TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

「Zoom」録画データの保存先はどこ?【後編】

「Zoom」の有料プランを利用していれば、レコーディング機能で録画したデータをZoomのクラウドインフラに保存できる。その場合の手順と設定は。

【David Maldow , TechTarget】()
「柔軟な働き方」が鍵に

従業員の離職を防ぐために把握すべき「コロナ禍以降の従業員のニーズ」は何か。従業員の勤務場所に制約をかけることは、どのようなデメリットがあるのか。

【Murali Nethi , TechTarget】()
マイクロラーニングを成功に導くヒント【中編】

「マイクロラーニング」は人材開発に効果を発揮する可能性がある。企業がマイクロラーニング用の教材制作や研修の実施を成功させるためのヒントを4つ紹介する。

【Eric St-Jean , TechTarget】()
「未知に備える」力を磨く【後編】

企業が危機を乗り越える回復力を身に付けるために、参考にすべきPDCAサイクルがある。これに沿って取り組めば、「組織レジリエンス」を実現できる。何に取り組めばいいのか。詳細をまとめた。

【Paul Kirvan , TechTarget】()
戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【後編】

長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」は、人事戦略において重要な要素になる可能性がある。スムーズに進めるためのヒントを紹介する。

【Diann Daniel , TechTargetジャパン】()
「Zoom」録画データの保存先はどこ?【前編】

「Zoom」のレコーディング機能で録画したデータは、ユーザーのローカルコンピュータかZoomのクラウドインフラか、いずれかの保存先を選択できる。ローカル保存する場合の手順と設定は。

【David Maldow , TechTarget】()
ブランドを守るセキュリティ【後編】

企業はサイバー攻撃に対抗し、ブランド価値を守るために、標的になるリスクを認識しなければならない。デジタル技術の活用とともにセキュリティを確保するにはどうすればいいのか。5つのポイントをまとめた。

【Vishal Salvi , TechTarget】()
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第3回】

パンデミックの影響が収まらない中、企業は人材開発の課題にどう向き合えばよいのか。McKinseyやLinkedInの調査から分かってきたのは、従業員の「スキルアップとリスキリング」の重要性だ。

【Pam Baker , TechTarget】()
マイクロラーニングを成功に導くヒント【前編】

「マイクロラーニング」は、これまでの一般的な研修手法とはどう違うのか。そのメリットは何か。マイクロラーニングの基本的な内容を整理する。

【Eric St-Jean , TechTarget】()
「未知に備える」力を磨く【前編】

先行きが不透明な激変の時代。企業はさまざまな危機に備え、いち早くビジネスを通常に戻すための回復力が問われる。欠かせないのは組織としての結束力だ。企業が関心を寄せる「組織レジリエンス」の実態に迫る。

【Paul Kirvan , TechTarget】()
戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【中編】

長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」。「人材採用」はその一要素だ。それぞれが必要になるタイミングを整理する。

【Diann Daniel , TechTarget】()
ブランドを守るセキュリティ【前編】

デジタル技術の活用で顧客体験を高めようとする取り組みの裏には、ブランド毀損(きそん)につながるセキュリティリスクが潜む。企業はデジタル技術を活用する際、どうすればブランド価値を守れるのか。

【Vishal Salvi , TechTarget】()
パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【後編】

ロックダウンの兆候を察知し、迅速にテレワーク用システムを構築したブラッドフォード大学には、まだ課題があった。それは職員や学生のデバイスの調達だ。同校のIT部門はどのように解決したのか。

【Karl Flinders , TechTarget】()
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第2回】

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、企業を取り巻く状況は大きく変化した。変化に適応できる企業となるために必要な従業員教育とはどのようなものか。

【Pam Baker , TechTarget】()
戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【前編】

「人材採用」と「タレントアクイジション」(人材獲得)は、一見同じ言葉のように見える。だが取り組み内容や利用する技術が異なる。それぞれの違いを説明する。

【Diann Daniel , TechTarget】()
「オペレーショナルレジリエンス」とは何か【後編】

さまざまな危機に“免疫力”を持つには、部門を超えて積極的にコミュニケーションを取ることが重要だ。「オペレーショナルレジリエンス」の本質に迫りつつ、実現への道筋を示す。

【Paul Kirvan , TechTarget】()
コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】

自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【前編】

教育機関も新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた。英国のブラッドフォード大学はロックダウンの兆候を察知し、テレワーク用システムの整備を加速させた。同校のIT部門幹部に、そのいきさつを聞いた。

【Karl Flinders , TechTarget】()
競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第1回】

ビジネスの競争力を維持し、ポジティブな従業員エクスペリエンスを提供するには、継続的な成長を重視する学習文化を構築する必要がある。その手段となり得る人材開発手法「スキルアップ」と「リスキリング」とは。

【Pam Baker , TechTarget】()
「セキュリティ文化」のすすめ【後編】

うっかり疑わしいメールや添付ファイルを開いてしまうなどセキュリティ事故を招く可能性のあるヒューマンエラーはどの企業でも起こる。被害を最小限に抑えるために、企業はどのような社風であるべきなのか。

【Matt Warner , TechTarget】()
活気づく労働者市場

米国では働き手の不足から、一時解雇者数と会社都合の退職者数が低い水準で推移している。雇用促進のために従業員向け懸賞やインセンティブ付与などの施策に取り組む企業もある。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「オペレーショナルレジリエンス」とは何か【前編】

災害時の「レジリエンス」(回復力)の拡張版として、サイバー攻撃などさまざまな危機を乗り越えるための「オペレーショナルレジリエンス」に注目すべきだ。どのようなものなのか。

【Paul Kirvan , TechTarget】()
コロナと自動化がもたらす雇用問題【中編】

コロナ禍により失業した労働者に対する、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了する。どのような影響があるのか。専門家に聞いた。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「セキュリティ文化」のすすめ【中編】

セキュリティリスクを高める大きな要因が「人間」だ。セキュリティ文化が根付いた企業は従業員教育に力を入れ、全員が高いセキュリティ意識を持つようにしている。では、具体的にどうすればいいのか。

