「ハイブリッドワーク」への移行に挑む
テレワーク特需で稼いだZoomは、自社の“脱テレワーク依存”をどう進めるのか?
Zoomは自社のWeb会議ツールを使って、テレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワーク移行に取り組もうとしている。テレワーク特需の恩恵を受けた同社が考える、ハイブリッドワーク移行のポイントは。(2021/10/13)

Gartnerの調査レポートから
“Zoom依存”さらに進行か 「Web会議」が急増、「対面会議」は“マイナー”に
テレワークの普及は、企業における会議の在り方を大きく変えている。会議といえば対面会議だった時代はもう終わり、Web会議が主要な会議手段としての地位を築きつつあるのだ。Gartnerの調査から、会議の実態を探る。(2021/10/7)

パンデミックを乗り切るホテルチェーンのクラウド活用法【前編】
「コンフォートイン」運営の大手ホテル会社が、テレワークのために入れたITとは
ホテルフランチャイズを営むChoice Hotelsは、新型コロナのパンデミックを機に従業員のテレワーク体制を整備した。同社がテレワークのために導入したIT製品/サービスとは。(2021/10/6)

ポイントはツールの連携とクラウド移行
Teamsと使いやすいグループウェアで、現場も運用も楽なテレワーク環境をつくる
テレワークを本格化させようとシステムを見直す企業が増えている。そこで課題になるのが、Web会議などの必須ツールを現場がスムーズに使え、運用やコスト負担も少ない環境をどうつくるかだ。テレワークを賢くアップデートするポイントは。(2021/9/30)

働き方の多様化で浮上するリスク
テレワークとクラウドで生まれたビジネス変革を支えるゼロトラストセキュリティ
セキュリティやネットワークにまつわるさまざまな問題が、安全かつ快適なテレワークの実現を阻んでいる。「ニューノーマル」時代に応じたシステムの運用構築を支える「ゼロトラストセキュリティ」の仕組みと実現方法を解説する。(2021/9/30)

分散された「働く環境」を脅威から守る
テレワーク時代に最適な「セキュリティとネットワーク」 同時に実現するには?
境界型セキュリティとそれに基づいたネットワーク構成はこれまでの常識だった。だが、テレワークが当たり前になった今、その常識が変わりつつある。変化する時代に沿ったセキュリティとネットワークを実現するためには何が必要なのか。(2021/9/29)

ブロガーが語るネットワークの3つの問題【後編】
リーダーの資質とは? ネットワークエンジニア「初級」「上級」の最大の違いは
ネットワークエンジニアとして優れた役割を果たすために必要なのは、技術的なスキルだけではない。ある専門家は初級エンジニアと上級エンジニアの違いを挙げて、リーダーが持っている“ある資質”を解説する。(2021/9/29)

ハイブリッドワークの整え方【後編】
「テレワーカー=オフィス」の認識が安全なハイブリッドワーク実現に不可欠な訳
将来を見据えたセキュアなハイブリッドワークの実現には、どのような考え方でセキュリティ対策を進めればよいのか。利用できる技術とは何か。有識者のアドバイスと共に紹介する。(2021/9/28)

「柔軟な働き方」が鍵に
テレワークをやめた企業が払う“最悪の代償” 有能社員が会社を見限る
従業員の離職を防ぐために把握すべき「コロナ禍以降の従業員のニーズ」は何か。従業員の勤務場所に制約をかけることは、どのようなデメリットがあるのか。(2021/9/23)

ブロガーが語るネットワークの3つの問題【中編】
Microsoftはなぜ「MEC」と「5G」を一緒に語るのか?
「5G」と「MEC」は緊密な関係にある。ネットワーク専門家の一人は、ネットワークエンジニアはこの2つに注目すべきだと指摘する。Microsoftの取り組みを例にその理由を紹介する。(2021/9/21)

ダークWeb潜入レポート【後編】
“不正アクセスのプロ”が被害企業の名前を明かさない「ダークな理由」
攻撃者は企業のネットワークやデータへのアクセス権を不正に入手して、ダークWebの闇市場で売りさばいている。闇市場での取引における、売り手と買い手の思考を探る。(2021/9/15)

ハイブリッドワークの整え方【中編】
「SASE」がハイブリッドワーク推進企業にこそ必要な理由
ハイブリッドワークの普及によって、従業員がオフィス内外で働くようになった現在、従来のセキュリティアーキテクチャでは保護の抜け漏れが生じる可能性がある。そうした課題の解決策となり得る「SASE」とは何か。(2021/9/14)

