モバイルOS「Android」にリスクがある理由と“危険にしない”方法Androidの断片化を克服する【後編】

Androidを搭載したデバイスにはさまざまな種類があるため、IT部門にとっては管理が複雑になる。セキュリティのリスクが生じる問題もある。IT部門が取るべき対策とは。

2024年01月19日 05時00分 公開
[Will KellyTechTarget]

 GoogleのモバイルOS「Android」はオープンソースであるため、デバイスのベンダーや機種ごとに異なるバージョンや仕様のAndroidが搭載されている。これは「断片化」(フラグメンテーション)という問題だ。Androidの断片化は、管理やサポート業務、セキュリティ対策の複雑化といった課題を企業にもたらす。デバイス管理の負担を軽減し、セキュリティを強化する方法は幾つかあるので本稿で紹介しよう。

Androidデバイスを危険にしない方法

 負担を軽減する方法の一つは、利用するデバイスのベンダーを統一することだ。例えばSamsung Electronicsのモバイルデバイス「Galaxy」シリーズは、アプリケーションやデータを保護するセキュリティ機能群「Samsung KNOX」を搭載している。Googleのモバイルデバイス「Google Pixel」シリーズは個人用と仕事用のプロファイルを分離することが可能だ。Googleのオフィススイート「Google Workspace」(旧「G Suite」)を使用する企業には特に向いているシリーズだと言える。

 BYOD(私物端末の業務利用)を実践する企業の場合は、BYODで利用できるデバイスを指定することが有効だ。その際は、企業利用に適したデバイスを選定するために、Googleが推奨するデバイスとサービスプロパイダーをリスト化した「Android Enterprise Recommended」を参照するとよい。Androidデバイスを企業で管理するための機能「Android Enterprise」を利用すれば、リストにないデバイスが企業ネットワークに接続することを制限できる。

 データやアプリケーションをAndroidデバイスで保存・実行せず、クラウドサービスに集約する戦略も有効だ。これにより、IT部門はデータを集中管理して、アクセスするユーザーを認証することでセキュリティを維持できる。例えばGoogle Workspaceで業務を遂行する企業では、認証済みユーザーしかアクセスできないようにすることで、ユーザーはAndroidデバイスで安全にメールやグループチャット、ファイルにアクセスできるようになる。

 GoogleはAndroidの断片化に対処するための努力を重ねてきた。しかし、断片化はAndroidの根本的な特性と結び付いている。IT部門はAndroidの断片化の経緯を理解し、適切な管理方法を学ぶことが必要だ。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...

news059.jpg

カスハラ被害 サービス職の35.5%が「経験あり」――パーソル総合研究所調査
カスハラ被害経験者3000人を対象にした調査から、「カスハラに強い組織づくり」のための...