Top Story

icon
アプリケーションとプロセスをデバイスから分離

「Windows 10」でコンテナを導入するには

「Windows 10」で「Docker」コンテナを利用して、アプリケーションとプロセスをユーザーのデバイスから分離することができる。これは他のアプリケーションとのコンフリクトなどを防ぐのに役立つ。

新着記事

news02.jpg
AIシステムのブラックボックス化を解消

人工知能(AI)の不公平な判断を指摘するツール IBMが提供開始

日本IBMが企業のAI技術活用を支援するためのサービス/ツール群の提供を開始した。中でも注目のツールは、AIエンジンが使った判断材料を分析し、検証する「Trust and Transparency capabilities」だ。

news04.jpg
本当に「Windowsの時代は終わり」なのか

企業で使うなら「Windows Server」と「Linux」のどっち? 費用とサポート面で比較

企業が実働環境に使うには「Windows」と「Linux」のどちらが適しているのか。検討すべきなのは初期費用だけではない。

news03.jpg
JavaやAcrobat Readerに脆弱性が潜む可能性も

スマートフォン全滅を引き起こすモバイル管理システムへの攻撃 EMMをどう守るか

EMMプラットフォームが絶対に安全だと考えているIT部門は多いが、必ずしもそうだとは限らない。EMMのセキュリティをあらゆる角度から万全にし、最新の脅威に備えるには。

news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法

「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。

news05.jpg
イーサネットに速度は及ばないが……

「32Gbpsファイバーチャネル」導入が進む背景にフラッシュの影

8Gbpsや6Gbpsのファイバーチャネル(FC)から32GbpsのFCへ切り替えが進みつつある。その背景にはフラッシュストレージが深く関わっているという。

news01.jpg
StarWindは完成度が低かった……

製品選定失敗の果てに行き着いた、中小企業向けハイパーコンバージド製品

寿命を迎えたSANの代わりに導入した製品は、完成度が低く保守や更新が難しかった。次に選んだのは、ソフトウェアのハイパーコンバージド製品。中小企業でも手が届く価格でエンタープライズレベルの冗長性を確保した。

news01.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システム3つの選択肢を徹底比較、自社に合った製品選びのポイントは?

勤怠管理のITツールは3つに大別できる。高機能タイムレコーダー、オンプレミスの勤怠管理システム、クラウド勤怠管理システム、という3つの製品の違い、メリットとデメリットを比較する。

news04.jpg
Azure、AWS、Googleの三つどもえ

クラウド“三国志”、Microsoft AzureはAIとIoTに賭ける

あらゆる企業がデジタル企業に変わりつつある今、デジタル戦略の巧拙が、ビジネスの成否に直結する可能性がある。企業がデジタル戦略を進める際の注意点を、Microsoftのサトヤ・ナデラCEOが指摘する。

news05.jpg
HDDと同じ手順では情報漏えいの危険も

SSDの廃棄方法と、SSDが「ドリルで穴を開けても復旧可能」な理由

使用済みのSSDを寄付するのは素晴らしいことのように思える。だが、データの安全を保ちたいなら話は別だ。SSDの廃棄とリサイクルは思っているより複雑だ。

news06.jpg
いずれはSaaS型のシェアが勝るか

SAP S/4HANAの導入オプション、いまだにオンプレミスが大人気な理由

「SAP S/4HANA Cloud」はS/4HANAのSaaSバージョンとして登場したが、いまだほとんどの企業はS/4HANAをオンプレミスで運用することを好んでいるようだ。

news03.jpg
AI技術、機械学習でビジネスチャンスに転換

IBMは一般データ保護規則(GDPR)にどう対応したか

IBMがEU(欧州連合)の一般データ保護規則(GDPR)を順守するにはAI(人工知能)技術が不可欠になる。そしてこのAI技術がビジネスチャンスをもたらす。IBMのデータ保護担当者が語る。

news02.jpg
SAPの2025年問題

リスクが多過ぎる、S/4HANAへのアップグレード

ECC6からS/4HANAへのアップグレードが問題になっている。S/4HANAの導入には多くのリスクがあるという。2025年のECC6サポート終了を前に、企業はSAPシステムの意義を見つめ直す必要がある。

news05.jpg
サービス事業者が5Gを提供するB2B2Xモデル

5Gで何が変わるのか? 「品質保証」だからできるIoT時代のサービス

2020年に実用化を目指す「5G」。これまでの移動通信ネットワークとの違いはどこにあるのか、国内の課題と用途を想定して考える。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

S/4HANAへの移行は苦難の道のり

「Computer Weekly日本語版 10月17日号:S/4HANAへの移行は苦難の道のり」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2018/10/17)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

FinTechや仮想通貨(暗号通貨)が話題になるなど、金融とITの関係は確実に変化しています。本サイトでは金融業界を取り巻くIT環境の今を紹介します。 (2018/3/1)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2015/6/18)