Computer Weekly製品ガイド
Slackだけじゃない、小売業界で台頭するメッセージングアプリ
エンタープライズコラボレーションソフトウェアのSlackは、2019年の上場で一気に名声を高めた。この分野にはどのような選択肢があり、この技術をどう使っているのか。(2019/12/3)

慎重に進めたRPA導入
6.6億円のコストを削減した、RPA導入成功の秘訣
John Lewis PartnershipはRPAを導入して6.6億円のコスト削減に成功した。同社の事例から、経営層や事業部門に受け入れられる導入プロセスの在り方を見ていく。(2019/12/2)

キャリア30年のベテランに聞く病院CIOの変化【後編】
医療機関のCIOがなぜ「AI」と「ブロックチェーン」に注目するのか
医療機関は最新のITをどう生かすべきなのか。医療機関が押さえておくべき最新技術には何があるのか。医療機関の中でCIOはどのような役割を果たせばいいのか。キャリア30年のベテランCIOに聞く。(2019/11/15)

事例:Home DepotのIT研修【後編】
リフォーム大手は「エンジニアになりたかった社員」の夢をどう実現したのか
Home Depotは独自のIT研修プログラム「OrangeMethod」を始めたことによって、現場をよく知りITにも明るい人材を見つけ、育て上げることに成功した。成功の秘訣(ひけつ)とは何か。(2019/11/14)

Schneider Electricが直面したRPA導入の障壁
電機大手の「RPA」推進チームが、事業部門のRPA導入要請をあえて断った理由
大手電機メーカーSchneider Electricは、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の導入を進めている。同社のRPAの導入における障壁と、導入作業が長引く理由、そしてその解決策について説明する。(2019/10/28)

セキュリティ人材不足にどう立ち向かうか【前編】
「セキュリティ人材不足」に嘆く企業が雇うべき“門外漢”に必要なスキル
IT化の進行とともに、セキュリティ分野の人材不足が露見している。企業がセキュリティ人材を確保するために必要な考え方とは何か。(2019/10/25)

ついやってしまう失敗
新たに着任するCIOが避けるべき4つの落とし穴
CIOとして新たな職場に着任するとき、何に気を付けるべきか。これまでに多くのCIOが犯してきた4つの失敗を紹介する。これらはCIOとしてリーダーシップを発揮できるか否かの分かれ目となるだろう。(2019/10/1)

警察によるAI活用の今
踊るAI大捜査線 事件はAIが解決する
多種多様な分析、機械学習、自然言語処理といったAIテクノロジーが警察で使われている。顔認識ツールや自動文字起こしツールがその例だ。どのように使っているのか。(2019/9/26)

「SAP S/4HANA」移行のメリットと検討すべきポイント【前編】
SAPが語る「SAP ECC」と「SAP S/4HANA」の違いとは?
これまでの「SAP ERP Central Component」(ECC)と「SAP S/4HANA」は、何が違うのか。SAPやコンサルティング会社の話を基に、あらためて確認する。(2019/9/25)

バークリー音楽大学がボストン音楽院の統合で直面
音楽大学は「大学統合」で生じたシステム連携問題をどう乗り越えたのか
バークリー音楽大学は、ボストン音楽院との統合を受けて、2校のシステムを連携し、共通のデータ分析基盤を構築する必要があった。そのためのデータ統合ツールとして、SnapLogic製品を選んだ理由は何か。(2019/9/19)

まだ紙で年末調整しているの?
マンガで解説:今年も年末調整がやってくる……電子化で得られる“すごい効果”
年末調整を「年1回だけの業務」と侮ってはいけない。紙で処理している場合、申告書の配布、回収、チェックと、多大な手間とコストが発生する。電子化で大きな効果が得られることは想像に難くない。マンガで具体的な効果を解説しよう。(2019/9/10)

「FI」「CO」「PP」「MM」とは何か?
「SAP ERP Central Component」(SAP ECC)の10大コンポーネントをおさらい
「SAP ERP」の中核となるソフトウェア「SAP ECC」は、多数のコンポーネントで構成されている。ユーザー企業がよく導入している10個のコンポーネントについて、機能と用途を解説する。(2019/9/6)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ
海外では半数が失敗? RPA導入プロジェクトで避けるべきポイント
労働力人口の減少、働き方改革などを背景に、RPAや自動化に取り組む企業が増えている。一方で、その成功率の低さも企業調査で明らかになってきた。失敗の原因、そして成功に必要なポイントは何なのか。RPAの新たな成功方程式を解説する。(2019/9/6)

