生成AIの成果が台無しに……企業に待ち受ける「未知の2大リスク」とは?生成AIの今後の見通し【後編】

企業における生成AI導入の動きが広がるのに伴い、さまざまな懸念が浮かび上がっている。特に企業の事業継続を揺るがしかねない2つの重大なリスクとは何か。

2024年04月02日 07時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

関連キーワード

人工知能


 企業のビジネスや社内の業務において、テキストや画像などを自動生成するAI技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)の活用が今後さらに広がるだろう。企業は生成AIによって生産性向上などのメリットを享受できる半面、生成AI導入に伴うさまざまなリスクに直面することになる。特にリスクをもたらす可能性のある、2つの懸念がある。

生成AIの成果が台無しになる「未知の2大リスク」とは

倫理的リスク

 企業は生成AIの倫理的リスクに直面する。債券信用格付け会社Moody’s Investors Serviceが2024年1月に発表した報告書「2024 AI Outlook」によると、AIモデルの性能は学習データの質に依存する。つまり、人種や性別、経済的要因などバイアス(偏り)を含むデータを学習したAIモデルは、企業の信頼性を損ねるような回答を出力する可能性がある。一方で、有害な結果は今のところ限定的であるとも報告されている。

セキュリティリスク

 AI技術のセキュリティリスクにも注意が必要だ。今後の企業の予算配分において、AIプロジェクトはセキュリティプロジェクトと予算を奪い合うことになると予測される。特に、セキュリティプロジェクトに単独の予算を割り当てていない組織において、この傾向は顕著になる見込みだ。

 企業はAI技術の導入時、適切なシステム設定やセキュリティ対策をしなければならない。それを怠ると、標的型攻撃をはじめとするサイバー脅威の標的になり、被害を受ける可能性がある。AI技術を扱う経験が不足している場合、特にこのリスクは強まる。

 AIツールの土台となるクラウドサービスの利用拡大も、セキュリティリスクにつながる。クラウドサービスで運用するシステムは非常に複雑になりがちで、セキュリティリスクを抑止する対策が容易ではない。クラウドベンダーはAIサービス向けのセキュリティ対策に取り組んでいるが、ユーザー企業数が増える中では対策に十分に行き渡るとは限らない。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

天候と位置情報を活用 ルグランとジオロジックが新たな広告サービスを共同開発
ルグランとジオロジックが新たな「天気連動型広告」を共同開発した。ルグランが気象デー...

news130.jpg

“AI美女”を広告に起用しない ユニリーバ「Dove」はなぜそう決めたのか
Unilever傘下の美容ケアブランド「Dove」は、「Real Beauty」の20周年を機に、生成AIツー...

news099.png

有料動画サービス 34歳以下では過半数が利用経験、4割は1日1回以上利用
「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2024」を基に、テレビ画面での動...