「Copilot搭載のTeams」は“あれ”が全然違う 何がすごいのか「Copilot」で変わるWeb会議【中編】

「Microsoft Teams」に、業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の関連機能が加わり、会議内容の文字起こしを中心とした機能が強化された。専門家が感動したポイントは。

2024年01月17日 05時00分 公開
[Mary ReinesTechTarget]

 大規模言語モデル(LLM)を搭載したMicrosoftの業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」(旧称:Microsoft 365 Copilot、以下Copilot)に、新しいAI(人工知能)機能が複数加わる。ユニファイドコミュニケーション(UC)ツール「Microsoft Teams」(以下、Teams)は文字起こしを中心にした新機能が搭載されるなど、Copilot関連ツールによって機能が進化する。

「発言者の特定」だけじゃない、Teamsの大きな進歩

 Teamsには、会議内容をリアルタイムで文字起こししながら、話者を特定したり、デジタルホワイトボードツールと連携して内容を視覚化したりする機能が加わる。Teamsの会議中にリアルタイムで文字起こしをする機能は以前から存在していたが、「発言者の名前を特定しながらのリアルタイム文字起こし」が可能になったのはCopilotのおかげだ。

 調査会社Metrigyのアナリストであるアーウィン・レザー氏によれば、話者を特定する機能が加わったことは「文字起こし機能の大幅な進化」を意味する。「私が特に素晴らしいと感じる点は、同じ会議室にいた参加者がデバイスを共有して発言したとしても、誰が何を発言したかを特定できることだ」とレザー氏は言う。ただしこの機能を使うためには、参加者が自分の声をCopilotに登録する必要があり、「プライバシーの問題につながる懸念もある」と同氏は指摘する。

 一方でS&P Global Market Intelligence傘下の調査会社451 Researchでアナリストを務めるラウル・カスタノンマルチネス氏は、Copilotの文字起こし機能と、Teamsがもともと備えていた文字起こし機能との違いはわずかだと考える。「新しいのはCopilotのインテリジェンスであり、書き起こされる内容自体は変わらない」とカスタノンマルチネス氏は指摘する。むしろ同氏が重視するのは、CopilotがTeamsの会議を文字コンテンツに変え、デジタルホワイトボードツール「Microsoft Whiteboard」用のグラフィックデータのような新しいメディアに変換する能力だ。これによりTeamsで議論した内容をCopilotで文字起こしし、Microsoft Whiteboardでリアルタイムに視覚化できるようになる。会話内容に合わせてCopilotがMicrosoft Whiteboardに追加するアイデアを提案することもあるという。「これは重要な差別化要素であり、競合製品との比較においてMicrosoft製品の地位を強化するものだ」と同氏は強調する。

生成AIでデジタルホワイトボードはさらに便利に

 前述の通り、Microsoftは会議内容を要約してMicrosoft Whiteboardのグラフィックに変換する新しい機能をTeamsに追加した。デジタルホワイトボードベンダーTactivos(Muralの名称で事業展開)のホワイトボードアプリケーション「Mural」とCopilot for Microsoft 365の連携機能も新たに加わる。両方のサービスを使用しているユーザー企業は、Copilot for Microsoft 365を用いて自然言語による指示文を入力し、Muralで最適なテンプレートを選択できるようになる。「Microsoft Word」で作成した文書をMuralのテンプレートに変換する機能や、逆にMuralのホワイトボード内容をMicrosoft Word文書に変換する機能についても開発中だという。

 レザー氏は「Tactivos、Edistor、RealtimeBoard、Figmaなどのデジタルホワイトボードベンダーと比較して、Microsoftが特別なものを提供しているわけではない」と意見を示す。その上で、Microsoft Whiteboardの機能についてこう語る。「Microsoft Whiteboardは他の製品ほど充実していないが、Microsoftが自社製品にCopilotを活用した機能を追加することは理にかなっている。多くのMicrosoftユーザーにとって、そうした機能で十分だからだ」


 後編は、Teamsの機能強化に伴う新たな懸念を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。