Top Story

icon
活躍の場がスーパーマーケットやオフィスに拡大

工場以外に広がるロボティクスの応用技術、「無人パン焼きロボット」登場

ロボティクス技術の活用現場はこれまで製造業が中心だったが、それ以外の分野に広がりつつある。無人パン焼きロボットと、拡張性の高いビジネス用ロボットの事例から動向を探る。

新着記事

news06.jpg
ファイル管理も新たな時代へ

次世代のファイルシステム4種、それぞれの特徴は?

コンピューティングやデータセンターの変化に伴い、ファイルシステムも進化しなければならない。本稿では、ファイルシステムの現状と今後の方向性について考える。

news09.jpg
帳票処理の自動化が可能に

AIを搭載した帳票設計不要のOCRサービス トーマツが提供開始

トーマツは人工知能(AI)モデルを搭載した財務・経理部門向けOCRサービスを提供開始した。見積書や請求書を読み取り、入力処理を自動化する。サービス導入後も使用履歴を通して学習し、識字精度を向上できる。

news13.jpg
botが人よりも適切な物件を提案

「AI」(人工知能)が不動産担当者の職を奪う?

不動産業務にAI技術を取り入れる動きが広がりつつある。反復作業によるミスを減らすといった日常業務の効率化だけではなく、顧客が好む物件を提案するなど、人の判断を代替する用途も現実的になってきた。

news12.jpg
利便性とセキュリティのどちらを取るか

病院がサイバー攻撃を受けると心臓発作患者の死亡率が結果的に増加の可能性

バンダービルド大学の調査では、データ侵害に対する病院の対処と心臓発作患者の死亡率の間に関連性がある可能性を示唆している。

news03.jpg
そんなところにデータが残っている?

モバイル端末や印刷に潜むコンプライアンス違反のわな

PCやネットワーク、ファイルサーバにセキュリティポリシーを適切に適用している組織は多いだろう。だが、機密文書や個人情報は意外な所に保存されている可能性がある。

news04.jpg
コード記述を最小限に抑える

アプリ開発に適したOSSローコードプラットフォーム3選

企業は、可能な限り早くアプリを市場投入したいと考える。ローコードプラットフォームは開発プロセスを加速させる。優れた機能や柔軟なカスタマイズ性を持つオープンソースのローコードプラットフォームも登場している。

news02.jpg
ラックスケールPCIeの落日?

「高価でも価値がある」PCIeがNVMe-oFに負けた理由とは

NVMe-oFの普及は目覚ましい。NVMe-oFプロトコルを採用したストレージシステムが増える中、ラックスケールのPCIeが衰退した理由を探ってみる。

news05.jpg
Gartnerの年次予測

知らないとは恥ずかしくて言えない2019年の「10大ITトレンド」

デジタル思考のCIOにとって、Gartnerの2019年トップ10技術トレンドに驚きはなさそうだ。ITはスマート化が進み、インテリジェントなデジタル網が社内を、そして他の全ての場所を覆うようになる。

news03.jpg
市民開発者と熟練開発者の役割

「aPaaS」によるノーコード/ローコードのアプリ開発は企業文化に浸透するか

企業はアプリケーション開発の頓挫や、ビジネスに精通する熟練したアプリケーション開発者の不足に悩んでいる。こうした中、ドラッグアンドドロップのみでアプリケーション開発する手法への期待が高まる。

news01.jpg
データを自動的に暗号化

自己暗号化ドライブ(SED)で守れるもの、守れないもの

書き込まれたデータを自動的に暗号化する自己暗号化ドライブは、多くのコンプライアンス要件を満たすことができる。ただし弱点もあることに注意する必要がある。

news06.jpg
業種や事業規模によって機能はさまざま

ERP製品選びに役立つユースケース9選、何を指標にすればいい?

ERPシステムを適切に選定するには、組織の規模や事業目標など、さまざまな要素を検討しなければならない。本稿では、検討要素の決定に役立つ9つのユースケースを紹介する。

news05.jpg
買収後に背負う負担の大きさを危惧

IBMのRed Hat買収がオープンソースのコンテナ管理に及ぼす影響

IBMのRed Hat買収ではIT管理ツールなどの幅広い分野が影響を受ける。中でもオープンソースのコンテナ管理技術コミュニティーへの影響は大きく広がりそうだ。

news04.jpg
ネイティブか、サードパーティーか

ハイブリッド、マルチクラウド環境での「Infrastructure as Code」(IaC)ツール 何を導入すればよい?

「Infrastructure as Code」(IaC)ツールには2種類ある。1つはサードパーティー製ツール、もう1つは特定のクラウドベンダーのネイティブツールだ。本記事では、適切なツールを選ぶ際に留意すべき項目を取り上げる。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

意外な所に潜む コンプライアンス違反

「Computer Weekly日本語版 11月7日号:意外な所に潜む コンプライアンス違反」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2018/11/7)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

FinTechや仮想通貨(暗号通貨)が話題になるなど、金融とITの関係は確実に変化しています。本サイトでは金融業界を取り巻くIT環境の今を紹介します。 (2018/3/1)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2015/6/18)