過去記事一覧 (2020 年)

11 月

/tt/news/2011/23/news02.jpg
コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第1回】

Apple Watchが開拓した「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」活況の訳

Apple、Googleに加えてAmazon.comも参入し、活発化する「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」市場。各社が同市場に注目する背景には何があるのか。

/tt/news/2011/20/news08.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

ONC、医療システムの「情報ブロック」規定の準拠期限を延期 新型コロナの影響で

ONCは、医療システムの「情報ブロック」規定への準拠期限を2021年4月まで延期した。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける医療従事者に配慮した。

/tt/news/2011/19/news01.jpg
医療IoTのリスクと対策【後編】

「医療IoTデバイス」のセキュリティを確保する5つのステップ

医療IoTデバイスはひとたび侵害されたら患者の生命を脅かすリスクがある。安全のために、医療機関がやるべき対策を5つのステップに分けて紹介する。

/tt/news/2011/17/news01.jpg
臨床医療の意思決定支援とAI技術【後編】

コロナ禍で分かった、臨床で「AI」が役立つ用途、役に立たない用途

臨床時の意思決定支援にAI技術を活用する動きは、コロナ禍で急速に広がったわけではない。ただし幾つかの取り組みは進み、臨床医療にAI技術を使う可能性と難しさが少しずつ浮き彫りになってきた。

/tt/news/2011/12/news02.jpg
COVID-19と待機手術【後編】

医療機関が実感 電子カルテと連携する「待機手術の優先順位評価ツール」の価値

待機手術の再開に向けたスケジュール調整のために、ある米国医療機関は電子カルテと連携する「手術の優先順位評価ツール」を利用している。このツールがもたらした成果とは。

/tt/news/2011/11/news04.jpg
ITでCOVID-19に対処した医療機関【前編】

医療機関が2週間で古い病院を“コロナ専用病院”に改装 成功の秘策は?

新型コロナウイルス感染症患者を受け入れるために、米国のある医療機関は休止状態だった古い病院を2週間で改装し、陽性患者の受け入れ態勢を確立した。短期間で業務を可能にした秘策とは。

/tt/news/2011/10/news04.jpg
教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【後編】

Googleスプレッドシートでは限界 病院が「PaaSでアプリ開発」を決めた理由

ドイツのハイデルベルク大学病院は新型コロナウイルス感染症拡大を機に、SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」を導入して病床の空き情報を管理するアプリケーションを開発した。同院の医師にそのいきさつを聞いた。

/tt/news/2011/10/news03.jpg
ドイツ当局は現在も捜査中

病院のランサムウェア被害で死亡例か 憤るセキュリティ業界

ドイツのデュッセルドルフ大学病院がランサムウェアの被害を受け、攻撃の影響で患者の死亡例が発生した可能性がある。情報セキュリティ業界は、この事態を重く受け止め憤りをあらわにしている。

/tt/news/2011/05/news01.jpg
医療IoTのリスクと対策【中編】

「医療IoTデバイスへの攻撃」から患者の命を守るために、まずやるべきこと

医療IoTデバイスは多くのメリットをもたらす一方で、侵害時のリスクは生命に関わるほど重大なものになる。医療現場がIoTデバイスを安全に活用する上で、正確に把握すべき「現状の課題」は何か。

/tt/news/2011/04/news05.jpg
臨床医療の意思決定支援とAI技術【前編】

病院がコロナ禍の「AI」活用を数百万ドルの診療報酬につなげられた理由

臨床医療におけるAI技術の利用にはさまざまな困難が伴う。ニューヨークプレスビテリアン病院は、まず定量的な効果を図りやすくリスクの少ない用途を模索したという。どのような取り組みを進めたのか。

10 月

/tt/news/2010/31/news03.jpg
医療ITニュースフラッシュ

薬剤師500人に聞いた「電子薬歴システム」最大の課題とは?

