過去記事一覧 (2020 年)

7 月

/tt/news/2007/04/news01.jpg
Zoomを襲う悪質行為【後編】

「Zoombombing」(Zoom爆撃)の被害を防ぐ方法とは? FBIの推奨策は

在宅勤務などのテレワークの手段として導入が進むWeb会議ツール「Zoom」。その利用時に注意すべき脅威が、第三者が会議に乱入する「Zoombombing」だ。どう対処すればよいのか。

/tt/news/2007/03/news04.jpg
テレワーク中のコラボレーション【前編】

「Zoom疲れ」の克服とコラボレーションツール導入成功事例

テレワークによりコミュニケーションやコラボレーションのツールが急速に普及した。それは「Zoom疲れ」を引き起こしている。何がいけなかったのか。

/tt/news/2007/03/news05.jpg
コストと機能で比較する

「Zoom」から「Teams」にすぐ乗り換えたくなるシンプルな理由

外出制限下で急速に普及した「Zoom」などのWeb会議ツール。一時的ではなく継続的な活用を考えると、Zoomを利用中の企業でも「Microsoft Teams」への乗り換えが魅力的に映る場合がある。どのような場合なのか。

6 月

/tt/news/2006/29/news05.jpg
新型コロナ接触追跡システムの可能性【前編】

大学病院が「新型コロナ接触追跡システム」を導入 メリットは何なのか?

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に注意喚起する「接触追跡システム」で感染経路を追跡することは、どのような社会的意義があるか。米国医療機関の導入事例を紹介する。

/tt/news/2004/14/news02.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【CLINICSオンライン診療編】

オンライン診療も通院もサービス間連携で一元管理の「CLINICSオンライン診療」

サービス間連携により、通常の通院による診療とオンライン診療のデータ/ワークフローを一元管理できるのが「CLINICSオンライン診療」だ。その機能や特徴を説明する。

/tt/news/2006/28/news01.jpg
在宅勤務などのテレワークが市場の変化を後押し

「Skype」があまり使われなくなった「Zoom人気」以外の理由

「Skype」が衰退した原因は、「Zoom」などのWeb会議ツールの急速な普及だけではない。コミュニケーション市場の変化の背景を、専門家の見解から探る。

/tt/news/2006/27/news01.jpg
Zoomを襲う悪質行為【前編】

「Zoombombing」(Zoom爆撃)とは? Zoom会議への乱入が起こる仕組み

新型コロナウイルス感染症対策で普及が進んだWeb会議ツールの一つが「Zoom」だ。その普及と同時に、Zoom会議を狙ったサイバー攻撃「Zoombombing」も活発になってきている。なぜZoombombingは起こるのか。

/tt/news/2006/24/news08.jpg
「在宅勤務」長期化に備える【前編】

コロナ市やLenovoに聞く 「在宅勤務」を継続するために必要なITとは?

新型コロナウイルス感染症対策のために急いで在宅勤務などのテレワークに移行した企業は、長期化を見据えたIT環境を整える必要がある。具体的に何をすればよいのか。

/tt/news/2006/23/news04.jpg
激化するコミュニケーションツール市場の争い

「Google Meet」がZoomとの競争に出遅れた理由 「Gmail」成功が足かせに?

GoogleのWeb会議ツール「Google Meet」は、機能の充実やコンシューマーへの無償提供といった取り組みで「Zoom」「Microsoft Teams」といった競合に後れを取っている。なぜ出遅れたのか。

/tt/news/2006/29/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「オンライン診療」普及を後押し 2020年度診療報酬改定の必修ポイント

2020年度の診療報酬改定ではオンライン診療の要件が緩和されるなど、医療機関のIT活用に影響するポイントが幾つかあります。押さえておくべき主要なポイントをまとめました。

/tt/news/2006/20/news01.jpg
1日の「参加者」数は3億人に

「Zoom」の真のユーザー数は分かるのか? 競合の「Teams」「Webex」は?

