過去記事一覧 (2019 年)

12 月

/tt/news/1912/04/news08.jpg
相互運用性とセキュリティをどう両立させるか

医療機関が電子カルテを共有したがらない“本当の理由”と、その解決策

医療機関は、セキュリティを保つために医療情報の共有を避ける傾向がある。しかし情報の共有は、適切な医療を提供する上でメリットが大きい。医療情報の相互運用性を実現しつつ、セキュリティを保つ方法とは。

/tt/news/1910/10/news02.jpg
進化する医療機関向けアプリケーション【キュア・アップ編】

薬の代わりにアプリで禁煙? 薬事承認を目指す「ニコチン治療用アプリ」とは

医療ITベンチャーのキュア・アップが薬事申請した「ニコチン依存症治療用アプリケーション」。処方薬以外の治療法に道を開く可能性がある、このアプリケーションの実力と現状を探る。

11 月

/tt/news/1911/29/news10.jpg
米国電子カルテ市場の動向

病院が「電子カルテ」をリプレースせざるを得ない5つの事情

電子カルテのリプレースは簡単ではない。だがベンダーの買収や組織規模の拡大といった事情で、リプレースが必要になる場合もある。こうした5つの事情を説明する。

/tt/news/1911/15/news06.jpg
キャリア30年のベテランに聞く病院CIOの変化【後編】

医療機関のCIOがなぜ「AI」と「ブロックチェーン」に注目するのか

医療機関は最新のITをどう生かすべきなのか。医療機関が押さえておくべき最新技術には何があるのか。医療機関の中でCIOはどのような役割を果たせばいいのか。キャリア30年のベテランCIOに聞く。

/tt/news/1911/13/news05.jpg
医療アプリケーションやベンダーに課題

患者の不安だけではない 「医療API」が普及しない残念な理由

米政府では医療APIによる、システム間での医療情報の連携を進めているが、普及率は低い。医療API利用の問題点と、普及率が低い理由について、専門家の意見と医療機関を対象にした調査の結果から説明する。

/tt/news/1911/08/news04.jpg
キャリア30年のベテランに聞く病院CIOの変化【前編】

「病院CIO」が“すごいエンジニア”でよかった時代は終わった

ITの発展の影響を受け、医療機関のCIO(最高情報責任者)の役割が変化しつつある。今、CIOは何を求められているのか。CIO歴30年のベテランに聞く。

/tt/news/1911/07/news03.jpg
失敗の共有が業界にもたらすメリット

マサチューセッツ総合病院(MGH)の情報漏えい事故から得られる教訓、足りない透明性

セキュリティ専門家は、マサチューセッツ総合病院(MGH)で2019年6月に発生したデータ漏えいについて「詳細を開示すべきだ」と指摘する。詳細の開示は他の医療機関の役に立つからだ。

/tt/news/1911/05/news06.jpg
「5G」の医療利用は現実的か【後編】

遠隔手術から脳の3D化まで 「5G」は医療をどう変えるのか

「5G」は医療機関でどう利用できるのか。アナリストの発言を基に、治療への活用の可能性を考える。

10 月

/tt/news/1910/31/news02.jpg
GANに期待するもの【後編】

難病や新薬候補の発見にも効果 機械学習の進化形「GAN」の広がる用途

高い精度でコンテンツを認識し、再現できる「GAN」(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)。その用途はどこまで広がるのか。

/tt/news/1910/29/news09.jpg
「5G」の医療利用は現実的か【前編】

病院が今知っておくべき「5G」の基礎知識

「5G」が医療機関で広く使われるようになるには時間がかかる。とはいえ今から導入を計画し始めても、決して早過ぎるわけではない。医療機関が今知っておくべき5Gの仕組みとメリットを改めて整理する。

/tt/news/1910/24/news03.jpg
患者のモチベーションが課題

患者が病院による「遠隔モニタリング」を使いたがらない2つの理由

患者の遠隔モニタリングにより、医療機関は診察以外の時間も患者の健康状態を把握することができる。普及が進む一方で、患者と医療従事者の受け入れ方には課題が残る。

/tt/news/1910/17/news04.jpg
遠隔医療や画像処理で生きる可能性

医療機関こそ「5G」に注目すべき理由と現実的な導入時期は?

