抽選でAmazonギフト券が当たる
「人事・労務業務のペーパーレス化と人材マネジメント」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/5/27)

TechTarget発 世界のITニュース
Thoma Bravoが107億ドルでAnaplan買収 SAPやOracleとの競争力は高まるか?
IBP(統合事業計画)ソフトウェアベンダーのAnaplanは、投資会社に約107億ドルで買収される。SAPやOracleと競合するAnaplanの今後はどうなるのか。(2022/5/27)

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第2回】
「エキスパート求む」と求人票に書いても“真のエキスパート”を雇えない理由
求人票は、“未来の従業員”との最初の接点だ。職場に人材の多様性を持たせたいと考えていても、求人票に“ある言葉”を使うことで意図せず一部の人材を遠ざけてしまう可能性がある。気を付けるべき表現とは。(2022/5/26)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【後編】
若者の7割が「初出社を考えると夜も眠れない」 オフィス回帰をどう進めるか
コロナ禍に伴うテレワークが長期化して、オフィス回帰を切望する従業員がいる。一方で、入社後はテレワークしかしておらず、初めての出社を不安に思う新人もいる。今後、オフィス回帰を進める上で留意すべき点は。(2022/5/26)

FUJIFILM Business Innovation Asia Pacific女性CIOの挑戦【前編】
旧富士ゼロックス系の女性プログラマーが「DX」を主導するCIOになるまで
FUJIFILM Business Innovation Asia PacificのCIOであるヘンリエッタ・ヨウ氏は、自身のキャリアを通じて「人とのつながりを大切にした経営」を重視している。同氏がDX推進プロジェクトを通じて達成したことは。(2022/5/25)

従業員の身元調査にまつわる是非【後編】
米国の事例に見る、従業員の「犯罪歴」や「SNSの発言」を継続調査することの是非
企業や事業内容によっては、従業員の採用後にも継続的な身元調査をする場合がある。企業は「犯罪歴」や「ソーシャルメディアの発言」などを継続調査する意義をどのように捉えているのか。米国の事例を紹介する。(2022/5/25)

TechTarget発 世界のITニュース
AIでセキュリティ機能を強化した「Oracle Cloud HCM」 人事部門の利点は?
Oracleは人材管理支援システム「Oracle Cloud HCM」に、AI技術を活用したセキュリティ機能を追加した。人事部門とIT部門にどのような利点がもたらされるのか。(2022/5/25)

Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【前編】
“コロナ離職”はパンデミック後も終わらない――Gartnerが言い切る理由
調査会社Gartnerの人事調査責任者は、パンデミックに由来する高い離職率は今後も続くと考えている。その理由と企業にできる対策を聞いた。(2022/5/24)

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第1回】
求人票で“ロックスター”を募集してはいけない納得の理由
求人を通じて人材の多様性を実現したい――。そう考える採用担当者にとって重要なのが、求人票の作成だ。求人票に盛り込んだ内容が、多様性の実現を遠ざけてしまう可能性があるという。どういうことなのか。(2022/5/19)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【中編】
「ハイブリッドワーク」に疲れや孤独を感じる従業員 企業に何ができるか
従業員にとってのメリットばかりが語られがちな「ハイブリッドワーク」だが、デメリットを感じる従業員もいる。こうした不満に対して、企業が支援できることは。調査結果を元に考察する。(2022/5/19)

セキュリティマネジャーのリアルな一日【中編】
午前中に会議が4回 GoProのCISOの超多忙な一日とは
GoProのCISO、トッド・バーナム氏の午前中は会議が立て込んでいる。ITチーム、人事部、製品開発部門など、会社のさまざまな部署との会議でカレンダーに空き時間がないバーナム氏の一日に迫る。(2022/5/17)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【前編】
調査が示す「テレワークとオフィスワークの共存がこれからも続く理由」
「ハイブリッドワーク」は今後も続く――Web会議デバイスベンダーが世界7カ国のハイブリッドワーカーを対象とした調査でこのような結論を出した。テレワークとオフィスワークの組み合わせが支持される理由は。(2022/5/13)

