Top Story

icon
年間1500億ドルのコスト削減に期待

「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野

医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。

(2019/05/17)

新着記事

news03.jpg
クラウドベンダーが満たすべき要件を解説

医療で使えるクラウドかどうかを見極める「HIPAA」の5大要件

医療データを扱うクラウドベンダーは、データのプライバシーとセキュリティを確保するため、HIPAAに準拠しなければならない。ユーザー企業がクラウドを利用するときに気を付けるべきHIPAAの要件を5つ紹介する。

(2019/05/08)
news06.jpg
AWS、IBM、Microsoft、Googleも医療のAI活用に積極投資

AIの医療利用なしに「EHRが診断ミスを防ぐ」という理想は実現しない

EHR(電子医療記録)は、患者の異常所見を読み取るために必要な機能を万全に備えているとは限らない。人工知能(AI)技術をEHRに組み込むことで、見落としに起因する医療ミスの防止に役立つ可能性がある。

(2019/05/07)
news07.jpg
苦戦を強いられるレガシーEHRベンダー

メモや処方箋などの非構造化データも処理 IBMとAWSの医療データ活用技術

IBMやAmazon Web Servicesが医療業界をターゲットに新たなサービスを提供している。注目すべきは、これらの企業が人工知能(AI)といった、今までのEHR製品にはなかったテクノロジーを取り入れている点だ。

(2019/04/11)
news02.jpg
医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【後編】

「学習し続けるAI」が医療現場では“使えない”理由

デジタルヘルスケアの分野では、機械学習技術を活用して開発後に進化し続けるといった、従来とは異なる形の医療機器が開発されている。日米規制当局の動向と、最新技術の医療利用への課題について説明する。

(2019/04/10)
news07.jpg
臨床現場の業務負担を軽減

AI(人工知能)で脳出血を容易に検出 放射線医学のAI活用事例

人工知能(AI)が放射線医学に与える影響を示す例について、2人の放射線科医の話を基に紹介する。新旧画像の比較や、深刻な症状の患者の優先治療などにAIが活用されているという。

(2019/04/09)

製品一覧

医療分野向け製品一覧

電子カルテやレセコン、医用画像システムなど、医療分野のIT製品をジャンル別に紹介する。

注目連載

診療所向け電子カルテ製品紹介

本連載では、診療所でも導入しやすい電子カルテシステムをベンダー取材を通して紹介する。

“医療のIT化”最新動向

本連載では「レセプトオンライン請求義務化」などの最新動向について、医療関係者へのインタビューを通して、その現状や課題を探る。

注目記事

医療のIT化が遅れている原因は何か?

「ほかの分野と比べてIT化が10年遅れている」ともいわれる医療分野。その原因と今後求められるシステムの理想像について、コンサルティングを行っているアクセンチュアの井形繁雄氏に聞いた。

国立成育医療研究センターが目指すITシステムの理想像とは?

さまざまな種類の情報システムが活用されている医療分野だが、他の分野と比べてIT化が10年遅れているともいわれる。医療機関がより良い方法でIT化を進めるにはどうすればいいのか?

被災した医療従事者が果たすべき役割とは

自らが被災した医療従事者は、何よりも優先してその職務を全うするべきなのか? 阪神・淡路大震災において、被災地の病院で診療行為を行った医師の体験を紹介しよう。