【Matt Warner , TechTarget】()
「デジタルバッジ」基本の基【後編】

調査会社によると「デジタルバッジ」市場は成長を続けている。一方で人事部門は必ずしも導入に積極的ではないという。その背景には何があるのか。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
「デジタル研修」を生かすヒント【後編】

良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。

【Diann Daniel , TechTarget】()
急場しのぎのツールを使い続けていないか

テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。

【Ashwin Krishnan , TechTarget】()
「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【後編】

企業がSaaSのバックアップ対策を十分に講じていない問題がある。それは決して製品が不足しているからではない。では何が問題なのか。

【Johnny Yu , TechTarget】()
コロナと自動化がもたらす雇用問題【前編】

新型コロナウイルス感染症の影響で、業務自動化技術やAI技術の導入が進んだ企業もある。米国マサチューセッツ州は、これにより数十万人の雇用が失われる可能性があると懸念している。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第4回】

「Microsoft Power Apps」は、さまざまなアプリケーションをノーコード/ローコードで開発できる。新型コロナウイルス感染症の接触確認アプリケーションの開発に、Power Appsを活用する企業もある。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
「セキュリティ文化」のすすめ 【前編】

企業は「セキュリティ文化」を築き、全従業員の高いセキュリティ意識を武器にサイバー攻撃に立ち向かうべきだ。攻撃が巧妙化する中で企業はどう変わればいいのか、具体的なアドバイスをまとめた。

【Matt Warner , TechTarget】()
「デジタルバッジ」基本の基【中編】

労働者がどのようなスキルを持つかを視覚的に示す「デジタルバッジ」は、人材採用に役立つ可能性がある。企業はどのように使えばよいのか。幾つかの例を紹介する。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
「デジタル研修」を生かすヒント【中編】

従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。

【Diann Daniel , TechTarget】()
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第6回】

「ITスキルギャップ」を埋めるための効果的な研修プログラムを作成するには、企業は幾つかの手順を踏む必要がある。ビジネス目標達成に必要な従業員のITスキルを定めた後は、何をすればよいのか。

【Stephen J. Bigelow , TechTarget】()
「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【中編】

企業でSaaSの活用が進む一方、データバックアップの対策が十分に進んでいないのはなぜだろうか。バックアップを軽視する企業の特徴を分析する。

【Johnny Yu , TechTarget】()
拡大する「非正規労働者」活用と課題【後編】

非正規労働者の雇用が進む米国では、その扱いに関する法改正も起きた。トランプ前政権は非正規労働者の不利益につながる法案を作ったものの、政権交代で一変した。その流れを紹介する。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第3回】

ノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」を使えば、IT管理者やエンドユーザーはさまざまなアプリケーションを開発できる。例えば何の開発が可能なのか。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
「デジタルバッジ」基本の基【前編】

資格認定の証しとして「デジタルバッジ」を付与する動きが広がっている。デジタルバッジとはそもそも何なのか。採用や研修において企業がデジタルバッジを活用するメリットやデメリットは何か。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
「デジタル研修」を生かすヒント【前編】

企業が競争力を保つための重要な要素に、研修を通じた従業員のスキル向上がある。パンデミックのさなか、研修の中心的な手段となりつつあるのがデジタル研修だ。効果的なデジタル研修のヒントを紹介する。

【Diann Daniel , TechTarget】()
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第5回】

従業員のITスキルを高めることで「ITスキルギャップ」を埋めるには、企業は適切な研修プログラムを作成する必要がある。その方法は。

【Stephen J. Bigelow , TechTarget】()
「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【前編】

「Microsoft 365」(Office 365)などのSaaSの活用が広がる中、企業の「盲点」になりがちなのがデータのバックアップだ。企業がSaaSのバックアップを軽視している状況が調査で明らかになった。

【Johnny Yu , TechTarget】()
拡大する「非正規労働者」活用と課題【中編】

Gartnerの調査によると、調査対象企業の約3割がコスト削減を目的に非正規雇用を活用していた。不況を乗り切るための手段として捉えられることもある非正規雇用だが、ポジティブな理由で活用する企業もある。それは何か。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第2回】

Microsoftのノーコード/ローコード開発ツール「Power Apps」は、どのようなアプリケーションの開発を可能にするのか。具体例を3つ紹介する。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
Apple、IBMも「ハイブリッドワーク」の導入拡大か

米国企業は、テレワークを主体とする勤務態勢からオフィスへの復帰を目指す動きを加速させている。一方で“複雑な思い”を抱える従業員もいる。その思いとは。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
Web会議の録画、便利で適切な使い方【後編】

Web会議を録画することで、企業はさまざまなメリットを得ることができる。ただし録画データの適切な保持が不可欠だ。どのように保持すればよいのか。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第4回】

適切なIT人材を迅速に調達する手段として、アウトソーシングなどの社外リソースの活用は有効だ。ただし社外リソース活用ありきのIT人材戦略は「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない。その理由は明確だ。

【Stephen J. Bigelow , TechTarget】()
拡大する「非正規労働者」活用と課題【前編】

企業の非正規雇用への依存度が高まる中、HRベンダーの間では外部人材を「非正規労働者」と呼ばず、意図的に「拡大人材」と呼ぶ動きがある。これらの言葉の裏側に潜む意味とは。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【後編】

AI人材の求人市場は活況を呈し、今後も高い需要が続く見込みだ。さまざまなAI人材の職種がある中、自分に最適な仕事を手に入れるためにはどうすればいいのか。具体的なアドバイスをまとめた。

【Kathleen Walch , TechTarget】()
「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第1回】

タスクを効率的に処理するアプリケーションを簡単に開発したい――。こうしたニーズに応えるのが「Microsoft Power Apps」だ。Power Appsはどのようなツールであり、何を実現するのか。ざっくりと解説する。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
Web会議の録画、便利で適切な使い方【中編】