薬剤師は電子薬歴システムにどのような不満を抱いているのか。その原因とは。薬剤師約500人に聞いた調査結果から、オンライン服薬指導の新サービスまで、医療ITに関する主要なニュースを6本取り上げる。

/tt/news/2010/30/news13.jpg
COVID-19と待機手術【前編】

医療機関はコロナ禍の「手術日程の大幅変更」を電子カルテでどう乗り越えたか

COVID-19の影響で待機手術が相次いで延期となり、現在は「どのように再開するか」を検討する段階に来ている。手術の優先順位を評価する煩雑なプロセスを電子カルテに組み込んだ米国医療機関の事例を紹介する。

/tt/news/2010/29/news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Google「乳がんAI検診」に異議を唱える研究者の言い分

Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人の診断よりも高い精度を示したと発表した。研究者はこの成果と製品化を慎重視する。その理由は。

/tt/news/2010/28/news09.jpg
アクセシビリティ機能の現状と課題

「Zoom」に聴覚障害者向け機能が追加、当事者が使ってみた感想は

「Zoom」は聴覚障害者向けに、ユーザーが手話通訳者を表示したままプレゼンテーションを見られる機能を追加した。当事者はこのアクセシビリティ機能をどう評価するのか。アクセシビリティ推進団体に聞いた。

/tt/news/2010/22/news02.jpg
医療機関はデータ品質を高められるのか【後編】

医療機関が「データ品質」問題を放置してはいけない深刻な理由

医療機関にとってデータ品質の問題は、患者の生命に関わる問題に発展するリスクがある。医療業界に特有の課題について、データ分析の専門家は何を問題視しているのか。

/tt/news/2010/21/news05.jpg
医療IoTのリスクと対策【前編】

ペースメーカー停止の恐れも 「医療IoTセキュリティ」を無視できない理由

インターネット接続が可能な医療機器は進歩を続けている。普及するほどサイバー攻撃者に狙われるリスクも増す。医療IoTを標的とした侵害事例を振り返り、医療IoTセキュリティの重要性を理解する。

/tt/news/2010/14/news07.jpg
医療機関はデータ品質を高められるのか【前編】

医療機関を困らせる「データ品質の低下」はこうして起こる

医療現場において、データの品質は患者の生命に関わる要素だ。だがデータ品質維持に課題を抱える医療機関は少なくない。背景には何があるのか。

/tt/news/2010/09/news09.jpg
新しい遠隔診療の可能性【後編】

医療従事者が“熱狂的ITユーザー”に 「仮想回診」導入病院で起きた変化

コロナ禍によって対面接触の機会を減らす必要が生じ、医療業界は「全く新しいワークフロー」を強いられている。COVID-19対策として「仮想回診システム」を構築した米国医療機関は、どのような変化に直面したのか。

/tt/news/2010/08/news01.jpg
医療におけるAutoMLの可能性【後編】

医療機関がAutoMLツール「DataRobot」に感じた魅力と不満とは?

米国の医療機関Symphony Care Networkは、AutoML(自動機械学習)ツール「DataRobot」をさまざまな用途に生かしている。DataRobotの何が魅力であり、何が課題なのか。

/tt/news/2010/05/news04.jpg
Neo4jの導入事例

「グラフデータベース」を新型コロナの接触追跡に活用 医療機関が挑戦

複数のデータの関連性を示すグラフ構造を持つ「グラフデータベース」は、新型コロナウイルス感染症の研究に役立つ可能性がある。ドイツの医療機関における事例を紹介する。

/tt/news/2010/01/news04.jpg
新しい遠隔診療の可能性【前編】

病院が実現した「仮想回診」の仕組みとは? 病室カメラとビデオ会議で構築

米国の医療機関Nemours Children's Health SystemはCOVID-19対策として、遠隔で患者を回診する「仮想回診」システムを構築した。このシステムはどのような製品から成り、どのように運用されているのか。

9 月

/tt/news/2009/29/news03.jpg
産科瘻孔を減らすデータ分析【後編】

Tableauが“世の不条理”を映し出す――非営利団体がデータ視覚化で得た効果

産科瘻孔の問題を減らすことを目的とする非営利団体Operation Fistulaは、さまざまなデータを「Tableau」で視覚化し、プロジェクトで活用している。同団体がデータの視覚化を活用して成し遂げたこととは。

/tt/news/2009/23/news11.jpg
医療ITの課題は、業界そのものの課題

医療機関CIOが新型コロナで直面する「最大の課題」とは?

