過去記事一覧 (2019 年)

10 月

/tt/news/1910/14/news01.jpg
「Exchange Server 2010」移行計画、オンプレミスかクラウドか【前編】

「Exchange Server 2010」サポート終了、現実解はExchange Onlineへの移行か?

Microsoftのメールサーバ製品「Exchange Server 2010」のサポート終了を機に、クラウド版Exchangeである「Exchange Online」への移行を検討する企業は少なくないだろう。それは最適な選択肢なのだろうか。

/tt/news/1910/12/news01.jpg
1980年代から徐々に進化

いまさら聞けない、自動で電話をかけまくる「オートダイヤラー」とは?

電話をかける作業を自動化する「オートダイヤラー」には幾つかの種類がある。電話応対業務にどのように生きるのか。主要な5種の機能を解説する。

/tt/news/1910/10/news04.jpg
試合中のデータをリアルタイムで取得

ラグビー選手の脳振とうは「IoTマウスピース」と「SAP HANA」で防げるのか

ラグビーなどの激しいスポーツで、選手の命に関わる脳振とうをいかに防ぐか。「SAP HANA」をベースにした「PROTECHT」は、IoTマウスピースで取得したデータから頭部への衝撃を計測し、脳振とうの防止に役立てる。

/tt/news/1910/09/news01.jpg
必要なのは第三勢力

生産性ツール市場でMicrosoftとGoogleが取るべき戦略は同じ?

Office 365とG Suiteを中心とした生産性ツール市場をGartnerが分析。今後の市場動向と、MicrosoftとGoogleが取るであろう戦略を語った。

/tt/news/1910/06/news01.jpg
「notepad.exe」よりも更新が容易に

「メモ帳」がMicrosoft Storeにひっそり登場 .exe版はWindows 10で終了?

「Microsoft Store」から「Windows Notepad」(メモ帳)を入手して使えるようになった。その背景には何があるのか。

9 月

/tt/news/1909/24/news02.jpg
事例で見るコラボレーションツール導入【後編】

コラボレーションツール導入成功を測る定量的な指標とは

Royal Bank of ScotlandはWorkplace by Facebookを導入してコラボレーション環境を確立した。同行が導入に成功したと見なす定量的な根拠とは何か。

/tt/news/1909/07/news01.jpg
「UiPath」「WinActor」を選んだ理由は

RPAで残業を1人6時間減らしたテンプスタッフが語る「RPAの落とし穴」

パーソルテンプスタッフは、事務に関連する単純な業務をRPAソフトウェアで処理している。同社がRPAソフトウェアの導入で直面した課題と、「UiPath」と「WinActor」を選んだ理由を説明する。

/tt/news/1909/19/news08.jpg
コミュニケーションツールが抱える生産性の課題も整理

Slackから「Hangouts Chat」へ移るべき人、Slackのままでよい人を分ける条件

Googleはコミュニケーションサービス群を充実させることで、「Slack」との差異化を図る。同社の「Gmail」と「Hangouts Chat」の製品管理ディレクターと調査会社のアナリストに、Hangouts Chatの現状と展望を聞いた。

/tt/news/1909/19/news02.jpg
自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【後編】

「UEM」を本気で選ぶ4つのポイント ID管理や監視ツールとの連携を確認

「統合エンドポイント管理」(UEM)製品は、「Windows 10」への移行プロセスの効率化けでなく、移行後のユーザー環境の管理や保護も重要な役割だ。こうした観点からUEM製品を検討するポイントを紹介する。

/tt/news/1909/18/news01.jpg
ユニファイドコミュニケーション新時代【後編】

UCaaS導入の成否を分ける3つの導入形態とその長所/短所

UCaaSの新規導入あるいは旧来のUCからの移行に際してまずやるべきことは、UCaaSの3つの導入形態を選択することだ。「こんなはずではなかった」を防ぐには、それぞれの長所と短所を理解する必要がある。

/tt/news/1909/18/news05.jpg
両者の意外なつながり

Windows「RDP」の脆弱性が「Hyper-V」に影響か VMからホストを攻撃可能に

2019年2月、Microsoftの「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)に脆弱性が見つかった。それが「Hyper-V」にも影響を及ぼすという。どのような危険性があるのか。

/tt/news/1909/13/news10.jpg
実店舗に行かなくても試着や内見が可能に

「VR」「AR」はもはや“おもちゃ”ではない 仕事で使えるこれだけの用途

かつてはゲームでの利用が目立った仮想現実(VR)/拡張現実(AR)技術を、ビジネスの場で利用する動きが広がっている。具体的な用途を紹介する。

/tt/news/1909/12/news03.jpg
自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【前編】

Windows 8を管理するかどうかが鍵に? 「UEM」製品を見極める3つのポイント

2020年1月の「Windows 7」延長サポート終了に備える上で、「Windows 10」への移行を支援できる適切な「統合エンドポイント管理」(UEM)製品の導入は大きな助けとなる。製品選定のポイントを解説する。

/tt/news/1909/10/news02.jpg
今後は「Teams」の利用を推奨

「Skype for Business Online」が終了へ オンプレミス版への影響は?

Microsoftは2021年7月31日に「Skype for Business Online」の提供を中止すると発表した。このことが企業に与える影響は決して小さくないが、大きな問題は他にある。

/tt/news/1909/06/news20.jpg
「FI」「CO」「PP」「MM」とは何か?

