2021年08月19日 05時00分 公開
特集/連載

「デジタルバッジ」の正しい使い方 「スキルギャップ」解消にも効果?「デジタルバッジ」基本の基【中編】

労働者がどのようなスキルを持つかを視覚的に示す「デジタルバッジ」は、人材採用に役立つ可能性がある。企業はどのように使えばよいのか。幾つかの例を紹介する。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

人事


 前編「最近見掛ける『デジタルバッジ』とは何か? メリットとデメリットは?」は、資格情報をデータ化、視覚化した「デジタルバッジ」がもたらすメリットとデメリットを紹介した。中編は、企業におけるデジタルバッジの活用例を紹介する。

 企業は、特に社外からの応募者を採用する際に、さまざまな方法でデジタルバッジを利用できる。デジタルバッジは、必要なスキルを持つ従業員が不足する「スキルギャップ」を解決に導く助けになる可能性がある。「採用を検討している人事部門は、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で検索すればデジタルバッジを保有する人材を見つけることができる」と、情報セキュリティ専門家団体ISACA(Information Systems Audit and Control Association)で最高製品責任者(CPO)を務めるネイデル・カイマリ氏は話す。

デジタルバッジを「スキルギャップ」解消に生かす方法

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。