新型コロナウイルス感染症は米国の医療業界にどのような影響を及ぼしたのか。医療機関のCIOが優先して対処すべき課題は何なのか。専門家に話を聞いた。

/tt/news/2009/17/news08.jpg
医療におけるAutoMLの可能性【前編】

“AutoML懐疑派”だった医療機関がAutoMLのヘビーユーザーになるまで

「AutoML」(自動機械学習)に懐疑的だった、米国の医療機関Symphony Care NetworkのCIOは現在、AutoMLツールの「DataRobot」を積極的に利用しているという。なぜ心変わりしたのか。同機関の利用事例を紹介する。

/tt/news/2009/15/news06.jpg
産科瘻孔を減らすデータ分析【中編】

医療問題に取り組む非営利団体は「データウェアハウス」(DWH)をどう選んだのか

世界各国で産科瘻孔の問題に取り組むOperation Fistulaは、データ分析の要としてデータウェアハウスの「Exasol」を重視している。同団体がExasolを採用したいきさつとは。

/tt/news/2009/04/news03.jpg
産科瘻孔を減らすデータ分析【前編】

お産時の損傷「産科瘻孔」をデータ分析で防ぐ 非営利団体が選んだ製品は

非営利団体Operation Fistulaは、世界各国の特定地域で生じている産科瘻孔の問題に終止符を打つための取り組みで、データ分析を積極的に活用している。同団体の活動内容と、データ分析の要となっているツールとは。

/tt/news/2009/02/news07.jpg
技術の定着にはCIOの活躍が重要

コロナ禍で「遠隔画像診断」が普及すると「相互運用性」が無視できなくなる

新型コロナウイルス感染症をきっかけとして遠隔画像診断のニーズが高まり、医療ITの相互運用性に向けた取り組みが加速するとFrost & Sullivanは予測する。両者の関係性とは。

/tt/news/2009/01/news06.jpg
規制は厳しく、市場は未成熟

「AI手術支援システム」に手術を任せられる日は来るか?

手術支援に人工知能(AI)技術を導入する場面は、現時点ではごく一部に限られている。だが「AI手術支援システム」は、治療の質を向上してリスクを低減する大きな可能性を秘めている。

8 月

/tt/news/2008/25/news03.jpg
パンデミックで変わる医療ITツールの役割【後編】

病院が新型コロナ対策作業の“脱Excel”に役立てた医療ITツールとは?

医療ITベンダー各社は、新型コロナウイルス感染症と戦う医療機関を支援するために新ツールの発売を早めたり、既存ツールに新機能を追加したりしている。既にこうした新ツールや新機能を生かしている医療機関もある。

/tt/news/2008/18/news11.jpg
パンデミックで変わる医療ITツールの役割【前編】

病院は「電子カルテ」などの既存ツールを新型コロナ対策にどう生かすのか

米国医療機関のCIOは、新型コロナウイルス感染症に対処するために、電子カルテをはじめとする既存ツールの新たな使い方を模索している。どのように活用しているのか。

/tt/news/2008/11/news04.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第4回】

医療機関が新型コロナ感染者数予測で実現した「データドリブン医療」とは?

新型コロナウイルス感染症の感染者数を予測するデータモデルを開発した、米国の学術医療センターCleveland Clinic。同施設がデータモデルに基づいて構築した医療体制とはどのようなものなのか。その成果は。

/tt/news/2008/07/news07.jpg
遠隔医療のニーズ増を見据える

「医療の仮想化」とは? コロナ禍で病院CIOが注目するITトレンド

新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、医療機関はIT投資の方向性を変えようとしている。こうした中、医療機関のCIOはどのようなIT製品に注目し、役割をどう変えるべきなのか。米国の医療機関CIOに聞く。

/tt/news/2008/04/news02.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第3回】

医療機関がデータで導き出した新型コロナ「最悪のシナリオ」と対処法とは?

