過去記事一覧 (2020 年)

7 月

/tt/news/2007/07/news02.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【中編】

新型コロナ「接触追跡システム」の真価は院内感染の防止か

新型コロナウイルス感染症の感染経路特定を支援する「接触追跡」システム。医療機関にとって、その活用は院内感染の防止にも役立つという。米国の医療機関や調査会社の話から、その実態を探る。

/tt/news/2007/02/news13.jpg
プライバシー課題を克服

「合成データ」とは何か? COVID-19の治療法研究を迅速化

患者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法をいかに早く見つけ出すか。その有力な手段となり得るのが「合成データ」だ。

/tt/news/2007/02/news01.jpg
医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【後編】

医療機関が「クラウドサービス」への移行時に留意すべき3つのデメリット

クラウドサービスは医療機関にさまざまなメリットをもたらすが、考慮すべき課題もある。医療機関がクラウドサービスへのシステム移行時に陥りやすい3つの課題を解説する。

6 月

/tt/news/2006/29/news05.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【前編】

大学病院が「新型コロナ接触追跡システム」を導入 メリットは何なのか?

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に注意喚起する「接触追跡システム」で感染経路を追跡することは、どのような社会的意義があるか。米国医療機関の導入事例を紹介する。

/tt/news/2004/14/news02.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【CLINICSオンライン診療編】

オンライン診療も通院もサービス間連携で一元管理の「CLINICSオンライン診療」

サービス間連携により、通常の通院による診療とオンライン診療のデータ/ワークフローを一元管理できるのが「CLINICSオンライン診療」だ。その機能や特徴を説明する。

/tt/news/2006/23/news01.jpg
医療ITとベンダー特権アクセス管理【後編】

医療機関向け「ベンダー特権アクセス管理」とは? 「SecureLink」に学ぶ

医療機関のシステム保守のためにリモートアクセスするベンダーのアクティビティを可視化すれば、不測の事態が生じても追跡が可能になる。それを可能にする「ベンダー特権アクセス管理」ツールの中身とは。

/tt/news/2006/29/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「オンライン診療」普及を後押し 2020年度診療報酬改定の必修ポイント

2020年度の診療報酬改定ではオンライン診療の要件が緩和されるなど、医療機関のIT活用に影響するポイントが幾つかあります。押さえておくべき主要なポイントをまとめました。

/tt/news/2006/17/news08.jpg
医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【前編】

いまさら聞けない、医療機関が「クラウドサービス」に移行する4つのメリット

医療機関がクラウドサービスにシステムを移行させるメリットには、どのようなものがあるのか。主要な4つのメリットを紹介する。

/tt/news/2006/16/news01.jpg
医療ITに革新をもたらす5G【後編】

医療機関が「5G」を導入するなら検討すべき“あのリスク”とは

医療機関が「5G」を導入する場合は検討すべき「潜在的リスク」がある。それは何か。

/tt/news/2006/09/news04.jpg
医療ITとベンダー特権アクセス管理【前編】

医療機関が「ベンダーのアクセス監視」をせざるを得なかった“潜在的リスク”

米国の医療機関UMass Memorial Health Careは、自施設のシステムに対するベンダーのリモートアクセスを管理するために「ベンダー特権アクセス管理」ツールを導入した。決断に至った危機感とは。

/tt/news/2006/08/news06.jpg
医療ITに革新をもたらす5G【前編】

医療機関がまだ高過ぎて導入できなくても「5G」に可能性を感じる理由

医療機関が安心して「5G」の導入に踏み切るには前例が必要だ。5Gの普及には時間がかかるため、事例は当分現れない可能性もある。それでも米国の医療機関CIOは5Gの可能性を信じている。それはなぜか。

5 月

/tt/news/2005/26/news06.jpg
今のAI技術はあくまでも「診断支援」

画像診断に「AI」が役立つ理由と、それでも“第2の目”にとどまる理由

画像診断の領域では、人工知能(AI)技術が従来の複雑なタスクを軽減したり、診断精度を高めたりとさまざまな価値を生み出している。一方でAI技術にはいまだ解決困難な課題が残っている。それは何か。

/tt/news/2005/19/news04.jpg
ネットワークにつながる医療機器は多様化

セキュリティ投資を病院の経営陣に納得させる“無視してはいけない3要素”

医療機関の情報セキュリティインシデントは、患者の生死に直結する問題だ。米国の医療機関CIOは、経営陣と情報セキュリティ予算の交渉をするには3つの要素が不可欠だと強調する。それは何なのか。

/tt/news/2005/07/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「個人健康記録」(PHR)はなぜ必要か? これまでの医療IT政策との違いは?

