AI人材不足の問題を考える【中編】
AI専門機関が考える「AI人材に本当に必要なもの」
スウェーデンのAI専門機関は、国内外の組織にさまざまな人材プログラムを提供している。同機関の取り組みから見える、AI人材に欠かせないスキルとは何か。(2022/8/18)

ペーパーレス化のメリットと課題【後編】
だから「ペーパーレス化」はうまくいかない それでも成功させる方法とは?
ペーパーレス化は業務効率化やコスト削減などのメリットが期待できる一方で、始める前に課題が表面化し、うまく進まないことがある。なぜペーパーレス化は難しいのか。ペーパーレス化をスムーズに進める方法は。(2022/8/16)

レガシーデータを新しい環境へ
データドリブン経営の最初の課題「データ統合」をどうする?
レガシーシステムのデータを次世代のアナリティクス環境へと移行したい――古くから事業を営む企業であれば、必ずといっていいほど頭を悩ませる問題だ。どうしたら解決できるのか。(2022/8/10)

技術と組織の両輪で対策を
「これからのセキュリティ対策」はどうなる? 2022年上半期の脅威動向から予測
近年はサプライチェーンを狙う攻撃が目立ち、自社だけでなく他社のためにセキュリティ対策を強化する必要性が高まっている。2022年上半期のサイバー脅威を振り返り、セキュリティ対策の優先順位について専門家に聞いた。(2022/8/9)

DXの成否を分ける5つのポイント【第3回】
DXでうまくいかない企業がやりがちな“あること”とは
デジタルトランスフォーメーション(DX)が成功する企業と失敗する企業には、それぞれに特徴があると専門家は語る。DXでつまずく企業がやりがちな“あること”とは。(2022/8/9)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第4回】
いまさら聞けない「データサイエンティスト」「データエンジニア」「データアナリスト」の違いとは
企業のデータ活用を推進するデータ関連職は複数ある。それらの職務や役割はどのように違うのか。「データサイエンティスト」「データエンジニア」「データアナリスト」の主要3種の違いを探る。(2022/8/9)

AI人材不足の問題を考える【前編】
あの企業も「AI人材」獲得に動く スウェーデン流“AIスキルの見つけ方”
AI技術のスキルを持つ人材の需要は高まる一方、スキルを持った人材の供給が追い付いていない問題がある。スウェーデンのAI専門機関は、この課題にどう立ち向かうのか。(2022/8/5)

Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第4回】
ブロードコムによる買収でヴイエムウェア製品のサブスク化が一気に進む?
Broadcomの買収によって、VMware製品のサブスクリプションモデルへの転換が進む可能性がある。ただし従来の買い切り型ライセンスを完全になくすことは難しい事情もある。(2022/8/5)

「ディープフェイク」にだまされないためには【後編】
捏造動画「ディープフェイク」を見抜けるようになる3つのヒント
ディープフェイク攻撃の被害を防ぐには、セキュリティツールに依存するのではなく、適切な行動を理解して実践することが大切だ。脅威に備えるためのヒントを集めた。(2022/8/5)

テレワークで変わる「発言しない従業員」【後編】
「Web会議は“オワコン”」「Genius Barを社内に」 トヨタ系幹部の発言の真意
テレワークの普及で、従業員の働く環境の選択肢が広がった。こうした変化は、社内向けのコミュニケーションツールにも変化を促す。何がどう変わるのか。トヨタ系金融サービス事業TFSの経営幹部に聞いた。(2022/8/3)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第5回】
「テレワークをやめるか、続けるか」の終わらない論争 何が“正解”なのか?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が落ち着きを見せる中で、企業の間でテレワークを継続するか、終了するかの検討が活発化し始めた。その中身はさまざまだ。(2022/8/2)

「人工妊娠中絶」を補助する米国企業が直面する壁【前編】
“中絶禁止”の衝撃 米国「ロー対ウェイド判決」が覆った影響とは?
人工妊娠中絶を憲法上の権利として認めた米国の「ロー対ウェイド判決」が覆った。これに伴い、米国企業にはどのような影響があるのか。専門家の話を基に考察する。(2022/8/1)

