気候変動がクラウドデータセンターにもたらす影響【前編】
メガクラウドは“史上最悪の酷暑”に耐えられるのか? GCPやOCIで起きたこと
2022年7月、英国で観測史上初となる40度以上の気温を記録した。大手クラウドベンダーのデータセンターでは、この熱波で何が起こったのか。GoogleとOracleのデータセンターを例に、その影響を探る。(2022/8/18)

クラウド障害に備えるには【前編】
AWS、GCP、Azure、Facebookで「クラウド障害」相次ぐ どう備えるべきか?
クラウドサービスは企業にとってもはや不可欠のインフラだ。クラウドサービスの障害は大変な事態を招く可能性がある。どうすればいいのか。チップスを集めた。(2022/8/18)

AI人材不足の問題を考える【中編】
AI専門機関が考える「AI人材に本当に必要なもの」
スウェーデンのAI専門機関は、国内外の組織にさまざまな人材プログラムを提供している。同機関の取り組みから見える、AI人材に欠かせないスキルとは何か。(2022/8/18)

クラウド移行に踏み切る銀行【前編】
銀行のクラウド移行を長年妨げてきた“ある障壁”とは?
銀行はクラウドサービスへの投資を躊躇(ちゅうちょ)する傾向にあったが、2022年度は変化があった。銀行のクラウドサービス移行を阻んできた原因と、新たに移行対象となり始めたアプリケーションとは。(2022/8/17)

悪用される「著名ブランド」 その傾向と対策【前編】
MicrosoftやAmazonよりもフィッシングで偽装されている“あのブランド”とは?
フィッシングに悪用されがちなのが著名ブランドだ。どのブランドに注意が必要なのか。Check Point Software Technologiesが発表したフィッシングにおける「危ないブランド」トップ10を見る。(2022/8/16)

セキュリティ分野でのAI技術のROI【後編】
「セキュリティのためのAI技術」の未来はなぜ明るいのか?
AI技術の用途はさまざまだ。中でもセキュリティのためのAI技術は、特に今後の成長が見込めるという。それはなぜなのか。(2022/8/10)

「Windows 365」と「Windows 10」の違いを比較【第1回】
クラウドPC「Windows 365」とは? Windows 10ユーザー向けの基礎知識
「Windows 10」のユーザー企業は、MicrosoftのDaaS「Windows 365」に移行することでメリットが得られる可能性がある。Microsoft 365の仕組みと主要な機能を説明する。(2022/8/4)

テレワークで変わる「発言しない従業員」【後編】
「Web会議は“オワコン”」「Genius Barを社内に」 トヨタ系幹部の発言の真意
テレワークの普及で、従業員の働く環境の選択肢が広がった。こうした変化は、社内向けのコミュニケーションツールにも変化を促す。何がどう変わるのか。トヨタ系金融サービス事業TFSの経営幹部に聞いた。(2022/8/3)

腎臓病治療とAI技術【後編】
医療機関が導入「AIが腎臓病の治療方法を提案するツール」は臨床に役立つのか?
医療機関Ascend Clinicalは、AI技術を活用した医療データ分析ツールMedical Renal Modelを導入した。Medical Renal Modelは臨床にどう役立つのか。同機関の見解を紹介する。(2022/8/3)

テレワークを危険にする「PC放置」問題の対処法【後編】
「テレワークは危ない」と考える人が恐れている“あのセキュリティ問題”とは?
MicrosoftやGoogleは自社のオフィススイートに、テレワーク時の情報漏えいリスクを減らす機能を提供している。こうした機能が熱望される背景にある変化とは。(2022/8/2)

「行」と「列」の違いをあらためて考える【中編】
Excelでは「行」と「列」をどう使い分けるべきか?
「Microsoft Excel」をはじめとする表計算ソフトウェアを使う際、「行」と「列」をどう使い分けるべきなのか。行と列が果たす役割の違いを踏まえて解説する。(2022/7/29)

コロナ禍のIT活用促進術【第5回】
「IT企業からの転職組」が非IT企業を辞めたくなる理由
米国では人材の流動化が進む中、IT企業とそれ以外の企業間の転職が活発化している。伝統的な企業が、先駆的なIT企業からエンジニアなどの人材を獲得する場合、特に手厚いケアが必要だ。その訳とは。(2022/7/28)