「SAP ERP Central Component」(SAP ECC)の10大コンポーネントをおさらい

「SAP ERP」の中核となるソフトウェア「SAP ECC」は、多数のコンポーネントで構成されている。ユーザー企業がよく導入している10個のコンポーネントについて、機能と用途を解説する。

/tt/news/1909/05/news02.jpg
事例で見るコラボレーションツール導入【前編】

コラボツールが定着しない組織でWorkplace by Facebookが成功した理由

従業員エンゲージメント活動を繰り返してもうまくいかなかった組織が、「Workplace by Facebook」導入に成功した理由とは何か。

/tt/news/1909/03/news08.jpg
「音声アシスタント」が“盗聴”

「Alexa」「Googleアシスタント」「Siri」の録音は人が聞いていた

Amazon.com、Google、Appleはそれぞれの音声アシスタントが収集した音声データを請負業者が聞いていることを明らかにした。ただしそれがどんな頻度なのか、どの程度の量を対象とするのかは不明だ。

/tt/news/1909/02/news01.jpg
ユニファイドコミュニケーション新時代【前編】

オンプレミスUCからUCaaSに移行すべきこれだけの理由

オンプレミス型のUCは減少傾向にあり、時代後れの感がある。代わって台頭してきたのがクラウド型のUCaaSだ。UCaaSのメリットと、サービス選定時の注意点を紹介する。

8 月

/tt/news/1908/05/news07.jpg
新サービスへの反響に応じたインフラの拡張が可能に

セブン銀行が「ATM受取」をオンプレミスでなくプライベートクラウドに構築した理由

セブン銀行は新サービス「ATM受取」のシステムをホスティング型プライベートクラウドに構築した。それまではオンプレミスのインフラを利用してきた同社がプライベートクラウドを選択した理由と、その効果に迫る。

/tt/news/1907/17/news06.jpg
医師の「働き方改革」にも役立つ?

オンライン診療は日本でどのくらい導入が進み、現場でどう使われているのか

「オンライン診療システム」の選択肢が充実しつつある。市場の状況と診療報酬改定の影響、クリニックの導入事例について説明する。

/tt/news/1908/20/news06.jpg
NPSが飛躍的に上昇

住宅ローン会社は「クラウドUC」で働き方をどう変えたか? 選定の理由は

住宅ローン会社American Pacific Mortgageは、遠隔地で働く従業員をサポートするFuzeのクラウドUCツールを導入した。働き方をより柔軟にして、コストを減らすことが目的だ。

/tt/news/1908/19/news07.jpg
複雑化するコラボレーションツール市場

「Dropbox」が大規模アップデート G SuiteやSlackとの連携強化の狙いは

「Dropbox」は大規模アップデートにより、「G Suite」「Slack」「Zoom」など他のコラボレーションツールとの連携を強化した。Dropboxに新しく追加された機能と、Dropbox社の戦略について詳しく説明する。

/tt/news/1908/15/news05.jpg
ハードとソフトの分化

「ビデオ会議」の業界地図が刷新、Dolbyも市場参入

ビデオ会議ベンダーは、ハードウェアとソフトウェアをまとめた「システム」としての製品提供から、構成要素を絞った「ツール」としての提供に移行しており、企業にとっては選択の幅が広がっている。

/tt/news/1908/14/news05.jpg
2015年のアカウント流出に関する新情報

「Slack」が不正アクセス対策でパスワードをリセット、10万人以上に影響か

2015年に不正アクセスの被害を受けた「Slack」の提供元が、この事件に関して新情報が得られたと発表した。その結果、特定の条件に合致するアカウントのパスワードをリセットする対策を講じた。

/tt/news/1908/09/news06.jpg
FordやWayfairも効果を実感

自動車大手とネット家具店は「Slack」で社内の信頼関係をどう築いたか

ビジネス界のリーダーたちは言う。社員間の信頼を築きコラボレーションを支援するため、企業の経営陣はコラボレーションツールの「Slack」を導入すべきだと。

/tt/news/1908/09/news05.jpg
「IAM」を再考する【後編】

「アイデンティティーおよびアクセス管理」(IAM)選びで最初にすべきこと

「アイデンティティーおよびアクセス管理」(IAM)ツールは、クラウドサービスやモバイルデバイスの利用時にセキュリティを確保するために欠かせない。IAMツールの導入時に気を付けるべき点をまとめた。

/tt/news/1908/05/news08.jpg
アプリケーションの豊富さが脆弱性に

「Office 365」のセキュリティ対策、忘れると危険な3つのポイント

「Office 365」の特徴であるアプリケーションの豊富さは、攻撃経路の多さにもつながる。Office 365のセキュリティ対策で実践すべき、3つの対策について説明する。

/tt/news/1908/02/news04.jpg
話し言葉の解析はビジネスにどう役立つのか

いまさら聞けない「自然言語処理」「チャットbot」とは 音声技術ミニ用語集

コンシューマーだけでなく、企業での導入も進んでいる音声技術。主要技術とその主な用途に関するミニ用語集をお届けする。

/tt/news/1908/01/news07.jpg
上場の陰で問題が頻発

Slackで発生した「12時間以上の大規模障害」を振り返る

2019年6月28日、Slackが障害に見舞われた。大きな接続問題が起きたのは、2019年に入ってこれで5回目だ。同社はこれまでのところ、原因について詳細を明らかにしていない。

/tt/news/1908/01/news09.jpg
「IAM」を再考する【前編】

いまさら聞けない「アイデンティティーおよびアクセス管理」(IAM)とは?

