「AWSのシンクライアント」が格安のようだが“隠れコスト”には要注意AWS新製品でテレワークを再考【後編】

Amazon Web Services(AWS)は同社シンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」について“低価格”であることをアピールしている。しかし話はそう簡単ではない。何に気を付けるべきか。

2024年01月11日 05時00分 公開
[Mary Reines, Don FluckingerTechTarget]

 クラウドベンダーのAmazon Web Services(AWS)が2023年11月に市場投入したシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」。AWSはテレワークの制度を採用しているユーザー企業に対して同製品が「低価格であること」を訴求している。このデバイスは本当に“安い”選択肢なのか。コスト面での注意点をまとめた。

一見して安価なAmazon WorkSpaces Thin Clientの「隠れコスト」とは

 AWSはAmazon WorkSpaces Thin Clientの開発に当たり、ストリーミング用デバイス「Fire TV Cube」など既存製品の技術を転用することでコストを抑えた。他社のシンクライアント製品と比べて安価な価格設定になっているのはそのためだ。米国における同シンクライアントの販売価格は195ドルとなっている。AWSのエンドユーザー体験担当ゼネラルマネジャーのムニール・ミルザ氏は、「開発コストの削減分をそのままユーザー企業に還元できるようにしている」と説明する。

 ただしユーザー企業から見れば、発生するのはAmazon WorkSpaces Thin Clientの購入費だけではない。ユーザー企業は本体に加え、モニターやキーボード、ヘッドセットといった周辺機器も購入しなければならない。AWSのDaaS(Desktop as a Service)「Amazon WorkSpaces」の月額利用料も発生する。ユーザー企業はそれらを全部組み合わせた上で、価格メリットがあるかどうかを判断する必要がありそうだ。

 シンクライアント市場を重視するベンダーはAWSだけではない。例えばMicrosoftには「Surface」の製品シリーズがあり、GoogleのOS「ChromeOS」を搭載するPC「Chromebook」もある。調査会社Gartnerのアナリストを務めるシド・ナグ氏は、「競争が激しくなると価格が下がる傾向にある」と指摘する。そうなれば、ユーザー企業はより安価でシンクライアントを入手できるように可能性がある。

 アプリケーションやデータをデバイス内に保存する必要がない場合、シンクライアントは業務用ノートPCの代わりになり得る。「クラウドサービスの利用が広がる中で、エンドユーザーのデバイスには高度な機能が必要なくなりつつあるのが現状だ」とナグ氏は語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...

news059.jpg

カスハラ被害 サービス職の35.5%が「経験あり」――パーソル総合研究所調査
カスハラ被害経験者3000人を対象にした調査から、「カスハラに強い組織づくり」のための...