ブロガーが語るネットワークの3つの問題【前編】
いまさら聞けない「拡張VLAN」とは? なぜVLANを拡張するのか
ネットワークエンジニアでブロガーのある人物は、ネットワークエンジニアは「拡張VLAN」について考えるべきだという。その根拠や拡張VLANの必要性を考える。(2021/9/13)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第2回】
“テレワーク前提”なら無視してはいけない「セキュリティ」の課題と解決策
テレワークを一時的な施策ではなく長期施策として継続する場合に、無視できないのがセキュリティに関する課題だ。どのような課題があり、どうすれば解決できるのか。(2021/9/13)

ダークWeb潜入レポート【前編】
不正に売られている「企業ネットワークへのアクセス権」の相場は?
闇市場の攻撃者フォーラムでは、企業のネットワークやデータへのアクセス権が不正に販売されている。アクセス権の価格や被害企業の傾向は。調査結果に沿って紹介する。(2021/9/8)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第1回】
「仮想化エンジニア」になろう――その仕事内容と必要なスキルとは
仮想化エンジニアの職に就くにはまず、その役割を理解することと採用面接に通過することが必要だ。仮想化エンジニアの具体的な業務内容と、面接時に心掛けておきたいことを説明する。(2021/9/7)

Computer Weekly日本語版
有害なVPNの見分け方――こんなVPNプロバイダーには気を付けろ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/9/6)

ハイブリッドワークの整え方【前編】
在宅とオフィスの併用勤務「ハイブリッドワーク」で“脱VPN”が広がる理由
新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が広がり始めている。こうした中、従来の「VPN」の課題が顕在化しているという。何が起きているのか。(2021/8/31)

TechTarget発 世界のITニュース
消えた「ハッカー天国」 国際警察が犯罪者向けVPN「DoubleVPN」を停止
欧州刑事警察機構とオランダの警察は、サイバー犯罪者が利用するVPNサービス「DoubleVPN」のサーバを押収し、同サービスを停止させた。これを通じて警察がハッカーに送る“メッセージ”とは。(2021/8/31)

TechTarget発 世界のITニュース
NSAがロシアの「ブルートフォース攻撃」に警鐘 “総当たり”に有効な防御は?
NSAはロシアのサイバー犯罪組織の攻撃活動が活発化していると警告している。攻撃にはどのような手口が使われるのか。どうすれば自社を守れるのか。(2021/8/31)

「セキュアリモートアクセス」導入・選定ガイド【第4回】
セキュアリモートアクセスの根幹技術「IAM」の要チェック機能とは?
「IAM」は、セキュアリモートアクセスの構築に重要な役割を果たす。IAMを構成するさまざまな技術のうち、製品選びで特に注目すべきものは何か。専門家の意見を基に整理する。(2021/8/30)

「セキュリティ文化」のすすめ【中編】
セキュリティ製品の導入にとどまらず「なぜ」「どうやって」の説明に注力すべき理由
セキュリティリスクを高める大きな要因が「人間」だ。セキュリティ文化が根付いた企業は従業員教育に力を入れ、全員が高いセキュリティ意識を持つようにしている。では、具体的にどうすればいいのか。(2021/8/26)

「Microsoft Azure」のネットワークサービス11選【後編】
Azureのネットワークサービス「Traffic Manager」「Azure ExpressRoute」「Private Link」「Network Watcher」とは
「Microsoft Azure」のネットワークサービスのうち、「Traffic Manager」「Azure ExpressRoute」「Private Link」「Network Watcher」の4サービスはどのような特徴があるのか。適した用途とは。簡潔に説明する。(2021/8/25)

急場しのぎのツールを使い続けていないか
「ハイブリッドワーク」導入前に見直したいネットワークセキュリティ 5つのポイント
テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。(2021/8/24)

現状整理から運用体制確立まで
ゼロトラスト先駆者に聞く 働き方を本気で改革可能なセキュリティインフラとは
ゼロトラストセキュリティが話題になる一方、キーワードが独り歩きするとともに個別最適でのツールありきの検討が問題になっている。場所を問わず働ける、ビジネスの戦力になるITインフラをゼロトラストセキュリティで実現する鍵とは。(2021/8/31)