Web会議の需要が高まる中、「Web会議の録画」を課題視する企業もある。記録の面で便利な録画だが、幾つかの理由で録画を避けなければならない場合もある。どのような理由か。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
“どこでもできる仕事”は海外へ

英国の非営利組織が発表した報告書は、企業のテレワーク導入が進むことで、一部の仕事に従事する人が失業の危機にさらされると指摘する。どのような仕事が該当するのか。なぜ失業の可能性があるのか。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第3回】

企業は自社にとっての理想的な人材を求めて求人票を出す。求める要件を明記することは大切だが、欲張り過ぎると社内の「ITスキルギャップ」を加速させてしまう可能性がある。それはなぜなのか。

【Stephen J. Bigelow , TechTarget】()
見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【中編】

ひと言で「AI人材」といっても、さまざまな職種がある。仕事内容はもちろん、求められるスキルもそれぞれ異なる。BI開発者やAIアーキテクトの違いとは。AI人材を目指すなら、まずは職種の要点を押さえておこう。

【Kathleen Walch , TechTarget】()
BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第4回】

主要なモバイルデバイス配備方法の中でも、特に従業員から高評価を得やすいのが「BYOD」と「COPE」だという。それはなぜなのか。これらを選んだときに配慮すべき点と併せて紹介する。

【Robert Sheldon Reda Chouffani , TechTarget】()
「Web会議疲れ」を解消するための3ステップ【後編】

Web会議が続くことで生じるストレスに対して、企業が支援すべきことは「Web会議を減らす」ことではなく「Web会議に由来する疲労を最小限にする」ことだ。その方法を探る。

【Jon Arnold , TechTarget】()
Amazonと反トラスト法【後編】

「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業に対する訴訟が続く中、その一社であるAmazon.comが反トラスト法違反の疑いで提訴された。同社の何が問題だったのか。

【Makenzie Holland , TechTarget】()
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第2回】

企業が求めるレベルのITスキルを持つ人材がいない「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか。その理由を解説する。

【Stephen J. Bigelow , TechTarget】()
見極めよう、4つの「AIキャリアパス」の違い【前編】

AI技術を扱う人材の需要は飛躍的に高まっている。そもそもそうした「AI人材」にはどのような仕事があるのか。キャリアを築く上でのポイントは何か。

【Kathleen Walch , TechTarget】()
「セルフサービスツール」を改善する方法【後編】

顧客が自ら製品関連情報を得られる「セルフサービスツール」の導入時に、企業が陥りがちな落とし穴は幾つかある。それは何か。どう対処すればよいのか。

【Robin Gareiss , TechTarget】()
BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第3回】

モバイルデバイスの配備方法に「COPE」と「COBO」がある。それぞれどのような特徴があるのか。知っておきたい基本的な事項を解説する。

【Robert Sheldon Reda Chouffani , TechTarget】()
Web会議の録画、便利で適切な使い方【前編】

テレワークの広がりとともに、急速に普及した「Web会議」。その録画がもたらす利点とは何か。主要な3つの利点を紹介する。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
「ITスキルギャップ」を埋める方法【第1回】

企業がITを生かすには、相応のITスキルを持つ人材が不可欠だ。理想的なIT人材と、既存のIT人材の間にスキルの差が生じることは珍しくない。こうした「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか。5つの要因を整理する。

【Stephen J. Bigelow , TechTarget】()
Amazonと反トラスト法【前編】

Amazon.comが反トラスト法違反で提訴された。最近になって、同社を含む「GAFA」と呼ばれる大手IT企業4社が相次いで訴訟に直面している。何が起きているのか。

【Makenzie Holland , TechTarget】()
「セルフサービスツール」を改善する方法【中編】

製品購入を促す手段となり得る「セルフサービスツール」を改善しようとした場合、重視すべき点は幾つかある。それは何なのか。「インフラ」と「情報」という2つの側面から改善策を探る。

【Robin Gareiss , TechTarget】()
BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第2回】

モバイルデバイスの配備方法として一般的になった「BYOD」と、1文字違いの「CYOD」。これらは何が違うのか。双方の基本的な意味を簡単に解説する。

【Robert Sheldon Reda Chouffani , TechTarget】()
「成功する」ビッグデータ活用の取説【後編】

セキュリティとプライバシーの問題がビッグデータ活用の障壁になる可能性がある。これらを解決するための鍵を握るのがデータガバナンスだ。どうすればビッグデータ活用を成功させることができるのだろうか。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
「ラストマイル配送」の5大課題【後編】

企業が可能な限り迅速に顧客に商品を届けるための鍵は、配送における最終拠点から配送先までの「ラストマイル配送」だ。本稿ではラストマイル配送が抱えがちな課題とその原因を紹介する。

【Linda Rosencrance , TechTarget】()
「Web会議疲れ」を解消するための3ステップ【前編】

従業員の「Web会議疲れ」を課題視する企業がある。Web会議疲れを解消するためには、まず従業員がWeb会議の何に疲れているのかを把握する必要がある。

【Jon Arnold , TechTarget】()
「セルフサービスツール」を改善する方法【前編】

インターネットで製品の情報を集める消費者に、企業はどのように情報を提供すればよいか。その方法の1つに「セルフサービスツール」がある。セルフサービスツールをより使いやすく改善する方法を説明する。

【Robin Gareiss , TechTarget】()
「成功する」ビッグデータ活用の取説【中編】

データ活用の目的を明確にすれば、どのようなデータを収集すればいいのかも見えてくる。ただし問題はそれだけではない。ビッグデータの活用に当たっては、企業はどのような課題を乗り越える必要があるのか。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
ソフトウェア開発だけじゃない「アジャイル」活用【後編】

