IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

Top Story

icon
フラッシュストレージ選定の前にチェック

「NOR型」と「NAND型」の違いとは? フラッシュメモリの2大選択肢を比較

NOR型とNAND型のフラッシュメモリは、それぞれ適する用途が異なる。フラッシュストレージの導入を検討している企業は、選定前に両者の違いを知っておく必要がある。

新着記事

news04.jpg
狙われるパスワード

セキュリティを気にするなら最低限やっておきたい、不正アクセスを撃退する12の予防策

パスワード攻撃、不正アクセスおよび関連する脅威から防御するには予防策が不可欠だ。先を見越して守りを強化する方法について専門家が要点を解説する。

news03.jpg
自社の環境にどう対応するか

2018年のVDI(仮想デスクトップ)、IT担当者なら押さえておきたい4つのトレンド

新年を機に、VDIをけん引する4つの主要トレンドをチェックしていく。ユーザーエクスペリエンスやデータ集約型アプリケーションが、VDI分野で注目を浴びている理由が見えてくるだろう。

news01.jpg
不人気な顔認証技術

iPhone Xの顔認証「Face ID」を150ドルで突破されたAppleの反応は?

顔認証テクノロジー「Face ID」は150ドルで突破できる。一般ユーザーが利用したり対象になったりする可能性は低いが、突破できることは証明された。Appleはこれにどう反応したのか。

news05.jpg
ダークWebで大量の認証情報を発見

大規模流出事件から専門家が悟った「パスワードはもう時代遅れ」

膨大な認証情報が盗まれた。ダークWebで発見されたそのデータは不正利用するための特別な機能も備えていた。

news06.jpg
IT分野以外もリードする働きを

最強のCIOになるために 2018年に取り組むべき5つのこと

人材コンサルティング企業O.C. Tannerの最高技術責任者(CTO)であるニール・ニコライセン氏が2017年を総括し、2018年のITに関する目標を設定する。

news01.jpg
セキュリティと管理機能はますます重要に

「1人で複数台スマホ時代」のうれしいこと、困ること 2018年EUC予測

テクノロジーや戦略を見直すならば、エンドユーザーコンピューティング(EUC)に関するトレンドの変化に注意する必要がある。EUCの次のトレンドは何が来るのか、専門家が予測する。

news01.jpg
安価なAndroidタブレットは好調

Google「Pixel C」の販売停止が告げるハイエンドAndroidタブレット時代の終わり

Googleは、同社最後のAndroidタブレット兼ノートPC「Pixel C」の販売をひっそりと停止した。400ドル以上という高価なAndroidタブレットは消費者に受け入れられなかったようだ。

news06.jpg
さらなる“次世代”も視野に

SSD市場の主流に躍り出るNVMe SSDストレージ、なお残る課題は?

ストレージベンダーは、「NVMe」がSSDの業界標準の接続規格になるとの見解で一致している。だが、NVMeにはコストや構成の課題があり、それらが克服されなければならない。

news07.jpg
ユーザーはどうすればいいのか

Windows 10にしたらマルウェア対策ソフトが動かない? その仕組みと対処方法

Windows 10でサードパーティー製マルウェア対策ソフトウェアが起動しない? 本稿ではマルウェア対策ソフトウェアがブロックされる仕組みと、この問題の解決方法を取り上げる。

news05.jpg
医療機関やDellの事例から学ぶ

「予測分析にはビッグデータが不可欠」という“常識”を疑え

データ量が多いからといって、必ずしも予測分析の精度が上げるわけではない。データを予測モデルに適用する前に、データを吟味して理解することが肝要だ。

news01.jpg
なぜそう思った?

サイバー攻撃を恐れるITリーダーたちの意外過ぎる現状認識

IT部門責任者を対象とした調査によると、彼らはサイバー攻撃を恐れ、適切な対策が取れていないことを懸念している。にもかかわらず、IT部門責任者たちは現状認識について驚くべき回答を寄せた。

news03.jpg
日本腎臓学会のテキストマイニング事例

医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化

医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。

news02.jpg
大手UCベンダーは、オンプレミス向けサービスを終了?

通話もファイル共有もチームチャットに統合 2018年コラボツール動向を予測する

2018年は、チームコラボレーションツールが主要なユーザーインタフェースとなることに注目だ。また、あるUCベンダーがオンプレミス環境でのサービス提供を終了する可能性がある。

注目コンテンツ

TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツライブラリ

「Computer Weekly日本語版 1月10日号:“マルチクラウド”は幻想にすぎない」を公開しました。無料でダウンロードできます。 (2018/1/10)

TechTargetジャパン

流通データ分析

流通、小売業界の読者に向けて、ヒト/モノが持つさまざまなデータを分析/活用するための最新動向やIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/6/19)

TechTargetジャパン

金融セキュリティ

金融機関のセキュリティ対策にフォーカスし、最新の業界動向や事例に加え、対策に役立つIT製品/サービスの情報を提供しています。 (2014/7/4)