リーガルテックの時代
「AI」が変える弁護士業務、法律業界で進む研究の現状は?
法律事務所へのAI技術の導入によって、価値が低く時間のかかるパラリーガル業務の削減に効果があった。実働時間に応じた請求書の発行から特許情報データのマイニングまで、適用業務は幅広い。(2019/9/5)

面倒な勤怠管理業務を省力化できる
就業状況を一元的にリアルタイムで“見える化”して手軽に勤怠管理する方法
「働き方改革関連法」の施行により、従業員の就業管理がますます重要になっている。総務・人事部門の作業を減らすとともに、従業員や管理職に負荷をかけることなく正確な就業管理が実現できる「就業管理システム」とは何か。(2019/9/4)

事例に学ぶAIOpsの実力
AIによるIT運用「AIOps」を導入した金融業が、あえて手作業を残す理由
「AIOps」ツールがあれば、ITインフラの管理を効率化できる可能性がある。だが人手を介さない自動化機能でどこまで対処できるかは、依然として議論の余地がある。(2019/8/28)

Mercerの最高デジタル責任者に聞く
「AIは即もうかる」は幻想、諦めずやり切るべし 人事大手が語る活用の極意
顧客の囲い込みにAI技術を生かす、組織・人事コンサルティング大手のMercer。同社の最高デジタル責任者によると、AI技術に即効性を期待するべきではないという。それはどういうことなのか。(2019/8/27)

AIOpsのメリットを引き出すには【後編】
AIOpsを成功に導く鍵は「人がAIを信頼すること」
「AIOps」によって効率の向上を実現するには、技術的課題と組織的課題の両方を克服する必要がある。具体的に何をすればよいのか。(2019/8/27)

AIOpsのメリットを引き出すには【中編】
事例で探る 「AIOps」はなぜ多過ぎるアラートを減らせるのか?
リソースの割り当てやキャパシティー管理の最適化だけが「AIOps」の用途ではない。解析や検出作業の自動化にAIOpsを活用すれば、IT監視ツールの多過ぎるアラートへの対処を効率化できる。(2019/8/20)

0.5歩先の未来を作る医療IT:医療機関の働き方改革【後編】
医療機関の勤怠管理システム選び ITが活躍するのはシフト管理だけじゃない
医療機関においても、スタッフの勤怠管理やシフト管理、採用、育成といった人事・労務管理の業務は重要な位置を占めます。これらを効率化するITツールや活用のヒントを紹介します。(2019/8/27)

AIOpsのメリットを引き出すには【前編】
人事アウトソーシング企業は「AIOps」でITリソース奪い合いをどうなくしたか
日々のIT運用を最適化する大きな可能性を秘めているという「AIOps」。人事・給与アウトソーシング企業のPaychexは、AIOpsでどのような成果を得たのか。(2019/8/14)

従業員を重視することが高度なサービスにつながる
アメリカン航空が「SAP SuccessFactors」を導入 “社員が第一”をどう実現?
SAPの人材管理クラウドサービス群「SAP SuccessFactors」を活用しているAmerican Airlines(アメリカン航空)。同社の「人間中心、人間第一」という風土は、従業員を重視する文化に基づく。(2019/7/24)

SAP導入事例
SAP導入のベストプラクティスは「カスタマイズしない」こと
英オープン大学CIOのユールズ氏は、SAP製品の導入に際してカスタマイズしないという方針を打ち立てた。どのような問題が生じたのか。それでもカスタマイズしなかった理由とは何か。(2019/7/17)

収益サイクル管理やIoTで成果
医療機関が「RPA」を導入すべき用途とは? 医療事務の専門家に聞く
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、医療を含めたさまざまな業界で活躍し始めている。本稿は医療分野におけるRPAの用途について、医療事務の専門家が説明する。(2019/7/3)

SaaSのサービス品質保証契約(SLA)について考える【後編】
SaaSのSLA評価で気を付けたい「データ保護の責任」は誰にあるのか?
SaaSを比較検討するとき、サービス品質保証契約(SLA)の内容も重要な要素となる。SaaSベンダーとSLAを締結する際に確認すべきポイントを、カスタマイズ性とデータ保護の観点から紹介する。(2019/6/27)