クラウドサービスやモバイルデバイスの導入を推進する企業にとって、重要性が高まっているのが「アイデンティティーおよびアクセス管理」(IAM)だ。IAMツールの機能と、その必要性をあらためて理解しておこう。

7 月

/tt/news/1907/30/news07.jpg
移行には従業員の理解が不可欠

Slackから「Microsoft Teams」へ移行したくなる理由と、従業員を説得する方法

「Microsoft 365」を使っている組織は、「Slack」から「Microsoft Teams」へ移行すれば従業員のワークフローを効率化できる。ただし移行には慎重さが必要だ。

/tt/news/1907/25/news07.jpg
「AI」の学習用データ収集 その課題と解決策は【後編】

Facebook、IBMは「AI」の学習用データをどう作成しているのか

機械学習ベースのAIシステムが有益な判断を下せるようにするには、学習に利用するデータの質が重要だ。FacebookとIBMのAIシステム担当者の話から、データの質を高める方法を探る。

/tt/news/1907/24/news04.jpg
従業員を重視することが高度なサービスにつながる

アメリカン航空が「SAP SuccessFactors」を導入 “社員が第一”をどう実現?

SAPの人材管理クラウドサービス群「SAP SuccessFactors」を活用しているAmerican Airlines(アメリカン航空)。同社の「人間中心、人間第一」という風土は、従業員を重視する文化に基づく。

/tt/news/1907/22/news07.jpg
HIPAAをベースに考える

医療機関が「Microsoft Teams」を使う4大メリットと3大リスクは?

「Microsoft Teams」は、医療環境でのコミュニケーションやコラボレーションにメリットをもたらす可能性がある。ただし医療情報の送受信に利用するときは、コンプライアンスを最優先にしなければならない。

/tt/news/1907/08/news06.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

「勤怠管理システム」が“悪ふざけ動画”で再評価される理由

「悪ふざけ動画」のような不祥事と、不適切な労働環境は無関係ではない。加盟店の事件はブランド全体に影響するため、法令順守を目的としてフランチャイズ事業者が勤怠管理システムを見直す動きが出てきている。

/tt/news/1907/17/news10.jpg
「AI」の学習用データ収集 その課題と解決策は【前編】

AIの学習用データをクリーンにするには“ゴミデータ”を排除すべし

機械学習導入の最初のステップは、質が高くクリーンな学習用データを用意することだ。研究機関と企業の事例から、学習用データの質を高める方法について解説する。

/tt/news/1907/11/news01.jpg
企業がAIを活用するための8つのヒント【後編】

AI活用は何から始めればよいのか? AI人材の適切な配置方法は?

企業がAI(人工知能)技術をビジネスに取り入れる際のポイントを前後編にわたり説明する。後編ではAI活用を企業が推し進めるために必要な考え方や組織体制について、具体例を交えながら紹介する。

/tt/news/1907/09/news05.jpg
「VMware Horizon」を例に学ぶ

VDIの「ライセンス」「エディション」選びに失敗しないための注意点

仮想デスクトップインフラ(VDI)のライセンスやエディションを適切に選択するのは簡単ではない。「VMware Horizon」を例に、VDIのライセンスやエディション選びの主な注意点を紹介する。

/tt/news/1907/08/news04.jpg
従量制の料金体系を採用

AWSが攻めの音声料金、クラウドUCの価格破壊につながるか

Amazon Web Services(AWS)の新しい法人向け通話プランは利用に応じた料金体系を提供する。もし成功すれば、クラウドユニファイドコミュニケーション(クラウドUC)業界を揺るがす可能性もある。

/tt/news/1907/05/news08.jpg
Windowsのリモートデスクトップが狙われる

Windows XPにもパッチを提供 脆弱性「BlueKeep」はなぜ危険か

Windowsの「リモートデスクトップサービス」で「BlueKeep」という脆弱性が発見された。100万台近いエンドポイントが依然として無防備だという報告を受け、Microsoftはパッチの適用を再度呼び掛けた。

/tt/news/1907/05/news04.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

「特定技能」で増える外国人材、勤怠管理システムの見直しが急務になる理由

労働環境は世相や意識の変化といったトレンドに大きな影響を受ける。新たな在留資格「特定技能」による外国人材の増加は、勤怠管理システムの機能を大きく変える可能性がある。

/tt/news/1907/05/news03.jpg
「人工知能のバイアス」を考える【後編】

“偏り”がプラスに作用することも 「AI」のバイアスとどう向き合うか

AIシステムのバイアスはリスクとなる一方、有益な結果をもたらすこともある。本稿では、AIシステムのバイアスの長所と短所を取り上げる。

/tt/news/1907/02/news01.jpg
Coca-ColaやP&Gも実践 消費財メーカーの「AI」活用【後編】

巡回ロボットで店舗在庫を最適化 「AI」で物流はどう変わるのか

消費財メーカーでは、商品の需要に合わせた在庫の最適化が常に課題となっている。AI技術やロボットを使った物流の最適化について、事例を基に説明する。

6 月

/tt/news/1906/26/news02.jpg
コラボレーションツールで何を送受信しているのか

IT部門&経営層が戦慄するコラボレーションツールの利用実態

調査の結果、コラボレーションツールの恐るべき利用実態が明らかとなった。コラボレーションツールにも適切なコントロールを適用しなければ、致命的な事態を引き起こす恐れがある。

/tt/news/1906/18/news03.jpg
メールを狙う標的型攻撃の傾向と対策【後編】

メールを狙う標的型攻撃を簡単に成功させない7つの対策

サイバー攻撃者にとって「メール」は狙いやすく効率の良いターゲットです。つまり、攻撃者にとって「簡単に突破できない」と感じさせる対策が重要になります。中堅・中小企業でも難しくない7つの対策を紹介します。

/tt/news/1906/25/news04.jpg
Coca-ColaやP&Gも実践 消費財メーカーの「AI」活用【前編】

「Alexa、油汚れの落とし方を教えて」を実現 P&Gも挑む“顧客とつながるAI”

食品や生活用品を扱う消費財業界でも、AI技術の導入が進みつつある。Coca-ColaやPepsiCo、P&Gなどの事例から、AIシステムを利用したサービスの提供について考える。

/tt/news/1906/24/news04.jpg
14年間もパスワードを平文で保存していた事案も

G Suiteで判明した2つの「パスワード平文保存」問題 何が起きたのか?

