編集部イチ押し! 「徹底比較」資料でまる分かり あなたに合うIT製品はこれだ

TechTargetジャパン編集部では、特定ジャンルの製品/サービスの機能やコストを比較する記事を公開してきました。本コーナーでは、これまで掲載した比較記事を一覧にして紹介します。

新着の比較記事

ブレード、ラック、メインフレームなど

本稿では、利用可能なブレードサーバ、ラックサーバ、メインフレームコンピュータの全体像を詳しく示し、主要ベンダーについて紹介する。

(2019年2月13日)
経験豊かなデータサイエンティストのお墨付き

企業の取得データが急増している近年では、情報を全て把握するためにもデータサイエンスツールが欠かせない。本稿では「Python」「R」「Jupyter Notebook」「Tableau」「Keras」について、データサイエンティストが愛用する理由を聞いた。

(2019年2月12日)

人気の比較記事

目的と場面で使い分ける

コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。

(2019年1月22日)

ITインフラの比較記事

「仮想化」がキーワード

クラウドストレージは必ずしもパブリッククラウドを意味するわけではない。仮想化や仮想データストレージも仮想サーバや仮想デスクトップに関係するとは限らない。これらが実際は何を意味するのかを解説する。

(2019年1月31日)
これから必要な統合運用管理の方法

ハイブリッドクラウドのアーキテクチャが広がるのに伴い、アプリケーションやデータの統合に有用な製品へのニーズが高まっている。iPaaSがその助けになる可能性がある。

(2019年1月29日)
自社に最適なクライアントを選ぶ

リモートサーバでアプリケーションとファイルを管理するシンクライアント方式は、端末のコストを抑え、PCの管理を簡単にするメリットがある。本稿では各種シンクライアント端末を、コストや用途面から比較する。

(2019年1月29日)
オンプレミス、クラウド、仮想環境をまとめる

クラウド管理ツールを選定する際、IT担当者が評価すべきポイントについて解説する。本稿で取り上げる6つの機能が搭載されているかどうかが確認のポイントだ。

(2019年1月24日)

セキュリティの比較記事

AI技術を取り入れた脅威対策

「モバイル脅威防御」(MTD)はモバイルデバイス管理で一歩先を行くための手法だ。今後導入が広がると予想されるMTD製品とEMM製品を連携させたセキュリティ対策について解説する。

(2018年12月26日)
広がるコンテナ運用の可能性

Kubernetesセキュリティツールは、コンテナを導入する企業のIT部門がセキュリティ対策を実施するのに一役買う。こうしたアプローチは個々のコンテナのインスタンスを強化するだけにはとどまらない。

(2018年12月6日)
ログ管理ツールの新機能をチェック

無償のオープンソースSIEMを活用することで、既存のログ管理、分析機能のテスト、セキュリティ向上に向けた次なる投資の議論ができるだろう。どのような選択肢があるのか、人気の高いツールをみてみよう。

(2018年9月21日)
ベンダーの信頼性を評価する基準をおさらい

SOC(セキュリティオペレーションセンター)は、社内に構築しないで外部委託することも可能だが、最適なベンダーの選び方は確実に理解しておく必要がある。

(2018年8月9日)

業務アプリの比較記事

事例だけでなく中身で選ぶ

自社に適した「クラウドERP」を導入するには、どのような点に注意して選定すればよいのか。勘所を示す。

(2019年2月4日)
長所と短所を見極める7つの観点

ERP製品の購入を検討するに当たっては、SaaS ERPと従来型のオンプレミスERPの違いを理解しておくことが重要だ。機能や特性など、両者を大きく分ける7つの観点で比較し、できることとできないことを理解しよう。

(2019年1月4日)
導入にかかる時間がどれだけ短縮できるか

SAP、Infor、Microsoft、OracleといったベンダーのERPシステムを検討している企業向けに、各ERPベンダーが提供する導入戦略によってERPの投資対効果がどうなるか考察する。

(2018年12月20日)
機能、セキュリティ、コストから考える

Microsoftの「Microsoft Teams」とCisco Systemsの「Cisco Webex Teams」。2つのチームコラボレーションプラットフォームがある。自社に最適なのはどちらだろう。専門家が両製品を分析する。

(2018年12月19日)

システム開発の比較記事

目的と場面で使い分ける

コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。

(2019年1月22日)
IT担当者が語る

ITベンダーはKubernetesのパッケージ化を急いでいるが、ライバルは他のベンダーではない。アップストリーム版や企業の独自コンテナオーケストレーションプロジェクトだ。

(2019年1月18日)
メリットとデメリットを整理

物理サーバと仮想マシンのどちらがコンテナ導入に適するのか。どちらにも、それぞれ大きな長所と短所がある。

(2019年1月15日)
稼働OSもさまざま

一口にコンテナと言っても、さまざまなコンテナ管理ツールがある。本稿では「Docker」以外のコンテナ管理ツールについて取り上げる。

(2018年12月25日)

IT経営、医療IT、教育ITの比較記事

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第4回】

タブレットや2-in-1などの「学習者用コンピュータ」を活用する上で、併せて検討したいのが「充電保管庫」だ。そのタイプ別のメリットとデメリットを整理し、選定ポイントを示す。

(2018年12月17日)
小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第3回】

児童生徒のIT活用を進めるために必須のIT製品といえるのが、「学習者用コンピュータ」「充電保管庫」といった「学習者用ハードウェア」だ。まずは学習者用コンピュータについて、タイプ別に詳しく見ていこう。

(2018年12月12日)
クラウド勤怠管理システムの選び方

クラウド勤怠管理システムのベンダー各社は、公式Webサイトの情報を充実させている。複数のベンダーが「シェア1位」をうたうなど、判断に迷う情報があるのも事実だ。膨大な情報を効率良く読むコツを紹介する。

(2018年11月21日)
クラウド勤怠管理システムの選び方

勤怠管理のITツールは3つに大別できる。高機能タイムレコーダー、オンプレミスの勤怠管理システム、クラウド勤怠管理システム、という3つの製品の違い、メリットとデメリットを比較する。

(2018年10月18日)