過去記事一覧 (2020 年)

11 月

/tt/news/2011/21/news01.jpg
「Microsoft Teams」との競争力を高めるGoogle

「Google Workspace」は「G Suite」からどう進化したのか

Googleはオフィススイートの「G Suite」を「Google Workspace」として刷新した。Google WorkspaceはG Suiteと何が違うのか。

/tt/news/2011/19/news04.jpg
保険会社と大学の「Slack」導入事例【後編】

大学がテレワークやオンライン授業に「Slack」を活用 使い倒す工夫とは?

感染症拡大を受け、教職員のテレワークとオンライン授業の実施を余儀なくされたアリゾナ州立大学が「Slack」を導入した。どのように導入し、どう活用しているのか。

/tt/news/2011/19/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Web会議が全盛でも「対面会議」にこだわる人の言い分

感染症拡大をきっかけにWeb会議が急速に広がる中、「直接会って話すことに勝るものはない」という声も根強くある。なぜ対面会議は支持され続けるのか。その理由と「未来の会議室」の整備方法を説明する。

/tt/news/2011/15/news01.jpg
「Microsoft 365」と「Office 365」を比較【後編】

「Microsoft 365 E3」と、まだ終わっていない「Office 365 E3」の基本的な違い

「Microsoft 365」と「Office 365」の比較は新旧オフィススイートの比較ではなく、料金プランの比較という現実的な課題だ。両者はどう違うのか。標準プラン「E3」の基本的な違いを確認しよう。

/tt/news/2011/13/news09.jpg
保険会社と大学の「Slack」導入事例【前編】

保険会社が「Slack」導入に成功した理由 「伝統」より「変化」を重視

ビジネスチャットツールが魅力的でも、それによる変化を受け入れる文化が社内になければ導入はままならない。伝統を重んじる保険業でありながら「Slack」の大規模導入に成功したPan-American Lifeの決断とは。

/tt/news/2011/12/news07.jpg
コミュニケーション用デバイスの選定基準

「UC認定」「Microsoft認定」の違いとは? UCデバイスの2大認定制度

ヘッドセットなどのUC用デバイスを選ぶときに、「UC認定」や「Microsoft認定」といった表記があるかどうかが選択基準の一つとなる。この2種類の認定は、それぞれ何を意味し、どう違うのか。

/tt/news/2011/08/news01.jpg
「Microsoft 365」と「Office 365」を比較【前編】

「『Office 365』が終わった」は誤解? 「Microsoft 365」とは何者なのか

「『Office 365』が終わりを迎えた」という理解は、厳密には正しくない。Microsoftは依然として「Office 365」という名称のプランを提供しているからだ。では、そもそも「Microsoft 365」とは何なのか。

/tt/news/2011/06/news11.jpg
会議室の感染症対策はどうすべきか

誰にも触れず、何も触らない「非接触会議」を実現する方法

会議室にある機器を触らずに操作するための技術は、感染症対策として活用できる。こうした「非接触会議」は、どのような技術で実現できるのか。

/tt/news/2011/04/news07.jpg
教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【前編】

休校中の児童の食事を助ける「SAP4Kids」が“爆速”で開発できた理由

非営利団体GENYOUth FoundationとSAP北米法人は「SAP Cloud Platform」を使い、児童の食事や生活を支援するアプリケーション「SAP4Kids」を共同開発した。数週間という短期間で開発できた理由とは。

10 月

/tt/news/2010/29/news06.jpg
感染症対策にも役立つ?

Meet会議専用ハード「Series One」とは? GoogleとLenovoが共同開発

「Google Meet」用のハードウェアパッケージ「Series One」は、Google独自のプロセッサを組み込み、Web会議をスムーズに進めるための機能を備える。規模別に3種類あるSeries Oneの特徴をざっくりと説明する。

/tt/news/2010/28/news09.jpg
アクセシビリティ機能の現状と課題

「Zoom」に聴覚障害者向け機能が追加、当事者が使ってみた感想は

「Zoom」は聴覚障害者向けに、ユーザーが手話通訳者を表示したままプレゼンテーションを見られる機能を追加した。当事者はこのアクセシビリティ機能をどう評価するのか。アクセシビリティ推進団体に聞いた。

/tt/news/2010/27/news12.jpg
「Microsoft 365」でのサポートが終了

「Internet Explorer」が終わる日 代役はEdgeでもChromeでもない“あのブラウザ”か

「Internet Explorer」(IE)で「Microsoft 365」が正常に動作しなくなる。問題はそれだけではない。専門家は「IEがWebブラウザの選択肢から外れる日に備えて、対策をすべきだ」と警鐘を鳴らす。

/tt/news/2010/27/news10.jpg
「開発するか、利用に徹するか」が分かれ道

「CPaaS」を“理想のテレワーク”の実現に生かす方法

「CPaaS」は有用なクラウドサービスだが、導入後すぐにメリットが得られるわけではない。CPaaSをベースに新たなテレワーク体制を整えるためには、どのような事前計画を立てるべきなのか。

/tt/news/2010/18/news01.jpg
Microsoft 365ユーザーなら無料で使える

Microsoft純正、Wordの文字起こし機能「Transcribe」はどこまで使える?

