Top Story

icon
データ損失を防ぐには【後編】

「データが消えてもう終わり」の事態を招く“攻撃より意外”な原因とは?

データ損失は、“攻撃を受ける”以外にもさまざまな原因で発生する。盲点になりやすいリスクを含めて、どのような原因への対策を打つべきなのかを解説する。

(2024/04/11)

新着記事

news12.jpg
ランサムウェア攻撃事例10選【前編】

“あの映像”まで流出……ランサムウェア被害組織のデータはこうして漏れた

二重恐喝といった新たな手口が使われ、ランサムウェアは依然として組織の脅威となっている。被害を受けているのはどのような組織なのか。攻撃に使われた手口と共に状況をまとめる。

(2024/04/10)
news06.jpg
Microsoftが警鐘を鳴らす「生成AI攻撃」【中編】

生成AIの“闇”が広がる――4カ国、5グループによる「生成AI悪用」の実態

国家支援型のサイバー犯罪集団が生成AIツールを利用した攻撃活動を繰り広げている。企業はどの国やサイバー犯罪集団からの、どのような攻撃を警戒すべきなのか。Microsoftの調査を基に説明する。

(2024/04/09)
news01.jpg
macOS管理者を救う「mSCP」とは【中編】

企業が「Mac」を扱いたくなかった当然の理由

IT管理者は、運用中デバイスのOSの更新に伴ってセキュリティ設定を見直す必要があり、「macOS」も例外ではない。この作業を支援するプロジェクト「mSCP」が生まれた背景には、どのような問題があったのか。

(2024/04/06)
news04.jpg
Appleの“ポスト量子暗号化”技術とは【後編】

Appleが発表した“量子時代”の暗号化技術「PQ3」は何がすごいのか?

Appleが、量子コンピューティングを使った攻撃対策として打ち出した暗号化技術「PQ3」は、どれほどの防御力を持っているのか。セキュリティ専門家に聞いた。

(2024/04/04)
news05.jpg
データ損失を防ぐには【前編】

進化系ランサムウェアが突き付ける現実「バックアップがあれば安心はもう古い」

データ損失対策には全ての組織が取り組まなければならない。対策は攻撃など、データ損失が生じ得るシナリオによって違う。ビジネスに欠かせないデータを守るためにはどうすればいいのか。

(2024/04/04)