コラボレーションツールで何を送受信しているのか
IT部門&経営層が戦慄するコラボレーションツールの利用実態
調査の結果、コラボレーションツールの恐るべき利用実態が明らかとなった。コラボレーションツールにも適切なコントロールを適用しなければ、致命的な事態を引き起こす恐れがある。(2019/6/26)

事例で探る「SAP HANA」の実力【後編】
企業は「SAP HANA」を何に利用しているのか? 3大用途を紹介
「SAP HANA」にはワークフローの改善、意思決定支援、データ統合という3つの長所がある。企業におけるSAP HANAの用途にはどのようなものがあるだろうか。(2019/6/25)

メールを狙う標的型攻撃の傾向と対策【前編】
サイバー攻撃者の視点で理解する「なぜメールばかりが狙われるのか」
IPA「情報セキュリティ10大脅威」によると、組織における脅威の上位にメールを入り口としたサイバー攻撃が並んでいます。これほどにメールが狙われる理由は、攻撃者の立場から想像すると一目瞭然でしょう。(2019/6/19)

中堅成長企業のための人材活用術:
「4週間で本稼働OK」のタレントマネジメントシステムは何ができるか
組織が拡大するにつれて従業員は「見えなく」なる。従業員の能力を無駄にしていないだろうか。従業員の能力を逃さず生かす仕組みは4週間で作れると豪語する人事のプロがいる。詳細を聞いた。(2019/5/23)

CIOは答えを見つけられるか
「ERPデジタルトランスフォーメーション」の成否を分ける7つの重要問題
本稿では、ERPデジタルトランスフォーメーションに乗り出すに当たって答えを見つけなければならない重要な疑問をまとめた。変革が自社のビジネス目標に沿っているかどうかを確認してほしい。(2019/5/22)

意外な共通点を紹介
出会い系アプリに学ぶ、社内コラボツールのAI活用「3つのヒント」
企業向けコラボレーションツールが参考にしている意外な分野が出会い系アプリケーションだ。機械学習を活用した相性分析やコミュニケーション手法の長い実績があるからだという。(2019/5/11)

ヒントは採用支援ツールにあった
「ブーメラン社員」のために、人事部門が退職支援ツールに求める機能とは
米国では、退職後に復職する従業員を「ブーメラン社員」と呼び、無視できない存在になっている。人事部門は退職プロセスを改善するために、手作業を自動化すること以上の価値をもたらすツールを求めている。(2019/4/25)

IT部門の管理方法も異なる
チームコラボツールは「全社で1つ」か「部門ごと」か ベストプラクティスは?
チームコラボレーションツールを導入する方法は、ユニファイドコミュニケーション(UC)の戦略とユーザーのニーズによって異なる。導入にはどういう選択肢があり、どういうメリットとデメリットがあるだろうか。(2019/4/18)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「人事システムの利活用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/4/17)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
2019年も「タワー型サーバ」に脚光、クラウド時代でも選ばれ続ける3つの理由
2019年度は、Windows Server 2008をはじめ主要ソフトウェアのサポート終了も少なくない。改元や消費税率アップなど国内ならではのイベントもある。その影響をミニマムに押さえるため、サーバ移行を核とした綿密な計画を考えたい。(2019/4/16)

企業が取るべき対策を整理
2019〜2020年主要行事の“便乗サイバー攻撃”に有効な対策とは
日本では大きなイベントが2019〜2020年に相次ぎ、これに乗じたサイバー犯罪やリスク増加が懸念される。対処すべきリスクと対策について紹介する。(2019/4/9)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第17回】
「人の脆弱性」がセキュリティ最大のリスク どうやって「最悪の事態」を想定する?
どれだけシステムにセキュリティ対策を施しても、最後に残るのは「人の脆弱性」。全社員に「情報漏えいが起きたら大変なことになる」と意識付けるにはどうすればよいか――ポイントは「情報の洗い出し」です。(2019/4/1)

ハイブリッドクラウドの監視を効率的に強化
「アラートが鳴りやまないクラウド」にしないためのベストプラクティス5選と主要ツール
データと警告に過負荷を感じることなく、効率的にハイブリッドクラウドインフラを監視するには、既存のプロセスを幾つか見直す必要がある。本稿では監視のために最初に実施すべき「5つのベストプラクティス」を取り上げる。(2019/3/26)