「Microsoft Word」の文字起こし機能「Transcribe」は、音声ファイルを文字に書き起こすプロセスの合理化を図る。文字起こしに苦労している人にとっての“救世主”となるのか。

/tt/news/2010/16/news06.jpg
「安さ」は判断基準にならない?

「Zoom」「Teams」「Webex」使うならどれ? Web会議ツールの選び方

Web会議ツール「Zoom」「Teams」「Webex」のどれを使うかを決める際、利用料金は重要な選定ポイントにはならないと専門家は指摘する。何を基準に選べばよいのか。

/tt/news/2010/11/news01.jpg
「Microsoft Teams」を生かし切る8つの使い方【後編】

「Teams」で電話やチャットbotを使う方法とは?

「Microsoft Teams」の有効活用法を紹介する本連載。今回はサードパーティーのSaaSや電話、チャットbotによるコミュニケーションに役立つTeamsの使い方を紹介する。

/tt/news/2010/09/news12.jpg
Web会議を快適にする方法【後編】

無料でできる、“Zoom映え”する3つの準備ポイント

Web会議前にほんの少しの努力をすることで、コストをかけることなく、他の参加者に好印象を与えることができる可能性がある。Web会議前に最低限確認すべきポイントを紹介する。

/tt/news/2010/04/news01.jpg
「Microsoft Teams」を生かし切る8つの使い方【中編】

「Teams」を使えば会議での“言語の壁”がなくなる?

「Microsoft Teams」の有効活用法を紹介する本連載。今回は多言語会議やファイル共有、社外とのコラボレーションに役立つTeamsの使い方を紹介する。

/tt/news/2010/03/news01.jpg
「Microsoft 365」の注意点【後編】

「Microsoft 365」の見落とすと厄介な“あの制限”とは

企業が「Microsoft 365」を新たに導入するときは、何に注意をすればいいのか。導入や運用時に注意しておきたい点を説明する。

9 月

/tt/news/2009/30/news13.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年度上半期)

Zoom以外のコロナ対策ツールとは? iPhone、Android新型を買い渋る理由は?

「スマートモバイル」「情報系システム」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年度上半期にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2009/30/news11.jpg
テレワークのためのクラウド導入ガイド【前編】

クラウド初心者に贈る「テレワークのためのクラウド導入」のヒント

クラウドサービスは在宅勤務などのテレワークに適した手段だ。クラウドサービス初心者の企業がテレワーク推進のためにクラウドサービスを導入する際のヒントを紹介する。

/tt/news/2009/30/news10.jpg
テレワークニュースフラッシュ

コロナ拡大後に投資意欲が急速に高まったテレワーク製品とは?

在宅勤務などのテレワークを実施する企業の間では、常態化に向けた課題や、その対策として必要なIT製品の明確化が進み始めている。それらは具体的に何なのか。主要なニュースを基にテレワークの現状を追う。

/tt/news/2009/29/news01.jpg
教育機関にできることとは

Zoom障害でオンライン授業に支障 「全部Zoomのせい」で本当によいのか?

「Zoom」のサービス障害が2020年8月に発生し、新学期を間近に控えた米国の教育機関はトラブルに見舞われた。オンライン授業を支えるWeb会議ツールのサービス障害が浮き彫りにしたものとは。

/tt/news/2009/27/news01.jpg
「Microsoft Teams」を生かし切る8つの使い方【前編】

「Teams」を単なるWeb会議やチャットの手段だと考えていないか?

「Microsoft Teams」を単なるビジネスチャットツールやWeb会議ツールだとして活用していてはもったいない。Teamsはコラボレーションに役立つ豊富な機能を備えているからだ。

/tt/news/2009/26/news01.jpg
Web会議を快適にする方法【前編】

“Zoom疲れ”を感じる前に見直すべき4つのポイント

Web会議で自分も他の参加者もストレスを感じないようにするには、必要に応じて手持ちの機器やネットワークを見直すことが重要だ。優先的に見直すべきポイントを説明する。

/tt/news/2009/21/news01.jpg
ベストプラクティスを紹介

「Teams」のデータを失いたくない人のためのバックアップとリストアの注意点

「Microsoft Teams」のデータを保護するためのバックアップとリストアの設定は複雑になりがちだ。特に注意すべき点とベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/2009/20/news01.jpg
「Microsoft 365」の注意点【前編】

「Microsoft 365」でファイル共有やバックアップに失敗しないためには?

「Microsoft 365」は豊富な機能を備えている分、複雑だ。正しく設定していないと、エンドユーザーのデータを失うなどのリスクがある。Microsoft 365利用時に注意すべき点を説明する。

/tt/news/2009/15/news03.jpg
メールを守る主要技術【後編】

「メール暗号化」を無駄にしないための注意点

メールを安全にやりとりするためには「メール暗号化」の活用が不可欠だ。ただし利用方法によってはセキュリティ上のメリットを享受できない恐れがある。何に気を付ければよいのか。

/tt/news/2009/10/news06.jpg
Microsoft 365のセキュリティ対策12選【後編】

「Microsoft 365」のバックアップにまつわる“誤解”とは?