患者が自身の健康医療情報を管理する「個人健康記録」(PHR)の普及に向けて、厚生労働省が検討会を設置しました。政府がPHR普及を後押しする意図は何なのでしょうか。

/tt/news/2005/04/news01.jpg
規制緩和でリスクが増大

新型コロナ禍で医療従事者の自宅PCがサイバー攻撃の標的に 対策は?

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の医療機関は医療従事者の在宅勤務体制を整えつつある。一方で医療従事者の自宅用PCが攻撃された場合、医療システムへの侵入口となる恐れがある。どう対処すべきか。

4 月

/tt/news/2004/30/news02.jpg
医療CIOが語る、2020年の技術動向【後編】

「遠隔医療」「AI」に熱視線 医療機関CIOが最もわくわくする技術は?

医療機関は2020年にどのIT分野を優先して取り組むべきだろうか。米国の医療グループSCL Health、Boston Medical Center、Northwell HealthのCIOの見解を紹介する。

/tt/news/2004/29/news02.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

プログラミング学習の壁からWeb会議の選び方まで 新規会員が気になった話題は

「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/21/news02.jpg
放射線医学におけるAI技術の進歩【後編】

AIの乳がん診断精度は“医師超え”へ それでも研究者が実用化に慎重な理由

AI技術を活用し、医師よりも高精度の乳がん診断の実現を目指すシステムの研究開発が盛んだ。ただし研究者は、こうしたシステムの市場投入には慎重を要するという見解を持つ。それはなぜなのか。

/tt/news/2004/17/news07.jpg
LLamasoft製ソフトウェアを導入

医療団体が“脱Excel”してSCM製品に切り替えた理由 眼組織の需要予測に利用

眼組織を回収して医療機関に配送する非営利団体のEversightは、眼組織の需要予測の手段を「Microsoft Excel」からLLamasoftのサプライチェーンマネジメント製品に切り替えた。その理由と効果とは。

/tt/news/2004/14/news04.jpg
医療CIOが語る、2020年の技術動向【前編】

「DX」に「セルフサービスBI」――医療機関のCIOが注目するトレンドは?

医療業界で2019年に課題に挙がっていたことは一定の解決を見せたのだろうか。米国の医療グループSCL Health、Boston Medical Center、Northwell HealthのCIOはそれぞれどのような見解を持っているのか。

/tt/news/2004/13/news04.jpg
放射線医学におけるAI技術の進歩【前編】

Google Healthの乳がんAI検診システムが医学業界に賛否両論を巻き起こす理由

Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人間の診断によりも高い診断精度を示したと発表した。しかしこの研究は医学業界で賛否を呼んでいる。その理由は。

/tt/news/2003/11/news03.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【オンライン診療ポケットドクター編】

“赤ペン書き込み”で患者の訴えをくみ取る「オンライン診療ポケットドクター」

オプティムとMRTによる「オンライン診療ポケットドクター」は、患者・医師間の認識の齟齬を軽減する機能や、血圧計などのヘルスケア機器との連携に強みを持つオンライン診療サービスだ。その機能と特徴を説明する。

3 月

/tt/news/2003/30/news08.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【後編】

2020年の米国医療業界を揺らす2つの話題「AI」「国民皆保険」 医療機関の反応は

人工知能(AI)技術は長らく医療業界で注目を集めていたトレンドだったが、2020年には蜜月が終わる可能性がある。米国の医療業界は、国民皆保険制度「メディケアフォーオール」計画の動向を慎重視している。

/tt/news/2003/24/news07.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【前編】

2020年に「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因の分析ツール」に注目が集まる理由

Forrester ResearchとFrost & Sullivanの調査は、2020年の医療ITのトレンドは「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因を分析するツール」が支持を広げると予測する。その理由は何か。

