Top Story

icon
“脱Excel”か“活Excel”か

「VBA最強」とは限らない スキルに合わせてExcelツール作成方法を導く「5W1H」とは

「Excelツールを作成する際、関数とVBAのどちらを使うべきか」。この判断を、それぞれの機能だけを見て下してしまうと、後々、利用者の利便性や開発者のサポートの手間に大きな影響を及ぼす場合があります。

(2019/01/15)

新着記事

news08.jpg
調査で探るチャットツールのビジネス利用

「Slack」は本当にメールの代わりになるのか?

チャットツールの企業導入が進んでいる。背景にあるのは、メール中心のコミュニケーションの弊害を解消したいというニーズの高まりだ。メールをチャットツールに置き換えれば、全てうまくいくのだろうか。

(2019/01/10)
news05.jpg
社内と社外のコミュニケーションを包括する方向性

「コミュニケーションツールは1社にまとめたい」 だから2019年UC市場はこう変わる

企業内のコミュニケーションニーズを1つでまかなえる製品を求めるユーザー企業が少なくない。ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは買収策やAPI開発といったアプローチを選んでいるようだ。

(2019/01/08)
news07.jpg
スマートスピーカーにはプライバシーの懸念も

WeWorkが「Amazon Alexa for Business」の導入中止? 企業向け音声アシスタントの課題とは

法人向けのAmazon Alexaをいち早く採用したWeWorkが、実証試験音声アシスタントの導入計画を中止したと報じられた。企業向け音声アシスタントサービスが抱える課題とは。

(2018/12/21)
news01.jpg
AIがファッションデザイナーになる可能性も

アパレル業界を変革する人工知能(AI) 需要予測や服の品質保証にどう活用されているか

ファッションデザイナーやアパレルショップは、人工知能(AI)技術を利用して人気商品を予想したり、製造やサプライチェーンの効率を高めたりしている。AIとファッションは、自然な組み合わせになりつつある。

(2018/12/29)
news02.jpg
Blue Prism、UiPath、Automation Anywhere

RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景は

複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。

(2019/01/17)

製品一覧

ユニファイドコミュニケーション製品一覧

ビデオ会議、Web会議、IPテレフォニーなど、ユニファイドコミュニケーション関連製品をソリューション別に紹介する。

ユニファイドコミュニケーション導入

“業務改善型”ユニファイドコミュニケーションを導入する

ユニファイドコミュニケーション(UC)は導入効果が見えにくいといわれる。ならばUCを業務上の課題を解決するためのツールとしてとらえてはどうか。UCがいかに業務課題を解決できるのか、明らかにしていく。

パターン別UC導入・活用術

失敗しないユニファイドコミュニケーション導入の極意

思うほど導入・活用が進んでいないといわれるユニファイドコミュニケーション(UC)。企業導入の障壁は何か。どのような使い方に適しているのか。UC活用への糸口を探る。

専門家が教えるユニファイドコミュニケーション導入の秘策とは

IP電話のエバンジェリストに聞く、ユニファイドコミュニケーションの導入効果が見えない理由

複数のコミュニケーションをIP上で統合し、コスト削減や生産性向上を実現するユニファイドコミュニケーション。だが効果が見えにくい上に期待したメリットも得られない――そう感じる企業も少なくない。何がいけないのか?

FAX統合はコスト削減の第一歩

音声もFAXもメールで確認――ユニファイドメッセージの業務効果

メールにマルチメディアを統合する「ユニファイドメッセージ」。この手法を使って、業務課題やコミュニケーションの改善だけではなく、従来の通信機器・回線コストを削減する方法を解説しよう。

ユニファイドコミュニケーション基盤製品紹介

電話とプレゼンスを1つに――Lotus Sametimeのコミュニケーション力

ビジネスプレゼンス管理の代表的ツールともいえるLotus Sametime。その位置付けはもはやIMではなく、電話を含めてあらゆるコミュニケーション手段を透過的に使い、意志決定を早めていく道具となっている。

Office Communications Serverに見る次世代ユニファイドコミュニケーション効果

マイクロソフトがユニファイドコミュニケーション(UC)戦略の中核に据えるOffice Communications Server 2007 R2。その導入効果や機能など詳細を紹介しよう。UCの全体像がつかめるはずだ。

ビデオ会議

ビデオ会議製品はここをチェック!

ビデオ会議システム紹介

ユニファイドコミュニケーションの主要コンポーネントであるビデオ会議システム。HD化の波に乗って、教育、医療など活用の場が急速に広がっている。ベンダーごとにさまざまな特色があるビデオ会議製品を紹介していく。

Web会議

Web会議製品はここをチェック!

Web会議システム紹介

ASP/SaaSならではの導入のしやすさ、環境を選ばない手軽さから、市場が急成長中のWeb会議システム。ユーザビリティ、画質、モバイルなど、製品可知を最大化する各社独自の路線が本コンテンツから発見できるだろう。

まる分かりIT基礎解説「Web会議」

読めば分かる! Web会議とテレビ会議の違い

社内にいながらにして遠隔地との会議を可能にするWeb会議。一見テレビ会議と同じように見えるが、異なるものである。Web会議とは何か。そのメリット、導入に当たっての注意点とは?

コスト削減だけじゃない、Web会議の見えざる効果

Web会議を導入して業績アップにつなげるコツ

Web会議システムは出張費削減などのコスト効果ばかりがクローズアップされがちだが、それだけでは導入の成果とはいえない。業績改善に結び付く Web会議の“見えざる効果”を明らかにする。

IP電話

知ってるつもり? IP電話AtoZ

通話するだけがIP電話の役割ではない。知っておくと導入・運用に役立つ、IP電話にまつわるさまざまなキーワードを取り上げていく。

通話だけじゃない! IP電話による業務コミュニケーション活性化

IP電話を導入したものの、通話にしか使っていない――そうした企業は多いのではないだろうか。本特集では通話料削減などのコスト効果ではない、IP電話ならではのメリットやソリューションを紹介していく。

ワンナンバーで実現するシームレスコミュニケーション

単一番号で電話が必ずつながる「ワンナンバー」で作る機会損失ゼロ環境

スピード重視のビジネスの現場では、電話がかかってきた担当者が不在だと、転送、伝言したりと、時間ばかりか機会の損失にもつながる。1つの電話番号で確実に通話可能とする「ワンナンバー」とは?

企業IM

“第3のコミュニケーション”企業向けIMの魅力【前編】

企業で使ってこそ分かるIMの本当の価値

短いメッセージをリアルタイム交換できるIMは、コミュニケーションを円滑にするツールの1つ。だが企業においてなかなか普及が進まないのも事実だ。IMがもたらすメリットと導入の阻害要因について考えてみる。

“第3のコミュニケーション”企業向けIMの魅力【後編】

モバイル対応、使い勝手……自社に最適な企業向けIMを見極める7つのポイント

コミュニケーションを円滑化してくれるIM。だが個人向けと企業向けの製品では、その考え方、使い方が根本的に異なる。ビジネスに適したIMの選定ポイントをまとめてみた。