クラウドサービスにまつわる“誤解”は、「Microsoft 365」のセキュリティ対策にも影響を及ぼす可能性がある。Microsoft 365の適切なセキュリティ対策を検討するためのヒントを示す。

/tt/news/2009/09/news05.jpg
メールを守る主要技術【前編】

いまさら聞けない「PGP」「S/MIME」の基礎 メール暗号化の主要技術

メールで送信する情報を保護する手段が「メール暗号化」だ。具体的にどのようなメール暗号化技術が存在し、どのようなメリットがあるのか。主要技術「PGP」「S/MIME」の基礎を説明する。

/tt/news/2009/05/news01.jpg
テレワーク時の印刷をより手軽に

ドライバが要らないMicrosoftのクラウド印刷「ユニバーサル印刷」とは?

インターネット経由でプリンタ管理と印刷を可能にする「Universal Print」(ユニバーサル印刷)。Microsoftが「Microsoft 365」ユーザー向けにパブリックプレビュー版の提供を始めた、同サービスの特徴を説明する。

8 月

/tt/news/2008/28/news02.jpg
「Web会議」が変えるコミュニケーションの在り方【後編】

音声通話をやめて「Web会議」に乗り換えたくなる“納得の理由”

「Web会議」ツールは、企業のコミュニケーションの在り方をどう変えようとしているのか。Nemertes Researchの調査結果を基に、Web会議ツールの利用動向を説明する。

/tt/news/2008/27/news01.jpg
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【後編】

「Microsoft 365」と「G Suite」の違いをストレージ容量と月額料金で比較する

サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」は、どう違うのか。利用できるファイル同期サービスのストレージ容量と、利用料金の違いで比較する。

/tt/news/2008/21/news03.jpg
調査で判明 テレワークの実態【後編】

「在宅勤務」を続けるべきか、やめるべきか 過去には“脱テレワーク”も

在宅勤務などのテレワークを実践する上での障壁は少なくない。こうした障壁は、企業のテレワーク継続にどう影響するのか。調査結果を基に分析する。

/tt/news/2008/19/news02.jpg
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【中編】

SharePointとDrive Enterpriseの違いは? Microsoft 365とG SuiteのECM比較

社内のデータを共有する手段として「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらが適しているのか。両者のコンプライアンス支援の取り組みと、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツールを比較する。

/tt/news/2008/14/news04.jpg
「Web会議」が変えるコミュニケーションの在り方【前編】

進化する「Web会議」ツール 「Slack」やカレンダーとの連携強化へ

在宅勤務などのテレワークの広がりでニーズが高まっている「Web会議」ツール。ベンダー各社は他のツールとの連携により、その利便性を高めようとしている。

/tt/news/2008/13/news02.jpg
オンプレミスかクラウドか

「SharePoint Server 2016」サポート終了 移行先は「2019」か「Online」か?

Microsoftの「SharePoint Server 2016」のサポート終了に伴い、ユーザー企業は「SharePoint Server 2019」または「SharePoint Online」への移行を検討する必要がある。どちらに移行すべきか。

/tt/news/2008/12/news01.jpg
「Web会議セキュリティ」の傾向と対策【第4回】

Zoomの“macOS隠れサーバ問題”に学ぶ「Web会議」の利便性と安全性のジレンマ

新型コロナウイルス感染症対策として注目を集めたWeb会議ツールは、ユーザビリティとセキュリティがトレードオフの関係にある。解決策はあるのか。過去に「Zoom」に発覚した問題を基に考える。

/tt/news/2008/10/news01.jpg
調査で判明 テレワークの実態【前編】

「在宅勤務」に快適さを感じる“本当の理由”

在宅勤務などのテレワークが「予想以上にうまくいった」と考える企業では、どのような効果が見られたのか。従来のオフィスが抱える課題とは。アナリストが解説する。

/tt/news/2008/05/news06.jpg
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【前編】

「Microsoft Teams」と「Google Chat」「Google Meet」の違いとは?

サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらを導入すべきか。判断する際の材料はさまざまだ。まずはコミュニケーションツールを比較する。

/tt/news/2008/04/news04.jpg
Microsoft 365のセキュリティ対策12選【中編】

「Microsoft 365」のパスワード同期に潜む“意外な危険”と対策は?

「Microsoft 365」の導入と運用に伴うセキュリティリスクにどう対処すればよいのか。米国のセキュリティ機関による勧告を基にした対策など、6つの対策を紹介する。

/tt/news/2008/03/news19.jpg
「高価過ぎた製品」の安価版を求める声も

在宅勤務の長期化に耐える「コミュニケーション製品」の条件とは?

在宅勤務などのテレワークを導入した企業の間で、従業員に支給するコミュニケーション製品を充実させる動きが広がっている。テレワーク長期化が見込まれる中、コミュニケーション製品に求められる変化とは。

/tt/news/2008/01/news01.jpg
ハイエンドスマホはもう必要ない?