/tt/news/2003/17/news05.jpg
「従業員25人追加雇用」のコストを削減

医療機関が「RPA」を導入した理由 紙のタイムカード処理を15分から30秒に

ニューヨークプレスビテリアン病院は、それまで手作業だったタイムカードの打刻漏れチェックと給与支払プロセスを自動化するために「RPA」を導入した。その効果とは。

/tt/news/2003/09/news06.jpg
約7万人の従業員が複数拠点で利用

医薬品卸大手がVMwareの「SRM」からZertoの「クラウドDR」に切り替えた理由

医薬品卸大手のMcKessonは、細密な災害復旧(DR)の計画を作成している。同社のビジネスの停止は患者の生死に関わるからだ。その手段として導入したのが「クラウドDR」だ。採用の決め手は何だったのだろうか。

/tt/news/2003/04/news04.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【後編】

病院のIT化になぜ「組織横断型チーム」が必要なのか “変えたくない人”を攻略

医療機関で新しいテクノロジーの導入を成功させるこつは、組織横断型チームを結成して綿密なコミュニケーションを続けることだ。大規模医療グループのITリーダーが重視するポイントを解説する。

/tt/news/2003/04/news08.jpg
ウェアラブルデバイスや専用センサーを利用

スマートフォンを使った「患者遠隔監視システム」とは? 2大手法を紹介

患者の通院回数を減らすのと同時に、医療サービスを向上させる――。その手段になり得るのが、モバイルデバイスとアプリケーションを組み合わせた「患者遠隔監視システム」だ。主要な実現手法を説明する。

2 月

/tt/news/2002/27/news05.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【前編】

病院のITリーダーはなぜ「根回し」を重視するのか

システム変更時のトラブルや混乱を回避するために、医療業界のITリーダーが重視するのは「根回し」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/19/news05.jpg
他業界から転身した医療機関CISOに聞く

病院でも「IT部門」と「セキュリティ部門」を分けるべきなのか?

「医療業界のセキュリティ対策は遅れている」と、他の業界から医療業界に転職したセキュリティ専門家達は口をそろえる。セキュリティを向上させるための急務とは何か。

/tt/news/2002/13/news03.jpg
ネットワークは思わぬ「落とし穴」

医療機器をハッキングから守る5つのセキュリティ対策

輸液ポンプや医用画像撮影装置など、医療機器のセキュリティ確保は病院における優先事項だ。医療機器のセキュリティを確保する5つの対策を紹介する。

/tt/news/2002/07/news05.jpg
医療機関はITをどう活用できるのか

画像診断に「機械学習」が役立つ理由 5分で見るべき画像数が250枚から20枚に

ある医療IT専門家は、音声認識と機械学習が医療業界に重要な影響を与える技術になると予測する。その理由とは。

/tt/news/2001/31/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

300億円の「医療情報化支援基金」は電子カルテ普及と標準化の追い風になるか

「地域包括ケアシステム」の真価を引き出すためにも医療情報の共有は不可欠です。しかし電子カルテの標準化は長期戦の様相を呈しています。300億円の「医療情報化支援基金」は、この現状を打破できるのでしょうか。

1 月

/tt/news/2001/28/news01.jpg
患者対応に変革を起こすIT【後編】

病院が「空き病床削減」「外来チェックイン」をIT化 各システムの中身は?

在院日数や病床稼働率は、病院が効率的に稼働しているかどうかを示す重要な指標だ。これらの改善にITを生かした2つの医療グループの事例を紹介する。

/tt/news/2001/21/news03.jpg
患者対応に変革を起こすIT【前編】

「診療予約日に来ない患者を減らすシステム」を病院が構築 その仕組みとは?

診療予約や病床管理といった分野は、ITによるイノベーションの余地が大きいと期待されている。医療グループのMontefiore Medical Centerが進めた、予約日に来院しない患者を減らす取り組みを紹介する。

/tt/news/2001/14/news08.jpg
病院のBYODで想定すべきリスクと対策

「電子カルテを私物スマホで見たい」を安全にかなえる方法は?

医療機関は患者情報などの機密データを扱うため、セキュリティ対策とデータ保護は特に重要だ。医療機関で私物端末の業務利用(BYOD)が一般的になると状況は複雑になる。最低限どのような対策が必要か。