Googleは「G Suite」のパスワードを安全でない状態で保存していた2件の事案を公表した。そのうちの1件では、パスワードを暗号化しない状態で14年間も保存していたという。

/tt/news/1906/18/news06.jpg
医療に役立つ「AI」6つの用途【後編】

「Hey Siri」「OK Google」で健康相談 「AI」で自動化進む患者対応

AI技術が医療にもたらす効果は、医療従事者の業務効率向上だけではない。生活指導や診療の予約など、患者の利便性向上に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。

/tt/news/1906/17/news08.jpg
会議の参加者や人数をAIで特定

AI活用の「スマートカメラ」とは? Amazon、Google、Microsoftが注目

会議の効果を最大限に引き出し、ビデオの新しいユースケースを作りたいと考える企業は、クラウドベンダーやビデオ会議ベンダーが提供する「スマートカメラ」に注目だ。

/tt/news/1906/17/news07.jpg
「5G」が飛躍させるAR/VR【後編】

「5G」が普及すると“ひとりVR”がなくなる?

「5G」に期待が集まるのは、既存の技術では乗り越えられないネットワークの課題を解消する可能性があるからだ。AR/VRを5Gがどのように変えるのか、見てみよう。

/tt/news/1906/17/news04.jpg
電力設備の有効活用からカラス撃退まで

中部電力がデータの“脱サイロ化”に「Tableau」を選んだ理由

システムの「サイロ化」の課題を抱えていた中部電力は、課題解決のためにデータ分析システムを構築し、可視化ツールとして「Tableau」を導入した。Tableau選定の理由とシステムの運用体制、実際の活用例を紹介する。

/tt/news/1906/10/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

古参Excelユーザーほど新しい関数を知らない? 便利な新関数をおさらい

「Office 365」の普及が進めば、最新バージョンの「Microsoft Excel」利用者も増える。そうなれば「互換性のために古い機能を使う」場面は減る。「Excel 2007」以降に追加された代表的な関数をおさらいしよう。

/tt/news/1906/11/news05.jpg
法人向けツールとの連携も

Lenovo「ThinkReality A6」はAR/VR市場で「HoloLens 2」の対抗馬になるか?

LenovoはAR(拡張現実)ヘッドマウントディスプレイ「ThinkReality A6」を発表した。業務に使用することを念頭にコスト効率の高い設計になっている。

/tt/news/1906/11/news04.jpg
大学CIOが語る「Web会議システム」の魅力【後編】

米大学がWeb会議「Zoom」で実現、対面の会議が減ると何がうれしい?

Web会議システム「Zoom」を導入したカリフォルニア州立大学。学生や教職員の反応や実体験を通じて、その有効性をどう評価しているのか。

/tt/news/1906/10/news07.jpg
「5G」が飛躍させるAR/VR【前編】

「5G」が救世主に AR/VRの“PC市場超え”を阻む致命的な課題とは?

さまざまなシーンでの利用が期待されるAR/VRだが、本格的に普及するには困難な課題が幾つか残っている。その課題を解消し、市場を急拡大させる可能性を秘めているのが「5G」だ。

/tt/news/1906/07/news08.jpg
より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【後編】

IEモード以外の「Edge」新機能「プライバシーコントロール」「Office連携」とは

Webブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの強化点は、「Internet Explorer」の互換モードだけではない。他の主要な2つの強化点を紹介する。

/tt/news/1906/05/news10.jpg
IT化と業務効率化を同時に進める

医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは

EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。

/tt/news/1906/04/news06.jpg
大学CIOが語る「Web会議システム」の魅力【前編】

カリフォルニア州立大が旧式のビデオ会議システムから「Zoom」に乗り換えた理由

カリフォルニア州立大学はWeb会議システム「Zoom」 を全キャンパスに導入した。従来利用していたビデオ会議システムからの移行に至った背景と、その選定理由は何だろうか。

/tt/news/1906/03/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Chrome」「Firefox」の危険なアドオンと“怪しいcookie”の撃退方法

Webブラウザは身近なアプリケーションだが、さまざまなリスクが存在する。「Chrome」「Firefox」のアドオンに潜む脅威への対策や、Webサイトの閲覧情報を記録するcookieの安全な活用方法について紹介する。

/tt/news/1906/01/news01.jpg
アクセシビリティーも向上

「Chrome OS 74」の注目機能とは? Android/Linuxアプリ利用がより快適に

Chrome OSバージョン74は、組織向け機能やアクセシビリティー、セキュリティなどを強化した。AndroidアプリとLinuxアプリ向けの機能を強化し、使い勝手の向上を図る。

5 月

/tt/news/1905/31/news10.jpg
より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【前編】

「Microsoft Edge」で「Internet Explorer」向けアプリが動く「IEモード」とは?

