「デジタルバッジ」の正しい使い方 「スキルギャップ」解消にも効果?「デジタルバッジ」基本の基【中編】

労働者がどのようなスキルを持つかを視覚的に示す「デジタルバッジ」は、人材採用に役立つ可能性がある。企業はどのように使えばよいのか。幾つかの例を紹介する。

2021年08月19日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

人事


 前編「最近見掛ける『デジタルバッジ』とは何か? メリットとデメリットは?」は、資格情報をデータ化、視覚化した「デジタルバッジ」がもたらすメリットとデメリットを紹介した。中編は、企業におけるデジタルバッジの活用例を紹介する。

デジタルバッジを「スキルギャップ」解消に生かす方法

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...