新型コロナウイルス感染症患者数を予測するデータモデルを開発した米国の学術医療センターCleveland Clinicは、「最悪のシナリオ」を基に病院の運営計画を立てたという。その内容とは。

7 月

/tt/news/2007/31/news08.jpg
医療ITニュースフラッシュ

調剤薬局が「オンライン服薬指導」に踏み切れない“想定外”の理由とは

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、要件が緩和されたオンライン診療やオンライン服薬指導。実際にはどの程度広がっているのか。関連する新たな製品・サービスは。医療ITの注目ニュースをお届けする。

/tt/news/2007/29/news04.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【YaDoc編】

患者が生体・生活データを自ら入力、生活習慣の自発的改善を促す「YaDoc」

インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療サービス「YaDoc」は、患者の日々の生活や健康状態を記録し、可視化できる。これらの機能は臨床にどのような効果をもたらすのか。

/tt/news/2007/28/news04.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第2回】

医療機関が新型コロナ予測モデルを開発 感染者データ不足にどう対処したか

Cleveland Clinicは、新型コロナウイルス感染症の問題に対処すべくデータモデルの開発に着手したが、感染者数のデータが足りないという問題に直面した。どのように解決したのか。

/tt/news/2007/21/news03.jpg
医療のデータ分析が難しい理由【後編】

新型コロナ対策に「BI」などのデータ分析ツールはどのように役立つか

新型コロナウイルス感染症の終息を目指すさまざまな活動に、ビジネスインテリジェンス(BI)などのデータ分析ツールが役立つ可能性がある。SAS Instituteの取り組みを紹介する。

/tt/news/2007/17/news05.jpg
Cleveland ClinicのCOVID-19戦略【第1回】

医療機関がコロナ対策でデータ活用 「患者数の把握」より重要な効果とは?

米国の学術医療センターCleveland Clinicは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の急増に備え、SAS Instituteとデータモデルを共同開発した。その経緯とデータ活用の効果を探る。

/tt/news/2007/20/news01.jpg
医療ITコンサルタントのためのQ&A【第1回】

「電子カルテ」と「HIS」は違う? 病院とベンダーが混乱する「用語の誤解」

医療機関とITベンダーは「医療現場をITで効率化する」という同じ目標を共有していても、システム導入時の議論がかみ合わないことがあります。用語の使い分けに端を発する「誤解」に注目し、混乱の原因を探ります。

/tt/news/2007/14/news03.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【後編】

新型コロナ「接触確認アプリ」はなぜ必要で、なぜ過度な期待は禁物なのか

新型コロナウイルス感染症陽性者の接触追跡アプリケーションは、公衆衛生機関が主導する国家的な取り組みにも有益な技術だ。ただし真価を発揮するためには超えるべき壁がある。それは何か。

/tt/news/2007/13/news03.jpg
医療のデータ分析が難しい理由【前編】

コロナ禍で浮かび上がる「医療機関がデータを生かせない理由」

新型コロナウイルス感染症の危機に伴うサプライチェーンの崩壊によって、医療業界は物資不足に苦しんでいる。データ分析によって問題を解決できる可能性があるが、ハードルは小さくない。

/tt/news/2007/07/news02.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【中編】

新型コロナ「接触追跡システム」の真価は院内感染の防止か

新型コロナウイルス感染症の感染経路特定を支援する「接触追跡」システム。医療機関にとって、その活用は院内感染の防止にも役立つという。米国の医療機関や調査会社の話から、その実態を探る。

/tt/news/2007/02/news13.jpg
プライバシー課題を克服

「合成データ」とは何か? COVID-19の治療法研究を迅速化

患者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法をいかに早く見つけ出すか。その有力な手段となり得るのが「合成データ」だ。

/tt/news/2007/02/news01.jpg
医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【後編】

医療機関が「クラウドサービス」への移行時に留意すべき3つのデメリット

クラウドサービスは医療機関にさまざまなメリットをもたらすが、考慮すべき課題もある。医療機関がクラウドサービスへのシステム移行時に陥りやすい3つの課題を解説する。

6 月

/tt/news/2006/29/news05.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【前編】

大学病院が「新型コロナ接触追跡システム」を導入 メリットは何なのか?

