IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Loading

Top Story

icon
実トラフィックが語る「セキュリティ脅威の真実」【第2回】

会社で見つかるマルウェアは年間2000種以上――実トラフィックで明らかに

どのようなマルウェアが国内企業を襲っているのか。脆弱性を悪用した攻撃のうち、主要なものは何か。実トラフィックを基にこうした疑問を明らかにしつつ、有効な対策を示す。

新着記事

news08.jpg
人間の介在なく製造業の問題を解決

もう人は要らない――決して無視できない「IoT」のインパクト

IoTは製造業にさまざまな影響を与えている。これらの影響は環境にやさしい持続的なビジネス慣行につながる可能性がある。

news05.jpg
中国特有のIT事情と法律問題

外資規制が強まる中国、日系企業が直面するネットワーク、セキュリティ課題とは?

「ネットワークの南北問題」や「中国公安82号命令」など、外国企業が中国でビジネスを展開するには乗り越えなければならない壁が存在する。中国特有のIT事情とその対策を紹介する。

news07.gif
Microsoftは2016年1月12日にサポートを終了

実はサポート切れが迫っている「Internet Explorer 8」、今すぐ行うべきこととは?

Windows 7に標準搭載する「Internet Explorer 8」のサポートが2016年1月12日に終了する。IE 8向けのレガシーアプリを利用する企業は今すぐにでも対応が必要となる。

news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

従来型テストではアジャイル開発に勝てない理由

従来のような方式のテストでは、大規模なテストを集中化して最適化することが可能だ。だがアジャイル開発のような速いペースの配信に対応するのは難しい。

news01.gif
2要素認証導入でも残るセキュリティの限界

Apple「iCloud」ユーザーが今すぐやるべき“当たり前のハッキング対策”

有名人のプライベート写真流出で騒ぎが大きくなった米Apple「iCloud」に対するハッキング。Appleは2要素認証を導入しているが安全性には限界がある。ユーザーが最低限すべきことは?

news01.jpg
「iPad Air」との価格差は?

購入のネックは価格だけ――「Surface Pro 3」が高いと思う人に贈る3つの視点

タブレットを評価する場合、ノートPCのようなフォームファクターと米Intelのアーキテクチャを兼ね備えた米Microsoftの「Surface Pro 3」が魅力的に思えるかもしれない。だが、その価格も考慮する必要があるだろう。

news04.jpg
そのメリットとリスク対策

企業向けシステムの“過激な高密度化”はここまで進んでいる

ストレージやサーバの高密度が著しい。注意深く計画を立てることで、コンピューティング密度の向上によるメリットを最大化し、潜在的なリスクを最小化することができる。

news06.jpg
週間記事ランキング

「iPhone 6」の予約に走る前に考えたいこと

今後社員の業務への持ち込みが必至の「iPhone 6」。しかしIT管理者にとっての急務は「iOS 8」への対応。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

news05.jpg
会社の電話を“スマート”にする

Skypeでは物足りない御社に「ソフトフォン」のススメ

オフィスの外で働く従業員にとって、ソフトフォンクライアントと携帯電話では、どちらがベストな選択肢だろう? 専門家が語る。

news03.jpg
教育ITニュースフラッシュ

慶應SFCは「クラウドを使わないオンラインストレージ」をどう作ったか

講義で使う機器のトラブル対応を強化した早稲田大学の取り組みから、「PASMO」の機能を学生証に入れた東京都市大学の事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。

news02.jpg
「Windows 8」「Windows Vista」の二の舞は絶対に避けたい

大論争に発展 うわさが絶えない「Windows 9」の本命機能とは?

米Microsoftが開発を進めているとされる次期OS「Windows 9」(仮称)では、ユニバーサルアプリやクラウドについての対応強化が期待できそうだ。PCユーザーの心を再び引き付けることはできるのだろうか。

news07.jpg
ついにベールを脱いだiPhone 6とApple Watch

新型「iPhone 6」を素直に喜べない企業は? 「iOS 8」対応に時間切れの懸念

米Appleが同社スマートフォンの新型モデル「iPhone 6」を発表した。企業のIT管理者は、社内受け入れに向けて対応を急ぐ必要がある。また、新OS「iOS 8」への対応も急務だ。

news05.jpg
仮想サンドボックスでマルウェアを調査

怪しいコードをクラウドで分析、セキュリティ対策も“向こう側”へ

クラウドベースのマルウェア分析は、先端のマルウェア対策製品を手掛ける大手ベンダーと新興ベンダーの両方にとって必須の機能になっている。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツライブラリ

「別冊Computer Weekly 次世代ワイヤレスネットワークへの招待」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2014/9/10)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/6/19)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

金融機関のセキュリティ対策にフォーカスし、最新の業界動向や事例に加え、対策に役立つIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/7/4)