ソフトウェア開発手法として普及した「アジャイル」の考え方は、開発だけではなく、さまざまなプロジェクトで活用できる。そのこつとは。

【Robin Gareiss , TechTarget】()
BYOD、CYOD、COPE、COBOを比較する【第1回】

企業が従業員にモバイルデバイスを配備する際、取り得る方法は幾つかある。どのような方法があるのか。主要な4つの方法を解説する。

【Robert Sheldon Reda Chouffani , TechTarget】()
「ラストマイル配送」の5大課題【前編】

配送の最終拠点から配送先までの配送を指す「ラストマイル配送」に課題があると、顧客の信頼を失ったり、収益減につながったりする恐れがある。企業が直面する恐れのあるラストマイル配送がはらむ課題とは。

【Linda Rosencrance , TechTarget】()
GoogleとDeloitteが語る「コロナ禍の企業活動」3つのトレンド【後編】

パンデミックを経て、企業やその従業員はどのような働き方を選ぶようになるのか。GoogleとDeloitte Consultingの見解を聞く。

【Esther Shein , TechTarget】()
「成功する」ビッグデータ活用の取説【前編】

ビッグデータをビジネスの意思決定に生かすには、必要なデータを効果的に収集する仕組みが不可欠だ。ビッグデータ活用を失敗させないために、まずどのような点から着手すればいいのか。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
「ハイブリッド会議」のベストプラクティス5選【前編】

新型コロナウイルス感染症の影響で会議の形態は大きな変化を強いられた。今後はテレワーク従業員とオフィスワーク従業員が同時に参加する「ハイブリッド会議」の手法を模索する必要がある。その方法とは。

【Irwin Lazar , TechTarget】()
コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【後編】

調査結果によると、パンデミックの収束は従業員の離職を後押しする可能性がある。離職の兆候は、“ある時間”を調べることで分かるという。それは何なのか。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
“共感”から始める「CX」向上策【第5回】

CX向上には顧客への共感が重要であることは分かった。では企業が顧客に共感を示すためには、何をすればよいのか。その手段となり得る主要なIT製品を紹介する。

【Sandra Mathis , TechTarget】()
「慢性的人手不足」の原因を探る【後編】

自動化技術やAI技術の普及は「数百万種の仕事をなくし、特定の仕事は今後も戻らない可能性がある」と、調査会社BCGらは指摘する。それはどういうことなのか。技術は企業の人材獲得にどのような影響を及ぼすのか。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【後編】

従業員の生産性監視ツールは決して悪ではなく、うまく使えば企業と従業員双方にメリットをもたらす。どのような使い方をすればよいのか。米国の保険ブローカーYork International Agencyの成功例から学ぶ。

【Mike Gleason , TechTarget】()
ソフトウェア開発だけじゃない「アジャイル」活用【前編】

マーケティング戦略の立案やCX向上などさまざまなビジネス活動に、アジャイルの考え方を生かすことができる。その推進役となるアジャイルチームを効果的に編成する方法とは。

【Robin Gareiss , TechTarget】()
GoogleとDeloitteが語る「コロナ禍の企業活動」3つのトレンド【前編】

パンデミックで登場した新たな企業活動は、今後どのように勢いを増していくのか。GoogleとDeloitte Consultingの幹部に聞いた。

【Esther Shein , TechTarget】()
EHRの音声認識機能は使い物になるか【後編】

ベンダーは電子カルテ(EHR:電子健康記録)向け音声認識機能の有用性を訴求しているが、実際にそれを使っている医療現場はどう見ているのか。現場が本当に必要としている機能とは。

【Makenzie Holland , TechTarget】()
“共感”から始める「CX」向上策【第4回】

企業は「顧客からのクレームを一刻も早く解決することが、顧客にとって最良のことだ」と考えがちだ。だが、それだけでは顧客の満足は得られないという。どういうことなのか。

【Sandra Mathis , TechTarget】()
コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【前編】

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、テレワークの導入が拡大した。パンデミックの収束後、企業がテレワークを廃止したらどうなるのだろうか。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「慢性的人手不足」の原因を探る【前編】

McDonald'sやAmazonが、人材採用の促進のために従業員の賃金を上げる取り組みを実施した。人材不足は時給制の仕事だけでなく、専門職の採用にも影響している。慢性的な人材不足の背景にあるものとは。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【中編】

Microsoftが「生産性スコア」を提供して批判を浴びたことから分かるように、生産性の監視に嫌悪感を抱く従業員は相当数いる。こうした中、企業はテレワーク中の従業員の生産性をどう管理すればよいのか。

【Mike Gleason , TechTarget】()
“共感”から始める「CX」向上策【第3回】

CX向上のためには、顧客への共感が非常に重要だ。顧客と対面する従業員の共感力を上げるために、企業は何をすればよいのか。

【Sandra Mathis , TechTarget】()
コロナ禍で生まれた新たな課題

Web会議続きでたまるストレスなど、テレワーク特有の疲れが従業員を悩ませている。その解消に役立つ方法やIT製品は何か。

【Mike Gleason , TechTarget】()
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第4回】

従業員同士が直接会うのが難しいコロナ禍でも、企業は工夫次第でさまざまな従業員向けイベントを企画、実施できる。従業員の息抜きの場になり得るイベントの案を幾つか紹介する。

【Molly Driscoll , TechTarget】()
IT関連契約を見直すヒント【後編】

テレワークが拡大する中、アウトソーシング先ベンダーとの付き合い方が変わり始めている。変化に追従し、安心してアウトソーシングを継続するためには契約の見直しが必要だ。どう見直せばよいのか。

【Steven Kirz Rahul Singh David Borowski West Monroe , TechTarget】()
テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【前編】

テレワーク導入が拡大する中で、課題となるのは従業員にかかるストレスだ。ベンダー各社はそれぞれが提供する製品に、従業員の心理状況を把握する機能を追加している。

【Mike Gleason , TechTarget】()
"共感”から始める「CX」向上策【第2回】

企業のCX向上の鍵になるのが顧客への共感だ。どのように共感を示せばよいのだろうか。4つの方法を紹介する。

【Sandra Mathis , TechTarget】()
顧客の心をつかむ7つの方法【第4回】

ITの進歩により、顧客とのコミュニケーション手段は充実した。それでも依然として「対面」でのコミュニケーションは、顧客の心をつかむ上で重要だ。それはなぜなのか。

【Demetra Edwards , TechTarget】()
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第3回】