DXの成否を分ける5つのポイント【第2回】
DXの成功者だけが到達できる「第3段階」とは? “常人”が到達できない理由
デジタルトランスフォーメーション(DX)には3つの段階があると専門家は指摘する。ただしDXのメリットを享受できる「第3段階」に到達できる企業は、ごくわずかだという。その理由は何か。(2022/7/26)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第4回】
「テレワークは甘え」が世界の“常識”になる日
テレワークの継続を希望する従業員の声に応えたい――。こう考える企業がいくら努力をしても、状況が変化すれば継続が難しくなる可能性がある。テレワーク継続を阻むリスクとは。(2022/7/26)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第3回】
「対面にこだわる経営者」こそテレワークを禁止してはいけない“納得の理由”
対面でのやりとりこそが成長の鍵――。こう考える経営者は、コロナ禍が落ち着きを見せる中でテレワークを終了しようと息巻いている可能性がある。だがテレワークは安易に終わらせない方がよい。その理由は。(2022/7/19)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第3回】
データ活用に本気の企業ほど「シャドーIT」を放置してはいけない理由
シャドーITはデータ分析にも影響を及ぼし始めている。データドリブン経営を本気で目指すのであれば、シャドーITの野放しはやめた方がよいという。どういうことなのか。(2022/7/26)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第5回】
医療機関こそBCPが必要な理由 ランサムウェア被害は対岸の火事ではない
コロナ禍をきっかけに、医療業界のIT導入は急速に進んでいます。万が一のシステム停止に備え、病院運営に深刻な被害を出さないために事業継続計画(BCP)策定のポイントを解説します。(2022/7/25)

コロナ禍のIT活用促進術【第4回】
いまさら聞けない「クラウドサービス」の価値 少しだけでも試すべき理由
新型コロナウイルス感染症によって社会と企業文化が大きく変化する中、「クラウドサービス」がどのような価値をもたらすのか。あらためて検証する。(2022/7/21)

テレワークで変わる「発言しない従業員」【前編】
トヨタ系やグーグルにもいた「会議でしゃべらない沈黙マン」が発言し始めた理由
テレワーク移行を契機に、内気な性格の従業員が議論の輪に加わるようになった――。トヨタ系の金融サービス事業TFSとGoogleの経営幹部は、こう口をそろえる。こうした傾向が現れた理由とは。(2022/7/19)

「セキュリティ意識向上研修」の効果を高める方法【第5回】
ヒューマンファイアウォールとは? 従業員のセキュリティ意識が育つ思考法
研修を実施しているのにもかかわらず、従業員にセキュリティ意識が芽生えない――。そう考える企業ができる、セキュリティ意識を高めるための幾つかの手法を紹介する。(2022/7/19)

Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第1回】
ヴイエムウェア従業員がブロードコムによる買収に抱く“ある不安”とは?
Broadcomは買収するVMwareのブランドを維持する計画だ。ただしVMwareの従業員やユーザー企業の間には、“ある不安”がくすぶっているという。それは何なのか。(2022/7/15)

DXの成否を分ける5つのポイント【第1回】
そもそも「DX」って何? 専門家による“一言定義”と成功のこつ
デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する動きは広がっているものの、それぞれの企業が進めるDXの実態はさまざまだ。そもそもDXとは何なのか。定義を専門家に聞いた。(2022/7/14)

拡張分析がもたらす「BI改革」【中編】
「AI」で「BI」を自動化すべき理由 コールセンターの“あの苦労”が軽減か
ビジネスインテリジェンス(BI)ツールは高度な知識がなくても使えるようになり、活用が広がっている。企業はこうした“次世代”のBIツールで何ができるようになるのか。コールセンターを例に考える。(2022/7/14)

約20万人のウクライナ語話者が利用
ウクライナ避難民が困る「言語の壁」をEdTechで打破する無料学習コースとは?
ロシアによる侵攻の影響を受けるウクライナ語話者向けに、EdTechベンダーBabbelが言語学習コースの無償提供を始めた。どのようなものなのか。(2022/7/13)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第2回】
“テレワーカーは昇進できない”の心理的根拠「近接性バイアス」とは?
テレワークに懐疑的な意見を持つ人は少なからずいる。こうした意見が、もし偏った心理傾向によってもたらされているとすれば、テレワークを認めるかどうかといった単純な話では済まなくなる。どういうことなのか。(2022/7/12)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第2回】
「統計学のプロ」でも「データ分析のプロ」になれない“なるほどの理由”
数学スキルがあればデータ分析は可能だ――。その考えには一理あるが、それでもスムーズなデータ活用には他の専門知識が不可欠だ。その理由と必要な知識を説明する。(2022/7/12)

