FortinetのVPN製品に「バッファオーバーフロー」の脆弱性 どう対処すべきかFortinetのVPNに「緊急」の脆弱性【前編】

FortinetのVPN製品に深刻な脆弱性が見つかった。ユーザー企業は迅速に対処する必要があるという。具体的にはどうすればいいのか。

2023年01月13日 05時00分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

関連キーワード

VPN | 脆弱性 | セキュリティリスク


 セキュリティベンダーFortinetによると、同社のVPN(仮想プライベートネットワーク)製品に存在する深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が攻撃に悪用された。脆弱性「CVE-2022-42475」は、米国の共通脆弱性評価システムCVSS(Common Vulnerability Scoring System)の評価では、深刻度が最も高い「緊急」(スコア9.3)となった。悪用されれば、攻撃者が認証なしで任意のプログラムを実行できる恐れがあるとFortinetは説明している。

「バッファオーバーフロー」を引き起こす CVE-2022-42475への対処法とは

 CVE-2022-42475について、Fortinetはバッファー(データの一時記憶領域)に想定以上の長さのデータが入力される現象「バッファオーバーフロー」を引き起こす脆弱性だと説明する。同社は「CVE-2022-42475が悪用された1件の事案を確認している」と言い、ユーザー企業に対して直ちにシステムを検証することを勧告している。

 FortinetはCVE-2022-42475を修正するパッチ(更新プログラム)を公開し、VPN製品のバージョンを問わず、適用を促している。米TechTargetの取材に対し、同社は「引き続き状況を監視する」と説明した。

 CVE-2022-42475についてFortinetが情報を公開したのは、2022年12月12日(米国時間)だ。しかしそれより前に、CVE-2022-42475の存在が指摘されていた。フランスのセキュリティベンダーOlympe Cyberdefenseは2022年12月9日(現地時間)、「修正されていない深刻な脆弱性がFortinetのVPN製品に存在する」とみて警戒を呼び掛けていた。


 後編は、CVE-2022-42475の発見を巡る経緯を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...