問われるAppleの職場文化
Appleの従業員が社内の差別、偏見、ハラスメントを告発
Appleの現従業員と元従業員が、Appleには人種差別、性差別、ハラスメントなどがあり、人事部門は解決しようとしないと訴えている。(2021/10/18)

米国で進む「同一労働同一賃金」【後編】
“賃金格差のない社会”実現のためにカリフォルニア州は何をするのか?
賃金格差解消のために、米国の一部の州は新しい法令を定めている。カリフォルニア州はどのような施策を実施するのか。(2021/10/14)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第3回】
コールセンタースタッフ研修の「KPI」の決め方
コンタクトセンタースタッフ向けの効果的な研修を実施するためには、KPIの策定や、成長段階に合わせた研修の実施が重要だ。どのように対処すべきかを解説する。(2021/10/12)

米国で進む「同一労働同一賃金」【前編】
「賃金データの報告」義務化で新たに生じた「HR Tech」のニーズとは
「同一労働同一賃金」は米国企業にとって、人材を集める手段として考えられていた。だが同一労働同一賃金の法制化が一部の州で進みつつあることで、この考えは変わる可能性がある。どのように変化するのか。(2021/10/7)

競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第4回】
「ロボットの同僚」と協働できる社員をどう育てるか
新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、業務自動化技術の導入を後押ししている。「ロボットの同僚」と共に働く機会は今後増える可能性がある。ロボットと協働できる人材をどう育てればいいか。(2021/9/30)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【中編】
現場で撮ったスマホ動画も教材に 「マイクロラーニング」用教材の作り方
「マイクロラーニング」は人材開発に効果を発揮する可能性がある。企業がマイクロラーニング用の教材制作や研修の実施を成功させるためのヒントを4つ紹介する。(2021/9/22)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【前編】
「マイクロラーニング」とは? 短時間でトピックごとに学べる研修方法
「マイクロラーニング」は、これまでの一般的な研修手法とはどう違うのか。そのメリットは何か。マイクロラーニングの基本的な内容を整理する。(2021/9/15)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【中編】
「人材採用」と「タレントアクイジション」はいつやる必要があるのか
長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」。「人材採用」はその一要素だ。それぞれが必要になるタイミングを整理する。(2021/9/14)

競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第2回】
変化に強いリーダーや社員は“あの事実”を理解している
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、企業を取り巻く状況は大きく変化した。変化に適応できる企業となるために必要な従業員教育とはどのようなものか。(2021/9/9)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【前編】
「人材採用」と「人材獲得」の違いとは? ビジネスリーダーの基礎知識
「人材採用」と「タレントアクイジション」(人材獲得)は、一見同じ言葉のように見える。だが取り組み内容や利用する技術が異なる。それぞれの違いを説明する。(2021/9/7)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】
コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?
自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/9/3)

活気づく労働者市場
退職をやめたらスポーツカーや「MacBook Air」を支給 激化する人材引き留め策
米国では働き手の不足から、一時解雇者数と会社都合の退職者数が低い水準で推移している。雇用促進のために従業員向け懸賞やインセンティブ付与などの施策に取り組む企業もある。(2021/8/31)

「セルフサービスBI」ツールのメリット4選【前編】
企業が「Tableau」や「Qlik」を使うべき、ごくシンプルな理由
データアクセスと分析の民主化を目的とした「セルフサービスBI」ツールの導入が進んでいる。セルフサービスBIツールが企業に提供するメリットとは何か。まずは2つのメリットを説明する。(2021/8/30)

自治体を狙うランサムウェア攻撃【前編】
ランサムウェアに襲われた自治体が、身代金を払わないために使った“切り札”とは
世界各国の自治体は、ランサムウェア攻撃に備えてどのような対策を進めているのか。実際にランサムウェア攻撃を受けた米国地方都市の取り組みを紹介する。(2021/8/27)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【中編】
コロナ禍による失業者に痛手 「失業手当上乗せ給付」終了問題とは
コロナ禍により失業した労働者に対する、米国連邦政府の失業手当上乗せ給付が2021年9月に終了する。どのような影響があるのか。専門家に聞いた。(2021/8/27)

「デジタルバッジ」基本の基【後編】
「デジタルバッジ」市場は活況なのに人事部門が導入に消極的な理由
調査会社によると「デジタルバッジ」市場は成長を続けている。一方で人事部門は必ずしも導入に積極的ではないという。その背景には何があるのか。(2021/8/26)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【前編】
「自動化」「AI」が数十万人の雇用を奪う? 米マサチューセッツ州調査
新型コロナウイルス感染症の影響で、業務自動化技術やAI技術の導入が進んだ企業もある。米国マサチューセッツ州は、これにより数十万人の雇用が失われる可能性があると懸念している。(2021/8/20)

