IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Loading

Top Story

icon
“脱Excel”か“活Excel”か

“Excel職人”がいなくなっても使い続けられる関数を記述するコツ

職場の“Excel職人”がいなくなっても、メンテナンスしやすいワークシートを作るコツとは。ヒントは、関数が参照するセルを可視化する記述法です。「VLOOKUP」「INDIRECT」を利用する方法を紹介します。

新着記事

news07.jpg
併用がトレンド

IaaSとPaaSを比較 開発者目線で見たメリットは?

開発にIaaSとPaaSのどちらを使うかは、両者の主な違いを理解してから決めるべきだ。本稿ではこの違いを考える。

news05.jpg
CIOが知っておくべき市場動向

マッキンゼー流ビジネスAIの進め方、「必要なのは二刀流プレイヤー」

人工知能(AI)が人々の生活をどのように変えていくかという議論が盛んだ。人の代わりに車を運転したり、仕事をしたりするかもしれない。一方で、企業向けAIはどのように企業活動を変えていくのだろうか。

news06.jpg
複数のAPIを活用する

マイクロサービスのAPI実装で失敗しないための3大原則

APIは重要だ。そして、等しく重要なのがAPI戦略だ。本稿では、全ての組織が留意すべきAPIの主要設計原則を3つ紹介する。

news01.jpg
GDPR順守だけではない電子メールセキュリティ(後編)

「最悪のシナリオ」対策とメール監査体制構築のススメ

メールに起因する最悪の事態は常に起こり得る。こうした事態の対策と、開封確認メッセージを利用して「メール監査」ができる体制を作っておこう。GDPRに順守しつつ、組織を守る一助となる。

news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

クラウドが低迷してテープが活況? ストレージの“ちょっと奇妙な現実”

クラウドやハイパーコンバージド、SDSといった新技術は、ストレージの新たな常識となるとの見方もあった。だが「そううまくはいっていないのではないか」との声もある。

news03.jpg
「HFS Plus」から何が変わったのか

Appleの20年ぶり新ファイルシステム「Apple File System」(APFS)を理解する

Appleが新しいファイルシステム「Apple File System」(APFS)をリリースした。長らく同社製品で利用されてきた「HFS Plus」(Mac OS拡張フォーマット)とは、何が違うのか。

news04.jpg
データベース管理者の生産性向上へ

徹底比較:AWS、Google、AzureのDBサービス 最適な組み合わせとは

Webベースのアプリケーションの運用基盤としてPaaSを選択し、移行する場合、データベースについても必ず考慮すべきだ。データベースを完全にサポートしているクラウドインフラに移行するメリットを以下で詳しく検討しよう。

news02.jpg
個人情報と引き換えだけでは不信感

IoTで直面する課題 ユーザーに信頼されるプライバシーポリシーの作り方とは

IoTテクノロジーがデジタルな形で消費者の自宅、自動車、衣服に取り入れられていくにつれて、企業がユーザーとの間に築く関係は、これまでにないほど親密で個人的なものになる。

news01.jpg
テープバックアップは不滅!?

NAS感覚で使える“テープNAS”で大容量バックアップ問題を解決

テープバックアップ不要論はいまだに根強いが、一方でテープの進化も着実に続いている。テープをNAS感覚で使えるようにするLTFSによって、“テープNAS”というバックアップ手段も選択肢に入ってきた。

news05.jpg
“使い心地”のテストが必須

「Amazon Echo」が失敗するとしたらその理由は何か?

Amazon Echoが示すのは、もはや情報のやりとりにキーボードは必要ではないという新しい常識だ。その際、ユーザーが評価するのはシステム全体の使い心地になるだろう。

news04.jpg
AI活用はテキストの「解釈」から「生成」へ

自然言語生成ツールが進化、「機械が作成した文章だとほとんどの人は気付かない」

人工知能(AI)ソフトウェアのビジネスへの導入が進むにつれて、企業は自然言語生成ツールにも力を入れ始めている。

news03.jpg
アナリストは熱視線を送る

ビジネスプロセス管理の新たなトレンド ローコード開発と人工知能に注目すべき理由

ビジネスプロセス管理(BPM)が進化し続けている。このトレンドの中でアナリストは、人工知能(AI)、機械学習、ローコード開発プラットフォームに着目するようになった。その理由とは。

news01.jpg
Apple、Samsung、Amazon.comなど

タブレットメーカー“ビッグ5” 決算が示す次の製品戦略

大手タブレットメーカー5社は第3四半期(2017年7〜9月期)にタブレットの出荷台数を増やした。これは何を意味するのか。Apple、Samsung、Amazon.com、Huawei、Microsoftの動向を探る。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツライブラリ

「Computer Weekly日本語版 11月15日号:モバイル端末管理最新トレンド」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2017/11/15)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/6/19)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

金融機関のセキュリティ対策にフォーカスし、最新の業界動向や事例に加え、対策に役立つIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/7/4)