Zoom Video Communicationsは「Zoom」の「ユーザー」数を一度発表したが、後に「ユーザー数ではなく参加者数だった」と説明し、数値を修正した。本当のユーザー数は何人なのか。競合の「Teams」「Webex」の状況は。

/tt/news/2006/19/news05.jpg
「Zoom」は信頼できるのか【後編】

“脱Zoom”を選ぶ人、Zoomを使い続ける人、それぞれの考え方

「暗号化について虚偽の主張をした」と訴えられるなど、「Zoom」のセキュリティ問題がたびたび世間を騒がせている。こうした問題を受けて、ユーザー側も、ベンダー側も動いている。

/tt/news/2006/17/news02.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【後編】

コロナ禍のコールセンターで採用が進むAI・自動化技術は完璧なのか?

テレワークに移行したコールセンター業務の負担を軽減したいのであれば、チャットbotやIVR(自動音声応答)といったAI/自動化技術が役に立つ。ただし限界もある。

/tt/news/2006/13/news01.jpg
「Zoom」は信頼できるのか【前編】

Zoomが訴訟に追い込まれた「エンドツーエンド暗号化」の意味とは?

Web会議ツールはテレワークの実施には欠かせない。その一つとしてZoomをさまざまな企業が導入する一方、セキュリティとプライバシーの問題があるとして複数の訴訟を起こされた。その詳細は。

/tt/news/2006/12/news06.jpg
鍵になるのは信頼性

時代遅れの「T1/E1」回線を今あえて使う3つのメリット

T1回線とE1回線は古い技術だが、インターネット回線はない3つのメリットがある。それを具体的に紹介する。

/tt/news/2006/11/news07.jpg
Citrix製品を活用

NFLのフットボールチームが「在宅勤務」で直面した課題とは?

サンフランシスコのフットボールチーム49ersは、在宅勤務などのテレワークの課題に直面している。同チームがテレワークを実践する上で生じた課題と成果を聞く。

/tt/news/2006/10/news02.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【中編】

コールセンターのテレワーク化は「人の命が懸かった課題」 実践企業が語る

コールセンター業務をテレワークに移行した企業は、どうやって移行し、何に課題を見出しているのか。実際の企業の事例から探る。

/tt/news/2006/08/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「自作Excelツールが動かない」という泣き付きがなくならない理由と対処法

接する機会が少ない部署から突然「Microsoft Excelで作成した自作ツールが動かなくなった」と相談が――。ありがちなこうした事態を避けるために、IT担当者はどのように対処すべきでしょうか。

/tt/news/2006/08/news07.jpg
新型コロナ対策による急速な浸透で重要に

バーチャル背景だけじゃない Web会議のプライバシーとセキュリティ8大保護策

在宅勤務に不可欠な手段になりつつあるWeb会議ツールは、セキュリティの確保が非常に重要だ。Web会議ツールのプライバシーとセキュリティを保護するための8つの対策を紹介する。

/tt/news/2006/07/news01.jpg
新型コロナ禍で高まる需要

ZoomなどのWeb会議で「バーチャル背景」を使いたくなる“切実な理由”

CiscoはWeb会議サービス「Cisco Webex Meetings」のPC版で「バーチャル背景」を利用できるようにする。「Zoom」と「Microsoft Teams」も提供しているバーチャル背景に、エンドユーザーの期待が集まるのはなぜか。

/tt/news/2006/04/news04.jpg
緊急事態宣言の解除で常識は変わるか

コロナ終息後も「フルタイムで在宅勤務」は本当に常識になるか?

