ChromeでPDFを直接いじれる「AdobeのAcrobat拡張機能」は何がすごい?「PDFのAdobe」ここにあり【前編】

PDFファイルを「Chrome」で直接操作できるようにするのが、Adobeが提供するChrome向けの「Adobe Acrobat」拡張機能だ。専門家をうならせた、この拡張機能の“すごさ”とは。

2023年06月11日 11時30分 公開
[Mary ReinesTechTarget]

 AdobeはPDFファイル編集ソフトウェア「Adobe Acrobat」の機能を、GoogleのWebブラウザ「Chrome」で利用可能にする拡張機能(以下、Chrome向けAcrobat拡張機能)を提供している。PDFファイルをChromeで読めるPDFリーダーとしての機能だけではなく、PDFファイルのテキストや画像の編集機能も備える。具体的に何ができるのか。

Adobeの「Chrome向けAcrobat拡張機能」は“ここがすごい”

 Chrome向けAcrobat拡張機能を使うと、エンドユーザーはChromeの画面でPDFファイルにコメントを追加したり、テキストをハイライト表示したりできる。フォーム(入力欄)への入力や署名の追加も可能だ。Chrome向けAcrobat拡張機能は無償で利用できるものの、一部機能には回数制限や期間制限がある。全ての機能を制限なく利用するには、Acrobatの有償のサブスクリプション契約が必要だ。

 Acrobatのサブスクリプションを契約すると、例えば下記の機能が回数や期間の制限なく利用できるようになる。

  • テキストや画像の編集
  • PDFファイルから「Microsoft Word」「Microsoft Excel」「Microsoft PowerPoint」ファイルへの変換
  • WebページからPDFファイルへの変換
  • PDFファイル内にあるページの回転、削除、並べ替え

 テキストや画像の編集機能では、テキストの編集はもちろん、画像の切り取り、反転、置き換え、サイズ変更が可能だ。これらの機能は全てChromeで操作でき、アプリケーションを切り替える必要はない。

 「アプリケーションの切り替えを減らしてくれる機能は、ユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を改善し、生産性を向上させる」と、調査会社IDCのアナリストであるホリー・ムスコリーノ氏は評価する。ムスコリーノ氏によると、企業の管理職を対象とした同社の調査では、従業員の効率を阻害する主な要因に「アプリケーションの切り替えに掛かる時間」を挙げる回答者が目立っていた。

 ムスコリーノ氏はChrome向けAcrobat拡張機能に対して「オンライン共同作業の効率化につながる」と期待を寄せる。Webブラウザを使ってイントラネットや社内ポータルサイトを閲覧し、PDFファイルを開くときに、アプリケーションを切り替えずに済むならば、PDFファイルに変更を加える作業時間の節約ができるからだ。


 後編はPDF形式を取り巻く市場の動向を解説する。

関連キーワード

リモートオフィス | 在宅勤務


TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...