「データ完全性」実現の近道
データドリブンな意思決定の第一歩「データ完全性」とは?
自社が抱えるデータの不備が壁となり、データドリブン型経営の推進に二の足を踏むといった問題が後を絶たない。信頼できるデータの条件である「データ完全性」を実現するには、何をすればよいのか。(2022/7/11)

「セキュリティ意識向上研修」の効果を高める方法【第4回】
“危ない社員”をあぶり出す「人的リスク定量化モデル」とは? 導入するには
従業員に起因するセキュリティリスクの特定に役立つプロセス「人的リスク定量化モデル」の人気が高まりつつある。人的リスク定量化モデルの詳細と、その取り入れ方を紹介する。(2022/7/11)

「ディープフェイク」にだまされないためには【前編】
甘く見てはいけない捏造動画「ディープフェイク」の脅威 知人でも気付かない?
ディープフェイク攻撃は政治家や芸能人にとどまらず、最近は企業にも被害が広がっている。対抗するためには、まず仕組みを知る必要がある。ディープフェイクの要点をまとめた。(2022/7/8)

テスラが浮き彫りにしたテレワークのリスク【第1回】
マスク氏が「テレワーク終了」を宣言した“本当の意図”とは
TeslaのCEOイーロン・マスク氏は従業員に「テレワーク終了」を宣言した。テレワークがはらむリスクを浮き彫りにする出来事だが、この裏には「別の意図がある」と専門家は考察する。(2022/7/5)

米国で進む「越境採用」の光と影【前編】
180カ国の有能人材が我が社の社員に? 新興HR Techの越境採用サービスとは
人材獲得競争が激化する中、米国では「海外人材の越境採用」が活発化。180カ国を対象とした人材採用サービスを提供するベンダーも登場している。こうしたサービスが支持される背景とは。(2022/7/5)

Teslaの「テレワーク廃止」宣言が求人に及ぼす影響は【後編】
「脱テレワーク」「出社義務化」を強行した企業が払う“最悪の代償”
TeslaのCEOイーロン・マスク氏が従業員に向けて、今後はテレワークを認めない方針を示したことが波乱を呼んでいる。専門家の見解は。(2022/7/5)

Microsoft肝いりの「Project Volterra」とは【前編】
Mac mini似だけじゃない MicrosoftのArm搭載PC「Project Volterra」の特徴は?
「Project Volterra」は、MicrosoftがAI関連開発者向けに開発したArmプロセッサ搭載デバイスだ。Appleの「Mac mini」に似た見た目からは分からない、Project Volterraの本当の特徴を探る。(2022/7/2)

拡張分析がもたらす「BI改革」【前編】
「BIは難しい」はもう古い BI民主化を急加速させた“あの技術”とは?
企業はビジネスインテリジェンス(BI)を活用することでさまざまな洞察を得て、ビジネスの改善に役立てることができる。最近のBIツールは「使いやすさ」が売りだ。BIの“民主化”を促しているのは何か。(2022/6/30)

コロナ禍のIT活用促進術【第3回】
はやり物が大嫌いなITリーダーこそ「メタバース」を追うべき理由
話題になったはずのITが一時的な流行で終わり、廃れることは珍しくない。それでも“はやりのIT”を注視することには意味がある。「ミーハーになれ」ということではない。これは「心構え」の問題だ。(2022/6/30)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第1回】
「データドリブン時代の勝ち組IT担当者」が外さない“あのスキル”とは?
データ主導のビジネスを実現するためにIT部門の力は不可欠だが、ITインフラの運用管理スキルだけでは太刀打ちできない可能性がある。IT部門が「データドリブン経営」に貢献するのに必要なスキルとは。(2022/6/28)

RPAを諦めない体制づくりが鍵
なぜニチレイロジは32万時間の効率化を果たせたのか RPA戦略の裏側を聞いた
2017年にRPAを導入したニチレイロジグループは、2022年6月時点でRPAによって効率化できた時間が累計約32万時間に達した。この成果を出せた秘訣は導入期の取り組みにあるという。(2022/6/28)

「セキュリティ意識向上研修」の効果を高める方法【第2回】
毎年やっても意味がない? 「セキュリティ研修」を無駄にする“あの慣習”
「年に1度、必ずセキュリティ研修を実施する」。こうした取り組みはセキュリティを向上させる上で効果がありそうだが、実はある“欠陥”があると専門家は語る。それは何なのか。(2022/6/27)