仏教の瞑想法を取り入れた「マインドフルネス」を生まなく取り入れることで、企業は従業員のストレスを軽減できる可能性がある。どのように実践すればよいのか。具体例を紹介しよう。

【Molly Driscoll , TechTarget】()
セキュリティ担当者のメンタルヘルスを守る6つの方法【後編】

セキュリティ人材の深刻な不足と、過労による燃え尽きのリスクは表裏一体だ。セキュリティ分野のプレゼンスを高め、優秀な人材をつなぎ止めるには「業界を挙げた取り組みが必要だ」と専門家は説く。効果的な策とは。

【Nabil Hannan , TechTarget】()
IT関連契約を見直すヒント【前編】

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うテレワークの普及により、企業はアウトソーシングコストを抑えやすくなる可能性があるという。どういうことなのか。

【Steven Kirz Rahul Singh David Borowski West Monroe , TechTarget】()
「Webex」「Yammer」などを採用

Ford Motorはテレワークとオフィスワークの両方を取り入れた、ハイブリッドな勤務体系を導入する。テレワークだけ、オフィスワークだけに絞らず、なぜ両者を組み合わせるのか。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
“共感”から始める「CX」向上策【第1回】

従業員による顧客への共感を重視すると、顧客満足度や企業に対する顧客の愛着度を高めることができる。企業における顧客への共感の重要性を解説する。

【Sandra Mathis , TechTarget】()
コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【後編】

米国の新型コロナワクチン配布の経験から、サプライチェーン効率化に関する知見が見えてきた。「Chain of Custody」といった高度な手法から、現場の小さな工夫まで、さまざまなチップスを紹介する。

【George Lawton , TechTarget】()
顧客の心をつかむ7つの方法【第3回】

企業が顧客との関係改善に利用できる手段はさまざまだ。その中から「MAツール」「共感マップ」という2つのツールを紹介する。

【Demetra Edwards , TechTarget】()
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第2回】

従業員のストレスを軽減するために企業ができる施策は豊富にある。すぐにでも取り組める、ウェルネス(健康増進)関連の施策を紹介する。

【Molly Driscoll , TechTarget】()
セキュリティ担当者のメンタルヘルスを守る6つの方法【中編】

セキュリティ担当者の「燃え尽き」を防ぐためには、何をすればよいのか。具体的な施策として、プロジェクト管理の新しいアプローチと、インセンティブの扱い方のこつを解説する。

【Nabil Hannan , TechTarget】()
ITコスト最適化の7大ポイント【第4回】

ITコスト最適化を進める際、ベンダーとのリスク共有が重要なポイントになる。Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際に重要なポイントを2つ紹介する。

【George Lawton , TechTarget】()
「VRM」(ベンダー関係管理)実践のヒント【後編】

ベンダーとの関係を改善する「VRM」の軸として「RFP」を据えることは、もはや最善の策ではなくなったとの声がある。一方でVRMにおけるRFPの価値は失われていないとの声もある。双方の言い分は。

【Alan R. Earls , TechTarget】()
コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【中編】

新型コロナワクチンの品質を保つためには厳格な温度管理が欠かせない。リアルタイムで温度を監視したり、医療現場への配送をトラッキングしたりといった取り組みから学べるサプライチェーン管理の教訓とは。

【George Lawton , TechTarget】()
嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第5回】

企業が顧客の声を聞く手段は、顧客満足度調査だけではない。それ以外の方法で顧客の声を聞く方法には、どのようなものがあるのか。主要な代替手段を紹介する。

【Sarah Amsler , TechTarget】()
顧客の心をつかむ7つの方法【第2回】

顧客の心をつかむためには、顧客が抱いている不満や期待をいち早く察知して、必要な行動を取ることが欠かせない。それはなぜなのか。実現に役立つ手段とは。

【Demetra Edwards , TechTarget】()
すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第1回】

長く続くコロナ禍において、従業員のストレスをどう軽減するかは企業にとって大きな課題になりつつある。企業がすぐに取り組めるストレス軽減施策を紹介する。

【Molly Driscoll , TechTarget】()
ITコスト最適化の7大ポイント【第3回】

企業がITコスト最適化を進める際、見直しの対象になるのが社内向けコールセンター/ヘルプデスクだ。そのコストを劇的に削減し得る方法があるという。どのような方法なのか。

【George Lawton , TechTarget】()
セキュリティ担当者のメンタルヘルスを守る6つの方法【前編】

相次ぐサイバー攻撃と人材不足によって、セキュリティ担当者は過剰な業務を強いられている。どうすれば過労による「燃え尽き」を防げるか。

【Nabil Hannan , TechTarget】()
もしAmazonが建設業界に進出したら【後編】

Amazon.comが建設業界に進出した場合、企業にも消費者にもメリットをもたらす可能性がある。だがデジタル化に遅れた建設業界の企業にとっては大きな脅威となり得る。生き残るために建設業界の企業は何をすべきか。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【前編】

新型コロナウイルス感染症の予防接種を希望する人にワクチンを届ける世界各国の取り組みには、連携の強化や徹底した情報共有などサプライチェーンの改善に関する多くのヒントが含まれている。学ぶべき教訓は。

【George Lawton , TechTarget】()
嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第4回】

顧客満足度調査は顧客の意見を収集する有効な手段だが、実施方法によっては期待した効果が出ないことがある。適切な設問設計ができているかどうか、あらためて押さえておきたいポイントを紹介する。

【Sarah Amsler , TechTarget】()
顧客の心をつかむ7つの方法【第1回】

企業は顧客とのつながりの構築を最優先する必要がある。その最初のステップは、顧客を知ることだ。具体的にはどうすればよいのか。

【Demetra Edwards , TechTarget】()
「女性の給与は男性の約8割」は解消するか

人材分析サービスを提供するVisierは、女性の給与は男性と比べて低いものの、2030年には男女同一賃金が実現するとみる。男女間賃金格差の解消に向けて、企業は何をすればよいのか。