5Gを医療機関のネットワークとして生かせる可能性がある。5Gの実用化に向けて、CIOが今から備えておくべきこととは何だろうか。

/tt/news/1910/11/news04.jpg
医療データは攻撃者にとっても価値が高い

病院がセキュリティ対策に手を抜いてはいけない納得の理由

米医療費回収機関AMCAの医療データ流出は、同社の破産のきっかけとなった。医療データの保護は病院にとっても不可欠だ。それはなぜなのか。

/tt/news/1910/07/news03.jpg
オンプレミスにはないメリットを整理

病院だからこそ「クラウド」を活用すべき7つの根拠

医療業界の間で、これまでは消極的だったクラウド活用の機運が高まりつつある。データ保護やコスト削減、災害対策などの面で、オンプレミスでは得にくいメリットがあるからだ。それは何なのか。

9 月

/tt/news/1909/18/news04.jpg
待合室に「ミライスピーカー」を採用

患者呼び出しを1回で とびた眼科は「音のバリアフリー」をどう実現したのか

医療機関での呼び出しは患者にとって聞き取りづらいことがある。患者が気付くまで繰り返し名前を呼び続ける負担は、医療従事者にとって日常的な悩みの種だ。この課題を解決した、とびた眼科の事例を紹介する。

/tt/news/1909/03/news01.jpg
臨床医学研究に「AWS」を使う【後編】

名古屋大学医学部附属病院が研究基盤に「AWS」を選んだ理由

名古屋大学医学部附属病院が研究データ基盤をパブリッククラウドに移行する際、データ保護制度やガイドライン順守は大きなハードルだった。解決策として「Amazon Web Services」(AWS)の採用に至った理由は。

/tt/news/1909/24/news07.jpg
自動化でミスを防ぐ効果も

医療機関こそ「自然言語処理」(NLP)を生かすべき理由と事例

医療機関で生まれるデータは、活用しにくい非構造化データであることが少なくない。自然言語処理(NLP)技術を利用すれば、この未開拓の情報源から、診療に関する有益な洞察が引き出せる可能性がある。

/tt/news/1909/18/news07.jpg
「モバイル医療アプリ」のメリットとセキュリティリスク【後編】

患者の個人情報をスマホアプリで安全に扱う仕組みとは 「EASE」の例で確認

モバイル医療アプリの「EASE」は、患者の個人情報をやり取りする仕組みを備えている。患者の手術中の様子や容体などの機密情報を安全に扱うために、モバイル医療アプリが取り得る手段とは。EASEを例に確認する。

/tt/news/1909/02/news02.jpg
臨床医学研究に「AWS」を使う【前編】

名古屋大学医学部附属病院も直面 なぜ診療科ごとにデータベースが乱立する?

臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースが乱立する「サイロ化」の問題がしばしば起きる。同様の問題に直面した名古屋大学医学部附属病院は、解決に向けてどのような取り組みをしたのか。

/tt/news/1909/11/news06.jpg
「モバイル医療アプリ」のメリットとセキュリティリスク【前編】

患者満足度9割超えも 医師と患者を近づける「モバイル医療アプリ」の実力

手術室から患者の家族に最新情報を送信できるなど、「モバイル医療アプリ」は医療機関にも患者にもメリットをもたらす。ただしセキュリティの懸念は残る。

/tt/news/1909/09/news02.jpg
電子健康記録(EHR)を使うべき理由【後編】

医療機関が「電子健康記録」(EHR)を導入する利点は? 米国では奨励金も

米国は「Meaningful Use」(意義ある利用)という制度によって、電子健康記録(EHR)システムを導入する医療機関に奨励金を交付している。ただしEHR導入後の紙の扱いについては、州ごとに法律が異なる。

/tt/news/1909/03/news05.jpg
電子健康記録(EHR)を使うべき理由【前編】

電子健康記録(EHR)、電子医療記録(EMR)、個人健康記録(PHR)はどう違う?

「電子健康記録」(EHR)、「電子医療記録」(EMR)、「個人健康記録」(PHR)は、いずれも患者の医療データという点では同じだが、活用方法やデータの共有範囲、管理主体に違いがある。

8 月

/tt/news/1908/20/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT:医療機関の働き方改革【後編】

医療機関の勤怠管理システム選び ITが活躍するのはシフト管理だけじゃない

医療機関においても、スタッフの勤怠管理やシフト管理、採用、育成といった人事・労務管理の業務は重要な位置を占めます。これらを効率化するITツールや活用のヒントを紹介します。

/tt/news/1907/17/news06.jpg
医師の「働き方改革」にも役立つ?

オンライン診療は日本でどのくらい導入が進み、現場でどう使われているのか

「オンライン診療システム」の選択肢が充実しつつある。市場の状況と診療報酬改定の影響、クリニックの導入事例について説明する。

7 月

/tt/news/1907/22/news07.jpg
HIPAAをベースに考える

医療機関が「Microsoft Teams」を使う4大メリットと3大リスクは?

「Microsoft Teams」は、医療環境でのコミュニケーションやコラボレーションにメリットをもたらす可能性がある。ただし医療情報の送受信に利用するときは、コンプライアンスを最優先にしなければならない。

/tt/news/1907/12/news05.jpg
医療機関のセキュリティ製品選定で重要な8つのポイント【後編】

医療機関に適した「メール保護」「脆弱性対策」「ネットワーク保護」製品は?