スマートフォンが売れなくなった、新型コロナ以上に根深い理由

2020年1〜3月期の世界スマートフォン販売台数は、前年同期比で約20%の減少に見舞われた。専門家は原因としてパンデミックに伴う混乱を指摘するが、原因はそれだけではない。

7 月

/tt/news/2007/30/news11.jpg
ユニファイドコミュニケーションをより快適に

4G/LTEより「5G」を選ぶべき3大メリットとは? 「UC」の視点で比較

「5G」は「ユニファイドコミュニケーション」(UC)のユーザー企業にどのような価値をもたらすのか。「4G」「LTE」との比較を交えて解説する。

/tt/news/2007/29/news04.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【YaDoc編】

患者が生体・生活データを自ら入力、生活習慣の自発的改善を促す「YaDoc」

インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療サービス「YaDoc」は、患者の日々の生活や健康状態を記録し、可視化できる。これらの機能は臨床にどのような効果をもたらすのか。

/tt/news/2007/30/news01.jpg
「Web会議セキュリティ」の傾向と対策【第3回】

「Web会議」を安心して使うためにやるべきセキュリティ対策とは?

Web会議ツールを安全に使うためには、ベンダー側だけではなくユーザー側も適切なセキュリティ対策を施す必要がある。どのような対策があるのか。

/tt/news/2007/28/news03.jpg
Microsoft 365のセキュリティ対策12選【前編】

「Microsoft 365」の“セキュリティ専任チーム”が担うべき役割とは?

「Microsoft 365」のセキュリティを強化するために、何をすべきだろうか。組織、情報収集、認証の観点から、重要なセキュリティ対策を紹介する。

/tt/news/2007/24/news01.jpg
テレワーク中のコラボレーション【後編】

ロックダウン中の従業員を支えたMicrosoft Teams活用

採用コンサルタント会社のHarvey Nashは、ロックダウンによって一部の従業員を一時帰休とした。同社はMicrosoft Teamsを活用して「あなたは1人ではない」と伝え続けた。その真意とは何か。

/tt/news/2007/24/news02.jpg
Citrix、VMware、MicrosoftのVDIでCADを動かす

「VDI」で「CAD」を快適に使うための5大ポイント

CADソフトウェアは扱うファイルのサイズが大きくグラフィックスを多用するため、VDIで動かしたいときは構築時や運用時に気を付けるべきことがある。主要な5つのポイントを説明する。

/tt/news/2007/22/news08.jpg
新型コロナで役割を再認識

Zoomなどの「Web会議」がいくら便利でも「対面会議」をやめられない理由

新型コロナウイルス感染症の流行で、さまざまな会議が中止や延期に追い込まれた。対策として活用が広がっているのが「Web会議」だ。ただしWeb会議が実現できることは、対面会議と同じではない。

/tt/news/2007/17/news02.jpg
「Web会議セキュリティ」の傾向と対策【第2回】

「Web会議」を安全にするベンダー側のセキュリティ対策とは?

Web会議ツールのセキュリティは、在宅勤務などのテレワークにおいて重要な問題となっている。こうした中、Web会議ベンダーはセキュリティ向上に向けた取り組みを進めている。主要な取り組みを紹介する。

/tt/news/2007/14/news03.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【後編】

新型コロナ「接触確認アプリ」はなぜ必要で、なぜ過度な期待は禁物なのか

新型コロナウイルス感染症陽性者の接触追跡アプリケーションは、公衆衛生機関が主導する国家的な取り組みにも有益な技術だ。ただし真価を発揮するためには超えるべき壁がある。それは何か。

/tt/news/2007/13/news04.jpg
CISAが報告書で指摘

「Microsoft 365」を脆弱にする“不適切なセキュリティ設定”とは?

「Microsoft 365」(旧「Office 365」)の不適切な設定が、脆弱性につながる可能性がある。どのような設定が不適切なのか。

/tt/news/2007/12/news01.jpg
「AcroMonitor」や「Log Collector」を解説

Windows 10で動かなくなった「Adobe Acrobat Reader DC」を復活させる方法

広く使われているPDFファイル閲覧ソフトウェア「Adobe Acrobat Reader DC」が突然動かなくなったら、どう対処すればよいのか。「Windows 10」版Acrobat Readerのトラブルシューティングを解説する。

/tt/news/2007/11/news01.jpg
仮想背景だけではない「Zoom」の優位点

Zoom会議中に少人数で話せる「ブレークアウトルーム」はTeamsでも使える?

「Zoom」ではWeb会議の参加者を小規模なグループに分ける「ブレークアウトルーム」機能を利用できる。「Microsoft Teams」や「Cisco Webex Meetings」といったライバルではどうなのか。

/tt/news/2007/09/news04.jpg
「Web会議セキュリティ」の傾向と対策【第1回】

Zoomなどの「Web会議」はなぜ危険か? セキュリティ確保が難しい理由を解説

在宅勤務などのテレワークの広がりに伴い、Web会議ツールのセキュリティが重大な問題となっている。Web会議ツールのセキュリティ確保には幾つかの問題がある。どのような問題があるのか。

/tt/news/2007/07/news04.jpg
パンデミックで変わるコミュニケーションツール市場

新型コロナでZoomなどの「Web会議」の成長と“脱PSTN”が加速する?