【Johna Till Johnson , TechTarget】()
ITコスト最適化の7大ポイント【第2回】

Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際、積極的に取り入れたいのが「DevOps」と「BPR」だ。その理由と取り組み方を紹介する。

【Johna Till Johnson , TechTarget】()
「VRM」(ベンダー関係管理)実践のヒント【中編】

IT製品の調達先であるベンダーは、自社との取引でどのような体験をしているのか――。こうした「ベンダーエクスペリエンス」を知ることが、VRM実践の第一歩として重要だという。それはなぜなのか。

【Alan R. Earls , TechTarget】()
嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第3回】

顧客満足度調査を効果的なものにするには設問作りが重要だ。調査に盛り込みたい要素として「NPS」と「CES」を測定するための設問がある。それぞれはどのような意味を持ち、どのような設問が該当するのか。

【Sarah Amsler , TechTarget】()
もしAmazonが建設業界に進出したら【前編】

Amazon.comが建設業界への参入を狙っているとの見方がある。その根拠として専門家は、同社が「Alexa」「Key by Amazon」などのIoT関連製品やサービスに力を入れていることを挙げる。どういうことなのか。

【Mary K. Pratt , TechTarget】()
ITコスト最適化の7大ポイント【第1回】

企業がコストを抑えながらビジネスを継続させる上で重要なのが、ITコストの最適化だ。Gartnerが示すフレームワークを参考に、ITコスト最適化の具体策を検討する。

【Johna Till Johnson , TechTarget】()
「メンタルヘルスケア」5つの方法【後編】

企業がどれだけ素晴らしいメンタルヘルス支援策を用意しても、従業員に知られず、使われなければ意味がない。従業員に利用してもらうには何をすればよいのか。

【Jeanne Meister , TechTarget】()
訴状と声明を基に整理

黒人従業員に対する差別的な扱いに関する訴訟に直面しているAmazon.com。同社で何が起きていたのか。原告による訴状と、同社の声明を基に整理する。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
「真のD&I」実現への道

企業が真のD&Iを実現する上で重要なのが、女性が働きやすい職場の実現だ。そのために企業が対処しなければならない課題とは何か。どうすれば解決できるのか。専門家に聞いた。

【Molly Driscoll , TechTarget】()
「メンタルヘルスケア」5つの方法【前編】

企業が従業員のメンタルヘルスを健全に保つためには、まずは従業員の現状を正しく認識することが大切だ。具体的にはどうすればよいのか。

【Jeanne Meister , TechTarget】()
「メール」を顧客応対に生かすヒント【後編】

顧客からの問い合わせメールが大量に届くコールセンターで、応対の質を保つにはどうすればよいのか。必要な戦略を立てるための4つのヒントを紹介する。

【Fancy Mills , TechTarget】()
嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第2回】

顧客満足度調査は、うまくいけば企業に有益な情報をもたらす。だが調査の実施が目的になり、本来の価値を引き出せていない企業もある。効果的な調査をするために、まずは何から始めればよいのか。

【Sarah Amsler , TechTarget】()
「ハイブリッドワークプレース」実現へ

オフィスを縮小し、コワーキングスペースを積極活用する重電大手Schneider Electric。同社が「ハイブリッドワークプレース」と呼ぶこの取り組みは、必ずしもオフィスの軽視を意味しないという。同社に真意を聞いた。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【後編】

テレワーカーの競合への転職を防ぐ手段に「競業避止契約」がある。ただし米国ではこうした契約を禁止する法律が生まれ始めた。こうした中、企業が人材流出を防ぐためにやらなければならないことがある。それは何か。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
クラウドサービス移行ロードマップの作り方【後編】

オンプレミスのインフラからクラウドサービスへシステムを移行させる際、システムの移行順をどのように決めればよいのか。その鉄則を紹介する。

【John Burke , TechTarget】()
「VRM」(ベンダー関係管理)実践のヒント【前編】

見通しの立たないコロナ禍において、安定した企業活動を実現するためにはベンダーとの関係性が非常に重要な要素となる。ベンダーとの関係をより良くする「VRM」(ベンダー関係管理)に取り組む上でのヒントを紹介する。

【Alan R. Earls , TechTarget】()
嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第1回】

顧客満足度調査はさまざまな課題を抱えており、「将来的になくなる」と話す専門家もいる。一方で顧客満足度調査の意味は変わらないとの声もある。どういうことなのか。顧客満足度調査の課題と可能性を再考する。

【Sarah Amsler , TechTarget】()
企業文化変革に効くコミュニケーションツール【後編】

企業がテレワーク前提時代に適した企業文化を醸成する上で、コミュニケーションツールが果たす役割とは何か。ダイバーシティー&インクルージョンの視点から探る。

【Jon Arnold , TechTarget】()
テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【前編】

場所にとらわれない働き方を実現するテレワークの導入が拡大している。遠隔地の人材を採用できるメリットもあるが、同様に他社から自社の人材を引き抜かれるリスクも高まっている。企業はどのような対策ができるか。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
クラウドサービス移行ロードマップの作り方【中編】

システムのクラウドサービスへの移行を検討するに当たって、CIOが考えるべきことは幾つかある。移行に役立つ製品/技術は豊富にあるが、まず注目すべきことはそれではない。では何なのか。

【John Burke , TechTarget】()
「メール」を顧客応対に生かすヒント【中編】

コールセンターが顧客からの問い合わせ手段としてメールを採用する場合に役立つのが「メール管理ソフトウェア」だ。そのメリットとは。

【Fancy Mills , TechTarget】()
データの倫理的活用を考える【第5回】

経営層がデータを倫理的に扱うと決めても、現場にその意図が伝わらなければ意味がない。どのようにすればよいのか。Salesforceをはじめとする先駆的企業の取り組みを基に考える。