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に注意喚起する「接触追跡システム」で感染経路を追跡することは、どのような社会的意義があるか。米国医療機関の導入事例を紹介する。

/tt/news/2004/14/news02.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【CLINICSオンライン診療編】

オンライン診療も通院もサービス間連携で一元管理の「CLINICSオンライン診療」

サービス間連携により、通常の通院による診療とオンライン診療のデータ/ワークフローを一元管理できるのが「CLINICSオンライン診療」だ。その機能や特徴を説明する。

/tt/news/2006/23/news01.jpg
医療ITとベンダー特権アクセス管理【後編】

医療機関向け「ベンダー特権アクセス管理」とは? 「SecureLink」に学ぶ

医療機関のシステム保守のためにリモートアクセスするベンダーのアクティビティを可視化すれば、不測の事態が生じても追跡が可能になる。それを可能にする「ベンダー特権アクセス管理」ツールの中身とは。

/tt/news/2006/29/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「オンライン診療」普及を後押し 2020年度診療報酬改定の必修ポイント

2020年度の診療報酬改定ではオンライン診療の要件が緩和されるなど、医療機関のIT活用に影響するポイントが幾つかあります。押さえておくべき主要なポイントをまとめました。

/tt/news/2006/17/news08.jpg
医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【前編】

いまさら聞けない、医療機関が「クラウドサービス」に移行する4つのメリット

医療機関がクラウドサービスにシステムを移行させるメリットには、どのようなものがあるのか。主要な4つのメリットを紹介する。

/tt/news/2006/16/news01.jpg
医療ITに革新をもたらす5G【後編】

医療機関が「5G」を導入するなら検討すべき“あのリスク”とは

医療機関が「5G」を導入する場合は検討すべき「潜在的リスク」がある。それは何か。

/tt/news/2006/09/news04.jpg
医療ITとベンダー特権アクセス管理【前編】

医療機関が「ベンダーのアクセス監視」をせざるを得なかった“潜在的リスク”

米国の医療機関UMass Memorial Health Careは、自施設のシステムに対するベンダーのリモートアクセスを管理するために「ベンダー特権アクセス管理」ツールを導入した。決断に至った危機感とは。

/tt/news/2006/08/news06.jpg
医療ITに革新をもたらす5G【前編】

医療機関がまだ高過ぎて導入できなくても「5G」に可能性を感じる理由

医療機関が安心して「5G」の導入に踏み切るには前例が必要だ。5Gの普及には時間がかかるため、事例は当分現れない可能性もある。それでも米国の医療機関CIOは5Gの可能性を信じている。それはなぜか。

5 月

/tt/news/2005/26/news06.jpg
今のAI技術はあくまでも「診断支援」

画像診断に「AI」が役立つ理由と、それでも“第2の目”にとどまる理由

画像診断の領域では、人工知能(AI)技術が従来の複雑なタスクを軽減したり、診断精度を高めたりとさまざまな価値を生み出している。一方でAI技術にはいまだ解決困難な課題が残っている。それは何か。

/tt/news/2005/19/news04.jpg
ネットワークにつながる医療機器は多様化

セキュリティ投資を病院の経営陣に納得させる“無視してはいけない3要素”

医療機関の情報セキュリティインシデントは、患者の生死に直結する問題だ。米国の医療機関CIOは、経営陣と情報セキュリティ予算の交渉をするには3つの要素が不可欠だと強調する。それは何なのか。

/tt/news/2005/07/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「個人健康記録」(PHR)はなぜ必要か? これまでの医療IT政策との違いは?

