「オンライン研修」「ハイブリッド研修」が“勝ち組企業”を育てる当然の理由「デジタル研修」を生かすヒント【前編】

企業が競争力を保つための重要な要素に、研修を通じた従業員のスキル向上がある。パンデミックのさなか、研修の中心的な手段となりつつあるのがデジタル研修だ。効果的なデジタル研修のヒントを紹介する。

2021年08月12日 05時00分 公開
[Diann DanielTechTarget]

関連キーワード

人事


 企業が研修を実施するための環境は、急速に変化している。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)によって、ITを活用した研修である「デジタル研修」に注目が集まった。従業員はデジタル研修による継続的なオンラインでの研修機会を求めている。

 人材開発(L&D)会社Josh Bersin Academyを創設した業界アナリストのジョッシュ・バーシン氏は、デジタル研修に役立つL&D向けのITツールは「数も種類も増えている」と話す。従業員のニーズを満たしつつ、ビジネス目標の実現に役立つデジタル研修やツールを提供するにはどうすればいいか。企業がデジタル研修を活用する際に役立つ6つのヒントを3回にわたって紹介する。

ヒント1.「オンライン研修」「ハイブリッド研修」などさまざまな研修手法を示す

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。