【Maria Korolov , TechTarget】()
失敗しない「ERP」導入のポイント

自社に適したERPシステムを選定・導入するには、しかるべき利害関係者を巻き込むことが重要だ。誰を巻き込めばよいのか。

【Eric St-Jean , TechTarget】()
IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【後編】

IT投資ロードマップを再検討する際に重要なポイントは何だろうか。「戦略」「スキル」の観点で解説する。

【Terri Cobb , TechTarget】()
クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】

システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。

【John Burke , TechTarget】()
データの倫理的活用を考える【第4回】

AI技術のために用意したデータを、企業は倫理的に扱えているのか。データの倫理的活用に自信を見せるビジネスリーダーもいるが、その実態は。

【Maria Korolov , TechTarget】()
企業文化変革に効くコミュニケーションツール【前編】

パンデミックに伴いテレワークが当たり前になった今、企業文化にも変化の必要性が生じている。企業は自社の企業文化をどのように見直せばよいのか。鍵となるのが「ダイバーシティー&インクルージョン」の視点だ。

【Jon Arnold , TechTarget】()
IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【前編】

ビジネスリーダーはIT投資ロードマップを再評価して、現在の成長状況と一致しているかどうかを確認する必要がある。その手始めとして、何から始めればよいのか。

【Terri Cobb , TechTarget】()
「DEIB」ツールの理想と現実【後編】

ベンダー各社の参入で選択肢が充実し始めた「DEIB」ツール。企業は何を意識してDEIBツールを選定すればよいのだろうか。DEIBツールの見落とせない限界とは。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第3回】

テレワーク前提の新人研修である「リモート新人研修」を成功させるために、人事部門がやらなければならないこととは何か。幾つかのポイントを紹介する。

【Pam Baker , TechTarget】()
「メール」を顧客応対に生かすヒント【前編】

チャットやSMSなどコミュニケーション手段は多様化している。一方で顧客からの問い合わせ手段として、コールセンターの間でいまだに広く使われている手段がメールだ。なぜメールが使われるのか。

【Fancy Mills , TechTarget】()
データの倫理的活用を考える【第3回】

「いつか何かに使うかもしれない」といった考えで、目的が不明瞭なまま集められるだけのデータを取得しようとすることは望ましいことではない。そうした企業は、大きな代償を払うことになる可能性があるからだ。

【Maria Korolov , TechTarget】()
小売業や飲食業は苦戦か

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック収束後、雇用市場はどう変化するのか。McKinsey & Companyの調査結果を基に考察する。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第2回】

終わりの見えないコロナ禍において、リモート新人研修を実施せざるを得ない企業もある。リモート研修の効果や効率をより高めるために、人事部門ができる事前準備とは。

【Pam Baker , TechTarget】()
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第4回】

従来の採用プロセスに幾つかの新しい方法を追加するだけで、リモート採用がうまくいくと考えるのは間違いだ。人事部門がリモート採用を成功させるための4つのヒントを紹介する。

【Pam Baker , TechTarget】()
データの倫理的活用を考える【第2回】

個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。

【Maria Korolov , TechTarget】()
リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第1回】

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、各国の企業でテレワークの導入が広がった。こうした中で人事部門を悩ませているのが新人研修だ。テレワーク前提の新人研修「リモート新人研修」の課題とは。

【Pam Baker , TechTarget】()
「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【後編】

データ主導型企業を目指す上で重要なのが、従業員のデータリテラシー向上だ。その実現のためには何をすればよいのか。データリテラシーに関する独自のトレーニングプログラムを始めたRed Hatに聞いた。

【Lisa Morgan , TechTarget】()
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第3回】

人事部門はコロナ禍で急速に重要性が高まったリモート採用をどう導入し、どう成果を引き出せばよいのか。4つのヒントを紹介する。

【Pam Baker , TechTarget】()
データの倫理的活用を考える【第1回】

企業のデータ収集や活用における倫理的な正当性に関心が集まる一方で、手に入るデータ全てを当たり前のように取得しようとする企業もある。こうしたギャップを放置したままだと、企業はどのようなダメージを受けるのか。

【Maria Korolov , TechTarget】()
「DEIB」ツールの理想と現実【前編】

さまざまな人材の活用を支援する「DEIB」ツール市場が拡大している。その背景には何があるのか。調査結果を交えて現状を整理する。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【後編】

成人の約80%がパンデミックに起因したストレスを抱えていることが、米国心理学会の調査で明らかになった。疲れ切った従業員の心身の健康を企業はどう守ればよいのか。対策となり得るITと、その活用事例を紹介する。

【Jeanne Meister , TechTarget】()
Amazonが主導する出版業界の変革【後編】

書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」は幾つかのハードルを抱えるものの、Amazon.comにさまざまなメリットをもたらす。出版業界の慣行を変え得る、そのメリットとは。

【Bennett Voyles , TechTarget】()
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第2回】

コロナ禍でリモート採用が広がりつつある一方、慣れない取り組みに不安を覚える人事部門もあるだろう。リモート採用を成功させるために、人事部門がまず確認すべきヒントを紹介する

【Pam Baker , TechTarget】()
「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【前編】

競争力を高めるためにデータ主導型の意思決定を目指す企業は、何をすればよいのか。重要なのは人材育成だが、分析ツールが使える従業員を育てることだけが全てではない。鍵は「データリテラシー」の向上だ。

【Lisa Morgan , TechTarget】()
Amazonが主導する出版業界の変革【前編】

Amazon.comは電子書籍サービス「Kindle」の市場投入や「Audible」の買収を経て、書籍の出版や購入、読書の方法を変えた。長期的な目で見ると、さらに大きな影響を及ぼし得るサービスがあるという。それは何なのか。

【Bennett Voyles , TechTarget】()
IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【中編】

電機大手Schneider Electricでは、退職者の約半数が「キャリアの不透明さ」を理由に職場を去っていた。キャリアの不透明さを解決し、人材流動性を高めるために、同社が注目した手段がAI技術だ。どう活用したのか。

【Jeanne Meister , TechTarget】()
「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第1回】