急成長する「ハイパースケールデータセンター」【後編】
大手もデータセンター需要に降参? M&Aや投資に起きた“ある変化”とは
大規模な電力容量と広大なスペースを提供する「ハイパースケールデータセンター」に興味深い変化がある。加熱する需要が引き起こしたM&Aや投資の動向とは。(2022/7/27)

テレワークを危険にする「PC放置」問題の対処法【前編】
Microsoft 365で使える「アイドルセッションタイムアウト」とは 利用するには
テレワークに慣れた時期に起こり得る“あるインシデント”を防ぐために、Microsoftは「Microsoft 365」の機能追加を進めている。その一つが「アイドルセッションタイムアウト」だ。どのような機能なのか。(2022/7/27)

アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第3回】
ランサムウェア対策機能も強化 進化する“あの定番バックアップツール”とは?
ランサムウェアなどの脅威が広がる一方、ベンダーもその対策のための機能強化を実施している。米TechTargetの製品アワードから、バックアップおよびDR分野で注目の製品・サービスを紹介する。(2022/7/27)

AIOpsツール、あなたはどっち派?【中編】
希少な「OSSのAIOpsツール」とは? 選びたくなる理由と避けたくなる理由
コストを抑えつつ自由にカスタマイズできるのが、オープンソースソフトウェアの利点だ。「AIOps」ツールもその例外ではない。OSSのAIOpsツールを俎上(そじょう)に乗せる。(2022/7/26)

【Google Cloud提供】データ活用をもっと身近にするには
高価なBIツールだけでは「データ活用の民主化」は成し得ないワケ
データを分析し、そこから得たインサイトを次のアクションに生かす。時代に即応したスピーディーなビジネスを実現するには、トップダウンではなく「現場主導」に変えることが必要だ。データ活用にも同じことが言える。(2022/7/27)

エンドユーザー任せのID・パスワード管理が生むリスク
「IDaaS」の機能と選び方 セキュリティ対策に大きな違い?
テレワークやペーパーレス化の推進により、企業が利用するSaaS数は増えつつある。増加するIDとパスワードの管理を容易にしつつ、従業員の安全なログインを実現するのが「IDaaS」だ。主要な機能と選び方を説明する。(2022/7/21)

テレワークで変わる「発言しない従業員」【前編】
トヨタ系やグーグルにもいた「会議でしゃべらない沈黙マン」が発言し始めた理由
テレワーク移行を契機に、内気な性格の従業員が議論の輪に加わるようになった――。トヨタ系の金融サービス事業TFSとGoogleの経営幹部は、こう口をそろえる。こうした傾向が現れた理由とは。(2022/7/19)

クラウドベンダーの情報開示が不足?
サステナビリティ軽視のクラウドは使わない――企業の新しい判断基準とは
2025年までに、CO2排出がIT購買における主要な決定要因になるという。サステナビリティ重視の潮流を受け、AWSやGoogle、Microsoftなどのクラウドベンダーはどう動くのか。(2022/7/15)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【中編】
賛否両論の「NFT」をビジネスに使いたい企業に必要な“覚悟”とは?
NFTは企業に有益なデータや新たな事業機会をもたらす可能性がある。NFT事業に参入する際は、どのようなことに気を付ければよいのか。(2022/7/15)

データセンターOS移行の成功法【前編】
Linuxはなぜデータセンターで人気なのか? 「オープンソース」より重要な理由
データセンターの円滑な運用には、サーバのOSの定期的な移行が欠かせない。OSを選定する上で有力な選択肢となるのが「Linux」だ。データセンターでLinuxが広く使われている背景には、何があるのか。(2022/7/14)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第4回】
“使えないJavaライブラリ”はそもそも選び方が駄目だった?
Javaアプリケーション開発で特定の機能が必要になった場合、開発者はライブラリを使用するか、自分で機能を実装するかを選択できる。自分のニーズに合った方法を選ぶには何を重視すべきなのか。(2022/7/14)

腎臓病治療とAI技術【前編】
「AIが腎臓病の治療方法を提案するツール」を医療機関が開発 その仕組みとは?
医療機関Ascend Clinicalは、腎臓病患者の検査結果に関するデータをAIエンジンに取り込み、治療に向けた最善のアクションを導き出すシステムを導入した。具体的に何ができるのか。(2022/7/13)

