IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Loading

Top Story

icon
価格を超えるプレミアム感

徹底レビュー:「Surface 3」、誰もが購入を検討する“圧倒的な正しさ”とは

人気のSurfaceシリーズに比較的低価格な「Surface 3」が登場した。Atomプロセッサーを搭載するが製品の質感や使い勝手は従来製品と変わらない。「Windows 8.1」搭載のプレミアム端末を見る。

新着記事

news07.jpg
誰も使わないモバイルアプリを生まないために

IT部門が嘆く「モバイル市場の変化に付いていけない」、解決策は?

モバイルの変化の速さに付いていけない――。そのようなIT部門を抱える組織は今後、後れを取ることになる。そうした現状を打破するにはどうしたらいいのだろうか。

news08.jpg
最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介

「Gmail」が長時間使えず、ざわつくオフィス

業務に直接影響を与える電子メールの停止、そんなときあなたはどうしますか? 最新記事ランキングで振り返ります。

news06.jpg
柔軟性と冗長性、構成しやすさで考える

ストレージの「NAS」と「DAS」の比較で分かった“やっぱり”な結論

一部のアプリケーションではDASは便利なストレージだ。だが、ストレージアーキテクチャに関する選択肢の多いNASの方が適切な選択肢になることは少なくない。

news01.jpg
仮想環境の“データ保護”製品選定【DR編】

災害対策、迷ったらこれを選ぶ 〜3つのDR方式を徹底解説

障害や災害に備え、企業はどの程度のシステムの災害対策(DR)を行うべきなのだろうか。DRには大きく分けて3つの方式がある。それぞれの目的や実装パターンとは。

news05.jpg
ハイパースケールデータセンターとSDNの関係

“未来感”漂うFacebookやGoogleのネットワーク利用、SDNの役割は?

FacebookやGoogleのようなインターネットコンテンツプロバイダーは、既にSDNを利用してハイパースケールデータセンターの接続を強化している。だが、他にもできることはある。

news04.jpg
オープンソースとHPCは活路となるか

ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel

「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。法則に従ってプロセッサ性能を向上させてきたIntelは、ビジネスモデルの転換を迫られている。

news05.jpg
速い、静か、省電力――注目技術の現状と未来

1Gバイト1ドルも、「オールフラッシュアレイ」の “高コスト”は解消されるか

オールフラッシュストレージアレイの導入が進んでいる。同技術が大きな注目を集める理由は何か、またどういったアプリケーションが最もその恩恵を受けることができるのだろうか。

news07.jpg
操られて内部犯行者に変わる

“意識高い系社員”が内部犯行に手を染める意外な理由

企業で発生する内部犯行を防ぐには、従業員のセキュリティ意識向上は十分な効果をもたらさない。その理由とは何か。具体的な4つの対策を交えて紹介する。

news06.jpg
Japan IT Week春 2015リポート

「Microsoft Office」よりも「一太郎」が狙われる? 標的型攻撃の国内動向

国内において、標的型攻撃を取り巻く現状はどうなっているのか。総合ITイベント「Japan IT Week春 2015」での標的型攻撃に関する講演を基に解説する。

news04.jpg
今だから必要となるインフラ投資

塩漬けレガシーアプリからの脱却、モバイル対応で実はどうにかなる

一般企業ではレガシーアプリと関連インフラのメンテナンス伴うコストでIT予算の大部分を食いつぶしている。アプリのモバイル対応で、そこからの脱却を図ることができるかもしれない。

news01.jpg
Microsoftもプロモーションを強化

明らかになったクラウド時代のシンプルOS「Nano Server」のスペック

ウワサされていた小フットプリントOS「Nano Server」の存在を認めたMicrosoft。同社はこれまでの秘密主義を一変させ、Nano Serverの紹介に注力し始めた。

news12.jpg
データオーナーシップという難問

「そのデータは誰のもの?」――“炎上”を回避するための8つのチェック項目

SNSやモバイル、アナリティクス、クラウドといった近年のトレンドに伴い、データオーナーシップの問題を見直す必要が出てきた。企業の最高情報責任者(CIO)がチェックすべき8つのポイントを紹介する。

news10.jpg
もうストレージを単なるデータ置き場とは呼ばせない

「フラッシュ技術」で大きく変わるストレージ、データ分析にも踏み出す

今後のストレージは単なるデータ置き場ではない。フラッシュストレージ技術と仮想化などにより、高度なデータ処理を同時に行うことができるようになる。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツライブラリ

「Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2015/5/20)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/6/19)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

金融機関のセキュリティ対策にフォーカスし、最新の業界動向や事例に加え、対策に役立つIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/7/4)