「デジタルバッジ」基本の基【中編】
「デジタルバッジ」の正しい使い方 「スキルギャップ」解消にも効果?
労働者がどのようなスキルを持つかを視覚的に示す「デジタルバッジ」は、人材採用に役立つ可能性がある。企業はどのように使えばよいのか。幾つかの例を紹介する。(2021/8/19)

「デジタル研修」を生かすヒント【中編】
Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか
従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。(2021/8/19)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第4回】
「対面会議」ではなくあえて「Web会議」を選ぶべき4つの用途
Web会議ツールは実地での会議と違い、どこからでも会議に参加できるメリットがある。Web会議ツールを生かせる4つの用途を説明する。(2021/8/18)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第6回】
“理想のIT人材”を育てる研修プログラムの作り方
「ITスキルギャップ」を埋めるための効果的な研修プログラムを作成するには、企業は幾つかの手順を踏む必要がある。ビジネス目標達成に必要な従業員のITスキルを定めた後は、何をすればよいのか。(2021/8/18)

拡大する「非正規労働者」活用と課題【後編】
「ギグワーカー」にも福利厚生は必要? バイデン政権で変わる非正規雇用
非正規労働者の雇用が進む米国では、その扱いに関する法改正も起きた。トランプ前政権は非正規労働者の不利益につながる法案を作ったものの、政権交代で一変した。その流れを紹介する。(2021/8/17)

「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第3回】
「Power Apps」で作れる具体的なアプリとは? 「ヘルプデスクツール」も実現
ノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」を使えば、IT管理者やエンドユーザーはさまざまなアプリケーションを開発できる。例えば何の開発が可能なのか。(2021/8/13)

「デジタルバッジ」基本の基【前編】
最近見掛ける「デジタルバッジ」とは何か? メリットとデメリットは?
資格認定の証しとして「デジタルバッジ」を付与する動きが広がっている。デジタルバッジとはそもそも何なのか。採用や研修において企業がデジタルバッジを活用するメリットやデメリットは何か。(2021/8/12)

「デジタル研修」を生かすヒント【前編】
「オンライン研修」「ハイブリッド研修」が“勝ち組企業”を育てる当然の理由
企業が競争力を保つための重要な要素に、研修を通じた従業員のスキル向上がある。パンデミックのさなか、研修の中心的な手段となりつつあるのがデジタル研修だ。効果的なデジタル研修のヒントを紹介する。(2021/8/12)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第5回】
“できるIT人材”を育てる研修プログラム作り「8つの手順」
従業員のITスキルを高めることで「ITスキルギャップ」を埋めるには、企業は適切な研修プログラムを作成する必要がある。その方法は。(2021/8/11)

拡大する「非正規労働者」活用と課題【中編】
「非正規雇用」の活用が止まらない、コスト削減以外の“驚きの理由”
Gartnerの調査によると、調査対象企業の約3割がコスト削減を目的に非正規雇用を活用していた。不況を乗り切るための手段として捉えられることもある非正規雇用だが、ポジティブな理由で活用する企業もある。それは何か。(2021/8/10)

Apple、IBMも「ハイブリッドワーク」の導入拡大か
“脱テレワーク”強行ならストも辞さず 「オフィス出勤再開」に複雑な従業員
米国企業は、テレワークを主体とする勤務態勢からオフィスへの復帰を目指す動きを加速させている。一方で“複雑な思い”を抱える従業員もいる。その思いとは。(2021/8/5)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第4回】
「アウトソーシング」依存がIT人材不足を悪化させる“当然の理由”
適切なIT人材を迅速に調達する手段として、アウトソーシングなどの社外リソースの活用は有効だ。ただし社外リソース活用ありきのIT人材戦略は「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない。その理由は明確だ。(2021/8/4)

拡大する「非正規労働者」活用と課題【前編】
「非正規労働者」は軽蔑的用語に? 外部人材を大切にする言葉「拡大人材」とは
企業の非正規雇用への依存度が高まる中、HRベンダーの間では外部人材を「非正規労働者」と呼ばず、意図的に「拡大人材」と呼ぶ動きがある。これらの言葉の裏側に潜む意味とは。(2021/8/3)

テレワークの成否と企業規模は関係ない
キャスター石倉氏が分析する「テレワークができない企業の特徴」とは何か
企業規模にかかわらず、テレワークの導入検討が進んでいる。テレワークを基本とした新しい働き方を実践できている企業がいる一方で、なかなか進まない企業もある。その違いとは何なのか。(2021/8/2)

クラウドニュースフラッシュ
ゲーム「五等分の花嫁」が、AWSやAzureではなく「Alibaba Cloud」で動く理由
「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の新しい割引プラン「Oracle Support Rewards」の発表やゲーム会社enishの「Alibaba Cloud」導入事例など、主要なニュースを紹介する。(2021/7/31)

“どこでもできる仕事”は海外へ
「テレワーク」普及で“高給取り”ほど失業の危機に? その理由とは
英国の非営利組織が発表した報告書は、企業のテレワーク導入が進むことで、一部の仕事に従事する人が失業の危機にさらされると指摘する。どのような仕事が該当するのか。なぜ失業の可能性があるのか。(2021/7/29)

