IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Loading

Top Story

icon
IVS CTO Night&Dayレポート

CTOという将来のキャリアに向けて、今エンジニアがすべきこと

ユーザー企業で経営と技術の両戦略を担うCTO(最高技術責任者)。彼らはどんな情報を必要としているのか。CTO向けイベントに潜入した記者が考察した。

新着記事

news03.gif
第2回:成功事例から考える「働き方変革」

“コラボレーション”が働き方変革の起爆剤 ツールから始める業務効率化術

チャットやWeb会議、ビデオ会議などコラボレーションツールは豊富にあり、それぞれ適している場面がある。適材適所のツール活用で、ワークスタイル変革を1歩前進させることができる。

news07.jpg
商用ディストリビューションの価値とは

なかなか盛り上がらないOpenStackの企業導入、廃業するベンダーも

企業がOpenStackを導入する場合、ベンダーのディストリビューションやマネージドサービスを選ぶことが多い。PayPalなどの大手企業のように、コードを自ら構築する例はあまりない。

news05.jpg
2020年までに経営幹部クラスに

Gartnerレポートが明かす、「最高データ責任者(CDO)」台頭の予兆

最高データ責任者(CDO)の企業における影響力が増している。Gartnerは、CDOが人員配置、予算、固有の権限を備えた存在になりつつあることを明らかにした。

news04.jpg
モバイル生体認証の進歩とリスク

複製した指紋でなりすまし可能? 「生体認証は絶対安全」とは言い切れない理由

Appleの「Touch ID」登場以降、モバイルデバイスで急速に普及が進む生体認証。その手軽さと安全性を評価する声は多いが、考慮すべき課題もある。

news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

経費プロセスを自動化すべき時と場面

経費管理ツールの利点を紹介し、SaaSがどんな状況に適しているかを解説する。

news07.jpg
米投資銀行の調査レポート

「オンプレミス vs.クラウド」論争が再燃――データの「ブーメラン現象」も

クラウドコンピューティングは期待していたほど費用対効果が高くないと感じているITベンダーや大企業が増えており、一部のアプリケーションをオンプレミスに戻した企業もある。

news05.jpg
ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【後編】

NVMe対応で復活するファイバーチャネル、SDSはハードの「価格下落」が追い風に

本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。後編ではNVMe、SDS、超高速ファイバーチャネルがテーマだ。

news02.jpg
クラウド時代にネットワークを再評価する

なぜシスコは中堅・中小企業向けブランド「Cisco Start」を立ち上げたのか?

ネットワークが安定していなければ、クラウドもIoTも真価を発揮できない。シスコが中堅・中小企業向けブランド「Cisco Start」を発表したのは、ネットワーク技術の認知普及を目指した“未来への布石”だという。

news04.jpg
シャドーITが陽のあたる場所へ

草の根運動でユーザー数を広げていく「Slack」の“land and expand戦略”とは?

会社指定のコラボレーションプラットフォームに不満を持つ従業員が、IT部門の許可なく「Slack」や「Circuit」といったアプリをダウンロードして、同僚もユーザーにするケースが増えている。

news01.jpg
サーバ仮想化はターゲット外

アナリティクス&ビッグデータに最適な新世代フラッシュストレージ

フラッシュ市場の成熟とともに、アナリティクスやビッグデータ用途に最適なフラッシュストレージが登場してきた。従来製品との違いと各社の新世代製品の特徴を紹介する。

news06.jpg
Windows優位とは限らない

徹底比較:「Surface Pro 4」 vs. 「iPad Pro」 ビジネスユーザーの理想はどちら?

Microsoftの「Surface Pro 4」は「Windows 10」を搭載している。Appleの「iPad Pro」は優れた操作性を実現している。企業にとって最適なのはどちらだろうか。

news01.jpg
「Chromebook Plus」「Chromebook Pro」を先取りレビュー

Androidアプリが使えるSamsung製“高級Chromebook”が登場、価格に見合う価値はある?

「Chromebook Plus/Pro」はAndroidアプリやスタイラスペンが利用できるなど機能は豊富だが、価格は450ドル以上と、300ドル前後が主流のChromebookの中では少々値が張る。その“プレミアム”さは本物か。

news09.jpg
IoTセキュリティが国家安全保障の議題になる

「Mirai」より凶悪な攻撃が起きる――IoTセキュリティが2017年に進むべき方向は

2016年は、マルウェア「Mirai」によりIoTセキュリティが悲惨な状態にあることが分かった。今後、IoTを使った攻撃が増える見通しだが、セキュリティ対策はどのようにすればいいのだろうか。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツライブラリ

「別冊Computer Weekly 企業導入が進むIBM Watson(転載フリー版)」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2017/1/18)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/6/19)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

金融機関のセキュリティ対策にフォーカスし、最新の業界動向や事例に加え、対策に役立つIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/7/4)