Microsoftは「Microsoft Edge」の次期バージョンに、「Internet Explorer」(IE)の互換モードを導入する。これを使えば、社内のIE向けレガシーアプリケーションをEdgeで実行できるようになる。

/tt/news/1905/29/news06.jpg
個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【後編】

スマートグラスで出張が不要に? 業務改善につながるAR/VR製品が続々

ビジネスへの活用がイメージしづらいAR/VR技術だが、顧客の購買体験の向上や、現場作業の業務改善につながる製品が充実しつつある。今回は、こうした製品の動向を紹介する。

/tt/news/1905/30/news08.jpg
ミレニアル世代のワークスタイル

小さな会議室「ハドルルーム」人気急上昇で会議が変わる

会議文化が変わってきている。従業員が臨機応変に会議をするために、フォーマルな役員用会議室よりもハドルルーム(少人数向け会議室)を好むようになったからだ。背景には、職場の人員構成や文化の変化がある。

/tt/news/1905/23/news09.jpg
個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【前編】

社員研修や人材採用に「VR」(仮想現実)をどう生かせるのか?

コンシューマー用途が目立つ「VR」(仮想現実)技術を、ビジネスに生かそうとする動きがある。ベンダー各社の製品から、その動向を追う。

/tt/news/1905/23/news07.jpg
企業がAIを活用するための8つのヒント【前編】

優秀なAI人材を得る3つの方法とは? 汚いデータを使えるようにするには?

企業でのAI(人工知能)利用について、前後編にわたり8つのポイントを説明する。前編ではAI人材の確保やビジネスへの活用、データの収集・整形方法について、具体例を交えながら紹介する。

/tt/news/1905/18/news01.jpg
炎上の予兆を未然に検知

“ネット炎上”対策を自動化 SNSへの書き込みを解析するツールが充実

従業員のSNS投稿やユーザーの口コミが“ネット炎上”のきっかけとなることがある。ネット炎上が企業に及ぼす影響が大きくなる中、その対策を目的としたツールが充実しつつある。

/tt/news/1905/16/news05.jpg
アプリケーション連携やセキュリティ機能を強化

ExcelやWordファイルを無変換で編集可能に 「G Suite」の最新機能まとめ

Googleは「G Suite」の最新アップデートで、「Microsoft Office」との連携機能や新しいセキュリティ機能を追加した。G Suiteはビジネスの利用に以前より適したツールになる可能性がある。

/tt/news/1905/15/news05.jpg
5つの理由を整理

クラウド形式の統合コミュニケーション「UCaaS」がSMBにも大企業にも受ける理由

コラボレーションニーズの高まりにつれて、「UCaaS」の採用が全ての市場セグメントで進んでいる。ただしユーザーの企業規模によって、その実態は異なる。

/tt/news/1905/14/news05.jpg
同じような機能を搭載しているように見えるが……

いまさら聞けない「Web会議」と「ビデオ会議」、その違いとは?

Web会議製品とビデオ会議製品の違いは、時間とともに薄れてきている。技術の進化によって、この2つのツールがどう近づいてきたのかを見てみよう。

/tt/news/1905/12/news01.jpg
多要素認証(MFA)が無意味だった可能性も

MicrosoftのWebメール「Outlook.com」で不正アクセス 何が起きたのか?

Microsoftは、同社のWebメールサービス「Outlook.com」のユーザーのうち、データが侵害された可能性のあるユーザーに警告した。同社への取材や「攻撃者からの声」だという報道を基に、攻撃の実態や被害を探る。

/tt/news/1905/11/news01.jpg
意外な共通点を紹介

出会い系アプリに学ぶ、社内コラボツールのAI活用「3つのヒント」

企業向けコラボレーションツールが参考にしている意外な分野が出会い系アプリケーションだ。機械学習を活用した相性分析やコミュニケーション手法の長い実績があるからだという。

NEWS

地方企業も都内の記者を気軽に誘致 50万円弱からのネット記者会見サービス

AGENCY ONEは、インターネットで記者発表会やプレスセミナーなどを開催できるWebサービス「PressEvent Online」の提供を開始する。地理的な条件や会場の設営費など、イベント開催に当たってのハードルを下げる。

/tt/news/1905/10/news05.jpg
必要な機能を見極めるポイントを解説

「デジタルワークスペース」製品選びで必ず比較したい5つの機能

理想的なデジタルワークスペース製品に必要な要素は5つに絞ることができる。この5つの機能に焦点を当てて吟味すれば、自社のニーズにかなう適切な製品を選択できるだろう。

/tt/news/1905/08/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows 10」のパフォーマンスを無料で向上させる6つの裏技

ちょっとした設定変更で「Windows 10」を高速化したり、PCのバッテリーの持ちを良くしたりできる可能性がある。今回はWindows 10の利便性を向上させる6つの方法を紹介する。

4 月

/tt/news/1904/18/news04.jpg
IT部門の管理方法も異なる

チームコラボツールは「全社で1つ」か「部門ごと」か ベストプラクティスは?

チームコラボレーションツールを導入する方法は、ユニファイドコミュニケーション(UC)の戦略とユーザーのニーズによって異なる。導入にはどういう選択肢があり、どういうメリットとデメリットがあるだろうか。

/tt/news/1904/17/news08.jpg
製造業の「AR」(拡張現実)活用の利点と課題【前編】

GE、Caterpillar、Boeingが活用 大手製造業は「AR」で何をしているのか?

製造業で拡張現実(AR)の活用が始まっている。実際の活用例を見ると、ARは生産性向上をはじめ、さまざまなメリットをもたらすことが分かる。

/tt/news/1904/13/news01.jpg
完全削除すべきか

「Adobe Shockwave」がついに終了 ユーザーは何をすればよいのか?

「Adobe Shockwave Player」の提供が終了する。ユーザーやIT管理者はこれからどうすればいいのか。

/tt/news/1904/12/news03.jpg
安全に、部門の壁を超えた情報共有をしたいなら

ブロックチェーンを「UC」に組み込めば“なりすまし電話”を撲滅できる?

