過去記事一覧 (2020 年)

4 月

/tt/news/2003/11/news03.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【オンライン診療ポケットドクター編】

“赤ペン書き込み”で患者の訴えをくみ取る「オンライン診療ポケットドクター」

オプティムとMRTによる「オンライン診療ポケットドクター」は、患者・医師間の認識の齟齬を軽減する機能や、血圧計などのヘルスケア機器との連携に強みを持つオンライン診療サービスだ。その機能と特徴を説明する。

3 月

/tt/news/2003/30/news08.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【後編】

2020年の米国医療業界を揺らす2つの話題「AI」「国民皆保険」 医療機関の反応は

人工知能(AI)技術は長らく医療業界で注目を集めていたトレンドだったが、2020年には蜜月が終わる可能性がある。米国の医療業界は、国民皆保険制度「メディケアフォーオール」計画の動向を慎重視している。

/tt/news/2003/24/news07.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【前編】

2020年に「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因の分析ツール」に注目が集まる理由

Forrester ResearchとFrost & Sullivanの調査は、2020年の医療ITのトレンドは「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因を分析するツール」が支持を広げると予測する。その理由は何か。

/tt/news/2003/17/news05.jpg
「従業員25人追加雇用」のコストを削減

医療機関が「RPA」を導入した理由 紙のタイムカード処理を15分から30秒に

ニューヨークプレスビテリアン病院は、それまで手作業だったタイムカードの打刻漏れチェックと給与支払プロセスを自動化するために「RPA」を導入した。その効果とは。

/tt/news/2003/09/news06.jpg
約7万人の従業員が複数拠点で利用

医薬品卸大手がVMwareの「SRM」からZertoの「クラウドDR」に切り替えた理由

医薬品卸大手のMcKessonは、細密な災害復旧(DR)の計画を作成している。同社のビジネスの停止は患者の生死に関わるからだ。その手段として導入したのが「クラウドDR」だ。採用の決め手は何だったのだろうか。

/tt/news/2003/04/news04.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【後編】

病院のIT化になぜ「組織横断型チーム」が必要なのか “変えたくない人”を攻略

医療機関で新しいテクノロジーの導入を成功させるこつは、組織横断型チームを結成して綿密なコミュニケーションを続けることだ。大規模医療グループのITリーダーが重視するポイントを解説する。

/tt/news/2003/04/news08.jpg
ウェアラブルデバイスや専用センサーを利用

スマートフォンを使った「患者遠隔監視システム」とは? 2大手法を紹介

患者の通院回数を減らすのと同時に、医療サービスを向上させる――。その手段になり得るのが、モバイルデバイスとアプリケーションを組み合わせた「患者遠隔監視システム」だ。主要な実現手法を説明する。

2 月

/tt/news/2002/27/news05.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【前編】

病院のITリーダーはなぜ「根回し」を重視するのか

システム変更時のトラブルや混乱を回避するために、医療業界のITリーダーが重視するのは「根回し」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/19/news05.jpg
他業界から転身した医療機関CISOに聞く

病院でも「IT部門」と「セキュリティ部門」を分けるべきなのか?

「医療業界のセキュリティ対策は遅れている」と、他の業界から医療業界に転職したセキュリティ専門家達は口をそろえる。セキュリティを向上させるための急務とは何か。

/tt/news/2002/13/news03.jpg
ネットワークは思わぬ「落とし穴」

医療機器をハッキングから守る5つのセキュリティ対策

輸液ポンプや医用画像撮影装置など、医療機器のセキュリティ確保は病院における優先事項だ。医療機器のセキュリティを確保する5つの対策を紹介する。

/tt/news/2002/07/news05.jpg
医療機関はITをどう活用できるのか

画像診断に「機械学習」が役立つ理由 5分で見るべき画像数が250枚から20枚に

ある医療IT専門家は、音声認識と機械学習が医療業界に重要な影響を与える技術になると予測する。その理由とは。

/tt/news/2001/31/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

300億円の「医療情報化支援基金」は電子カルテ普及と標準化の追い風になるか

「地域包括ケアシステム」の真価を引き出すためにも医療情報の共有は不可欠です。しかし電子カルテの標準化は長期戦の様相を呈しています。300億円の「医療情報化支援基金」は、この現状を打破できるのでしょうか。

1 月

/tt/news/2001/28/news01.jpg
患者対応に変革を起こすIT【後編】

病院が「空き病床削減」「外来チェックイン」をIT化 各システムの中身は?

在院日数や病床稼働率は、病院が効率的に稼働しているかどうかを示す重要な指標だ。これらの改善にITを生かした2つの医療グループの事例を紹介する。

/tt/news/2001/21/news03.jpg
患者対応に変革を起こすIT【前編】

「診療予約日に来ない患者を減らすシステム」を病院が構築 その仕組みとは?

診療予約や病床管理といった分野は、ITによるイノベーションの余地が大きいと期待されている。医療グループのMontefiore Medical Centerが進めた、予約日に来院しない患者を減らす取り組みを紹介する。

/tt/news/2001/14/news08.jpg
病院のBYODで想定すべきリスクと対策

「電子カルテを私物スマホで見たい」を安全にかなえる方法は?

医療機関は患者情報などの機密データを扱うため、セキュリティ対策とデータ保護は特に重要だ。医療機関で私物端末の業務利用(BYOD)が一般的になると状況は複雑になる。最低限どのような対策が必要か。