「同一労働同一賃金」を実現するITツール【後編】
「私の年収、低過ぎ?」の不満をなくすIT製品とは?
従業員に賃金を平等に支給し、適正な金額であること証明する上で役立つIT製品がある。「同一労働同一賃金」の実現に役立つ主要製品を紹介する。(2022/5/11)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第1回】
優れたネットワーク管理者を採用するために面接官が聞くべき“あの質問”
優れたネットワーク管理者は、自己研さんに力を入れている可能性がある。採用面接でそれを確認するためにはどのような質問を投げ掛ければよいのか。(2022/5/10)

従業員の身元調査にまつわる是非【中編】
優秀な従業員を失う可能性があっても、“あの業界”が採用後の身元調査を継続する理由
身元調査は企業にも従業員にも一定のリスクがある。それでも採用後の身元調査を継続する企業が少なからず存在する。Honk Technologiesの取り組みを見ていこう。(2022/5/10)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員教育【後編】
医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは
米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。(2022/5/6)

NEWS
従業員エンゲージメント向けの「Oracle ME」 人材を定着させる機能とは?
OracleはHR(人事)関連のサービス群「Oracle ME」を発表した。従業員一人一人に個別最適化した情報を提供できる点が特徴だ。組織マネジメントに有効なOracle MEの機能とは。(2022/5/2)

「同一労働同一賃金」を実現するITツール【前編】
あのExcelが「同一労働同一賃金」実現に役立つ?
D&Iを強化しようと考える世間の風潮の中で、賃金格差の解消に目を向ける企業がある。賃金格差の解消に役立つIT製品を紹介する。身近な“あのツール”も有用だ。(2022/4/29)

従業員の身元調査にまつわる是非【前編】
「従業員の身元調査」の気になる中身と、実施に必要な“覚悟”とは?
調査によれば、9割以上の企業が従業員に対して何らかの身元調査を実施している。企業は従業員の何を調べているのか。身元調査に踏み切る企業が直面する課題とは何か。調査結果を交えて説明する。(2022/4/26)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】
健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由
コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。(2022/4/26)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】
医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由
米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。(2022/4/22)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【前編】
コンプライアンス違反の通報が多い企業ほど働きやすい“なるほどの理由”
コンプライアンス違反の内部告発が多い――。これは一見、危険な兆候のように思えるが「実態はそう深刻ではない」と専門家は話す。内部告発の増加が企業にメリットをもたらす理由とは。(2022/4/18)

IT業界の女性活躍に必要なこと【前編】
IT業界で働く女性が困る「研修不足」以外の“あの問題”とは?
専門家は、全世界の労働人口に占める女性の割合が低いことを課題に挙げ、IT業界で女性がキャリアを積むための支援策が重要だと指摘する。調査を基に、IT業界で女性活躍を阻む障壁を探る。(2022/4/14)

「OCI」「Azure」でクラウド移行を進めるヒースロー空港
ヒースロー空港が「Oracle Cloud」と「Azure」を併用 どう使い分けているのか
英国のヒースロー空港は「Oracle Cloud Applications」「Microsoft Azure」という複数のクラウドサービスを併用している。どのようなサービスを、どのような目的で利用しているのか。元CIOに話を聞いた。(2022/4/4)

クラウドニュースフラッシュ
アステラス製薬が「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かす“深い狙い”とは
基幹系システムのクラウドサービス移行が進みつつある。「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かすアステラス製薬の事例や、クラウドセキュリティの新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2022/3/31)

「響く」セキュリティ研修の作り方【前編】
セキュリティ研修を「めんどくさい義務」から「有意義な時間」に変えるには
攻撃を防ぐために重要だが従業員にはあまり人気がないセキュリティ研修。その内容や情報の伝え方に工夫を凝らせば、学習効果を高め、セキュリティの強化につなげられる。どうすればいいのか。(2022/3/15)

Kronos給与計算SaaSのランサムウェア被害と法的影響【前編】
ランサムウェアで給与過少払い テスラ、ペプシコ系従業員によるSaaS訴訟の中身
Kronosの給与計算SaaSに対するランサムウェア攻撃を巡って、ユーザー企業の従業員が集団訴訟を提起している。原告は「システム停止の結果、不正確な給与計算から給与の過少支払いが生じた」と訴える。(2022/3/1)