コミュニケーション基盤にブロックチェーンを取り入れると、機密情報を組織全体で共有したり、通話相手の身元を確認したりする際に役立つ可能性がある。

/tt/news/1904/04/news02.jpg
医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【後編】

「学習し続けるAI」が医療現場では“使えない”理由

デジタルヘルスケアの分野では、機械学習技術を活用して開発後に進化し続けるといった、従来とは異なる形の医療機器が開発されている。日米規制当局の動向と、最新技術の医療利用への課題について説明する。

/tt/news/1904/09/news10.jpg
自動化に向いているプロセスとは

「非効率なプロセスも自動化すべし」導入企業が語るRPA成功のためのヒント

RPAの導入効果を上げるには、導入計画の策定と、ビジネスに関係する複数の要素の調整が必要になる。成功につなげるRPA戦略を構築する方法について、botを導入した企業の経営幹部が語った。

/tt/news/1904/10/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

Excelの長過ぎる関数式をシンプルにするために、職場で心掛けたいポイント

気が付けば「Microsoft Excel」の関数式が長文に……。作成者なら理解できる関数式も、第三者が読み解くのは一苦労だ。チームで使うExcelツールならば、シンプルな関数式にしておかないと大きなデメリットが。

/tt/news/1904/02/news13.jpg
医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【前編】

IoTとAIは医療の現場でどのように役立つのか

IoTや人工知能(AI)技術といった、比較的新しい技術を活用した医療機器が開発されている。医療分野での最新技術の応用例とその課題について、専門家の話を基に説明する。

/tt/news/1904/05/news07.jpg
充実のセキュリティ機能から“使える”無料プランまで

Slackユーザーが「Microsoft Teams」へ乗り換えたくなる4つの比較ポイント

「Slack」に先行を許した「Microsoft Teams」は、企業利用に向けた機能を着実に充実させている。SlackとTeamsを比較する際に、あえてTeamsを選ぶとすれば、どのようなメリットが得られるのだろうか。

/tt/news/1904/09/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

在宅医療・介護の多職種連携支援システム、明らかに便利なのに使われない理由

在宅医療・介護はさまざまな職種がチームを組んでサービスを提供します。しかし多職種間コミュニケーションのための情報共有システムは、あまり普及していません。その原因は、コストとスキルの問題に大別できます。

/tt/news/1904/02/news11.jpg
事例でRPAの導入効果を確認

「RPA」で社員を本当に幸せにするには? 自動化歴10年の企業が語る

企業はRPA導入で解決すべき業務課題をどのように特定しているのか。RPA導入を担当するIT部門と事業部門の連携の方法は。RPA導入を経験した企業幹部の話を基に、これらの疑問を解き明かす。

3 月

/tt/news/1903/29/news06.jpg
目に見える自動化と、目には見えない自動化の違い

人間、チャットbot、協働ロボットが共存する労働環境に必要な管理スキルとは

チャットbot、協働ロボット、人工知能(AI)が仕事に及ぼす影響、そしてデジタルな労働力が人間の職場に混在する環境には新たな管理スキルが求められる理由について、エキスパートに話を聞いた。

/tt/news/1903/28/news04.jpg
新システムの社内普及に「チェンジマネジメント」を導入

J・フロントリテイリングが「G Suite」を1万人規模で利用 社内普及の方法とは

J・フロントリテイリングは、全国の拠点で働く1万2000人のグループ従業員に向けて「G Suite」を導入した。新しいシステムを早期に定着させるために、同社が導入したのが「チェンジマネジメント」と呼ばれる手法だ。

/tt/news/1903/26/news06.jpg
ユニファイドコミュニケーション分野で期待

費用対効果から考える 音声テクノロジーはビジネスにどう役立つのか

音声テクノロジーをビジネスにつなげるには、現状のユースケースを理解しておく必要がある。音声テクノロジーを職場で活用するときのユースケースを紹介する。

/tt/news/1903/24/news01.jpg
単なるバズワードではない

「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力

「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。

/tt/news/1903/15/news09.jpg
新しいユースケースが広がる

音声技術×AIでビジネスはどう変わるのか

広く普及しつつある音声技術に人工知能(AI)を組み込むことで、より高度な使い方が可能になってきている。AIを使った音声技術は企業でどのように活用できるのか。

/tt/news/1903/14/news07.jpg
課題は旧式インフラ・スキル不足・組織文化

「AIはビジネスに有効」経営者の約4分の3が評価も、本格利用は1割に満たず

MicrosoftとIDCの調査によれば、AI技術をビジネスの中核で活用する日本企業は1割未満にとどまる。企業はAI技術による生産性向上を期待している一方、ツールや人材の不足が活用の妨げになっている。

/tt/news/1903/04/news04.jpg
音声操作も視野に

Salesforce.comとAppleのパートナーシップの強化でCRMはどう変わる?

新しいSalesforceのモバイルSDKを利用すれば、開発者はAppleのプログラミング言語「Swift」を使って、iOSデバイス向けのネイティブSalesforceアプリを簡単に作成できる。

/tt/news/1903/02/news01.jpg
高解像度の衛星画像データが利用可能

無料で宇宙データを使える「Tellus OS」 衛星データの分析を簡単に

さくらインターネットは宇宙データ分析サービス「Tellus OS」を公開した。いままで活用のハードルが高かった日本政府の衛星データを、無料で簡単に利用できるようにする。

/tt/news/1903/02/news02.jpg
Office 365やGoogle G Suiteからの移行を狙う

脱Officeは可能? 無料版もあるZohoのオフィススイートが機能強化

Zohoが提供するオフィススイート「Zoho Office Suite」が最新アップデートを実施した。アプリケーション間の連携に重点を置いたという今回のバージョンの新機能を、具体的に説明する。

2 月

/tt/news/1902/27/news08.jpg
ユニファイドコミュニケーションとの共存は

“宅電”は過去の遺物ではない? 4分の1以上の企業が固定電話を増やす理由

ソフトフォンやモバイルクライアントの活用が拡大する中、固定電話は絶滅に向かっているかに見える。ところが、ある調査によると固定電話は新しい使い道に活用されているらしい。

/tt/news/1902/26/news09.jpg
LinkedInとIndeedの調査から見えること

リモートワークなどの柔軟な働き方を認めれば採用への応募が増加する?

