「狙われるVPN」の共通点とは? Check Pointが明かした攻撃の実態侵入を許すユーザー企業の特徴

Check Point Software Technologiesによると、同社VPN製品の脆弱性を悪用した攻撃で狙われるユーザー企業には、ある共通点があった。どのようなユーザー企業のVPNが狙われているのか。

2024年07月02日 05時00分 公開

関連キーワード

VPN | セキュリティリスク | 脆弱性


 セキュリティベンダーCheck Point Software Technologies(以下、Check Point)は2024年5月、同社VPN(仮想プライベートネットワーク)製品の脆弱(ぜいじゃく)性を公開すると同時に、パッチ(修正プログラム)の適用を促した。同社によると、攻撃者はこの脆弱性を、“ある共通点”のあるユーザー企業を狙った攻撃に悪用していた。標的となったユーザー企業のVPNに共通する点とは何だったのか。

Check Pointが明かした「狙われるVPN」の共通点とは

 Check Pointが2024年5月に脆弱性「CVE-2024-24919」を公開した。同社によると、攻撃者はCVE-2024-24919を使い、認証にパスワードのみを使用するユーザー企業を標的にしてVPNへの不正アクセスを試みた。侵入に成功した場合、情報流出につながる恐れがあるという。CVE-2024-24919を悪用した攻撃の具体的な数や、攻撃者が不正侵入に成功したかどうかは、Check Pointは明らかにしていない。

 CVE-2024-24919の影響を受ける主な製品は以下の通りだ。Check Pointはユーザー企業に対し、迅速にパッチを適用することを推奨している。MFA(多要素認証)ツール採用の重要性も強調する。

  • セキュリティゲートウェイ「CloudGuard Network Security」
  • ネットワークセキュリティの運用ツール「Quantum Maestro」
  • マルチブレードシャシーのセキュリティツール「Quantum Scalable Chassis」
  • セキュリティゲートウェイ「Quantum Security Gateways」
  • 中小企業向けファイアウォール「Quantum Spark」

 VPN技術は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を機に採用が広がり、攻撃者から積極的に狙われるようになった。VPNに入り込むためにVPNを構成する製品の脆弱性を足掛かりにするケースが少なくない。

 ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃を仕掛けるためにVPNから標的システムに侵入する動きもある。2023年、ランサムウェア「Akira」や「LockBit」を使ったサイバー犯罪集団はCisco SystemsのVPN技術の脆弱性を悪用し、同社ユーザー企業を攻撃した。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news159.jpg

SALES ROBOTICSが「カスタマーサクセス支援サービス」を提供
SALES ROBOTICSは、カスタマーサクセスを実現する新サービスの提供を開始した。

news139.jpg

「Fortnite」を活用  朝日広告社がメタバース空間制作サービスとマーケティング支援を開始
朝日広告社は、人気ゲーム「Fortnite」に新たなゲームメタバース空間を公開した。また、...

news029.jpg

「痩せる」投稿が最も増える時期は?――ホットリンクとXがダイエットに関する口コミや検索行動を共同調査
ホットリンクはXと共同で、ダイエットに関するXでの口コミや検索行動を調査しました。