新型コロナウイルス感染症対策として在宅勤務などのテレワークを採用が広がっている。テレワークは今後も定着するのか。それとも以前の勤務形態に戻るのだろうか。専門家の見解は。

/tt/news/2006/03/news06.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【前編】

コールセンターのテレワーク化に成功する企業、苦労する企業の決定的な違い

コールセンターの業務を在宅勤務などのテレワークに移行できるかどうかは、機材の整備状況だけではなく、各企業の文化が大いに関係している。成否を分けるポイントとは。

/tt/news/2006/02/news05.jpg
新型コロナウイルスによる利用拡大で脅威が顕在化

「Teams」がZoomを教訓にセキュリティ強化 それでも感じる不足とは

競合の「Zoom」のセキュリティに対する懸念を背景に、Microsoftは「Microsoft Teams」のセキュリティ強化を進めている。その姿勢を評価する声がある一方で、不足点を指摘する向きもある。

5 月

/tt/news/2005/31/news01.jpg
新型コロナウイルス対策で需要が急増

「Teams」のWeb会議で9人同時表示が可能に それでもZoomを脅かせない理由

「Microsoft Teams」のWeb会議機能で、1画面に9人の映像を同時に表示できるようになった。この機能を待ちわびていたユーザー企業にとっては朗報だが、これで全てのユーザー企業のニーズを満たせるわけではない。

/tt/news/2005/27/news09.jpg
Chromeなど主要Webブラウザで利用可能

いまさら聞けない「WebRTC」とは? Web会議に不可欠な基礎技術

Webブラウザを使ったコミュニケーションツールを実現する上で、重要な役割を果たしている技術が「WebRTC」。どのような技術であり、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2005/25/news08.jpg
IT部門の新型コロナウイルス対策

「社員宅の携帯電話の電波」も鍵 テレワークを素早く始める5つの戦略

トラブルを防ぎながら、全社的なテレワークにできる限り迅速に移行するにはどうすればいいのか。実行すべき5つの戦略を説明する。

/tt/news/2005/22/news11.jpg
2種類のソフトウェアを比較

いまさら聞けない「エンタープライズドキュメント管理」(EDM)と「エンタープライズコンテンツ管理」(ECM)の違いとは?

「エンタープライズドキュメント管理」(EDM)と「エンタープライズコンテンツ管理」(ECM)は一見同じ役割を持つように見えるが、実はそうではない。それぞれが効果を発揮する用途を説明する。

/tt/news/2005/19/news02.jpg
新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【後編】

在宅勤務者の急増で「ソフトウェアライセンスが足りない」問題をどう解決するか

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務者が増えた企業は、必要なソフトウェアライセンス数の確保に苦慮している。計画外の出費を最小限に抑えるこつは。

/tt/news/2005/13/news04.jpg
新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【前編】

Zoomなどの「Web会議ライセンス不足」問題が在宅勤務で顕在化 解決策は?

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務が広がる中、需要が高まっている「Web会議」。想定外のユーザー数急増で直面しがちなのがライセンスの問題だ。どう対処すべきなのか。

/tt/news/2005/09/news01.jpg
ビジネスユーザーの心をくすぐる新機能

マウスが使える新「iPad Pro」は今度こそノートPCの代わりになるか?

トラックパッドやマウスが使える「iPad Pro」の新モデルは、仕事で使うノートPCを置き換える存在になるのか。アナリストの見解をまとめた。

4 月

/tt/news/2004/30/news06.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

“宅電”が滅びない納得の理由から脱メールまで 新規会員が気になった話題は

「データ分析」「情報系システム」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/29/news01.jpg
「Microsoft Teams」や「Slack」にも影響

「Zoom」がテレワーク需要で不具合 自宅の無線LANトラブルが原因の苦情も

テレワークによるWeb会議サービスへの需要の高まりに伴い、「Zoom」でサービスの不具合が頻発した。「Microsoft Teams」「Slack」といった競合も同様だ。利用の急速な拡大がもたらす影響を整理する。