新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、コミュニケーションツールを見直す動きが広がっている。「Zoom」などのWeb会議ツール好調の裏で、何が起こっているのか。市場の動きをまとめた。

/tt/news/2007/07/news02.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【中編】

新型コロナ「接触追跡システム」の真価は院内感染の防止か

新型コロナウイルス感染症の感染経路特定を支援する「接触追跡」システム。医療機関にとって、その活用は院内感染の防止にも役立つという。米国の医療機関や調査会社の話から、その実態を探る。

/tt/news/2007/06/news07.jpg
危機下で高まるユニファイドコミュニケーションの価値

新型コロナ禍の在宅勤務が「UC」に引き起こす3つの変化

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う在宅勤務などのテレワーク拡大は、「ユニファイドコミュニケーション」(UC)ツールにどのような変化を促すのか。主要な3つの変化を紹介しよう。

/tt/news/2007/04/news01.jpg
Zoomを襲う悪質行為【後編】

「Zoombombing」(Zoom爆撃)の被害を防ぐ方法とは? FBIの推奨策は

在宅勤務などのテレワークの手段として導入が進むWeb会議ツール「Zoom」。その利用時に注意すべき脅威が、第三者が会議に乱入する「Zoombombing」だ。どう対処すればよいのか。

/tt/news/2007/03/news04.jpg
テレワーク中のコラボレーション【前編】

「Zoom疲れ」の克服とコラボレーションツール導入成功事例

テレワークによりコミュニケーションやコラボレーションのツールが急速に普及した。それは「Zoom疲れ」を引き起こしている。何がいけなかったのか。

/tt/news/2007/03/news05.jpg
コストと機能で比較する

「Zoom」から「Teams」にすぐ乗り換えたくなるシンプルな理由

外出制限下で急速に普及した「Zoom」などのWeb会議ツール。一時的ではなく継続的な活用を考えると、Zoomを利用中の企業でも「Microsoft Teams」への乗り換えが魅力的に映る場合がある。どのような場合なのか。

6 月

/tt/news/2006/29/news05.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【前編】

大学病院が「新型コロナ接触追跡システム」を導入 メリットは何なのか?

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に注意喚起する「接触追跡システム」で感染経路を追跡することは、どのような社会的意義があるか。米国医療機関の導入事例を紹介する。

/tt/news/2004/14/news02.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【CLINICSオンライン診療編】

オンライン診療も通院もサービス間連携で一元管理の「CLINICSオンライン診療」

サービス間連携により、通常の通院による診療とオンライン診療のデータ/ワークフローを一元管理できるのが「CLINICSオンライン診療」だ。その機能や特徴を説明する。

/tt/news/2006/28/news01.jpg
在宅勤務などのテレワークが市場の変化を後押し

「Skype」があまり使われなくなった「Zoom人気」以外の理由

「Skype」が衰退した原因は、「Zoom」などのWeb会議ツールの急速な普及だけではない。コミュニケーション市場の変化の背景を、専門家の見解から探る。

/tt/news/2006/27/news01.jpg
Zoomを襲う悪質行為【前編】

「Zoombombing」(Zoom爆撃)とは? Zoom会議への乱入が起こる仕組み

新型コロナウイルス感染症対策で普及が進んだWeb会議ツールの一つが「Zoom」だ。その普及と同時に、Zoom会議を狙ったサイバー攻撃「Zoombombing」も活発になってきている。なぜZoombombingは起こるのか。

/tt/news/2006/24/news08.jpg
「在宅勤務」長期化に備える【前編】

コロナ市やLenovoに聞く 「在宅勤務」を継続するために必要なITとは?

新型コロナウイルス感染症対策のために急いで在宅勤務などのテレワークに移行した企業は、長期化を見据えたIT環境を整える必要がある。具体的に何をすればよいのか。

/tt/news/2006/23/news04.jpg
激化するコミュニケーションツール市場の争い

「Google Meet」がZoomとの競争に出遅れた理由 「Gmail」成功が足かせに?

GoogleのWeb会議ツール「Google Meet」は、機能の充実やコンシューマーへの無償提供といった取り組みで「Zoom」「Microsoft Teams」といった競合に後れを取っている。なぜ出遅れたのか。

/tt/news/2006/29/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「オンライン診療」普及を後押し 2020年度診療報酬改定の必修ポイント

2020年度の診療報酬改定ではオンライン診療の要件が緩和されるなど、医療機関のIT活用に影響するポイントが幾つかあります。押さえておくべき主要なポイントをまとめました。

/tt/news/2006/20/news01.jpg
1日の「参加者」数は3億人に

「Zoom」の真のユーザー数は分かるのか? 競合の「Teams」「Webex」は?

