「Teams」がますます便利に? 「Copilot」と「Loop」のお役立ち機能「Copilot」で変わるWeb会議【前編】

業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の登場によって、「Microsoft Teams」にさまざまな機能が加わることになった。ユーザーが喜ぶポイントは。

2024年01月11日 05時00分 公開
[Mary ReinesTechTarget]

 Microsoftは2023年11月開催のカンファレンス「Microsoft Ignite 2023」で、大規模言語モデル(LLM)を搭載した業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」(旧称:Microsoft 365 Copilot、以下Copilot)に複数のAI(人工知能)機能を追加することを発表した。

 ユニファイドコミュニケーション(UC)ツール「Microsoft Teams」(以下、Teams)にも、Copilot関連のさまざまな新機能が加わる見込みだ。例えば会議中のリアルタイム文字起こしは、テキストや画像などを自動生成する「生成AI」(ジェネレーティブAI)の技術を活用して精度を向上させる。これにより、デジタルホワイトボードツール「Microsoft Whiteboard」にWeb会議中の発言を書き留め、アイデアを視覚的な表現に素早く変換することが可能になる。

共同編集アプリ「Microsoft Loop」との連携でTeamsはどう便利になる?

 コラボレーションアプリケーション「Microsoft Loop」にも複数の新機能が加わる。Microsoft Loopは、Microsoft 365のさまざまなアプリケーションにおいて、リアルタイムで議論をしながらタスクやドキュメントの共同作業ができるアプリケーション。Teamsの他に、文書作成アプリケーション「Microsoft Word」、表計算ツール「Microsoft Excel」、プレゼンテーションツール「Microsoft PowerPoint」などのMicrosoft 365アプリケーションで共有作業が可能だ。

 Teamsのチャネル(チームメンバーがファイルやメッセージを共有する場)で共有できるLoopコンポーネント(共同作業や個人の業務を支援する生産性ツールとしての最小単位)についても、機能が新しくなる。エンドユーザーはチャネルへの投稿で「コラボレーションノート」(旧称「会議ノート」)に、タスクリストや進捗(しんちょく)状況トラッカーなどを共同作成できるようになる。コラボレーションノートは会議中に共有したメモや議題をまとめたもので、Teamsでの会議中にCopilotがリアルタイムで書き起こした会話を含む。コラボレーションノートは会議の参加者全員で共有できる。

 これらの新機能は、Microsoft 365にCopilotを組み込み、デジタルでの共同作業をより直感的で効率的にすることを目指すものだ。MicrosoftのCEOサティア・ナデラ氏はMicrosoft Ignite 2023の基調講演で、次のように述べた。「Copilotを使うことで、エンドユーザーはタスクを迅速に完了できるようになる。これにより、仕事やワークフローに連鎖的な影響が生じる。例えば検索時間が短縮し、会議の効率はさらに向上する」


 中編はTeamsの文字起こし機能の進歩について、専門家が注目するポイントを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...