IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Loading

Top Story

icon
VMwareやRed Hatとも連携

AWSでハイブリッドクラウドを構築するための、9つの開発手法

多くの企業がハイブリッドクラウドを目標とするが、その実現には課題が伴う。AWSは、オンプレミスとオフプレミスでアプリケーションを構築するためのハイブリッドクラウドツールを提供している。

新着記事

news09.jpg
OSの強化に役立つ

「Windows 10」の使い勝手をピカピカに磨く仮想化ツール

Microsoftの「Windows 10」にはIT担当者が必要とするもの全てが組み込まれているわけではない。本稿では、導入をスムーズに行うためにIT担当者が使用しているテクノロジーやサードパーティー製ツールを紹介する。

news07.jpg
多少のデメリットを上回るメリット

米国の遠隔医療事情、使いたくなるメリットと“一抹の懸念”

遠隔地に医療サービス提供を可能にする遠隔医療(テレヘルス)のシステムは、患者が24時間いつでもオンデマンドに医療サービスにアクセスできるメリットから、さまざまな医療機関での採用が始まっている。

news05.jpg
オールフラッシュストレージの優位性

フラッシュとHDDの価格は今や同じ? 思わずうなずく3つの理由

フラッシュの価格が下がり、HDDに近づいている。だが、フラッシュの単価算出が非常に難しいため、購入担当者は頭を悩ませている。価格の優劣を容量当たりの単価で見ていたためだ。

news06.jpg
無料から有償まで

“なんちゃってOffice”ではない、「Microsoft Office」代替製品の奥深い世界

「Microsoft Office」から代替製品への切り替えは、特注品から中古品への格下げのように思えるかもしれないが、必ずしもそうとは限らない。

news07.jpg
失敗しない製品選択

タレントマネジメントのリーダー製品は? 注目7製品“強み”の読み解き方

適切なタレントマネジメントシステムを選ぶだけで、ビジネスの様相が一変する可能性がある。自社のニーズには何が最適だろう。

news01.jpg
なぜストレージ変更でコストが下がるのか

SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減

HDSのSANストレージをTintriのハイブリッドフラッシュにリプレースすることで、年間で約1140万円のコストを削減したという。コストが下がった要因とは?

news02.jpg
エンドポイントセキュリティの在り方を聞く

安全なはずのWindows、なぜさらにセキュリティを高める必要があるのか?

「マイクロ仮想化」の技術でMicrosoftと提携するBromiumによれば、IT部門最大のセキュリティ課題はWindowsにあるという。それはどういうことなのか。

news03.jpg
調査から見えるユーザーの本音

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)でも、やっぱりSSDとHDDの性能は大事

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、ベンダーロックインに対する万能薬と位置付けられている。しかし、ある調査によると、ITインフラのベンダーロックインは、一時期ほど重視されなくなってきているという。

news04.jpg
ビデオ通話に重点

「Skype for Business Online」の「Microsoft Teams」移行に色めき立つパートナー企業

MicrosoftはSkype for Business OnlineをMicrosoft Teamsに統合する計画を発表した。同社のパートナー企業は早速、関連製品を公開している。

news02.jpg
同価格帯では目立つ存在

「HP Stream 11」は単なる低価格PCではない、199ドルノートPCを使い倒す

Hewlett Packard(HP)の「HP Stream 11」は、耐久性のあるコンパクトなデザイン、手堅いパフォーマンス、優秀なキーボードを備えている。手頃な価格の製品を求めるユーザー向けに用意された持ち運び用ノートPCだ。

news01.jpg
「Siri」やコントロールセンターを強化

iPhone Xだけではない 新旧iPhoneの利便性を向上させる「iOS 11」注目機能

Appleの「iOS 11」では「Siri」が強化された他、コントロールセンターの設計が見直されている。また「運転中の通知を停止」設定も追加された。本稿ではiOS 11の変更点を詳しく解説する。

news06.jpg
仮想化ベースセキュリティ機能を紹介

Windows 10の知ると驚く技術、仮想化ベースのキュリティ機能「デバイスガード」

Microsoftは「Windows 10」搭載マシンから企業情報が流出する事態を防止するため、「デバイスガード」「資格情報ガード」といった仮想化ベースのセキュリティ機能を強調している。どのような機能なのか。

news05.jpg
2020年までにSkype for Business Onlineは消滅

Facebook、Microsoft、IBM クラウド型コラボレ―ション新戦国時代の勝者は?

Microsoftは最近、「Skype for Business」を「Microsoft Teams」に移行する計画を発表し、話題を呼んだ。だが、コラボレーション分野ではFacebook、IBM、Zohoも、注目すべき新展開を相次いで発表している。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツライブラリ

「Computer Weekly日本語版 10月18日号:次世代のワイヤレスネットワーク」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2017/10/18)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/6/19)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

金融機関のセキュリティ対策にフォーカスし、最新の業界動向や事例に加え、対策に役立つIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/7/4)