Zoom Video Communicationsは「Zoom」の「ユーザー」数を一度発表したが、後に「ユーザー数ではなく参加者数だった」と説明し、数値を修正した。本当のユーザー数は何人なのか。競合の「Teams」「Webex」の状況は。

/tt/news/2006/19/news05.jpg
「Zoom」は信頼できるのか【後編】

“脱Zoom”を選ぶ人、Zoomを使い続ける人、それぞれの考え方

「暗号化について虚偽の主張をした」と訴えられるなど、「Zoom」のセキュリティ問題がたびたび世間を騒がせている。こうした問題を受けて、ユーザー側も、ベンダー側も動いている。

/tt/news/2006/17/news02.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【後編】

コロナ禍のコールセンターで採用が進むAI・自動化技術は完璧なのか?

テレワークに移行したコールセンター業務の負担を軽減したいのであれば、チャットbotやIVR(自動音声応答)といったAI/自動化技術が役に立つ。ただし限界もある。

/tt/news/2006/13/news01.jpg
「Zoom」は信頼できるのか【前編】

Zoomが訴訟に追い込まれた「エンドツーエンド暗号化」の意味とは?

Web会議ツールはテレワークの実施には欠かせない。その一つとしてZoomをさまざまな企業が導入する一方、セキュリティとプライバシーの問題があるとして複数の訴訟を起こされた。その詳細は。

/tt/news/2006/12/news06.jpg
鍵になるのは信頼性

時代遅れの「T1/E1」回線を今あえて使う3つのメリット

T1回線とE1回線は古い技術だが、インターネット回線はない3つのメリットがある。それを具体的に紹介する。

/tt/news/2006/11/news07.jpg
Citrix製品を活用

NFLのフットボールチームが「在宅勤務」で直面した課題とは?

サンフランシスコのフットボールチーム49ersは、在宅勤務などのテレワークの課題に直面している。同チームがテレワークを実践する上で生じた課題と成果を聞く。

/tt/news/2006/10/news02.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【中編】

コールセンターのテレワーク化は「人の命が懸かった課題」 実践企業が語る

コールセンター業務をテレワークに移行した企業は、どうやって移行し、何に課題を見出しているのか。実際の企業の事例から探る。

/tt/news/2006/08/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「自作Excelツールが動かない」という泣き付きがなくならない理由と対処法

接する機会が少ない部署から突然「Microsoft Excelで作成した自作ツールが動かなくなった」と相談が――。ありがちなこうした事態を避けるために、IT担当者はどのように対処すべきでしょうか。

/tt/news/2006/08/news07.jpg
新型コロナ対策による急速な浸透で重要に

バーチャル背景だけじゃない Web会議のプライバシーとセキュリティ8大保護策

在宅勤務に不可欠な手段になりつつあるWeb会議ツールは、セキュリティの確保が非常に重要だ。Web会議ツールのプライバシーとセキュリティを保護するための8つの対策を紹介する。

/tt/news/2006/07/news01.jpg
新型コロナ禍で高まる需要

ZoomなどのWeb会議で「バーチャル背景」を使いたくなる“切実な理由”

CiscoはWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版で「バーチャル背景」を利用できるようにする。「Zoom」と「Microsoft Teams」も提供しているバーチャル背景に、エンドユーザーの期待が集まるのはなぜか。

/tt/news/2006/04/news04.jpg
緊急事態宣言の解除で常識は変わるか

コロナ終息後も「フルタイムで在宅勤務」は本当に常識になるか?

新型コロナウイルス感染症対策として在宅勤務などのテレワークを採用が広がっている。テレワークは今後も定着するのか。それとも以前の勤務形態に戻るのだろうか。専門家の見解は。

/tt/news/2006/03/news06.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【前編】

コールセンターのテレワーク化に成功する企業、苦労する企業の決定的な違い

コールセンターの業務を在宅勤務などのテレワークに移行できるかどうかは、機材の整備状況だけではなく、各企業の文化が大いに関係している。成否を分けるポイントとは。

/tt/news/2006/02/news05.jpg
新型コロナウイルスによる利用拡大で脅威が顕在化

「Teams」がZoomを教訓にセキュリティ強化 それでも感じる不足とは

競合の「Zoom」のセキュリティに対する懸念を背景に、Microsoftは「Microsoft Teams」のセキュリティ強化を進めている。その姿勢を評価する声がある一方で、不足点を指摘する向きもある。

5 月

/tt/news/2005/31/news01.jpg
新型コロナウイルス対策で需要が急増

「Teams」のWeb会議で9人同時表示が可能に それでもZoomを脅かせない理由

「Microsoft Teams」のWeb会議機能で、1画面に9人の映像を同時に表示できるようになった。この機能を待ちわびていたユーザー企業にとっては朗報だが、これで全てのユーザー企業のニーズを満たせるわけではない。

/tt/news/2005/27/news09.jpg
Chromeなど主要Webブラウザで利用可能

いまさら聞けない「WebRTC」とは? Web会議に不可欠な基礎技術

Webブラウザを使ったコミュニケーションツールを実現する上で、重要な役割を果たしている技術が「WebRTC」。どのような技術であり、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2005/25/news08.jpg
IT部門の新型コロナウイルス対策

「社員宅の携帯電話の電波」も鍵 テレワークを素早く始める5つの戦略

トラブルを防ぎながら、全社的なテレワークにできる限り迅速に移行するにはどうすればいいのか。実行すべき5つの戦略を説明する。

/tt/news/2005/22/news11.jpg
2種類のソフトウェアを比較

いまさら聞けない「エンタープライズドキュメント管理」(EDM)と「エンタープライズコンテンツ管理」(ECM)の違いとは?