/tt/news/2004/27/news04.jpg
チャットbotと開発ツールの進化【後編】

「チャットbot開発ツール」とは? Google、Microsoft、AWSのサービスを比較

「チャットbot開発ツール」は、エンドユーザーが簡単にチャットbotを開発できるように進化しつつある。GoogleとMicrosoft、AWSといった主要ベンダーのチャットbot開発ツールの特徴を説明する。

/tt/news/2004/24/news04.jpg
Citrixのテレワーク事例【後編】

新型コロナウイルス対策の在宅勤務でCitrixが技術より「人」を重視する理由

Citrix Systemsは新型コロナウイルス感染症の対策として中国全土の従業員をテレワーク体制に移行させた。同社は2カ月以上にわたる経験から、問題解決には「技術よりも人が重要だ」と考えている。それはなぜか。

/tt/news/2004/22/news07.jpg
チャットbotと開発ツールの進化【前編】

普通のチャットbotと「AIチャットbot」の違いとは?

「チャットbot」は長い間、事前に準備した回答を出力するだけのプログラムだった。AI技術を組み込むことにより、用途が急速に多様化している。

/tt/news/2004/20/news05.jpg
「Slack」の存在が影響か

Microsoftが「Teams」へのメール機能の実装に二の足を踏む理由

「Microsoft Teams」にメール機能を追加してほしいという声が集まっている。この案は2018年から「検討中」のままだ。技術的な課題は多くないにもかかわらず、Microsoftがメール機能を実装しない理由は。

/tt/news/2004/17/news07.jpg
LLamasoft製ソフトウェアを導入

医療団体が“脱Excel”してSCM製品に切り替えた理由 眼組織の需要予測に利用

眼組織を回収して医療機関に配送する非営利団体のEversightは、眼組織の需要予測の手段を「Microsoft Excel」からLLamasoftのサプライチェーンマネジメント製品に切り替えた。その理由と効果とは。

/tt/news/2004/17/news03.jpg
Citrixのテレワーク事例【前編】

中国全土の従業員をテレワークに移行させたCitrix、実現のために何をしたのか?

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていた2020年1月ごろの中国は、折しも新年の休暇期間だった。Citrix Systemsは中国全土に散った従業員に連絡を取りテレワーク体制に移行。同社がしたこととは。

/tt/news/2004/11/news01.jpg
テレワークニュースフラッシュ

「在宅勤務の方が効率が上がる」企業と、テレワークだと困る企業の違いは?

新型コロナウイルス対策としてテレワークを推奨する動きが企業の間で広がっている。それに伴い、ベンダーや業界団体がテレワークを支援する取り組みを活発化させている。主要な取り組みを紹介する。

/tt/news/2003/31/news03.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

Excelツールの引き継ぎ資料を誰も作らない理由を「ゲーム理論」で考える

「Microsoft Excel」の自作ツールに不具合が生じてから「引き継ぎ資料がない」「製作者もいない」と気付くケースは珍しくありません。ほとんどの人が引き継ぎ資料を作りたがらないからです。なぜなのでしょうか。

/tt/news/2003/11/news03.jpg
オンライン診療サービス3種を比較【オンライン診療ポケットドクター編】

“赤ペン書き込み”で患者の訴えをくみ取る「オンライン診療ポケットドクター」

オプティムとMRTによる「オンライン診療ポケットドクター」は、患者・医師間の認識の齟齬を軽減する機能や、血圧計などのヘルスケア機器との連携に強みを持つオンライン診療サービスだ。その機能と特徴を説明する。

3 月

/tt/news/2003/16/news07.jpg
コンテンツ管理の基礎知識

いまさら聞けない「コンテンツ管理製品」とは? 4大“常識”製品を紹介

「コンテンツ管理」システムは単なるドキュメント管理から、コラボレーションまで機能を広げている。もはや「常識」とも言える4種類のコンテンツ管理システムの役割をおさらいする。

/tt/news/2003/14/news02.jpg
Gartnerのアナリストも“予想外”

Office 365ユーザーがG Suiteを併用する理由 なぜ似たサービスを使うのか?

