嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第1回】
「顧客満足度調査」はなぜ嫌われるのか それでもなぜやる意味があるのか
顧客満足度調査はさまざまな課題を抱えており、「将来的になくなる」と話す専門家もいる。一方で顧客満足度調査の意味は変わらないとの声もある。どういうことなのか。顧客満足度調査の課題と可能性を再考する。(2021/4/20)

データの倫理的活用を考える【第5回】
Salesforceも「データの倫理的活用」に本腰 原則を現場に落とし込む方法とは?
経営層がデータを倫理的に扱うと決めても、現場にその意図が伝わらなければ意味がない。どのようにすればよいのか。Salesforceをはじめとする先駆的企業の取り組みを基に考える。(2021/4/13)

コロナ禍のランサムウェア対策、医療機関はどうすべきか【後編】
パンデミックとサイバー攻撃の集中砲火にさらされる医療機関に必要な対策とは
コロナ禍の影響で、医療機関のセキュリティ対策は脆弱な状態だ。その上テレワークやオンライン診療に伴う新たなセキュリティ課題もある。いま特に必要なセキュリティ対策は何か。(2021/4/13)

失敗しない「ERP」導入のポイント
「ERP」の要件分析から巻き込むべき“4人のキーパーソン”とは?
自社に適したERPシステムを選定・導入するには、しかるべき利害関係者を巻き込むことが重要だ。誰を巻き込めばよいのか。(2021/4/12)

NEWS
NTTデータ、鉄道業界向けERPを提供 多角化経営に特有の財務管理の課題を解決
NTTデータは、鉄道事業者向けのERP「Biz∫(ビズインテグラル)鉄道ソリューション」を提供する。ホテルや百貨店など多岐にわたって事業展開する鉄道業界ならではの課題や規則に特化した機能を搭載している。(2021/4/9)

クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】
「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?
システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータの価値を最大化、次世代ストレージの実力とは?
データ駆動型ビジネスの浸透に伴い、ストレージに求められる要件は、運用の簡素化、俊敏性の向上、データの価値発揮など、いっそう高度化している。その中で注目されるのが、マイクロサービスや機械学習を採用した次世代アプライアンスだ。(2021/4/8)

NEWS
生産現場の見える化で異常をすぐ検知、オムロン阿蘇が生産データ分析を自動化
オムロン阿蘇は日本オラクルのデータ活用技術を駆使し、生産データ分析システムを構築した。分析の自動化で人的ミスを防ぎ、生産ラインの安定した稼働を目指す。在宅でも現場状況の把握を可能にした。(2021/4/7)

クラウドニュースフラッシュ
資生堂が「Dynamics 365」を日本とタイに導入した理由とは?
資生堂が国内やタイの拠点に「Dynamics 365」を導入した事例やIaaS/PaaS市場の調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/3/31)

小売業や飲食業は苦戦か
地方への移住が加速、「STEM」が成長――McKinseyが示す“コロナ後の世界”
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック収束後、雇用市場はどう変化するのか。McKinsey & Companyの調査結果を基に考察する。(2021/3/25)

コロナ禍のランサムウェア対策、医療機関はどうすべきか【前編】
ランサムウェアによる命の脅威に直面する医療機関 対策は「ゼロトラスト」か
医療機関を狙うランサムウェア攻撃はコロナ禍の影響もあり激化する一方だ。セキュリティ対策の最前線に立つ医療業界向けセキュリティベンダーは事態を重く見ており、ゼロトラストセキュリティの必要性を訴えている。(2021/3/25)

従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【中編】
企業は「新型コロナワクチン接種」の情報を従業員にどう提供すべきか
オフィス勤務を再開する条件として、従業員に新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を義務化したり奨励したりする企業は、接種に必要な情報を従業員に提供する必要がある。どのように提供すればよいのか。(2021/3/22)

クラウド時代のDR
システム障害を経験した企業が新システムに込めた教訓 復旧に向けた2つの時間
障害や災害によるシステムの停止は回避できるに越したことはないが、経験しなければ得られない学びもある。ある企業がシステム障害を引き起こした事例から、同社が得た教訓と対策を紹介する。(2021/3/19)