複雑な関係性をデータ化
人事管理分野で注目度急上昇の「グラフデータベース」
エンティティーの関係性に着目して管理・分析可能にするグラフデータベース。この技術が人事管理分野で注目されているという。(2021/7/29)

オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【前編】
新型コロナの「ワクチンパスポート」は今どうなっているのか?
COVID-19の流行が収まらない中、企業がオフィスでの業務再開を進める上で役立つのが「ワクチンパスポート」だ。国やベンダー、医療機関は、ワクチンパスポートにどう取り組んでいるのか。動向を追う。(2021/7/28)

AI技術で「きれい」を極めるL'Oreal【前編】
化粧品大手ロレアルがGoogle「Vertex AI」で実現した“あのAIサービス”とは?
L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を採用することで、美容を切り口としたデジタルサービスの開発を加速させている。AI技術を消費者の「きれい」に生かす同社の取り組みとは。(2021/7/28)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第3回】
優秀なIT人材が逃げる“駄目な求人票”とは?
企業は自社にとっての理想的な人材を求めて求人票を出す。求める要件を明記することは大切だが、欲張り過ぎると社内の「ITスキルギャップ」を加速させてしまう可能性がある。それはなぜなのか。(2021/7/28)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第1回】
「Zoom」などの「Web会議」ツールの選び方 コミュニケーションに適した条件は
Web会議を実施する主な目的に「コミュニケーション」「コラボレーション」「プレゼンテーション」がある。中でもコミュニケーションに適したWeb会議ツールは、どのような観点で選べばよいのか。(2021/7/26)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第2回】
IT人材の争奪戦も影響? 「ITスキルギャップ」が深刻化する原因は
企業が求めるレベルのITスキルを持つ人材がいない「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか。その理由を解説する。(2021/7/21)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第1回】
「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか? IT人材の理想と現実の差が生む問題
企業がITを生かすには、相応のITスキルを持つ人材が不可欠だ。理想的なIT人材と、既存のIT人材の間にスキルの差が生じることは珍しくない。こうした「ITスキルギャップ」はなぜ起こるのか。5つの要因を整理する。(2021/7/15)

コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【後編】
「テレワーク離職」の兆候は“あの時間”を調べれば分かる
調査結果によると、パンデミックの収束は従業員の離職を後押しする可能性がある。離職の兆候は、“ある時間”を調べることで分かるという。それは何なのか。(2021/6/28)

「慢性的人手不足」の原因を探る【後編】
「AI」が数百万種の仕事をなくす? BCG調査から探る人材不足の原因
自動化技術やAI技術の普及は「数百万種の仕事をなくし、特定の仕事は今後も戻らない可能性がある」と、調査会社BCGらは指摘する。それはどういうことなのか。技術は企業の人材獲得にどのような影響を及ぼすのか。(2021/6/25)

コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【前編】
「テレワーク許可」の企業が「完全オフィス出社」に戻すと離職率が上がる?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、テレワークの導入が拡大した。パンデミックの収束後、企業がテレワークを廃止したらどうなるのだろうか。(2021/6/21)

「慢性的人手不足」の原因を探る【前編】
深刻な人材不足を招いた“真犯人”は「手厚い失業手当」だった?
McDonald'sやAmazonが、人材採用の促進のために従業員の賃金を上げる取り組みを実施した。人材不足は時給制の仕事だけでなく、専門職の採用にも影響している。慢性的な人材不足の背景にあるものとは。(2021/6/18)

すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第4回】
Webビール工場見学からZoomコスプレ会議まで コロナ禍のストレス軽減イベント
従業員同士が直接会うのが難しいコロナ禍でも、企業は工夫次第でさまざまな従業員向けイベントを企画、実施できる。従業員の息抜きの場になり得るイベントの案を幾つか紹介する。(2021/6/11)

すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第3回】
Web会議の前にこそ“禅の呼吸”を 「マインドフルネス」の具体的な実践例
仏教の瞑想法を取り入れた「マインドフルネス」を生まなく取り入れることで、企業は従業員のストレスを軽減できる可能性がある。どのように実践すればよいのか。具体例を紹介しよう。(2021/6/4)

すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第2回】
Web会議よりストレスがたまりにくい「散歩会議」の意外な効能
従業員のストレスを軽減するために企業ができる施策は豊富にある。すぐにでも取り組める、ウェルネス(健康増進)関連の施策を紹介する。(2021/5/28)

「女性の給与は男性の約8割」は解消するか
2030年に男女同一賃金が実現か? それまでに企業がやるべきことは
人材分析サービスを提供するVisierは、女性の給与は男性と比べて低いものの、2030年には男女同一賃金が実現するとみる。男女間賃金格差の解消に向けて、企業は何をすればよいのか。(2021/5/14)