パンデミックをきっかけにテレワークが広がる中、企業は採用活動も対面採用からリモート採用へと移行させ始めた。不慣れなリモート採用に難しさを感じる人事部門も、リモート採用に目を向けざるを得ない理由とは。

【Pam Baker , TechTarget】()
全面テレワークからオフィス勤務再開へ

感染症対策としてテレワークに全面移行していた企業が、オフィス勤務を安全に再開したい場合、どのような対策を取ればいいのか。ITを活用して従業員が安心して働けるようにするためのポイントを紹介する。

【Simone Fenton-Jarvis , TechTarget】()
企業は解雇とどう向き合うべきか【第4回】

企業が従業員を解雇する際、職場を離れる従業員だけでなく、残る従業員のケアも重要になる。どのように対処すればよいのだろうか。

【Pam Baker , TechTarget】()
経営幹部をうなずかせるCX戦略の伝え方【後編】

CX戦略への投資を考えるとき、推進担当者はどのようなことに気を付ければいいのだろうか。経営者からの投資を得やすくする伝え方と合わせて、CX投資の勘所を紹介する。

【Robert Azman , TechTarget】()
IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【前編】

COVID-19の発生後、人事部門は従業員エクスペリエンスを新たな方法で支援しようとしている。そうした手段の一つがチャットbotだ。人材獲得にチャットbotがどう役立つのか。アパレル企業の事例と共に紹介する。

【Jeanne Meister , TechTarget】()
的外れにならないD&I採用戦略【後編】

企業が多様な人材を受け入れて「ダイバーシティー&インクルージョン」を実現するために、人材採用時に取るべき戦略とは何か。「責任」と「積極性」の観点から解説する。

【Keirsten Greggs , TechTarget】()
企業は解雇とどう向き合うべきか【第3回】

従業員を解雇しなければならない場合、共感と思いやりを持って解雇を進めることが、職場を離れる従業員にとっても、職場に残る従業員にとっても不可欠だ。解雇の際に配慮すべき点をまとめた。

【Pam Baker , TechTarget】()
コロナ禍の人材採用7大トレンド【後編】

新しい技術は、企業の人材採用の在り方をどう変えるのか。人事部門の間で活用が進む「AI」技術と、スキルや能力を基にした人材採用の可能性を探る。

【Luke Marson , TechTarget】()
経営幹部をうなずかせるCX戦略の伝え方【前編】

カスタマーエクスペリエンス(CX)戦略について経営幹部の賛同と投資サポートを得るために、CX推進担当者はどのような行動を取ればよいのか。経営幹部へのプレゼンテーションの際に考慮が必要な要素を解説する。

【Robert Azman , TechTarget】()
的外れにならないD&I採用戦略【中編】

ダイバーシティー&インクルージョン(D&I)の取り組みを進めるには、多様な人材を引き付けることが不可欠だ。どのようにすればうまくいくのか。ポイントを解説する。

【Keirsten Greggs , TechTarget】()
企業は解雇とどう向き合うべきか【第2回】

企業が経営不振に陥ったとき、生き残りの手段として従業員の解雇を検討せざるを得ないことがある。だが解雇を選ぶことで企業自体にもネガティブな影響が及ぶと専門家は言う。どのような影響があるのか。

【Pam Baker , TechTarget】()
コロナ禍の人材採用7大トレンド【中編】

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、人事部門は効率的かつ効果的な採用活動のために何をすればよいのか。そのヒントとなるトレンドのうち「多様性と包括性」「非正規雇用」「アナリティクス」を見ていこう。

【Luke Marson , TechTarget】()
的外れにならないD&I採用戦略【前編】

人材の多様性を高める「ダイバーシティー&インクルージョン」(D&I)の取り組みの鍵は人材採用にある。D&I採用を成功させるための戦略とは。

【Keirsten Greggs , TechTarget】()
企業は解雇とどう向き合うべきか【第1回】

新型コロナウイルスの流行が招いた経営不振は、企業に従業員の解雇を決断させることがある。ただし解雇は状況打破の唯一の手段ではない。代替策となり得るのが従業員の「再教育」だ。その根拠とは。

【Pam Baker , TechTarget】()
コロナ禍の人材採用7大トレンド【前編】

コロナ禍での働き方の変化は、人事部門の採用活動にも大きな影響を与えた。こうした変化の中で人事部門が注目すべきトレンドとは何か。主要なトレンドの中から「Web面接」「応募者エクスペリエンス」を紹介する。

【Luke Marson , TechTarget】()
サプライチェーンの再考が成功の鍵

小売業者はサプライチェーンを成長要因として再考することで、パンデミックに伴う消費者行動の変化に対処している。具体的に何をしているのか。Accentureの調査結果と幾つかの事例を基に探る。

【John Moore , TechTarget】()
コロナ共存時代のテレワーク動向【後編】

テレワークによって恩恵を受ける従業員は少なくない。だが今後の企業の打ち手によっては、従業員と経営者との信頼関係にひびを入れる可能性すらある。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
コロナ共存時代のテレワーク動向【前編】

企業の間でテレワークを推奨する動きが広がり、新型コロナウイルス感染症の収束後も定着すると予測する識者は少なくない。だがコミュニケーションの課題からそれを否定する声もある。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
人事業務の複雑化にITで対処

パンデミックを受け、従業員を管理する人事部門の業務は複雑になった。こうした変化に対処するために、人事部門はあらためてITに目を向け始めている。今、人事部門が求めるIT製品とは何なのか。

【Reda Chouffani , TechTarget】()
パンデミックがもたらした人事の課題【後編】

人事部門を取り巻く状況はどう変化するのか。そうした変化の中で、従業員とどう向き合えばよいのか。Gartnerに聞く。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()
パンデミックがもたらした人事の課題【前編】

企業活動に大きな混乱を引き起こした新型コロナウイルス感染症は今後、人事部門にどのような影響を及ぼすのか。Gartnerに聞いた。

【Patrick Thibodeau , TechTarget】()