システムの脆弱性チェック機能やセキュリティ対策の自動化機能など、さまざまな機能や特徴を持つセキュリティ製品がある。これらのセキュリティ製品を、医療機関が適切に選定するためのポイントを説明する。

/tt/news/1907/09/news04.jpg
温故知新の医薬品開発が進むか

「AI」を創薬と疾患特定に生かす医薬品業界、既存薬の新たな薬効も見つかる?

臨床試験や創薬など、医薬品製造における人工知能(AI)技術の利用が進んでいる。制度面での障壁はあるとしても、製薬会社はAI技術による新薬開発のプロセス短縮化を期待している。

/tt/news/1907/05/news09.jpg
医療機関のセキュリティ製品選定で重要な8つのポイント【前編】

AIから法令順守まで 医療機関のセキュリティ製品選び「4つのポイント」

医療システムを保護するのに最も効果的なセキュリティ製品を見つけるには、何に注目すればよいのか。前編では主要な8つの選定ポイントのうち、4つを紹介する。

/tt/news/1907/03/news04.jpg
収益サイクル管理やIoTで成果

医療機関が「RPA」を導入すべき用途とは? 医療事務の専門家に聞く

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、医療を含めたさまざまな業界で活躍し始めている。本稿は医療分野におけるRPAの用途について、医療事務の専門家が説明する。

6 月

/tt/news/1906/19/news08.jpg
事例で探る「SAP HANA」の実力【前編】

医療ITベンダーの技術基盤を「SAP HANA」はどう支えているか

医療ソフトウェアベンダーのHarrisLogicは、「SAP HANA」を事業推進の中核として利用している。SAP HANAで何を目指し、具体的にどう利用しているのか。

/tt/news/1906/18/news06.jpg
医療に役立つ「AI」6つの用途【後編】

「Hey Siri」「OK Google」で健康相談 「AI」で自動化進む患者対応

AI技術が医療にもたらす効果は、医療従事者の業務効率向上だけではない。生活指導や診療の予約など、患者の利便性向上に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。

/tt/news/1906/13/news07.jpg
医療に役立つ「AI」6つの用途【前編】

医療従事者の負担を軽くする「医療AI」の使い道3選

医療機関の間で、AI技術を活用する動きが広がりつつある。医療画像解析や診断支援など、医療従事者の業務改善に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。

/tt/news/1906/06/news03.jpg
医療データ保管の新しい選択肢「クラウドバックアップ」【後編】

医療機関がクラウドバックアップよりローカルバックアップを選ぶべき用途とは?

ハードウェアの故障リスクを心配する必要がない「クラウドバックアップサービス」は、医療機関にメリットをもたらす一方、導入に当たって考慮すべき項目もある。具体的な課題を検証する。

/tt/news/1906/05/news10.jpg
IT化と業務効率化を同時に進める

医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは

EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。

/tt/news/1906/10/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT:医療機関の働き方改革【前編】

病院のバックオフィス業務を効率化するITの使い方 患者の流れはどう変わる?

働き方改革に伴い一層の効率化を目指す医療機関には、「患者」と「スタッフ」の流れをマネジメントするためのIT活用が効果的でしょう。患者の待ち時間やスタッフの残業時間の低減に役立つITツールとは。

5 月

/tt/news/1905/31/news07.jpg
医療機器のセキュリティ対策の要点を解説

医療IoT「IoMT」のセキュリティリスク 患者の命をサイバー攻撃から守るには?

医療機器とソフトウェアをインターネットで接続する、医療におけるモノのインターネット「IoMT」。そのリスクと、セキュリティ対策で検討すべき事項とは。

/tt/news/1905/27/news07.jpg
医療データ保管の新しい選択肢「クラウドバックアップ」【前編】

医療機関のデータ消失リスクを減らす「クラウドバックアップサービス」とは

クラウドのストレージにデータをバックアップする「クラウドバックアップサービス」は、医療機関にどのようなメリットをもたらすのか。簡潔に説明する。

/tt/news/1905/17/news06.jpg
年間1500億ドルのコスト削減に期待

「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野

医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。

/tt/news/1905/08/news03.jpg
クラウドベンダーが満たすべき要件を解説

医療で使えるクラウドかどうかを見極める「HIPAA」の5大要件

医療データを扱うクラウドベンダーは、データのプライバシーとセキュリティを確保するため、HIPAAに準拠しなければならない。ユーザー企業がクラウドを利用するときに気を付けるべきHIPAAの要件を5つ紹介する。

