AWSシンクライアントは「機能が最低限」でも“あれ”がある その特徴とは?AWS新製品でテレワークを再考【中編】

Amazon Web Services(AWS)から登場したシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」にはどのような特徴があるのか。この“小さな箱”を使ってできることを考える。

2024年01月04日 08時00分 公開
[Mary Reines, Don FluckingerTechTarget]

 クラウドベンダーであるAmazon Web Services(AWS)が2023年11月に発表した「Amazon WorkSpaces Thin Client」は、テレワークで使うことを想定したシンクライアントだ。小型の筐体(きょうたい)や低価格設定が同シンクライアントの“売り”になると考えられる。ユーザー企業は、最低限の機能しか搭載しないAmazon WorkSpaces Thin Clientを使うことで、何ができるのか。

Amazon WorkSpaces Thin Clientの特徴とは? Gartnerが分析

 Amazon WorkSpaces Thin Clientは主に、クラウドサービスのユーザー企業をターゲットにしている。ユーザー企業は同シンクライアントを使うことで、業務アプリケーションを従業員のPCにインストールするのではなく、クラウドサービスから従業員のデバイスに配信できるようになる。米国での販売価格は195ドルで、通常のノートPCやデスクトップPCより安価に設定しているとともに、強固なセキュリティ対策を図っているという。

 調査会社Gartnerのアナリストを務めるマリッサ・シュミット氏によれば、Amazon WorkSpaces Thin Clientは小売業者にとって魅力的になる可能性がある。同シンクライアントは店舗に設置しやすい。小売業者は店舗から簡単にクラウドサービスに接続し、販売データを管理できる。「Amazon WorkSpaces Thin Clientの小型でシンプルなデザインもさまざまな店舗の内装にマッチする」とシュミット氏は述べる。

 AWSエンドユーザー体験担当ゼネラルマネジャーのムニール・ミルザ氏は、従業員がソフトウェアを独自にインストールすることができない点をポイントの一つに挙げる。カスタマイズができないこの特性は、セキュリティリスクの抑制につながる。「デバイスに保存されるデータもない」とミルザ氏は強調する。不正なソフトウェアのインストールや、データの流出が起こりにくい点には、一般的なシンクライアントとしての利点が期待できる。


 後編は、Amazon WorkSpaces Thin Clientが「本当に安い選択肢」になるのかどうかを考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...