「エンタープライズドキュメント管理」(EDM)と「エンタープライズコンテンツ管理」(ECM)は一見同じ役割を持つように見えるが、実はそうではない。それぞれが効果を発揮する用途を説明する。

/tt/news/2005/19/news02.jpg
新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【後編】

在宅勤務者の急増で「ソフトウェアライセンスが足りない」問題をどう解決するか

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務者が増えた企業は、必要なソフトウェアライセンス数の確保に苦慮している。計画外の出費を最小限に抑えるこつは。

/tt/news/2005/13/news04.jpg
新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【前編】

Zoomなどの「Web会議ライセンス不足」問題が在宅勤務で顕在化 解決策は?

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務が広がる中、需要が高まっている「Web会議」。想定外のユーザー数急増で直面しがちなのがライセンスの問題だ。どう対処すべきなのか。

/tt/news/2005/09/news01.jpg
ビジネスユーザーの心をくすぐる新機能

マウスが使える新「iPad Pro」は今度こそノートPCの代わりになるか?

トラックパッドやマウスが使える「iPad Pro」の新モデルは、仕事で使うノートPCを置き換える存在になるのか。アナリストの見解をまとめた。

4 月

/tt/news/2004/30/news06.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

“宅電”が滅びない納得の理由から脱メールまで 新規会員が気になった話題は

「データ分析」「情報系システム」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/29/news01.jpg
「Microsoft Teams」や「Slack」にも影響

「Zoom」がテレワーク需要で不具合 自宅の無線LANトラブルが原因の苦情も

テレワークによるWeb会議サービスへの需要の高まりに伴い、「Zoom」でサービスの不具合が頻発した。「Microsoft Teams」「Slack」といった競合も同様だ。利用の急速な拡大がもたらす影響を整理する。

/tt/news/2004/27/news04.jpg
チャットbotと開発ツールの進化【後編】

「チャットbot開発ツール」とは? Google、Microsoft、AWSのサービスを比較

「チャットbot開発ツール」は、エンドユーザーが簡単にチャットbotを開発できるように進化しつつある。GoogleとMicrosoft、AWSといった主要ベンダーのチャットbot開発ツールの特徴を説明する。

/tt/news/2004/24/news04.jpg
Citrixのテレワーク事例【後編】

新型コロナウイルス対策の在宅勤務でCitrixが技術より「人」を重視する理由

Citrix Systemsは新型コロナウイルス感染症の対策として中国全土の従業員をテレワーク体制に移行させた。同社は2カ月以上にわたる経験から、問題解決には「技術よりも人が重要だ」と考えている。それはなぜか。

/tt/news/2004/22/news07.jpg
チャットbotと開発ツールの進化【前編】

普通のチャットbotと「AIチャットbot」の違いとは?

「チャットbot」は長い間、事前に準備した回答を出力するだけのプログラムだった。AI技術を組み込むことにより、用途が急速に多様化している。

/tt/news/2004/20/news05.jpg
「Slack」の存在が影響か

Microsoftが「Teams」へのメール機能の実装に二の足を踏む理由

「Microsoft Teams」にメール機能を追加してほしいという声が集まっている。この案は2018年から「検討中」のままだ。技術的な課題は多くないにもかかわらず、Microsoftがメール機能を実装しない理由は。

/tt/news/2004/17/news07.jpg
LLamasoft製ソフトウェアを導入

医療団体が“脱Excel”してSCM製品に切り替えた理由 眼組織の需要予測に利用

眼組織を回収して医療機関に配送する非営利団体のEversightは、眼組織の需要予測の手段を「Microsoft Excel」からLLamasoftのサプライチェーンマネジメント製品に切り替えた。その理由と効果とは。

/tt/news/2004/17/news03.jpg
Citrixのテレワーク事例【前編】

中国全土の従業員をテレワークに移行させたCitrix、実現のために何をしたのか?

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていた2020年1月ごろの中国は、折しも新年の休暇期間だった。Citrix Systemsは中国全土に散った従業員に連絡を取りテレワーク体制に移行。同社がしたこととは。

/tt/news/2004/11/news01.jpg
テレワークニュースフラッシュ

「在宅勤務の方が効率が上がる」企業と、テレワークだと困る企業の違いは?

