Top Story

icon
iOS 11からiOS 12で何が変わったのか

iOS 12のユーザー認証はOAuthでどのように簡素化されたのか

OAuthはiOS 12でどのように使えるようになったのか、ユーザー認証の仕組みはどうなっているのか、また懸念すべき点は何か。本稿ではこれらについて解説する。

新着記事

news06.jpg
クラウド移行の先に何があるのか

2019年のクラウド市場5大動向 マルチクラウドが常態化する新時代が幕開け

マルチクラウドの急速な普及、企業のクラウド移行戦略の変更などが新たに注目されている。2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いた。

news05.jpg
セキュリティプロトコルやメリットを比較

いまさら聞けない「拠点間VPN」と「リモートアクセスVPN」の違いは?

VPNは接続形態に応じて「拠点間VPN」と「リモートアクセスVPN」の2種類がある。双方が用いるプロトコルやメリットには、どのような違いがあるのか。

news04.jpg
IT担当者が語る

アップストリームとマネージドのKubernetesを比較 それぞれの長所と短所は

ITベンダーはKubernetesのパッケージ化を急いでいるが、ライバルは他のベンダーではない。アップストリーム版や企業の独自コンテナオーケストレーションプロジェクトだ。

news07.jpg
Google StackdriverやAWS CodeDeployはどう役に立つのか

DevOpsを実現する4つのAと最新サービス管理ツール

クラウド時代のITサービス提供プロセスでは、DevOpsという言葉が頻繁に使われる。DevOpsを実践し、最新の要件に合わせたサービス管理に必要な「4つのA」とツールとは

news01.jpg
量子鍵配送(QKD)実現の最前線(後編)

量子コンピュータ時代でも安全な量子鍵ネットワーク

量子コンピュータの圧倒的な演算能力に対抗し得る量子鍵配送方式は、既に実用化されつつある。現在の取り組みと課題を紹介する。

news03.jpg
「採用はAIに任せる時代」は誇大広告か

「人事の自動化」6大トレンド 人事業務はbotやAIにどこまで置き換わるのか

価格の低下や技術の向上が後押しとなり、人事の業務に自動化技術を採用するシーンが増えている。ソフトウェアbotやチャットbotがどのように活用され、人事の働き方はどのように変化しているのか。

news02.jpg
Blue Prism、UiPath、Automation Anywhere

RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景は

複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。

news04.jpg
Partners HealthCareの導入事例を紹介

クラウド型STaaS「ClearSky Data」が研究機関のIT部門にもたらすメリット

Partners HealthCareは、セキュリティが確保され、医療規制に準拠した状態で、研究者がすぐに利用できるストレージとしてクラウド型STaaSを採用した。本稿はその選定理由について説明する。

news01.jpg
ベンダー選びのポイントは?

サービスとしてのネットワーク「NaaS」でLAN、WAN、データセンターはどう変わる

「Network as a Service」(NaaS)によってネットワークインフラを設計する場合、LAN、WAN、データセンターのどこで採用するかによってその設計が異なる。それぞれの導入方法を解説する。

news03.jpg
オーケストレーションだけでは足りない

完全なるIT運用の自動化を実現する「AIOps」とは?

IT自動化に対する最良かつ最も効率的なアプローチは、人手による介入を限りなく減らすことだ。そのためにはゼロタッチオーケストレーションが前提だ。だがそれだけでは足りないという。

news05.jpg
企業向けのトレンドを読む

AIの未来予測、2019年は医療とFinTech分野に要注目

2019年の企業向けAI(人工知能)のトレンドとして、医療やFinTech分野での活用拡大と、小規模AIベンダーの統合が進むことが予想される。

news04.jpg
関連する認証局をまとめて扱う

「信頼の連鎖」を活用したWindows 10の証明書管理とは

Windows 10の証明書は「信頼の連鎖」を作り出す。これにより自社のリソースにアクセスするユーザーの身元が確認され、そのユーザーが信頼済みの接続を経由してリソースにアクセスできるようになる。

news02.jpg
ディープラーニングツール概説(前編)

Google、Microsoft、Facebookのディープラーニングフレームワーク

ディープラーニングプログラムを一から構築することも可能だが、既存のフレームワークやラッパー、周辺ツールを使うことでより迅速かつ容易に開発できる。まずは大企業が提供する主要なツールを簡単に紹介する。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

ディープラーニングツール総まとめ

「Computer Weekly日本語版 1月9日号:ディープラーニングツール総まとめ」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2019/1/9)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

FinTechや仮想通貨(暗号通貨)が話題になるなど、金融とITの関係は確実に変化しています。本サイトでは金融業界を取り巻くIT環境の今を紹介します。 (2018/3/1)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2015/6/18)