過去記事一覧 (2022 年)

6 月

/tt/news/2206/16/news09.jpg
遠隔医療向け機能を強化

医療専用じゃない「Teams」が“病院必携ツール”になるために超えるべき壁とは

「Microsoft Teams」は遠隔医療向けの機能拡充を進めている。専門家はこうした機能が医療の在り方を変えると期待する一方で、改善の余地も大きいと考えている。

/tt/news/2206/13/news03.jpg
NHSの医療DXガイドライン【後編】

「成熟した医療DX」実現のために英国は何をしようとしているのか?

医療現場におけるデジタル成熟度の底上げを目指し、英国政府はNHSの予算制度を見直し、医療機関がIT化を進める際の資金調達プロセスをより明解にするための行動計画を提示している。その内容は。

/tt/news/2206/08/news04.jpg
ランサムウェアに狙われる医療機関 対抗策は【後編】

ランサムウェアに負けない医療機関になるための3つのセキュリティ対策

医療機関が攻撃者にとって格好の標的であることは論をまたない。ランサムウェア被害に備え、医療機関がまず着手すべき3つのセキュリティ対策とは。

/tt/news/2206/06/news04.jpg
NHSの医療DXガイドライン【中編】

「医療DXの意欲があっても予算がない」問題を解決する「WPfW」とは?

英国では医療機関のIT化に向けた資金調達プロセスが複雑で、入札手順や財源が不明瞭なことがDXの阻害要因となっていた。改善に向けて英国NHSが公開した提言書「Who pays for what」(WPfW)とは、どのようなものか。

/tt/news/2206/03/news03.jpg
AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【後編】

医師よりも高精度――Googleが「AIがん診断」に抱く自信と“2つの願い”

Googleは医療機器メーカーHologicと共に、AI技術による子宮頸がん診断支援システムの共同研究を進めている。このプロジェクトが目指すものと、両社の技術提携で生まれた診断アルゴリズムの評価は。

/tt/news/2206/02/news04.jpg
ランサムウェアに狙われる医療機関 対抗策は【中編】

「医療機関へのランサムウェア攻撃」が患者にもたらす「重大」な被害とは?

セキュリティ専門家は、米国の大手医療グループUniversal Health Services(UHS)に対するランサムウェア被害を深刻な事態と認識している。その理由は。

5 月

/tt/news/2205/30/news08.jpg
NHSの医療DXガイドライン【前編】

医療DXのガイドライン「WGLL framework」とは? 英国NHSが定義

英国NHSは、医療機関がITを適切に活用するためのフレームワーク「What Good Looks Like framework」(WGLL framework)を策定している。NHSのベストプラクティスに基づく医療DXの指針はどのようなものか。

/tt/news/2205/26/news08.jpg
ランサムウェアに狙われる医療機関 対抗策は【前編】

ランサムウェアが医療機関のネットワークを止めた その恐ろしい手口は

米国の大手医療グループUniversal Health Services(UHS)がランサムウェア被害を受けた。攻撃の手口はどのようなものだったのか。

/tt/news/2205/20/news13.jpg
AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【前編】

子宮頸がんを「AI」で撲滅へ Googleと医療機器メーカーの挑戦とは

Googleと医療機器メーカーHologicは、AI技術ベースの子宮頸がん診断支援システムを共同開発した。「子宮頸がん撲滅」のために両社が目指すビジョンは。

/tt/news/2205/06/news05.jpg
Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員教育【後編】

医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは

米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。

/tt/news/2205/06/news02.jpg
医療分野に勝機を見るAmazon【後編】

Amazonが遠隔医療市場で勝てる理由と、それでも苦戦する理由

医療サービス「Amazon Care」により、遠隔医療と対面診療のハイブリッドモデルを推進するAmazon.com。遠隔医療市場で優位に立てるとの見方がある一方、他の業界と同じ考えではうまくいかないとの見方もある。

4 月

/tt/news/2204/22/news12.jpg
Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】

医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由

米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。

/tt/news/2204/20/news15.jpg
NEWS

鳥取県立中央病院が「CARADAオンライン診療」を小児診療に採用 導入の狙いは

鳥取県立中央病院はオンライン診療システムを導入し、主治医の判断のもと小児患者にオンライン診療を提供する。システム導入の目的は。

/tt/news/2204/14/news08.jpg
NEWS

線量管理のニーズは一巡、多様化する「医用画像関連システム」市場の動き

矢野経済研究所の調査によると、国内における医用画像関連システムの市場規模は、2020年度が前年度比5.8%減、2021年度が前年度比3.3%増だった。今後市場への投入が進む製品は。

/tt/news/2204/08/news06.jpg
医療分野に勝機を見るAmazon【前編】

Amazonが「Amazon Care」で医療サービスに本腰 遠隔医療市場が拡大へ

Amazon.comは北米向け医療サービス「Amazon Care」の提供地域を拡大させ、米国全土で遠隔医療サービスを利用できるようにする。これにより遠隔医療市場の潜在顧客が大きく広がる可能性がある。

3 月

/tt/news/2203/30/news04.jpg
Cerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【後編】

“ハンズフリー電子カルテ”がOracleによるCerner買収で実現か?