中堅〜大企業の課題を解決
稟議・ワークフローの“脱レガシー”が今こそ必要な理由
コロナ禍は経営や働き方を大きく変え、10年以上前に導入した稟議・ワークフローシステムのレガシー化が顕著になりつつある。ただし中堅〜大企業には、システムの刷新を困難にする要件が幾つか存在する。その問題の本質と解決策を探る。(2022/6/28)

コロナ禍のIT活用促進術【第2回】
人の仕事を奪いたくないITリーダーこそ「自動化」を生かせる“納得の理由”
自動化は人の仕事を奪うのではないか――。こうした不安は杞憂とは言い切れないものの、「人を生かす」ことを突き詰めると、むしろ自動化が合理的な手段であることが分かる。それはどういうことなのか。(2022/6/23)

レガシー化したBPMをコンテナでモダナイズ
クラウドアプリの開発/運用基盤を社内に構築、脱レガシーの最適解とは?
パブリッククラウドとその上で動くアプリケーションの特徴を理解せずにクラウド移行したことで、コストやセキュリティの課題に悩む企業は多い。これを回避した日商エレクトロニクスは、どのような開発/運用基盤をどう活用しているのか。(2022/6/23)

「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第4回】
週4日勤務に踏み切ったソフト開発会社が「会議」を減らした“納得の理由”
ソフトウェア開発会社Blackthorn.ioは新たな勤務形態として、給与は変えずに1日9時間、月曜から木曜の週4日勤務制に移行した。この変化に伴い、同社の従業員はどのように働き方を変えたのか。(2022/6/22)

FUJIFILM Business Innovation Asia Pacific女性CIOの挑戦【後編】
男性中心の組織で“ガラスの天井”を突破した女性CIOが守り続ける「信念」
FUJIFILM Business Innovation Asia PacificのCIOとしてDXの取り組みをけん引するヘンリエッタ・ヨウ氏は、自身のキャリアを通じて「あること」を重視し続けているという。それは何なのか。(2022/6/22)

Amazonの騒動から学ぶ「従業員の本音を知る方法」【後編】
企業は本当に“従業員監視”をしたがっているのか? 監視以外で本音を知る方法
従業員の考え、本音を知るために従業員監視ツールは役立つのだろうか。こうしたツールを使わずに従業員の本音を知る方法はあるのだろうか。こうした疑問に対する答えを探る。(2022/6/21)

新ブランド戦略に伴う「品質向上の効率化」の挑戦
品質と効率を両立、コード解析ツールの乗り換えの決断がもたらした効果とは
富士フイルムビジネスイノベーションは、海外進出を加速させる一方で、商品の品質向上と効率化の両立が課題だった。開発品質を高めつつ工数削減を両立させるに当たり、同社がコード開発ツールのリプレースに踏み切った理由は。(2022/6/27)

データセンターの「ネットゼロエミッション」を実現するには【後編】
温室効果ガス排出量実質ゼロ「ネットゼロエミッション」の実現に役立つITとは?
データセンターのネットゼロエミッションを実現する手段として、環境に配慮した形で設計・運営するためのITがそろいつつある。企業はどのようなITを生かしているのか。(2022/6/20)

コロナ禍のIT活用促進術【第1回】
予算不足を嘆くITリーダーこそ「ITエバンジェリスト」になるべき理由
新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、ビジネスをとりまく環境が一変した後の社会では、ITリーダーが「社内向けエバンジェリスト」を担うべきだという考えがある。その理由は何か。(2022/6/16)

「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第3回】
「週休2日・9時5時勤務」は本当の本当に生産的なのか?
企業も従業員も当たり前のこととして受け入れてきた勤務形態は、本当に生産性の向上をもたらすのだろうか。働き方の変化は、勤務形態の「これまでの常識」に再考を促す。(2022/6/15)

4要素で分類 事業存続を左右するビジネスリスク【後編】
「技術」リスクの軽視が“壊滅的な被害”を招く?
事業の基盤となる4つの要素からリスクを把握することで、企業を取り巻くリスクの全容やその関係性の把握に役立つ。本稿は、技術と設備の面から見たリスクを解説する。(2022/6/9)

クラウドはもっと「楽」に運用できる
DX推進の鍵 「攻めのクラウド運用」を実現するには?
DX推進において他社との抜本的な差別化を図る上で、“攻め”のクラウド活用は極めて効果的な策だ。しかし、それを実現するのは簡単なことではない。どうすればいいのか。(2022/6/9)