セキュリティ企業Oktaの調査から、オフィススイートサービス「Office 365」と「G Suite」を併用する企業が相当数あることが分かった。似たようなサービスであるにもかかわらず、なぜ併用する必要があるのか。

/tt/news/2003/07/news01.jpg
Skype for Businessからの移行はまだ様子見?

「Microsoft Teams」と個人向け「Skype」の連携は本当に実現するのか?

Microsoftは「Microsoft Teams」と個人向け「Skype」で相互に通話とメッセージの送受信ができる機能を2020年3月中に提供する見込みだ。ただし過去の出来事を踏まえると、計画通りに進むかどうかは予断を許さない。

/tt/news/2003/06/news03.jpg
「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【後編】

「プロセスマイニング」ツール導入を経営陣に納得してもらうコツは?

「プロセスマイニング」とAI技術の関係とは。プロセスマイニングツールの導入をスムーズに進めるには。これらの疑問に、プロセスマイニングの第一人者、ウィル・ファン・デル・アールスト氏が答える。

2 月

/tt/news/2002/28/news06.jpg
2020年のUC市場はこうなる

「UCaaS」とは? ユニファイドコミュニケーション(UC)の5大動向

クラウドやAI技術など、さまざまな要素が「ユニファイドコミュニケーション」(UC)市場に変化をもたらす。今後のUC市場に影響を及ぼしそうな5つの動向を予測する。

/tt/news/2002/27/news04.jpg
RPA3大ソフトウェアロボットの違い【後編】

RPAの「アテンド型」「ハイブリッド型」ロボットとは? 意思決定も支援

RPA型botは、単純な作業を自動化するだけではない。人間と協働して高度な作業を実行する「アテンド型」botと、複数の技術を組み合わせた「ハイブリッド型」botについて説明する。

/tt/news/2002/12/news01.jpg
マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題

コラボレーションツールに期待が集まっても、意外と普及しないのはなぜ?

「Slack」や「Microsoft Teams」のようなコラボレーションツールは、組織の活性化に貢献する手段として期待が高まっています。しかし導入しようとするとスムーズにいかない場合も。普及が進まない理由とは。

/tt/news/2002/10/news01.jpg
手帳ブランドによるデジタル革命

モレスキンのツール&アプリが提案する「PowerPoint文化からの脱却」

手帳ブランドとして知られるMoleskineが今、紙とデジタルの融合による新たな文化を提案している。同社の製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。

/tt/news/2002/06/news10.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

“宅電”は過去の遺物ではないと言い切れる納得の理由

固定電話の代替としてモバイル端末の導入が進む一方、固定電話が新たな用途を開拓しつつある。固定電話の新しい用途と、IP電話とアナログ電話のどちらを導入すべきかについて説明する。

1 月

/tt/news/2001/25/news01.jpg
どちらか一方ではなく併用を

「SharePoint」から「OneDrive」への移行ではなく両者を併用すべき理由

「SharePoint」と「OneDrive」は一見同じような機能を備えているが、二者択一ではなく組み合わせて使うことでメリットが得られる可能性がある。

/tt/news/2001/17/news08.jpg
ソフトウェア開発者に朗報?

「Microsoft Teams」がLinuxで利用可能に 背景には「Slack」との競争

Microsoftは「Microsoft Teams」のLinux版の提供を開始した。昔は競合するソフトウェアやOSに対して排他的な傾向にあった同社が、LinuxユーザーにTeamsを提供するのはなぜなのか。

/tt/news/2001/10/news01.jpg
「Slackは単なるメッセージツールではない」

他社アプリとの統合を進めるSlackの無視できない最新動向

Slackはメッセージングツールの枠を超えた存在になろうとしている。サードパーティーアプリケーションとの統合もその動きの一つだ。Slackは他に何をしているのか、最新動向を紹介する。