS対応

SAP ERPでのIFRS対応の考え方を紹介する。ERPを活用してどのような経営モデルを構築し、企業のグローバリゼーションを図るのか。その思想によってIFRS対応にも複数の方法がある。

EBS、HyperionユーザーのIFRSガイド

「Oracle E-Business Suite」と「Oracle Hyperion」を使ったIFRS対応を紹介する。IFRSの要件に対応し、経営管理の高度化をどう実現するのか。連載で解説する。

アプリケーションベンダーが語るIFRS

ERPをはじめとするソフトウェアベンダーはIFRSをどう考え、どう対応するのか。ERPや連結パッケージなどIFRS適用に深く関係する主要ベンダーにIFRSへの考え、製品対応などを聞く。

ERPとIFRSの基本を知る

IFRS対応ITシステムの本質

IFRS適用を考える場合、ITシステムの対応をどうするのか。ERPや総勘定元帳、システム・アーキテクチャなどポイントは多い。ITシステムをIFRS対応させるうえでの基本を解説する。

IFRS時代のXBRL活用を探る

IFRSの登場で、XBRLが再び注目を集めている。これまで国内で一定の利用がされてきたXBRL。企業内での利用をさらに加速させるきっかけがIFRSだ。その基本と活用を説明する。

ERP導入事例

ERP導入事例

基幹業務を支えるERPは効果が期待される半面、コスト負担が大きく失敗に伴う痛手は大きい。ここでは、中小企業を対象としたERP導入の成功事例を通して、導入担当者が抱える悩みや不安を解消していく。