Androidスマホ「Galaxy」が予感させる“AIスマホ時代の始まり”ここまで来たスマホの進化【前編】

Samsungが発表したスマートフォン新シリーズ「Galaxy S24」について、業界のアナリストは「AI技術への注目度を高める存在」という見方をしている。それはなぜなのか。同シリーズの特徴と共に解説する。

2024年03月16日 09時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 電子機器ベンダーのSamsung Electronics(以下、Samsung)は、2024年1月に発表したスマートフォン「Galaxy S24」シリーズで、「5G」(第5世代移動通信システム)用スマートフォンの需要を喚起しようとしている。だが業界のアナリストは5Gではなく、Galaxy S24はスマートフォンにおける人工知能(AI)機能への注目度を高める結果になるとみる。Galaxy S24が搭載するAI機能は何がすごいのか。

Galaxy新モデルで「AIスマホ時代の始まり」の予感

 「Galaxy S24+」「Galaxy S24 Ultra」を含めたGalaxy S24シリーズは、複数の機能を集約した集積回路である「SoC」(System on a Chip)として、Qualcommの「Snapdragon 8 Gen 3」を搭載する。5Gや「LTE」(Long Term Evolution)といったモバイル通信規格の他、無線LAN規格「Wi-Fi 6E」「Wi-Fi 7」「Wi-Fi Direct」や、近距離無線通信規格「Bluetooth」による通信が可能だ。

 Galaxy S24は、人工知能(AI)技術・機能群「Galaxy AI」を搭載する。Galaxy S24はこのAI技術・機能群によって、ユーザーの日常生活に役立つ複数の機能を提供する。重点を置いているのは、コミュニケーションやそれに関する作業を円滑にすることだ。

 機能の一つである「Live Translate」は、双方向の音声とテキストをリアルタイムで翻訳できる。Galaxy S24が標準搭載する通話アプリケーションで利用できるため、サードパーティー製アプリケーションを新たにインストールする必要がない。

 分割画面表示でリアルタイムの会話を即座に翻訳しながら、相手の発言を文字起こししてテキストで読むこともできる。この機能は、モバイルデータ通信や無線LANを使わなくても利用可能だ。

 「Chat Assist」もGalaxy AIの機能の一つ。チャットアプリケーションで受信チャットと送信チャットの両方をリアルタイムで翻訳したり、文章の調子を整えたりする。

 メモ帳アプリケーション「Samsung Notes」の「Note Assist」は、AI技術によってメモを要約したり、メモ作業を効率化するテンプレートを作成したり、メモを見やすくする表紙を作成したりできる機能だ。

 音声録音では「Transcript Assist」がある。これはAI技術と音声テキスト変換技術を使って、録音の文字起こしや要約、翻訳ができる機能だ。

 Galaxy AIの注目に値する特徴は、デバイス内蔵型のオンデバイスAIである点にある。AI機能を利用するためにインターネットに接続する必要がない。これによって会話のプライバシーが侵害されるリスクを抑えることができる。


 後編は、Galaxy AIが市場にもたらす影響を中心にまとめる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...