Top Story

icon
FinOpsとセキュリティの関係【後編】

クラウド管理手法「FinOps」のメリットはなぜ“これほど多彩”なのか

FinOpsチームとセキュリティ部門の連携は、企業システムにさまざまなセキュリティ面のメリットをもたらす。データ侵害、アカウント不正利用、設定ミスに対して、FinOpsはどう貢献するのか。

(2024/07/16)

新着記事

news01.jpg
「macOS」ファイアウォール活用法【後編】

Macのファイアウォール、放置してない? 正しい設定方法は?

「macOS」を採用する組織にとって、同OSが備えるファイアウォール機能は何よりも“手軽に使えるセキュリティツール”だ。ただしその機能を使うためには、簡単な設定をする必要がある。

(2024/07/15)
news04.jpg
macOSの脅威と保護方法【前編】

「Macは感染しない」とはもう言い切れない訳

AppleのクライアントOS「macOS」の安全神話が崩れ、攻撃者から積極的に狙われ始めている。macOSの利用に当たっては、ランサムウェアだけではなく複数の脅威に注意が必要だ。

(2024/07/12)
news04.jpg
生成AIユーザーが無視できないデータ汚染

生成AIを狂わせる「データポイズニング」の意外なほど簡単な手口とは

生成AIツールの普及とともに、「生成AIツールを狙った攻撃」も広がりつつある。その一つがデータポイズニング攻撃だ。どのような手口なのか。

(2024/07/10)
news06.jpg
FinOpsとセキュリティの関係【前編】

結局「FinOps」とは何か? なぜコストにもセキュリティにも効果があるのか

クラウドサービスに関するコストの管理手法「FinOps」とセキュリティには、意外な関係性がある。両者の協業がもたらす効果と、企業のクラウド戦略における重要性とは。

(2024/07/09)
news04.jpg
「macOS」ファイアウォール活用法【前編】

macOSのデフォルト無効の「ファイアウォール」を使うべき理由とは?

セキュリティ対策のコストはかさみがちだが、クライアントOSのファイアウォール機能を使えば、手軽に防御策を強化できる。「macOS」のファイアウォール機能で何ができるのか。

(2024/07/08)