「セキュアリモートアクセス」導入・選定ガイド【第3回】
“脱VPN”からの「ZTNA」導入が進む理由 “ゼロトラスト詐欺”には要注意
テレワークへの移行が進む中、企業は「VPN」を使い続けることに限界を覚え始めている。VPNの代替手段として導入や検討が進むのが「ZTNA」だ。ZTNAに注目が集まる理由は。(2021/8/23)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第1回】
テレワークを避けられないなら最低限押さえておきたい「経営課題」とは
感染症対策として急場しのぎでテレワークを導入した企業が、テレワークを長期施策として捉えたときに、浮き彫りになる経営課題とは。主要な項目を整理する。(2021/8/18)

コロナも影響、消えゆく企業向け電話システム
「電話」はもう使われずに消えてしまうのか?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックでテレワーク移行した企業が、電話に代わるコミュニケーション手段を模索し始めている。その背景には何があるのか。このまま電話はオフィスから消えるのか。(2021/8/21)

テレワーク中の印刷方法【後編】
「テレワークで印刷できない」を解消する「クラウドプリント」とは何か?
テレワークで印刷が必要になった場合、クラウドプリントサービスでリモートプリントの仕組みを容易に利用することができる。具体的なメリットや注意点を見てみよう。(2021/8/19)

テレワークで変わる企業のセキュリティ【第5回】
GoogleやMicrosoftは「ゼロトラストセキュリティ」をどのように実現するのか
テレワーカーが安全に社内LANに接続するためのセキュリティ対策といえば、従来はVPNが主だった。それに代わる手段を、さまざまなベンダーが打ち出し始めている。どのようなサービスがあるのか。(2021/8/16)

「セキュアリモートアクセス」導入・選定ガイド【第2回】
VPNだけではない「セキュアリモートアクセス」を実現する技術、その長所と短所
コロナ禍でニーズの高まりを見せる「セキュアリモートアクセス」は、さまざまな技術分野で構成される。「VPN」や「CASB」など、代表的な技術分野とそれぞれの長所・短所を解説する。(2021/8/16)

テレワーク中の印刷方法【前編】
オフィス外でも印刷できる「リモートプリント」 ただしVPN経由には問題も
テレワーク中心の業務になると、オフィスで従来通りに印刷することができなくなる。その場合の選択肢になるのがリモートプリントだ。どのような印刷の方法があるのか紹介しよう。(2021/8/12)

「Microsoft Azure」のネットワークサービス11選【中編】
「VPN Gateway」「Azure DNS」とは? Azure2大CDN「Azure CDN」と「Azure Front Door」の違いは?
「Microsoft Azure」を利用する際は、用途に適したネットワークサービスを選択するとよい。Azureのネットワークサービスのうち、4サービスの特徴と機能の違いを説明する。(2021/8/11)

ネットワーク帯域幅の求め方【後編】
「帯域幅」を計算する簡単な方法は? ユーザー数の上限を把握する方法も
ネットワークの帯域幅の要件はどのように求めればいいのだろうか。算出に必要な基本的な数値と、計算の仕方を紹介する。(2021/8/10)

「セキュアリモートアクセス」導入・選定ガイド【第1回】
「セキュアリモートアクセス」とは? コロナ禍で変化した意義と必要性
かつてリモートアクセス技術は、一部のユーザーしか必要としないものだった。パンデミックを経験した現在、リモートアクセス技術は全従業員に必要なものになった。今後、このニーズはどう変化するか。(2021/8/9)

テレワークで変わる企業のセキュリティ【第4回】
“脱VPN”からの「ゼロトラストセキュリティ」導入が活発化する理由とは
テレワークの普及で、旧来のセキュリティ対策である「VPN」に課題が見え始めた。それは何なのか。有力な対策となり得る「ゼロトラストセキュリティ」の有効性と併せて考える。(2021/8/9)

導入企業に聞く「Zoom Phone」の活用法【後編】
LogitechがCiscoのUC製品から「Zoom Phone」に移行 その導入効果は?
Logitechは電話インフラをCisco SystemsのUC製品から、音声クラウドサービス「Zoom Phone」へと移行させた。その理由と効果は。(2021/8/3)

テレワークで変わる企業のセキュリティ【第3回】
「ゼロトラストセキュリティ」に満足できない企業の条件とは?
「ゼロトラストセキュリティ」は、テレワークを支える有力なセキュリティアーキテクチャだ。ただし全ての企業がゼロトラストセキュリティの価値を引き出せるわけではない。どのような企業に向かないのか。(2021/8/2)