セキュリティ分野でのAI技術のROI【中編】
Googleも推す「セキュリティのためのAI技術」の“キープレイヤー”は?
AI技術を自社製品に生かそうと、セキュリティベンダーの間で技術開発や買収が進んでいる。実際に何が起こっているのか。セキュリティベンダーの動向を追う。(2022/7/13)

約20万人のウクライナ語話者が利用
ウクライナ避難民が困る「言語の壁」をEdTechで打破する無料学習コースとは?
ロシアによる侵攻の影響を受けるウクライナ語話者向けに、EdTechベンダーBabbelが言語学習コースの無償提供を始めた。どのようなものなのか。(2022/7/13)

急成長する「ハイパースケールデータセンター」【前編】
AWS、Google、Microsoftではない“あの企業”がデータセンターのけん引役だった
「ハイパースケールデータセンター」の市場が世界的に増加傾向にあることが、調査会社Synergyのデータで明らかになった。市場をリードするのはどのベンダーなのか。(2022/7/13)

スクラムマスターの5大認定資格【第5回】
“頼れるスクラムマスター”が取得する「コーチング」認定資格とは? 合格するには
スクラムにおいて多岐にわたる役割を担うスクラムマスター。各役割について自身が持つ知識やスキルを示すのに役立つ認定資格には何があるのか。(2022/7/12)

暗号のまま真であることを証明
ポスト量子化時代のための「ゼロ知識証明」
情報を暗号化したまま処理できる「ゼロ知識証明」の重要性が高まっている。ゼロ知識証明とは何か。なぜ重要なのか。その分野の専門家に話を聞いた。(2022/7/7)

BroadcomのVMware買収がクラウド市場に与える影響【前編】
ブロードコムが買収のうまみを感じる“あのヴイエムウェア製品”とは?
BroadcomはVMwareの買収によって、クラウド市場で力を増す可能性がある。VMwareのマルチクラウド戦略と、その戦略が買収元のBroadcomに与える影響とは。(2022/7/6)

ソフトウェアをアップデートすべき5つの理由【中編】
“アップデート拒否”はこんなに損 セキュリティだけじゃない意外な利点
ソフトウェアのアップデートにはセキュリティの向上以外にも実施すべき理由がある。それはどのようなものなのか。さまざまな視点からアップデートの利点を探る。(2022/7/4)

Web会議ツールの相互運用性【前編】
Teams、Zoom、Webex全部入り「スマホのようなWeb会議デバイス」は夢か悪夢か?
Web会議デバイスでもスマートフォンと同様に、Web会議ツールを選択可能にする――。こうした“夢”に向けてMicrosoft、Zoom、Ciscoが相互運用性の向上に着手した。だがこれは夢ではなく“悪夢”だと見る向きもある。(2022/7/4)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【後編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題は解消しない?
ECの独占禁止法に関する調査を受けたMicrosoftは、問題となったライセンス規約を変更すると発表した。だが専門家は同社の取り組みに懐疑的な見方を示す。それはなぜなのか。(2022/7/4)

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【後編】
開発者が「Microsoft Dev Box」を使わない理由を“クラウドIDEの苦悩”から探る
開発者向けのクラウドサービスは「Microsoft Dev Box」だけではない。「クラウドIDE」はその代表例だ。開発者がクラウドIDEを受け入れているかどうかを知ることは、Microsoft Dev Boxの成否を占う上で参考になる。(2022/6/30)

DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第4回】
macOSが使いたいのに使えないDaaSユーザーが選ぶべき“2番目のOS”とは?
Appleのライセンス規約により、DaaSでは「macOS」を利用することが難しい。その代替策として使える、仮想デスクトップ利用に適したOSとは。(2022/6/29)

スクラムマスターの5大認定資格【第4回】
アジャイルの体系「SAFe」(Scaled Agile Framework)の認定資格とは? 合格するには
「スクラムマスター」が持っておくと職務経歴書に書ける認定資格にはどのようなものがあるのか。「Scaled Agile Framework」(SAFe)に関する認定資格の有用性を解説する。(2022/6/28)