終わらないコロナ禍、企業が考えるべき人材管理の備え【後編】
従業員のワクチン接種、もし義務化されたら人事部門はどうすればよいか
米国バイデン政権下で、一定規模以上の企業に対し、従業員のワクチン接種義務化が進もうとしていた。もしこれが実現した場合、人事部門はどのように対処する必要があったのか。(2022/3/1)

エンジニアの年齢差別問題【後編】
40歳を過ぎたエンジニアが面接で“年齢”を効果的にアピールする方法
年齢を重ねても働き続けたいと考えるエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには何をすべきなのか。専門家のアドバイスを紹介する。(2022/2/25)

転職者は不安でいっぱい
リモート入社時研修が労使双方に与える苦悩 大量退職を避けるには?
時節柄、入社時研修もリモートで実施されるようになり、新入社員や中途採用者は困難な状況に立たされている。これは人事担当者にとっても同じだ。両者が抱える課題、「大量退職」を生まない対策とは何か。(2022/2/24)

アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【前編】
面接官が「これまでで最も難しかった開発プロジェクト」を聞く理由
アプリケーションアーキテクト職に就く人材に対して、企業が求めるスキルは何か。「これまで最も難しかった開発プロジェクト」といった企業の面接官が応募者に問い掛けがちな質問から、求められる人材像を読み解く。(2022/2/22)

3000時間と2万5000枚の紙書類を削減
人事がけん引、半年で実現した「テレワーク対応」「ペーパーレス化」同時改革
職員数1万人を超える大企業が、半年で業務のデジタル化を実現した。その改革をリードしたのは人事部門だった。HCMの高度化の中で得たノウハウをビジネスのデジタル化に生かした例から学ぶ、IT投資の始め方とは。(2022/3/2)

エンジニアの年齢差別問題【前編】
「40歳を過ぎても求められるエンジニア」が迷わずやること、決してやらないこと
エンジニアの年齢差別はなかなかなくならない。これまでに培った経験をセールスポイントとして売り込むにはどうしたらよいのか。(2022/2/19)

受講者の44%は女性
「スキルブートキャンプ」とは? “エリートIT人材”を産学官で育てる
英国政府が後援する「Skills Bootcamp」は、ITを活用する職場で必要なスキルを身に付けるための講座だ。同講座は「企業が求めるIT人材」を育てることができるという。その理由は何か。(2022/2/16)

調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【後編】
優秀な技術者が思わず入社したくなる「人材採用・育成術」5選
技術者に対する需要が高まる中、スキルを持つ人材を採用し、会社に定着してもらうために企業は何をすればよいのか。幾つかの例を挙げる。(2022/2/16)

従来型ERPではアジリティが低下する理由:
財務情報だけでは不十分、「ヒト」の人事情報も経営に生かす次世代管理基盤とは
財務会計において、業務の非効率さや情報収集の遅れといった問題が顕在化している。また人的資本経営が注目される中、「ヒト」に関する情報をどう経営に生かすかも課題となっている。従来型ERPの限界を指摘しながら、解決策を探る。(2022/2/14)

「オンボーディング」のRPA活用【後編】
「RPA」があれば楽になる新人受け入れ作業5選
新人スタッフの受け入れ時、人事部門にはさまざまな手作業のプロセスが発生する。中にはRPAで自動化できる工程もある。RPAが活用する5つの利用シーンを紹介する。(2022/2/10)

「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【後編】
“スマホ拒否企業”は有能人材を逃す? 「ギグワーカー採用はモバイル応募9割」の意味
業種によっては、求人者の9割近くがモバイルデバイス経由で応募するという。求人ページを「モバイルファースト」でデザインすることは人材不足の解決策になるのだろうか。(2022/2/10)

調査に見る技術者採用とジェンダーギャップ【前編】
IT人材不足の真犯人は“これまでのIT人材”への固執だった?
技術系人材の需要に、供給が追い付かない――。そうした悩みに直面している企業は、旧来の人材像にとらわれてはいないだろうか。視野を広げれば、技術職を望む新たな人材候補が見えてくる。(2022/2/9)