意思疎通のためのセキュリティ用語集【第5回】
「脅威モデリング」はなぜ必要か? 侵入テストだけでは不十分な理由
侵入テストは、企業のシステムに存在するさまざまな脆弱性をあぶり出すのに役立つ。だがそれだけでは発見しづらい脆弱性があるという。そうした脆弱性の特定で効力を発揮する「脅威モデリング」とは何か。(2021/7/30)

「Microsoft Azure」のネットワークサービス11選【前編】
「Azure VNet」「Load Balancer」「Application Gateway」とは Azureネットワークサービスの基礎
「Microsoft Azure」にはさまざまなネットワークサービスがある。その中から「Azure Virtual Network」「Load Balancer」「Application Gateway」を説明する(2021/7/28)

ネットワーク帯域幅の求め方【前編】
「帯域幅」と「スループット」を混同してはいけない“納得の理由”
ネットワークをスムーズに運用するためには、帯域幅の要件を計算できるようにすることが重要だ。計算をする前に知っておくべき帯域幅やスループットの基本を理解しておこう。(2021/7/27)

テレワークで変わる企業のセキュリティ【第2回】
「ゼロトラストセキュリティ」はなぜ必要か? “急造テレワーク”問題の解決策
新型コロナウイルス感染症の影響で急きょテレワークを導入した企業は、顕在化した課題の解決策として「ゼロトラストセキュリティ」に目を向けているという。それはなぜなのか。(2021/7/26)

VPNの正しい選び方【後編】
自社に最適なVPNプロバイダーを選ぶための3つの質問
各VPNプロバイダーは差別化のために多数の機能やサービスを用意している。だが自社に必要なものであるとは限らない。自社にとって必要なプロバイダーを選ぶにはどうすればいいのか。(2021/7/26)

意思疎通のためのセキュリティ用語集【第4回】
「クラウドテスト」「ホストベーステスト」とは? 何を実行するのか
侵入テストに関する比較的新しい用語に「クラウドテスト」「ホストベーステスト」がある。それぞれ何を対象とした、どのような侵入テストなのか。基本的な事項を解説する。(2021/7/23)

「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【後編】
リモート印刷を失敗させる「ファイアウォール」の“駄目な設定”とは
「リモート印刷」が失敗する場合、幾つかのトラブルシューティングを試すことで問題を解消できる可能性がある。VPNクライアントやファイアウォールの設定を確認する手順を紹介する。(2021/7/23)

「SSH」を安全に利用する【後編】
リモートアクセスを安全にする「SSHサーバ」のリスクアセスメント手順は?
SSHでリモートアクセスを保護したい企業は、リスクアセスメントによってSSHのセキュリティ問題を把握し、適切に対処する必要がある。具体的に何をすればよいのか。(2021/7/20)

テレワークで変わる企業のセキュリティ【第1回】
「ゼロトラストセキュリティを選ばざるを得ない企業」がコロナ禍で続出の訳
ロックダウンやオフィス閉鎖を受けて、企業はテレワークへの移行を急ピッチで進めることになった。その中で企業が注目しているのが「ゼロトラストセキュリティ」だ。どのような点にメリットを感じているのか。(2021/7/19)

VPNの正しい選び方【前編】
有害なVPNの見分け方――こんなVPNプロバイダーには気を付けろ
有象無象のVPNプロバイダーがあり、その品質やサービスは玉石混交だ。低品質なだけなら良い方で、中にはマルウェアに感染させる悪質なものまである。(2021/7/19)

TechTarget発 世界のITニュース
報告者に報酬 脆弱性情報を集めるためにCISAが開始したプログラムとは?
米国で官民連携によって幅広く脆弱性情報を収集し、サイバー攻撃を未然に防ぐことを目指したプログラムが始動した。クラウドソーシングを使い、脆弱性の報告者に報酬を支払うこの仕組みはどのようなものか。(2021/7/17)

ネットワークの重点投資分野【後編】
ネットワーク投資で「5G」「スマートNIC」「SD-WAN」に着目すべき理由
ネットワークの注目すべき投資分野として、専門家は「5G」や「スマートNIC」「SD-WAN」などを挙げる。その理由を紹介する。(2021/7/14)