Sansanは人事とIT戦略をどうつないだか
IT部門が積極的に関わるべき「人事システムの大問題」と解決法
勤怠や給与、評価、採用など人事業務ごとに個別システムを使うことで貴重な人材情報が分散し、人材やビジネスの成長に活用できていない企業は多い。Sansanの人事システム改善事例から解決法やIT部門と人事部門の望ましい協調体制を考える。(2021/3/18)

大企業ほどハマりやすいシステム導入のワナ:
既存環境を温存したスモールスタート人財管理はなぜ失敗するのか?
ビジネス環境が激変する中、優秀な人財に企業の将来を託せるよう、タレントマネジメントに期待する経営者や人事部は多い。しかし、その思想を人事システムの設計に反映してしまうと、思わぬ結果を生むケースがある。(2021/3/17)

従業員のCOVID-19ワクチン接種問題【前編】
企業はオフィス勤務再開時に新型コロナワクチン接種を義務付けるべきなのか?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が世界中で進みつつある。米国ではオフィス勤務の再開とワクチン接種の扱いについて本格的な議論が進んでいる。焦点はワクチン接種を義務化するかどうかだ。(2021/3/15)

新型コロナによる影響もあるが……
「中古スマホ」爆売れの訳 10万円超え新品は“お金持ちの道楽”に?
中古スマートフォン市場が活況だ。新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる失業の増加が関係しているという見方もあるが、新型スマートフォンの機能と消費者ニーズとのギャップを原因として指摘する声もある。(2021/3/14)

システムの分断が招く組織の分断:
企業成長の足かせとなる「人事システムの分断」問題、企業が見直すべき課題
人事業務のIT環境は都度のポイントソリューションが導入されがちで、個々のシステムが分散しやすく、経営戦略に基づく包括的な人事戦略を実行しにくい。人事情報を一元的に管理し、ビジネス成長につなげるには全社IT部門の知見が必要だ。(2021/3/12)

医療業界の「HCI」導入事例【前編】
コロナ禍で施設拡大が頓挫、窮地の医療機関をNutanixの「HCI」はどう救ったのか
米医療機関Delaware Valley Community Healthは、施設拡大に取り組む最中にCOVID-19の危機に直面し、計画変更を余儀なくされた。ピンチを乗り越える鍵はNutanixのHCIだったという。HCIがもたらしたメリットとは。(2021/3/9)

「事業経営とITコスト」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/3/9)

煩雑な経理業務プロセスを一気通貫で自動化
AIの力で経理担当者の面倒な「仕訳」「検証」を自動化するクラウド型ERPとは?
企業のDX推進において中核を担うのが、クラウドサービスの活用やアプリケーション間のデータ連携だ。中堅・中小企業でこうした取り組みを効率的に進める上では何が課題となり、どうすれば解消できるのか。詳しく解説する。(2021/3/9)

ばらばらな拠点や業務のデータを集約
属人化したExcelシートの山をどう集約? グローバル拠点のデータの可視化方法
ERPシステムだけで経営管理を実現するにはさまざまな壁がある。個別の業務システムや各拠点がばらばらに管理するデータを集約し、大量の「Microsoft Excel」処理を減らして効率化を図り、意思決定を支援するシステムを実現する方法とは。(2021/3/4)

接点がなかった客にも積極的にアプローチ
システム開発会社が“地理的に接点のない客”にもリーチできるようになった理由
「設計、開発、保守をワンストップで提供」を強みに、中小企業との直接取引増を目指したインフォニック。そのためには、これまでとは違った営業が必要だった。新たな営業手法で、従来とは違う見込み客へのリーチに成功した事例を紹介する。(2021/3/5)

経営幹部をうなずかせるCX戦略の伝え方【後編】
「CX」投資の勘所とは 「理由なき投資」「ツールだけ投資」が駄目な理由
CX戦略への投資を考えるとき、推進担当者はどのようなことに気を付ければいいのだろうか。経営者からの投資を得やすくする伝え方と合わせて、CX投資の勘所を紹介する。(2021/2/26)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【後編】
DXリーダーにこそ「傾聴力」が欠かせないシンプルな理由
テレワークが当たり前になり、働き方の常識が大きく変わった。企業はDXを推進する上で、こうした変化を捉えて組織構造やリーダーシップのスタイルを見直す必要がある。どう見直せばよいのか。(2021/2/26)

AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【前編】
AWSがついに「ハイブリッドクラウド」に本腰か “クラウド王者”の戦略は
クラウドサービス市場をけん引するAWSは、自社のクラウドサービスや事業をどう強化し、どう拡大させようとしているのか。同社のクラウド戦略と、ユーザー企業がAWSを利用するときの課題を整理する。(2021/2/22)

SaaS型ERPならではの強みを生かす
2層ERP戦略が海外拠点のガバナンス強化とビジネス迅速化に貢献する理由
海外拠点に現地の商習慣や法制度に適応したERPを導入するのは合理的な選択だが、製品選定や導入を現地任せにしてしまうと、経営面でさまざまな不都合が生じる。この課題を解決する方法とは。(2021/3/5)

経営幹部をうなずかせるCX戦略の伝え方【前編】
「CX」投資を経営幹部に納得させるには? まずは「事実と数字の整理」から
カスタマーエクスペリエンス(CX)戦略について経営幹部の賛同と投資サポートを得るために、CX推進担当者はどのような行動を取ればよいのか。経営幹部へのプレゼンテーションの際に考慮が必要な要素を解説する。(2021/2/17)

企業は解雇とどう向き合うべきか【第2回】
業績悪化でも企業が「解雇」を最終手段にすべき理由と、検討すべき代替策
企業が経営不振に陥ったとき、生き残りの手段として従業員の解雇を検討せざるを得ないことがある。だが解雇を選ぶことで企業自体にもネガティブな影響が及ぶと専門家は言う。どのような影響があるのか。(2021/2/15)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【中編】
ITリーダーは「DX推進に必要なIT人材がいない」問題をどう解決すればよいのか?
テレワークの普及は人材採用に寄与するとの声があるものの「IT人材不足がビジネスの妨げになっている」と悩む企業はいまだに少なくない。ITリーダーが取り得る現実的な解決策は。(2021/2/12)

TechTarget発 世界のITニュース
Rubrik、非構造化データバックアップIgneousの技術を買収 その理由は?
Rubrikは、非構造化データ向けバックアップを手掛けるスタートアップIgneous Systemsが持つ主要技術とIPを買収した。なぜRubrikは買収に踏み切ったのか。(2021/2/9)

Boseのサプライチェーン強化【後編】
音響大手Boseがサプライチェーンの混乱時に実践する「危機管理プロセス」とは
音響メーカーBoseは、サプライチェーンの回復力強化のためのシステムを導入し、混乱に素早く対処できるよう備えている。同社は危機の重要度と影響度を3つのレベルに分けている。それはどのようなものか。(2021/2/9)

企業は解雇とどう向き合うべきか【第1回】
その解雇、本当に必要? 踏み切る前に検討したい「再教育」の意義
新型コロナウイルスの流行が招いた経営不振は、企業に従業員の解雇を決断させることがある。ただし解雇は状況打破の唯一の手段ではない。代替策となり得るのが従業員の「再教育」だ。その根拠とは。(2021/2/8)

ボトルネック解消が成功の鍵
ビジネスプロセスの自動化を阻むボトルネックの見つけ方
ビジネスプロセスの自動化を検討しているなら、まずボトルネックを最適化する必要がある。事例を参考に、自社に最適な方法論を見つけよう。(2021/2/4)

コロナ共存時代のテレワーク動向【後編】
テレワーク推進で社員のやる気を引き出せる企業、信頼を失う企業の違い
テレワークによって恩恵を受ける従業員は少なくない。だが今後の企業の打ち手によっては、従業員と経営者との信頼関係にひびを入れる可能性すらある。(2021/2/3)

「ITは自動化や生産性向上だけではない」
「テレワーク推進」は中小企業を救うのか エコノミスト崔 真淑が描く未来予想図
中小企業が苦境に立たされている。経済は危機的状況を迎えており、どんな施策をすれば効果があるのか頭を抱えている経営者は少なくない。企業を支えるためにはどんなIT投資が必要なのか。エコノミストの崔 真淑氏が経済の視点で解説する。(2021/2/1)

今取り組むべき「手元の改革」
需要が高まるテレワーク、中小企業は「まず隗(かい)より始めよ」
テレワークの需要が高まっているが、「テレワーク環境を準備する時間もお金もない」という中小企業は少なくない。だが、そういった企業も「従業員の手元」からであればすぐに手を付けられる。今取り組むべき「手元の改革」とは何か。(2021/2/1)