「オンボーディング」のRPA活用【前編】
「RPA」で新人受け入れを楽にする“理想的な導入手順”とは?
新人の受け入れ時には、必要書類の作成や給与情報の入力など、人事部門はさまざまな登録作業に追われる。こうしたオンボーディングの過程で発生する定型作業にRPAが役立つ可能性がある。成功のために何をすべきか。(2022/2/3)

テレワークの成否と企業規模は関係ない
キャスター石倉氏が分析する「テレワークができない企業の特徴」とは何か
企業規模にかかわらず、テレワークの導入検討が進んでいる。テレワークを基本とした新しい働き方を実践できている企業がいる一方で、なかなか進まない企業もある。その違いとは何なのか。(2022/2/1)

会議の動画がSNSで拡散
「Zoom会議で900人解雇」の企業CEOに怒る人、“同情”する人、それぞれの考え方
従業員900人の解雇を「Zoom」のWeb会議で伝えた米企業のCEOには、同社の従業員からだけではなく、人事の専門家からも批判が集まった。ただし中には、このCEOに“同情”を示す専門家もいる。それはなぜなのか。(2022/1/29)

コロナ禍の雇用不安を乗り越えるには
“コロナ離職”を本気で防ぎたいなら「女性の“仕事への不安”」に向き合うべし
コロナ禍の影響で生じた離職リスクに歯止めをかけるために、企業はさまざまなアプローチを試している。こうした中、雇用主は女性の職場復帰を図ることが重要だとGartnerは指摘する。その理由は。(2022/1/27)

「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【後編】
「従業員ウェルネス」「レジリエンス」とは テレワーク疲れや非常事態に備える
コロナ禍の影響を受けて変化したビジネスと、その周辺環境に適応するには、事業や人材の評価指標を見直す必要がある。新たな評価指標となる「従業員ウェルネス」と「レジリエンス」について解説する。(2022/1/25)

「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【前編】
「中級ITスキル」があらゆる職種で必須に? “IT格差”を解消するには
人材不足に悩む企業が特に悩んでいるのは、ITスキルの高い人材をいかに獲得し、育成するかだ。「2030年までにほとんどの職種で中程度以上のITスキルが必要になる」という声がある中、企業は何をすればよいのか。(2022/1/20)

パンデミックで苦境に立たされるFinTech企業
「Zoom」会議で首切り900人のユニコーン企業 何を考えていたのか?
Web会議で900人に解雇を伝えたFinTech企業のCEOが批判を浴びている。一方で人員整理に踏み切るFinTech企業は、この1社だけではない。業界の現状を紹介する。(2022/1/13)

「インテリジェントワークプレース」は是か非か
オフィス業務を自動化しても社員が幸せにならない理由
オフィスワークの自動化やコラボレーションツールを活用した「インテリジェントワークプレース」は、業務効率化に貢献する技術だ。ただし「導入すれば従業員が幸せになるとは限らない」と懸念を示す専門家もいる。(2022/1/7)

テレワークのオペレーター養成のポイント【後編】
コンタクトセンターのリモート研修、成功に導く7つのヒント
コロナ禍を背景に、コンタクトセンターの管理者はエージェントにリモートで仕事を教える方法を習得しなければならなくなった。リモート研修を成功させるヒントを7つ紹介する。(2022/1/6)

「ハイブリッドワーク」が助けに
「IT業界で働く女性」が英国で急増 何が起きているのか?
ジェンダーの不均衡解消に期待を寄せる声もあるほどに、英国のIT業界で女性の雇用が急増している。女性の雇用が増えた理由とは何か。専門家に聞いた。(2021/12/29)

テレワークのオペレーター養成のポイント【前編】
コンタクトセンターのテレワーク 課題は「従業員のマネジメント」
オフィスワークが一般的だったコンタクトセンター業界だが、コロナ禍の影響を受け、テレワーク導入を迫られた企業もある。テレワークのコンタクトセンターエージェントをどうマネジメントするか。(2021/12/23)