患者が自身の健康医療情報を管理する「個人健康記録」(PHR)の普及に向けて、厚生労働省が検討会を設置しました。政府がPHR普及を後押しする意図は何なのでしょうか。

/tt/news/2005/04/news01.jpg
規制緩和でリスクが増大

新型コロナ禍で医療従事者の自宅PCがサイバー攻撃の標的に 対策は?

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の医療機関は医療従事者の在宅勤務体制を整えつつある。一方で医療従事者の自宅用PCが攻撃された場合、医療システムへの侵入口となる恐れがある。どう対処すべきか。

4 月

/tt/news/2004/30/news02.jpg
医療CIOが語る、2020年の技術動向【後編】

「遠隔医療」「AI」に熱視線 医療機関CIOが最もわくわくする技術は?

医療機関は2020年にどのIT分野を優先して取り組むべきだろうか。米国の医療グループSCL Health、Boston Medical Center、Northwell HealthのCIOの見解を紹介する。

/tt/news/2004/29/news02.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

プログラミング学習の壁からWeb会議の選び方まで 新規会員が気になった話題は

「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/21/news02.jpg
放射線医学におけるAI技術の進歩【後編】

AIの乳がん診断精度は“医師超え”へ それでも研究者が実用化に慎重な理由

AI技術を活用し、医師よりも高精度の乳がん診断の実現を目指すシステムの研究開発が盛んだ。ただし研究者は、こうしたシステムの市場投入には慎重を要するという見解を持つ。それはなぜなのか。

/tt/news/2004/17/news07.jpg
LLamasoft製ソフトウェアを導入

医療団体が“脱Excel”してSCM製品に切り替えた理由 眼組織の需要予測に利用

眼組織を回収して医療機関に配送する非営利団体のEversightは、眼組織の需要予測の手段を「Microsoft Excel」からLLamasoftのサプライチェーンマネジメント製品に切り替えた。その理由と効果とは。

/tt/news/2004/14/news04.jpg
医療CIOが語る、2020年の技術動向【前編】

「DX」に「セルフサービスBI」――医療機関のCIOが注目するトレンドは?

医療業界で2019年に課題に挙がっていたことは一定の解決を見せたのだろうか。米国の医療グループSCL Health、Boston Medical Center、Northwell HealthのCIOはそれぞれどのような見解を持っているのか。

/tt/news/2004/13/news04.jpg
放射線医学におけるAI技術の進歩【前編】

Google Healthの乳がんAI検診システムが医学業界に賛否両論を巻き起こす理由

Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人間の診断によりも高い診断精度を示したと発表した。しかしこの研究は医学業界で賛否を呼んでいる。その理由は。

/tt/news/2003/11/news03.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【オンライン診療ポケットドクター編】

“赤ペン書き込み”で患者の訴えをくみ取る「オンライン診療ポケットドクター」

オプティムとMRTによる「オンライン診療ポケットドクター」は、患者・医師間の認識の齟齬を軽減する機能や、血圧計などのヘルスケア機器との連携に強みを持つオンライン診療サービスだ。その機能と特徴を説明する。

3 月

/tt/news/2003/30/news08.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【後編】

2020年の米国医療業界を揺らす2つの話題「AI」「国民皆保険」 医療機関の反応は

人工知能(AI)技術は長らく医療業界で注目を集めていたトレンドだったが、2020年には蜜月が終わる可能性がある。米国の医療業界は、国民皆保険制度「メディケアフォーオール」計画の動向を慎重視している。

/tt/news/2003/24/news07.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【前編】

2020年に「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因の分析ツール」に注目が集まる理由

Forrester ResearchとFrost & Sullivanの調査は、2020年の医療ITのトレンドは「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因を分析するツール」が支持を広げると予測する。その理由は何か。