ある調査結果によると、働く場所や時間を従業員自身が自由に決められるような柔軟な業務ポリシーがある企業ほど、求職者の支持を集める可能性がある。

/tt/news/1902/26/news06.jpg
ビッグデータで消費者ニーズを特定

「Yahoo! JAPAN」のユーザー行動履歴を分析できるサービス登場 市場調査の手間を不要に

ヤフーが新しいデータ分析サービスを発表した。「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!ニュース」「Yahoo!検索」など、同社サービスのユーザーの利用データを基に、消費者の関心を可視化できる。

/tt/news/1902/26/news05.jpg
IDCの2018年実態調査

日本で盛り上がらない「AR」「VR」のビジネス利用、その原因は

IDC Japanの調査結果によれば、2018年の日本におけるAR/VR技術のビジネス利用や採用意欲は、2017年と比べてあまり伸びていない。AR/VR技術への理解度の差が広まると専門家は懸念する。

/tt/news/1902/25/news02.jpg
企業向けコミュニケーション技術

クラウドベースのコミュニケーション「UCaaS」と「CPaaS」を比較する

企業がオンプレミスからクラウドに移行するにつれ、CPaaSとUCaaSの利用が広がっている。本稿では、この2つの選択肢が提供する機能と、企業コミュニケーションへの適合状況を確認する。

/tt/news/1902/26/news04.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「今度こそ脱Excel」を狙った業務ツールは、コスパで選んではいけない

「Microsoft Excel」で作った独自ツールをやめる代わりに別の業務ツールを導入しよう――そうしてシステム選定を始めるとき、投資対効果を優先して選ぶと失敗のもとです。その理由は?

/tt/news/1902/24/news01.jpg
次はクラウドゲーミング

ゲーム業界成功の裏でIoTが果たした役割 「Fortnite」が世界的にヒットしたのはなぜか

モノのインターネット(IoT)の仕組みを活用したことでゲーム業界に新たなトレンドが生まれ、業界が活性化した。IoTのどのような要素がゲーム業界を変化させたのだろうか。

/tt/news/1902/19/news06.jpg
ビデオ会議は「ハドルルーム」で

「未来の会議室」はAIでどう進化するか

生産性を高め、コラボレーションを強化するため、AIが会議室に入り込んでいる。従業員のコラボレーションニーズに対処するためAIサービスが取り得る方向性は4つある。

/tt/news/1902/19/news04.jpg
cookieの削除から追跡防止まで

「Chrome」「Internet Explorer」「Edge」「Firefox」でcookieを管理するには

「匿名でインターネットを利用できる」と考える人は少なくない。だが実際には、cookieがほぼ全ての行動を監視している。それから逃れるにはcookieの管理が必須だ。主要Webブラウザのcookie管理方法をまとめた。

/tt/news/1902/18/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「iPad Pro」か「Surface Pro」か 比較で分かったその答え

市場にはさまざまなタブレットがある。その中でも「iPad Pro」と「Surface Pro」は知名度という点で間違いなく2強といえる。どちらも高水準の性能を持っているが果たしてビジネス利用に最適なのはどちらなのだろうか。

/tt/news/1902/20/news02.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

情シスが知っておきたい、人事のお仕事カレンダー

勤怠管理業務のシステム化プロジェクトは、人事や総務と情報システム部門が密に連携して進める必要がある。「人事部門の繁忙期」を知らずにいると、思わぬところでトラブルが起きかねない。

/tt/news/1902/16/news01.jpg
IT管理者なら必ず押さえておきたい

「Windows 10 Enterprise」を理想の姿にする5つのカスタマイズ機能

システム管理者が「Windows 10」をカスタマイズするための5つの機能「カスタムログオン」「フィルターキー機能」「Shell Launcher」「ブランドではないブート」「統合書き込みフィルター(UWF)」について紹介する。

/tt/news/1902/13/news05.jpg
Webex TeamsやTeamsとの違いは?

Slackが「1日当たり1000万人のユーザー」を実現できた理由

メッセージングアプリのSlackを使うアクティブユーザーの数が、2019年1月で1日当たり1000万人を突破した。有料版のSlackを利用する組織は8万5000を超えているという。

/tt/news/1902/11/news01.jpg
コラボレーションツールはビジネスにどう役立つのか

Nestle、世界中の拠点に「Workplace by Facebook」を導入

Nestleは、世界各地で働く従業員の共同作業を効率化するために「Workplace by Facebook」を採用した。コラボレーションツール選定のポイントとWorkplaceの導入効果について、同社CIO(最高情報責任者)が語った。

/tt/news/1902/04/news06.jpg
事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第16回】

「野放しのテレワーク」はNG 自然にセキュリティ意識が上がるルール作りのコツ

初めてテレワーク制度に取り組む企業が、セキュリティポリシーを整備する際には、取りあえずPCの利用履歴を取得することから始めてみましょう。利用実態を把握できれば、自社に最適なルールが自然と導かれます。

