IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Loading

Top Story

icon
今から始める「データセキュリティ」【第4回】

データベースより危険? 「ファイル共有」が内部犯行者の標的に

内部犯行者が狙うのはデータベースだけではない。機密情報の宝庫であり、業務で日常的に使うファイル共有のセキュリティ対策にも目を向けるべきだ。その理由と具体策を示す。

新着記事

news06.jpg
「Microsoft Office」の選択を迷う人に贈る

ざっくり知りたい「Office 2013」「Office 365」、ユーザー別の本命製品はこれ

「Microsoft Office 2013」と「Office 365」はどちらがいいのだろうか? Office 2013には多くの利点があるが、クラウドベースのOffice 365には別の長所がある。

news08.jpg
情報ガバナンスをめぐる5つの俗説を検証する【後編】

ナンセンスになりつつある「情報は永遠に全て残す」という常識

ストレージコストや情報ガバナンスのトレーニングをめぐる誤解など、データ管理に関する3つの俗説について検証する。

news05.jpg
境界は既に曖昧だが、それぞれ機能不足

PC向け「バックアップ」「ファイル同期」ツールは一緒になる運命か

データ保護製品とファイル同期/共有製品の境界は曖昧になってきている。その原因の1つは、データ保護製品がPC以外のさまざまなデバイスからも保護されたデータにアクセスできるようにしていることにある。

news02.jpg
【連載コラム】医療ITの現場から

医療クラーク運用を成功させるための5つの秘訣

医療クラークの運用に当たっては、電子カルテ入力がマスターできればよい訳ではない。運用を成功させるためのポイントを紹介しよう。

news06.jpg
情報ガバナンスをめぐる5つの俗説を検証する【前編】

「Googleがあればどんな情報でも探せる」という俗説をいまだに信じる人

21世紀の情報ガバナンスに関する5つの根強い俗説について専門家が検証する。データ管理プロセスをデジタル時代に合わせて適応させることはそれほど難しくない。

news04.jpg
妻が看護師のライターが解説

医療現場で意外に進むモバイル活用、厳しい規制にどう対処してきたか?

医療従事者はモバイルデバイスから機密データに安全な方法でアクセスする必要がある。医療業界がこの要件を満たせるのであれば、他の業界も同じではないだろうか。

news05.jpg
情報流出否定の一方で2要素認証を呼び掛け

ハッキング報道に背筋が凍る「Dropbox」ユーザー、自衛のポイントは?

Dropboxは、何者かが同社からユーザー690万人のユーザー名とパスワードを入手したという報道を否定した。一方でユーザーに対して2要素認証のセキュリティ機能を使うよう促している。

news01.jpg
データのリアルタイム転送が武器

ネットワーク帯域の拡大で即応力を強化したレッドブルレーシング

F1チームのレッドブルはAT&Tとのパートナーシップを強化し、ネットワーク帯域を拡大。世界各地のサーキットと工場間でデータをリアルタイムにやりとりし、レース戦略やトラブル対応に活用している。

NEWS

青色申告もクラウドで――弥生が新サービスを開始

Web上で記帳や、青色確定に必要な書類の作成を可能にするオンラインサービスを開始。初年度は無料で全ての機能が使えるキャンペーンを実施する。同時にデスクトップ版の新版を発表した。

news07.jpg
仮想化で軽視されがちなハードウェアだが

大切な仮想環境、ハードウェアが故障したら何が起こる?

アプリケーションの可用性向上に役立つソフトウェア機能が普及する中、IT担当者は、全てのハードウェア障害が防げるわけではないことを忘れがちだ。これではリカバリ計画もおろそかになってしまう。

news10.jpg
週間記事ランキング

盲点になっていたノートPCの新しい買い方

個人用モデルにはない「企業向け」ノートPCのさまざまな魅力を探る。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

news09.gif
適切に管理しないとセキュリティ対策の穴に

“時代遅れのパスワード管理”から逃れられない人に贈る「4つの心構え」

「パスワードは既に時代遅れだ」という声もあるものの、パスワードに依存したシステムはまだ多く、適切に管理しないとセキュリティ対策の穴になりかねない。パスワードと賢く付き合う方法を伝授する。

news04.jpg
実トラフィックが語る「セキュリティ脅威の真実」【第3回】

「Heartbleed」の脅威を正しく回避する7つの対策

企業では、SSL暗号化通信をするアプリはどれくらい使われているのか。OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」に対処する方法とは。調査結果を交えて詳細に示す。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツライブラリ

「Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2014/10/22)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/6/19)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

金融機関のセキュリティ対策にフォーカスし、最新の業界動向や事例に加え、対策に役立つIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/7/4)