Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか「デジタル研修」を生かすヒント【中編】

従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。

2021年08月19日 05時00分 公開
[Diann DanielTechTarget]

関連キーワード

人事


 前編「『オンライン研修』『ハイブリッド研修』が“勝ち組企業”を育てる当然の理由」に続き、中編は企業が使い勝手の良い「デジタル研修」(ITを活用した研修)を提供する方法を、事例とともに紹介する。

ヒント3.研修ツールの使い勝手を消費者向け学習サービスと同等にする

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...