認証アプリは時代遅れ
モバイルアプリによる二要素認証をさっさと捨てるべき理由
モバイル端末に送信したコードで認証する二要素認証は既に時代遅れだ。なぜ認証アプリが安全ではないのか。それに代わる安全なソリューションとは?(2022/6/28)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第5回】
GCP“危ないAPI”の発見者が語る クラウドとオンプレミスの“根本的な違い”
クラウドセキュリティを万全にするには、どのようなことに気を付ければよいのか。「Google Cloud Platform」のAPIに潜む危険性を指摘した、Mitiga Securityに聞いた。(2022/6/28)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【前編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題が緩和へ ただしAWSだと高いままの謎
Azure以外のクラウドサービスでMicrosoft製ソフトウェアを利用する際、料金が高くなる――。Microsoftはこのライセンス規約の緩和を進める。ただしAWSとGCPは緩和の対象外だという。その背景は。(2022/6/25)

トレンドキーワードピックアップ
「パスワード」認証は今すぐ終わらせるしかない? “脱パスワード”急加速へ
企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回は基本的な認証要素である「パスワード」に関する記事を取り上げます。(2022/6/23)

TechTarget発 世界のITニュース
「Tableau」や「Microsoft Power BI」と競うQlikの”狙い”は成功するのか?
BIツールベンダーのQlikは、今後のロードマップを公開した。BIツールの機能追加や、既存機能の強化を実施する。どのような機能が追加されるのか。最大の注目ポイントは何か。(2022/6/23)

「FIDO2」にApple、Google、Microsoftが本腰【後編】
パスワードレス認証「FIDO2」を身近にするApple、Google、Microsoftの秘策とは
Apple、Google、Microsoftはパスワードレス認証技術「FIDO2」を本格的に普及させるために、導入のハードルを下げようとしている。3社は何を構想しているのか。(2022/6/23)

悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第4回】
GCPに見つかった“危険な正規API”悪用問題 Googleはどう動いた?
「Google Cloud Platform」(GCP)の正規のAPIの中で、攻撃者に悪用される可能性があるものを、クラウドセキュリティベンダーのMitigaが発見した。同社の報告を受け、Googleはどのような対策を取ったのか。(2022/6/21)

「MAM」の10大機能と7大製品【第1回】
私物スマホでもアプリを自由に使わせない「MAM」とは?
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、モバイルデバイスを活用する企業にどのようなメリットをもたらすのか。MAMツールが備える主要機能を紹介する。(2022/6/17)

「FIDO2」にApple、Google、Microsoftが本腰【前編】
Apple、Google、Microsoftが推すパスワードレス認証「FIDO2」とは?
パスワードの要らない世界の実現を目指し、Apple、Google、Microsoftはパスワードレス認証技術「FIDO2」の活用に力を入れる。FIDO2は何を可能にするのか。このほど3社が打ち出した計画とは。(2022/6/16)

一般参加者が果樹の開花情報を投稿
「気候変動で果実が不作」の謎をデータで解明するFruitWatchとは? 大学が挑戦
英国のレディング大学がOracleと開始したプロジェクト「FruitWatch」は、気候変動が果実の生産に影響を及ぼす仕組みを明らかにしようとしている。その具体的な内容は。(2022/6/15)

TechTarget発 先取りITトレンド
普通のユーザーでも使えるTableauの「組み込み型アナリティクス」とは?
Tableauは「組み込み型アナリティクス」関連の新ツールと新機能を発表した。より多くの従業員が、普段のワークフロー内でデータ分析を実施できるようになるという。どのようなツールなのか。(2022/6/15)

【Google Cloud提供】本当に目を向けるべきは「現場」
「現場置き去りのDX」から全従業員を巻き込んだ改革に変えるには
DXの実現にはオフィス以外で働く現場従業員も巻き込んだ業務改革が必須だが、本社、支社止まりの形骸化したDXで満足しているのが実態だ。全社横断の視点で業務改革を実現するには、何をどうすればいいのか。(2022/6/24)

スクラムマスターの5大認定資格【第3回】
履歴書に書きたい「AWS Certified Cloud Practitioner」とは? 合格するには
スクラムを通じたクラウドネイティブアプリケーション開発において、スクラムマスターが備えるべき知識やスキルとは何か。実力の証明となる資格「AWS Certified Cloud Practitioner」を解説する。(2022/6/14)

データ増大とCO2排出の対策【前編】
「使わないけど消せないデータ」を保存する“あのストレージ”とは?
保有データ量が増大する問題は、コストの面でもCO2排出の面でも企業を悩ませる可能性がある。今後、ストレージのデータをどう保管すればいいのか。まず考えた方がよいのは「使わないデータ」の扱い方だ。(2022/6/14)