新型コロナウイルス対策としてテレワークを推奨する動きが企業の間で広がっている。それに伴い、ベンダーや業界団体がテレワークを支援する取り組みを活発化させている。主要な取り組みを紹介する。

/tt/news/2003/31/news03.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

Excelツールの引き継ぎ資料を誰も作らない理由を「ゲーム理論」で考える

「Microsoft Excel」の自作ツールに不具合が生じてから「引き継ぎ資料がない」「製作者もいない」と気付くケースは珍しくありません。ほとんどの人が引き継ぎ資料を作りたがらないからです。なぜなのでしょうか。

/tt/news/2003/11/news03.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【オンライン診療ポケットドクター編】

“赤ペン書き込み”で患者の訴えをくみ取る「オンライン診療ポケットドクター」

オプティムとMRTによる「オンライン診療ポケットドクター」は、患者・医師間の認識の齟齬を軽減する機能や、血圧計などのヘルスケア機器との連携に強みを持つオンライン診療サービスだ。その機能と特徴を説明する。

3 月

/tt/news/2003/16/news07.jpg
コンテンツ管理の基礎知識

いまさら聞けない「コンテンツ管理製品」とは? 4大“常識”製品を紹介

「コンテンツ管理」システムは単なるドキュメント管理から、コラボレーションまで機能を広げている。もはや「常識」とも言える4種類のコンテンツ管理システムの役割をおさらいする。

/tt/news/2003/14/news02.jpg
Gartnerのアナリストも“予想外”

Office 365ユーザーがG Suiteを併用する理由 なぜ似たサービスを使うのか?

セキュリティ企業Oktaの調査から、オフィススイートサービス「Office 365」と「G Suite」を併用する企業が相当数あることが分かった。似たようなサービスであるにもかかわらず、なぜ併用する必要があるのか。

/tt/news/2003/07/news01.jpg
Skype for Businessからの移行はまだ様子見?

「Microsoft Teams」と個人向け「Skype」の連携は本当に実現するのか?

Microsoftは「Microsoft Teams」と個人向け「Skype」で相互に通話とメッセージの送受信ができる機能を2020年3月中に提供する見込みだ。ただし過去の出来事を踏まえると、計画通りに進むかどうかは予断を許さない。

/tt/news/2003/06/news03.jpg
「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【後編】

「プロセスマイニング」ツール導入を経営陣に納得してもらうコツは?

「プロセスマイニング」とAI技術の関係とは。プロセスマイニングツールの導入をスムーズに進めるには。これらの疑問に、プロセスマイニングの第一人者、ウィル・ファン・デル・アールスト氏が答える。

2 月

/tt/news/2002/28/news06.jpg
2020年のUC市場はこうなる

「UCaaS」とは? ユニファイドコミュニケーション(UC)の5大動向

クラウドやAI技術など、さまざまな要素が「ユニファイドコミュニケーション」(UC)市場に変化をもたらす。今後のUC市場に影響を及ぼしそうな5つの動向を予測する。

/tt/news/2002/27/news04.jpg
RPA3大ソフトウェアロボットの違い【後編】

RPAの「アテンド型」「ハイブリッド型」ロボットとは? 意思決定も支援

RPA型botは、単純な作業を自動化するだけではない。人間と協働して高度な作業を実行する「アテンド型」botと、複数の技術を組み合わせた「ハイブリッド型」botについて説明する。

/tt/news/2002/12/news01.jpg
マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題

コラボレーションツールに期待が集まっても、意外と普及しないのはなぜ?

「Slack」や「Microsoft Teams」のようなコラボレーションツールは、組織の活性化に貢献する手段として期待が高まっています。しかし導入しようとするとスムーズにいかない場合も。普及が進まない理由とは。

/tt/news/2002/10/news01.jpg
手帳ブランドによるデジタル革命

モレスキンのツール&アプリが提案する「PowerPoint文化からの脱却」

手帳ブランドとして知られるMoleskineが今、紙とデジタルの融合による新たな文化を提案している。同社の製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。

/tt/news/2002/06/news10.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

“宅電”は過去の遺物ではないと言い切れる納得の理由

固定電話の代替としてモバイル端末の導入が進む一方、固定電話が新たな用途を開拓しつつある。固定電話の新しい用途と、IP電話とアナログ電話のどちらを導入すべきかについて説明する。

1 月

/tt/news/2001/25/news01.jpg
どちらか一方ではなく併用を

「SharePoint」から「OneDrive」への移行ではなく両者を併用すべき理由

「SharePoint」と「OneDrive」は一見同じような機能を備えているが、二者択一ではなく組み合わせて使うことでメリットが得られる可能性がある。

/tt/news/2001/17/news08.jpg
ソフトウェア開発者に朗報?

「Microsoft Teams」がLinuxで利用可能に 背景には「Slack」との競争

Microsoftは「Microsoft Teams」のLinux版の提供を開始した。昔は競合するソフトウェアやOSに対して排他的な傾向にあった同社が、LinuxユーザーにTeamsを提供するのはなぜなのか。

/tt/news/2001/10/news01.jpg
「Slackは単なるメッセージツールではない」

他社アプリとの統合を進めるSlackの無視できない最新動向

Slackはメッセージングツールの枠を超えた存在になろうとしている。サードパーティーアプリケーションとの統合もその動きの一つだ。Slackは他に何をしているのか、最新動向を紹介する。