IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
事業部門と開発部門が持つデータ活用視点の違い

リクルートのビッグデータ分析基盤ができるまで、事業部門と開発部門が共に奮闘

リクルートのサービスで共通に使われる「リクルートID」。ここに集まる膨大なデータを同社はどのように収集、分析し、活用基盤を構築しているのか。機械学習の結果を現場で生かす上での苦労と併せて紹介する。

(2017/11/27)

新着記事

news02.jpg
APIでは解決できない、レガシーシステム連携

次世代標準仕様「FHIR」は、システム連携がままならない医療ITを救うか?

医療業界にはレガシーシステムが多く存在し、API活用を阻む障害となっている。この事情から、医療情報の相互運用性を目指した次世代の標準仕様FHIRへの関心が高まっている。

(2017/11/27)
news06.jpg
複数のAPIを活用する

マイクロサービスのAPI実装で失敗しないための3大原則

APIは重要だ。そして、等しく重要なのがAPI戦略だ。本稿では、全ての組織が留意すべきAPIの主要設計原則を3つ紹介する。

(2017/11/22)
news07.jpg
併用がトレンド

IaaSとPaaSを比較 開発者目線で見たメリットは?

開発にIaaSとPaaSのどちらを使うかは、両者の主な違いを理解してから決めるべきだ。本稿ではこの違いを考える。

(2017/11/22)
news04.jpg
データベース管理者の生産性向上へ

徹底比較:AWS、Google、AzureのDBサービス 最適な組み合わせとは

Webベースのアプリケーションの運用基盤としてPaaSを選択し、移行する場合、データベースについても必ず考慮すべきだ。データベースを完全にサポートしているクラウドインフラに移行するメリットを以下で詳しく検討しよう。

(2017/11/21)
news03.jpg
アナリストは熱視線を送る

ビジネスプロセス管理の新たなトレンド ローコード開発と人工知能に注目すべき理由

ビジネスプロセス管理(BPM)が進化し続けている。このトレンドの中でアナリストは、人工知能(AI)、機械学習、ローコード開発プラットフォームに着目するようになった。その理由とは。

(2017/11/20)

注目連載

UMLモデリングツール製品紹介

オブジェクト指向によるモデリングを行う際に用いられる表記方式であるUML(統一モデル記述言語)はソフトウェアの設計だけでなく、業務分析やビジネス設計にも利用されている。本連載では、UMLモデリングを支援する主要なツールを紹介していく。

エンタープライズRIA開発の最新動向

企業においてRIAシステムをより簡単に構築するにはどうすればよいのか? 本連載ではRIA関連製品やプラットフォームを提供するベンダー7社の製品担当者に話を聞き、各社の取り組みを紹介する。

注目テーマ