「ギグエコノミー」と「クリエイターエコノミー」の根本的な違いとは?「ギグエコノミー」と「クリエイターエコノミー」を比較【後編】

新たな働き方の代表例である「ギグエコノミー」と「クリエイターエコノミー」は、何が違うのか。両者の特徴を比較する。

2023年01月13日 08時15分 公開
[Amanda HetlerTechTarget]

関連キーワード

経営 | アウトソーシング


 台頭し始めた新たな働き方が「ギグエコノミー」と「クリエイターエコノミー」だ。ギグエコノミーでは短期的な雇用契約、クリエイターエコノミーではクリエイターの創作活動や技能を通じて収入を得る。より詳細な違いを見てみよう。

ギグエコノミーとクリエイターエコノミーを比較する

 ギグエコノミーが提供するサービスは標準化されており、労働者と特定の消費者との個人的な接触は基本的にはない。ギグエコノミーは個人ではなく企業が運営するため、収益構造が明確だ。ギグエコノミーの消費者は、短期契約で物理的なサービスを購入する。

 クリエイターエコノミーでは、製品やサービスは標準化されておらず、クリエイターはデジタルコンテンツを提供することが一般的だ。クリエイターが特定の消費者向けのコンテンツを開発して、その消費者との関係を構築する。消費者のニーズに応えるために、クリエイター自身が消費者と直接やりとりする。クリエイターエコノミーの消費者は、クリエイターからコンテンツを継続的に提供してもらうこともできる。

 ギグエコノミーとクリエイターエコノミーの主要な違いを表にまとめる。

表 ギグエコノミーとクリエイターエコノミーの主な違い
項目 ギグエコノミー クリエイターエコノミー
労働者の業務性質 標準化されている 標準化されていない
労働者の成果物/役務 物理的サービス デジタルコンテンツ
労働者と消費者との関係性 希薄 濃密

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...