「始めの一歩」を支援
テレワークとセキュリティ 中小企業が取り組むべき“スモールスタート”とは
コロナ禍で、テレワークを取り巻く環境は一変した。さまざまな企業が導入の検討を余儀なくされているが、セキュリティの確保がテレワーク導入のハードルとなっている中小企業は少なくない。一体どうすればよいのか。(2021/2/1)

「経営を仕組みに落とす」
GMO熊谷代表が実践した「テレワークを通常業務にする方法」とは
コロナ禍の影響でテレワークは当たり前の選択肢になった。だが、ただテレワークができるだけでは通常業務を無理なくこなすのは難しい。GMOの熊谷氏に「テレワークを通常業務にする方法」を聞いた。(2021/2/1)

独りで悩まず専門家に相談
「中小企業の経営者は下を向いては駄目」 森永卓郎が今伝えたいメッセージとは
景気回復の見通しが立たない昨今、日本の中小企業はさまざまな問題に頭を抱えている。経済アナリストの森永卓郎氏は「詳しくないことで悩み続け、貴重な時間を無駄にすべきではない」と中小企業に向けたアドバイスをする。その真意とは。(2021/2/1)

スタートからゴールまでサポート
データ活用で「成果」を得るために必要なこと
コロナ禍を受けて社会、ビジネスのデジタル化が急速に進む中、データ活用の重要性は一段と増している。だが、日本企業ではプロジェクトが空回りしている例が多い。その真因と、今必要な打開策とは。(2021/1/29)

VDC Research Groupの市場調査レポートから
新型コロナに挑む医療機関を支える「3つのIT」とは? 採用を阻む課題は?
新型コロナウイルス感染症との戦いの最前線に立つ医療機関にとって、医療の質と患者の安全を共に高めるのに有用なITとは何か。採用に当たって直面する課題とは何か。調査レポートの内容を基に紹介する。(2021/2/4)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【前編】
ITリーダーは「コロナ禍で生まれた新たな顧客ニーズ」にどう応えればよいのか?
新型コロナウイルス感染症の問題が続く中で、顧客ニーズが大きく変化している。こうした中、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業のITリーダーが直面する課題とその解決策は。(2021/1/26)

TechTarget発 世界のITニュース
VMware、NutanixのラマスワミCEOを契約違反で提訴 双方の言い分は?
NutanixのラマスワミCEOを契約に違反で提訴したVMware。NutanixとVMware、両社の言い分とは。(2021/1/25)

何が違うの? MSSとSOC
SOCと何が違う? マネージドセキュリティサービス(MSS)の正しい活用方法とは
高度化するサイバー攻撃にリソースをかけず対処する方法として注目されるマネージドセキュリティサービス(MSS)。しかしSOCとMSSの違いを理解しているだろうか。監視に限らず、脅威の分析や対応まで含めたMSSの正しい活用法を解説する。(2021/1/27)

M&Aに乗り出す半導体3社の思惑【第3回】
Intelは何を間違えたのか? NVIDIA、AMDにかすむ“巨人”の焦り
NVIDIA、AMDなど競合の半導体ベンダーが勢いづく中、Intelの存在が相対的にかすんでいる。かつて支配的な力を誇った“巨人”Intelは、何か間違いを犯したのか。そうだとすれば、何を間違えたのか。(2021/1/21)

バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【前編】
バイデン政権誕生で「GAFAの解体」が進むのか?
反トラスト政策を支持する勢力は、バイデン政権が反トラスト関連の訴訟や法制化を進めると予想する。本当にそうなのか。(2021/1/20)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?
MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。(2021/1/20)

Boseのサプライチェーン強化【前編】
音響大手Boseが「サプライチェーン強化」を決意した理由 東日本大震災が契機
2011年に発生した東日本大震災やタイの洪水は、音響メーカーBoseのサプライチェーンに混乱を引き起こした。同社はこの時に得た教訓を、新型コロナウイルス感染症のリスクと混乱への備えに役立てている。(2021/1/18)

KPIの構築プロセスと運用システムの課題、ソリューション
ニューノーマルで勝つために“本質的な”KPIマネジメントの確立へ
日本にKPIという概念が登場して久しいが、いまだにKPIが本質的に機能しておらず、課題意識を持つ経営者もいる。経営と現場を有機的につなぎ、真のデータドリブン経営を確立するために、KPIの仕組みを見直すべき時がきている。(2021/1/18)