LGWANのセキュリティ強靭化施策
現場の負担を増やさずにマルウェア感染リスクを下げるセキュリティ強化策は?
多くの自治体がセキュリティ強靭化に取り組んでいる。だがLGWAN環境における無害化処理の煩雑さや、マルウェア対策ソフトウェアがパソコンに与える負荷など、さまざまな課題が依然として残る。現実に即した、もう一歩先の対策はないだろうか。(2019/3/18)

次世代マネジャーの発掘と育成
せっかく実施した人材アセスメント、徹底的に活用するには
どんな企業においても優秀な人材の確保は喫緊の課題だ。そのために従業員のスキルや行動特性を可視化するアセスメントを実施するところもある。課題は、せっかく取得したデータを人材育成プランに落とし込めないことだろう。(2019/3/14)

AIが職場を変える
自然言語処理(NLP)で進化したbotはデジタルワーカーとして戦力になる
自然言語処理(NLP)によって意図解釈を行い、bot技術の効用を高めるチャットbotが登場している。会話技術を進化させたbotはデジタルワーカーとして戦力になる。(2019/3/13)

高機能な製品は、現場のトレーニングで苦労する場合も
クラウドERP 10製品を徹底比較 辛口ユーザーが語るメリットとデメリット
ERP市場でしのぎを削るクラウドERPベンダーを調査すれば、自社に最適なソフトウェアを決定する複雑なプロセスがほんの少し楽になるだろう。代表的な10社のクラウドERP製品をレビューする。(2019/3/13)

形だけの業務改善になっていないか
全ての関係部門を幸せにするワークフローはどう構築すればいいのか
ワークフローの効率化は、営業、人事、総務、経理、情報システムなど、企業のさまざまな部門で必要とされる。形だけの効率化ではなく、部門間の連携までを見据えた真の効率化を実現するにはどうすればいいのだろうか。(2019/3/18)

企業全体で進めよう
プライベートクラウド構築で最初に手を付けるべき5つのステップ
プライベートクラウドを導入するITチームはまず、自社にとってクラウド戦略が正確に何を意味するかを定めてから進めなければならない。(2019/3/8)

「相談相手を作る」は有効な一手
調査結果が示す、“従業員100人未満の企業”のIT担当者が不安に感じていること
中小企業のIT担当者は、多忙な「何でも屋」として自社システムを管理し、孤独や不安を抱えながら自社のIT課題に取り組んでいる――ある調査結果を基にこうした実態を解き明かし、「1人情シスを救うサービスとは何か」を探る。(2019/3/7)

両者を徹底比較
SAP S/4HANAをクラウドで使いたいならパブリックとプライベートのどちら?
「SAP S/4HANA」の導入オプションにはパブリッククラウドとプライベートクラウドがある。両者の機能の違いを整理し、比較してみた。(2019/3/4)

最新ITの導入でビジネスに差をつける
幾つ知っている? 2019年に注目度アップする10のITトレンド
データセンターの小型化、サーバレスコンピューティング、デジタルダイバーシティーとは何だろう。2019年にIT運用の原動力となる10個のITトレンドと、こうしたトレンドが自社のビジネスをどのように変えるかを考える。(2019/2/27)

LinkedInとIndeedの調査から見えること
リモートワークなどの柔軟な働き方を認めれば採用への応募が増加する?
ある調査結果によると、働く場所や時間を従業員自身が自由に決められるような柔軟な業務ポリシーがある企業ほど、求職者の支持を集める可能性がある。(2019/2/26)

これからの「場」と「時間」はどう共有できるか
離れていても行政サービスの品質は高められる――長崎県の挑戦
「つながる」をコンセプトに庁舎も労働環境も変える。そこには長崎県らしい担当者らの思いが込められていた。つながることで、どう県政を変えていくのか。「タテワリ」を想起されやすい地方自治体が実現した改革を追った。(2019/2/26)

リンダ・ヒル氏のマネジメント論
「集合天才」を支えて環境を整える、それがイノベーションリーダーの役割だ
ハーバードビジネススクール教授のリンダ・ヒル氏は、イノベーションリーダーの役割とはステージセッター(環境整備者)であり、チームが天才性を発揮できるように支えることを自身の役割として認識することが必要だと説く。(2019/2/7)