Top Story

icon
湾岸諸国の医療IT事情【中編】

湾岸諸国が重点投資する医療IT「遠隔医療」「データドリブン」「自動化」とは?

コロナ禍の影響もあり、デジタルヘルスケア産業への関心が世界的に高まっている。湾岸諸国では「遠隔医療」「データドリブンなヘルスケア」「インテリジェントオートメーション」への投資が進んでいる。その理由は。

(2021/09/10)

新着記事

news01.jpg
膨大なデータ処理を変える技術【後編】

「GPUDirect Storage」はストレージのスループット改善にどれだけ効果的なのか?

GPUによるデータ処理を高速化するNVIDIAの「GPUDirect Storage」は、大量のデータを扱う用途で活用が進む可能性がある。その可能性を考える上では、ストレージベンダーの取り組みが鍵になる。

(2021/09/07)
news02.jpg
研究活動にAWSを活用する医療機関【前編】

小児科病院が「AWSでシステム構築」を決断 そのときCIOはこう動いた

医療機関のシステム構築は、法規制や従業員同士の関係構築が課題となることがある。プレシジョンメディシンの研究システムを「AWS」で構築した小児科病院の事例を基に、システム構築を円滑に進める方法を考える。

(2021/09/06)
news17.jpg
湾岸諸国の医療IT事情【前編】

コロナ禍が早めた「デジタルヘルスケア」の普及 湾岸諸国で急進の医療IT改革

湾岸諸国の医療機関では、生活習慣病をはじめとする慢性疾患の管理に医療ITを活用する機運が高まっている。その要因とみられるのが、コロナ禍をきっかけとした健康意識の変化だ。何が起きているのか。

(2021/09/03)
news08.jpg
膨大なデータ処理を変える技術【前編】

GPUのデータ処理を高速化 「GPUDirect Storage」はなぜ必要なのか?

GPUとストレージが直接データをやりとりできるNVIDIAの「GPUDirect Storage」が一般に利用可能になった。まずはどのような仕組みなのか、ざっくりと理解しておこう。

(2021/08/24)
news08.jpg
医療ITニュースフラッシュ

聖マリアンナ医科大学がコロナ禍で「iPad」を導入した“納得の理由”

「iPad」を導入した聖マリアンナ医科大学の取り組みや地域医療連携のために「コマンドセンター」を導入した草津総合病院の事例など、医療ITに関する主要なニュースを紹介する。

(2021/07/31)

製品一覧

医療分野向け製品一覧

電子カルテやレセコン、医用画像システムなど、医療分野のIT製品をジャンル別に紹介する。

注目連載

診療所向け電子カルテ製品紹介

本連載では、診療所でも導入しやすい電子カルテシステムをベンダー取材を通して紹介する。

“医療のIT化”最新動向

本連載では「レセプトオンライン請求義務化」などの最新動向について、医療関係者へのインタビューを通して、その現状や課題を探る。

注目記事

医療のIT化が遅れている原因は何か?

「ほかの分野と比べてIT化が10年遅れている」ともいわれる医療分野。その原因と今後求められるシステムの理想像について、コンサルティングを行っているアクセンチュアの井形繁雄氏に聞いた。

国立成育医療研究センターが目指すITシステムの理想像とは?

さまざまな種類の情報システムが活用されている医療分野だが、他の分野と比べてIT化が10年遅れているともいわれる。医療機関がより良い方法でIT化を進めるにはどうすればいいのか?

被災した医療従事者が果たすべき役割とは

自らが被災した医療従事者は、何よりも優先してその職務を全うするべきなのか? 阪神・淡路大震災において、被災地の病院で診療行為を行った医師の体験を紹介しよう。