「PoE」と「PoDL」の違いとは? LANケーブルで給電できる2つの方式UCに「PoE」を使うメリットとデメリット【後編】

電力供給規格のPoEは、企業や家庭での採用が広がりつつある。実はPoE以外にもケーブルを用いた電力供給規格としてはPoDLがあり、特定の条件では有力な技術だ。両者は何が違うのか。

2024年07月04日 05時00分 公開
[Venus KohliTechTarget]

 電力供給規格にはPoE(Power over Data Line)以外にも、「PoDL」(Power over Data Line)がある。この2つはどちらも、ケーブル経由でデバイスに電力を供給できる規格であるため、同じ技術だと誤解されることがある。だが両者は異なる技術だ。PoDLとPoEを比較しながら、それぞれの特徴を見ていこう。

「PoE」と「PoDL」の違いとは

 PoDLとPoEの最大の違いは使用するケーブルが異なることだ。PoEはイーサネットケーブル(LANケーブル)を利用する。

 PoEはCAT3(カテゴリー3)以上のLANケーブルを利用する。CAT3の内部は4ペア8本のケーブルであり、この場合は2ペアをデータ通信に、残りの2ペアを電力供給に使用する。

 PoDLは単一ペアのケーブルでデータを転送するシングルペアイーサネット(SPE)を使用して、1ペアのケーブルで同時にデータ通信と電力供給を実現する。PoDLはツイストペアケーブル(電線を2本対でねじり合わせたケーブル)を利用することもある。

 このような特徴から、PoEの方が電力供給に使えるケーブル数がPoDLより多いためにより多量の電力を供給できる。一方で、PoDLはケーブルの数を減らせるため、限られたスペースでの利用に適している。

 PoEは企業や家庭で広く利用されている。対してPoDLは主に車載ネットワークに使われている。両規格に互換性はない。

 以下の表は両規格の特徴をまとめたものだ。

■表1 PoEとPoDLの違い

項目 PoE PoDL
IEEE規格 IEEE 802.3af、IEEE 802.3at-2009(PoE+)、IEEE 802.3bt(PoE++またはユニバーサルPoE) IEEE 802.3bu
使用ケーブル イーサネットケーブル イーサネットケーブル、ツイストペアケーブル、同軸ケーブル
ケーブルの条件 2本のケーブルペア 1本のケーブルペア(SPEと同じ)
内部動作 データと電力を別の配線で転送 データと電力を同じ配線で転送するが、異なる方向に転送
必要な電気ケーブル本数 PoDLより多い PoEより少ない

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...