/tt/news/1905/07/news06.jpg
AWS、IBM、Microsoft、Googleも医療のAI活用に積極投資

AIの医療利用なしに「EHRが診断ミスを防ぐ」という理想は実現しない

EHR(電子医療記録)は、患者の異常所見を読み取るために必要な機能を万全に備えているとは限らない。人工知能(AI)技術をEHRに組み込むことで、見落としに起因する医療ミスの防止に役立つ可能性がある。

4 月

/tt/news/1904/11/news07.jpg
苦戦を強いられるレガシーEHRベンダー

メモや処方箋などの非構造化データも処理 IBMとAWSの医療データ活用技術

IBMやAmazon Web Servicesが医療業界をターゲットに新たなサービスを提供している。注目すべきは、これらの企業が人工知能(AI)といった、今までのEHR製品にはなかったテクノロジーを取り入れている点だ。

/tt/news/1904/04/news02.jpg
医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【後編】

「学習し続けるAI」が医療現場では“使えない”理由

デジタルヘルスケアの分野では、機械学習技術を活用して開発後に進化し続けるといった、従来とは異なる形の医療機器が開発されている。日米規制当局の動向と、最新技術の医療利用への課題について説明する。

/tt/news/1904/09/news07.jpg
臨床現場の業務負担を軽減

AI(人工知能)で脳出血を容易に検出 放射線医学のAI活用事例

人工知能(AI)が放射線医学に与える影響を示す例について、2人の放射線科医の話を基に紹介する。新旧画像の比較や、深刻な症状の患者の優先治療などにAIが活用されているという。

/tt/news/1904/02/news13.jpg
医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【前編】

IoTとAIは医療の現場でどのように役立つのか

IoTや人工知能(AI)技術といった、比較的新しい技術を活用した医療機器が開発されている。医療分野での最新技術の応用例とその課題について、専門家の話を基に説明する。

/tt/news/1904/09/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

在宅医療・介護の多職種連携支援システム、明らかに便利なのに使われない理由

在宅医療・介護はさまざまな職種がチームを組んでサービスを提供します。しかし多職種間コミュニケーションのための情報共有システムは、あまり普及していません。その原因は、コストとスキルの問題に大別できます。

3 月

/tt/news/1903/23/news01.jpg
仮想アシスタントやチャットbotを活用

AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ

AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。

/tt/news/1903/22/news10.jpg
実用例や課題を紹介

医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか

医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。

/tt/news/1903/19/news08.jpg
治療ができなくなる可能性も

医療機関のITシステムに残るハリケーンの爪痕 災害の影響を最大限に抑えるには

治療に必要なデータの管理をITシステムに頼る医療機関は、自然災害に免疫がない。そのため被災後に復旧を試みるよりも、事前に準備しておくことが重要だ。

2 月

/tt/news/1902/27/news06.jpg
まだまだ無視できない5つの先進技術

AI、データ分析、ブロックチェーン……医療業界が最優先にすべき技術トレンドはどれ?

医療業界で注目すべき技術トレンドとして、2019年も引き続き人工知能(AI)とブロックチェーンは注目を集めるだろう。仮想現実、データ分析、ハイブリッドクラウドなど、無視できないトレンドをおさらいする。

/tt/news/1902/12/news03.jpg
Forrester Researchがレポート

2019年のITヘルスケア予測 バーチャルケア、AI、FHIRなどが話題に

Forrester Researchの予測によれば、2019年の医療IT業界における主要トレンドはバーチャルケア、AI、FHIRだという。

/tt/news/1902/04/news05.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療分野にRPAは普及するか? 自動化技術が変える、医療事務の今と未来

医療費精算やレセプト請求のような定型的な医療事務作業は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)をはじめとする自動化技術が大きな効果を発揮する可能性があります。

1 月

/tt/news/1901/30/news08.jpg
本格利用には時期尚早?

ブロックチェーンと医療の関係について今知っておくべきこと

現時点では医療へのブロックチェーン技術の利用は主流ではない。しかし近い将来に医療データの安全な保管技術として広く活用される可能性がある。医療ブロックチェーンを取り巻く状況はどうなっているのか。

/tt/news/1901/25/news06.jpg
「IoTはこれ以上複雑にはならない」

IoTの医療活用「コネクテッドケアテストベッド」は成功するのか?

医療業界で進むIoTの活用。その目的は医療支援だけでなく、収益につながる共通のプラットフォーム構築だ。

/tt/news/1901/11/news09.jpg
クリプトマイナー(仮想通貨採掘ソフト)が激増

医療現場はモバイルセキュリティを優先すべき、これだけの理由

医療現場でのモバイルデバイスの利用が広がり利便性が向上しているが、一方でサイバー犯罪者が攻撃に悪用できる対象が増えるというデメリットも出てきた。そのため、医療ITではこうしたエンドポイント保護が急務になっている。