/tt/news/2003/17/news05.jpg
「従業員25人追加雇用」のコストを削減

医療機関が「RPA」を導入した理由 紙のタイムカード処理を15分から30秒に

ニューヨークプレスビテリアン病院は、それまで手作業だったタイムカードの打刻漏れチェックと給与支払プロセスを自動化するために「RPA」を導入した。その効果とは。

/tt/news/2003/09/news06.jpg
約7万人の従業員が複数拠点で利用

医薬品卸大手がVMwareの「SRM」からZertoの「クラウドDR」に切り替えた理由

医薬品卸大手のMcKessonは、細密な災害復旧(DR)の計画を作成している。同社のビジネスの停止は患者の生死に関わるからだ。その手段として導入したのが「クラウドDR」だ。採用の決め手は何だったのだろうか。

/tt/news/2003/04/news04.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【後編】

病院のIT化になぜ「組織横断型チーム」が必要なのか “変えたくない人”を攻略

医療機関で新しいテクノロジーの導入を成功させるこつは、組織横断型チームを結成して綿密なコミュニケーションを続けることだ。大規模医療グループのITリーダーが重視するポイントを解説する。

/tt/news/2003/04/news08.jpg
ウェアラブルデバイスや専用センサーを利用

スマートフォンを使った「患者遠隔監視システム」とは? 2大手法を紹介

患者の通院回数を減らすのと同時に、医療サービスを向上させる――。その手段になり得るのが、モバイルデバイスとアプリケーションを組み合わせた「患者遠隔監視システム」だ。主要な実現手法を説明する。

2 月

/tt/news/2002/27/news05.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【前編】

病院のITリーダーはなぜ「根回し」を重視するのか

システム変更時のトラブルや混乱を回避するために、医療業界のITリーダーが重視するのは「根回し」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/19/news05.jpg
他業界から転身した医療機関CISOに聞く

病院でも「IT部門」と「セキュリティ部門」を分けるべきなのか?

「医療業界のセキュリティ対策は遅れている」と、他の業界から医療業界に転職したセキュリティ専門家達は口をそろえる。セキュリティを向上させるための急務とは何か。

/tt/news/2002/13/news03.jpg
ネットワークは思わぬ「落とし穴」

医療機器をハッキングから守る5つのセキュリティ対策

輸液ポンプや医用画像撮影装置など、医療機器のセキュリティ確保は病院における優先事項だ。医療機器のセキュリティを確保する5つの対策を紹介する。

/tt/news/2002/07/news05.jpg
医療機関はITをどう活用できるのか

画像診断に「機械学習」が役立つ理由 5分で見るべき画像数が250枚から20枚に

ある医療IT専門家は、音声認識と機械学習が医療業界に重要な影響を与える技術になると予測する。その理由とは。

/tt/news/2001/31/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

300億円の「医療情報化支援基金」は電子カルテ普及と標準化の追い風になるか

「地域包括ケアシステム」の真価を引き出すためにも医療情報の共有は不可欠です。しかし電子カルテの標準化は長期戦の様相を呈しています。300億円の「医療情報化支援基金」は、この現状を打破できるのでしょうか。

1 月

/tt/news/2001/28/news01.jpg
患者対応に変革を起こすIT【後編】

病院が「空き病床削減」「外来チェックイン」をIT化 各システムの中身は?

在院日数や病床稼働率は、病院が効率的に稼働しているかどうかを示す重要な指標だ。これらの改善にITを生かした2つの医療グループの事例を紹介する。

/tt/news/2001/21/news03.jpg
患者対応に変革を起こすIT【前編】

「診療予約日に来ない患者を減らすシステム」を病院が構築 その仕組みとは?

診療予約や病床管理といった分野は、ITによるイノベーションの余地が大きいと期待されている。医療グループのMontefiore Medical Centerが進めた、予約日に来院しない患者を減らす取り組みを紹介する。

/tt/news/2001/14/news08.jpg
病院のBYODで想定すべきリスクと対策

「電子カルテを私物スマホで見たい」を安全にかなえる方法は?

医療機関は患者情報などの機密データを扱うため、セキュリティ対策とデータ保護は特に重要だ。医療機関で私物端末の業務利用(BYOD)が一般的になると状況は複雑になる。最低限どのような対策が必要か。