/tt/news/1902/01/news01.jpg
価格改定はチャンス

Office 2019の値上げに対抗するライセンス料削減戦略

Microsoft Office 2019のリリースに合わせて、Microsoftは製品の価格調整を実施。結果としてライセンス料が上昇した。これによるコストアップを最小限にとどめるにはどうすればよいのか。

/tt/news/1902/01/news10.jpg
直面しやすい問題と対処法をチェック

「Exchange」オンプレミス版から「Office 365」への移行で注意すべきこと

オンプレミス環境で「Microsoft Exchange Server」を利用している企業がクラウドサービスに移行する場合、起こりやすい問題をあらかじめ確認しておこう。

1 月

/tt/news/1901/31/news12.jpg
Oracle Databaseが勝敗の決め手

AWSやMicrosoft Azureにクラウドで対抗するOracleの秘策 顧客が望む結末は?

Oracleは顧客を「Oracle Cloud」へ移行させるための取り組みに、自社のデータベース製品を活用している。その戦略が成功する可能性はあるのか。

/tt/news/1901/30/news07.jpg
Web出願システムから「UCARO」へ

青山学院大学が「出願から入学手続きまで丸ごとIT化」した理由

青山学院大学は大学入試業務の効率化を進めるべく、出願から入学手続きまでの一連のプロセスをIT化した。その理由とは何か。具体的なメリットは。同校入試課の鈴木博貴氏に聞いた。

/tt/news/1901/28/news09.jpg
UC市場はどうなる?

働き方を大きく変えるチームコラボレーションの5大トレンド

2019年のUC市場に影響を与えるコミュニケーションとコラボレーションのトレンドを占う。

/tt/news/1901/27/news01.jpg
テンプレートで手軽に実現

「Chrome」をグループポリシーで管理する簡単な方法

Webブラウザ「Chrome」を管理するために、Windowsのグループポリシーを利用できる。順を追って、その具体的な方法を解説する。

/tt/news/1901/26/news01.jpg
新機能追加で逆転なるか

Office 365 vs. G Suiteの息が詰まる戦い 劣勢Googleの秘策は?

Googleのクラウドオフィススイート「G Suite」はアップデートを続けている。2019年の年明けにも管理者とエンドユーザー向けにそれぞれ新機能を追加した。しかし市場をリードするのはMicrosoftの「Office 365」だ。

/tt/news/1901/24/news06.jpg
クラウドBIの導入効果は

ダイソーがクラウドBI「Amazon QuickSight」へ移行 “重い”BIはどう変わったのか

オンプレミスで運用するBIツールのデータ処理スピードが遅く、十分なデータを取り込むことができないという課題を抱えていた大創産業。解決のために、同社はBIツールのインフラをAWSへ移行した。

/tt/news/1901/21/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Chromeが「仮想通貨の不正採掘」全面禁止に踏み切った理由

仮想通貨を採掘する「クリプトマイニング」を不正に実行する攻撃が広がっている。「クリプトジャッキング」と呼ばれるこうした攻撃は、どのようなものなのか。

/tt/news/1901/20/news01.jpg
BoxやDropbox、Microsoft OneDrive、Google Driveなど

いまさら聞けない モバイル向けファイル共有アプリで知っておきたい「3つの基礎」

企業向けファイル同期/共有アプリケーションをモバイルデバイスで利用する場合、自動同期機能の動作の違いやセキュリティリスクに注意が必要だ。

/tt/news/1901/17/news02.jpg
Blue Prism、UiPath、Automation Anywhere

RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景は

複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。

/tt/news/1901/15/news05.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「VBA最強」とは限らない スキルに合わせてExcelツール作成方法を導く「5W1H」とは

「Excelツールを作成する際、関数とVBAのどちらを使うべきか」。この判断を、それぞれの機能だけを見て下してしまうと、後々、利用者の利便性や開発者のサポートの手間に大きな影響を及ぼす場合があります。

/tt/news/1901/12/news01.jpg
ケガをしたときに役立つアイデアも紹介

旅行や出張で大活躍しそうなモバイル活用テクニック

IT、なかでもスマートモバイル関連技術の進歩を特に実感するのが、旅行や出張の時と、ケガをした時だろう。本稿では、筆者自身の経験から気付いた便利なテクニックを紹介する。

/tt/news/1901/10/news08.jpg
調査で探るチャットツールのビジネス利用

「Slack」は本当にメールの代わりになるのか?

チャットツールの企業導入が進んでいる。背景にあるのは、メール中心のコミュニケーションの弊害を解消したいというニーズの高まりだ。メールをチャットツールに置き換えれば、全てうまくいくのだろうか。

/tt/news/1901/09/news01.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

「2019年こそ勤怠管理システム導入の好機」といえる3つの理由

「働き方改革関連法」が成立し、働き方を見直す機運が高まっているものの、勤怠管理システムの導入は後回しにされがちだ。その理由と、2019年が「勤怠管理システム導入の好機」だと判断できる理由を解説する。

/tt/news/1901/08/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」 最新デバイスの何に注目する?

2018年もさまざまな最新デバイスが登場した。外観や機能の見どころは幾つかあるが、有識者は何に注目するのか。本稿では「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」について有識者が注目した点について解説する。

/tt/news/1901/08/news05.jpg
社内と社外のコミュニケーションを包括する方向性

「コミュニケーションツールは1社にまとめたい」 だから2019年UC市場はこう変わる

企業内のコミュニケーションニーズを1つでまかなえる製品を求めるユーザー企業が少なくない。ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは買収策やAPI開発といったアプローチを選んでいるようだ。