Oracleが電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを買収することで、CernerのEHRシステムはどう変わるのか。Oracle幹部が説明する。

/tt/news/2203/23/news10.jpg
デジタルヘルスケアサービスの普及が進む英国

英国成人の半数以上が利用する医療アプリ「NHS login」とは

英国NHSのデジタルヘルスケアサービスが、新型コロナウイルス感染症のまん延をきっかけに広く普及している。NHSのさまざまなヘルスケアサービスの窓口となる「NHS login」を、英国民はどの程度活用しているのか。

/tt/news/2203/16/news09.jpg
Cerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【前編】

Oracleが「電子カルテ」ベンダーを買収する“なるほどの理由”

Oracleが電子カルテ(EHR)ベンダーCernerを買収する。なぜEHRベンダーなのか。クラウドサービス事業との関係とは。買収の狙いを専門家が探る。

/tt/news/2203/08/news05.jpg
「市民向け健康増進アプリ」の政策【後編】

肥満の健康リスクを「ヘルスケアIT」で解消したい英国政府、市民の懸念は

英国政府は、自治体が市民に提供する健康増進アプリケーションの実証実験を支援している。政府がヘルスケアITツールの普及を推進する狙いと、市民が懸念する「個人情報保護」の問題は。

/tt/news/2203/02/news05.jpg
実世界では不可能なことを実現

デジタルツインがもたらす医療革命――COVID-19の研究・治療を開始

医療分野にもデジタルツインが応用されつつある。実世界ではあり得ない数のデータを使ってさまざま分析できるデジタルツインによって、医療は大きく進歩する可能性がある。

/tt/news/2203/01/news05.jpg
NHSが抱える「医療機器のセキュリティリスク」【後編】

「サポート切れソフト」を使い続ける英国の病院 現実解としての「自衛」は?

NHSトラスト(英国NHS傘下の公営病院)の一部で、医療機器のセキュリティギャップが課題視されている。古いソフトウェアで稼働する医療機器を使わざるを得ない場合、システム管理者が持つべき「自衛策」は。

2 月

/tt/news/2202/28/news14.jpg
医療ITニュースフラッシュ

佐世保中央病院が他のクラウドではなく「OCI」を選んだ訳

慶應義塾大学病院や佐世保中央病院といった医療機関のクラウドサービス導入事例や、オンライン診療に関する調査結果など、医療ITに関する主要なニュースを紹介する。

/tt/news/2202/28/news09.jpg
「市民向け健康増進アプリ」の政策【前編】

健康づくりで映画券ゲット 「健康増進アプリ」を英国自治体が始めた“深刻な理由”

英国ウルバーハンプトン市は、健康的な行動に対して報酬が発生するスマートフォンアプリケーションを試験運用している。地域住民の食生活改善と運動促進の支援を目指す、その取り組みの背景とは。

/tt/news/2202/21/news07.jpg
NHSが抱える「医療機器のセキュリティリスク」【前編】

「IoMT」(医療分野のIoT)が病院の新たなリスクに――英国調査で分かった事実

英国NHS傘下の公営病院「NHSトラスト」の一部は、適切なセキュリティ対策を実施できていないことが明らかになった。NHSトラストは改善を続けているが、一方で新たなリスクが生じていると専門家は懸念を示す。

/tt/news/2202/16/news08.jpg
平均的な患者は遠隔医療を年3.6回利用

「遠隔医療の普及はクラウドと5Gが左右する」と専門家が予測する理由

Juniper Researchの予測によれば、2025年までに遠隔医療の利用数は7億6500万回に達する。ただし遠隔医療が本当に普及するかどうかは、クラウドサービスと5Gの普及状況によるとの見方がある。どういうことなのか。

/tt/news/2202/14/news10.jpg
「あれば助かる」から「必要不可欠」へ

“楽しめない遠隔医療”は駄目? コロナ禍後は「デジタル体験」が鍵に

調査によれば、コロナ禍を期に半数近くが遠隔医療サービスを利用し、過半数は遠隔医療の利用を増やす意向を示す。専門家は、今後の遠隔医療は「デジタル体験の質」にも配慮する必要があると考えている。その意味は。

/tt/news/2202/04/news01.jpg
「医療機器プログラム」規制を取り巻く動向【後編】

「SaMD」「AIaMD」をいち早く臨床へ 医療IT利用のリスク議論が進む英国

英国政府は医療機器プログラム(SaMD)認証制度の改正に向けて議論を進めている。SaMDの臨床利用に向けたリスク評価や、安全性の評価に関する議論の動向を探る。

1 月

/tt/news/2201/21/news11.jpg
「医療機器プログラム」規制を取り巻く動向【前編】

「医療機器プログラム」(SaMD)認証制度を英国政府が改正 重視するポイントは

英国政府は「医療機器プログラム」(SaMD)に関するパブリックコメントを募集し、規制の枠組みや医療機器分野のイノベーションを取り巻く変化について議論を進めている。規制当局が懸念を示すポイントは。

/tt/news/2201/11/news14.jpg
遠隔医療分野はどこまで成長するか

「遠隔医療」が医療費2兆円削減の可能性 調査から見る「市場成長の条件」は

Juniper Researchの調査によると、オンライン診療をはじめとする「遠隔医療」は欧米諸国の将来的な医療費節減につながる可能性がある。ただしアナリストは、幾つかの「成長の阻害要因」に警鐘を鳴らす。

/tt/news/2201/05/news03.jpg
クリニカルパスのデジタル化がもたらす価値【後編】

検査待ち時間7割減 「デジタル患者パス」導入の医療機関が語る“驚きの効果”

オーストラリアの医療グループCALHNが導入した「デジタル患者パス管理システム」は、時間がかかりがちな検査プロセスを大きく短縮し、医療スタッフの業務負荷低減に貢献している。具体的な成果は。