過去記事一覧 (2024 年)

4 月

/tt/news/2404/09/news08.jpg
「コンテナホストOS」4選【前編】

Windowsのような“普通のOS”と「コンテナ向けOS」は何が違うのか?

「Docker」を使用してコンテナをデプロイしたり管理したりする際、Windows のような一般的なOSではなく、“コンテナ向けOS”を使うという選択肢がある。コンテナ向けOSにはどのような特徴があるのか。

3 月

/tt/news/2403/29/news16.jpg
VMware買収がIT戦略に与える影響【後編】

「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか

VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。

/tt/news/2403/05/news03.jpg
「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第4回】

ESXiサポート終了後では遅い 「ハイパーバイザー移行」を考えるもっともな理由

各ベンダーが提供するハイパーバイザーには一定のサポート期間がある。サポート期間が終了する前にハイパーバイザーの移行を検討すべき理由や、検討時に確認すべきベンダーのサポート体制、移行の選択肢とは。

/tt/news/2403/04/news07.jpg
「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】

ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ

「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。

/tt/news/2403/19/news11.jpg
VMware買収がIT戦略に与える影響【中編】

「VMware再編」はただの騒動じゃない これから始まる“本当の波乱”

Broadcomに買収されたVMwareによる製品ポートフォリオ変更を含めた一連の方針転換が、ユーザー企業やパートナー企業を不安にさせている。ユーザー企業はどのような選択を迫られるのか。

/tt/news/2403/12/news09.jpg
VMware買収がIT戦略に与える影響【前編】

「VMwareの仮想化」はBroadcom配下でどうなる? “仮想化の歴史”は終わらない

VMwareを買収したBroadcomの新たな方針は、VMwareが設立当初から取り組んできた事業において何を意味するのか。オープン化からの仮想化の歴史を振り返りつつ、VMware製品群の変更点をまとめる。

2 月

/tt/news/2402/27/news13.jpg
永久ライセンス終了と一部売却の決定

VMwareの変更にユーザー大困惑……なのにBroadcomの筋書きはぶれない?

BroadcomはVMwareの買収を完了してから、業界を困惑させる方針を矢継ぎ早に打ち出してきた。今回の事業売却の発表も例に漏れない。VMware製品が置かれた現状と、Broadcomの思惑を探る。

/tt/news/2402/24/news03.jpg
仮想デスクトップを利用

MacでもWindowsが使えるクラウドPC「Windows 365」の2つの実行方法

「Windows 365」を導入する企業は、「Windows」搭載PCだけではなく、あらゆる種類のエンドポイントで利用できるようにしなければならない。特に「macOS」で使う場合の方法を解説する。

/tt/news/2402/08/news02.jpg
VMware製品を巡る今後【後編】

「VMware買収」の“全容”見えず VDI含む一部事業の行く先は?

Broadcomは、2023年11月に買収を完了させたVMwareの一部事業を売却する意向だと公表した。売却は本当に成立するのか。今後どのように進む見込みなのかを解説する。

/tt/news/2402/01/news05.jpg
VMware製品を巡る今後【中編】

VMware製品群はどこへ? 買収に乗り出すのはやはり“あの企業”か

Broadcomが、2023年11月に買収を完了させたVMwareの事業に、「VMware Horizon」を含む事業がある。その売却の意向を表明した同社。買収に乗り出す企業、売却額などはどうなるのか。

1 月

/tt/news/2401/31/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「GPU仮想化」は何の役に立つ? 使うべき用途と避けるべき用途

GPUのリソースを論理的に分割して効率的に使えるようにする「GPU仮想化」は、用途によって向き不向きがある。使うべき用途と避けるべき用途を解説する。

/tt/news/2401/25/news09.jpg
VMware製品を巡る今後【前編】

VMware製品の“一部売却”は現実的か? 全貌見えないBroadcomの思惑

BroadcomはVMware を買収してから、今後に関する重要な方針を幾つか公表してきた。その中には事業売却の話も含まれている。VMwareの製品や技術のこれからの見通しとは。

/tt/news/2401/20/news03.jpg
ノートPC不要の時代がすぐそこに【後編】

AWSやMicrosoftの「クラウドPC」は「ノートPC」の代わりになる、ならない?

AWSのシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」は、企業の業務利用に適した特徴を幾つか備えている。同製品をはじめとしたシンクライアントが、ノートPCに完全に代わる日は来るのか。

/tt/news/2401/18/news07.jpg
パススルーと仮想GPU【第4回】

仮想マシンで「GPU」を無駄なく使うためのモニタリング方法

「GPU」の貴重なコンピューティングリソースをできるだけ無駄なく使うには、その使用状況を適切に把握することが欠かせない。仮想マシンでGPUを使う場合のパフォーマンス測定方法とは。

/tt/news/2401/18/news09.jpg
Broadcomによる買収後のVMware

Broadcomが「VMware買収」をした真の結末とは? 生き残る製品、旅立つ製品

BroadcomがVMwareの買収を2023年11月に完了した。買収後も開発や提供が続く可能性が高いVMware製品、売却になる可能性のある製品は何か。VMware製品が今後どうなるのかを考える。

/tt/news/2401/13/news01.jpg
ノートPC不要の時代がすぐそこに【中編】

「ノートPC」もう不要に? 激重PCからChromebookまでの“劇的過ぎる”進化

AWSのシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」やGoogleの「Chromebook」など、ノートPCの代替手段の開発が進んでいる。ノートPCを使わなくなる日は近いのか。

/tt/news/2401/11/news14.jpg
パススルーと仮想GPU【第3回】

「仮想GPU」を使い始めるには? インフラや準備の流れは?

仮想マシンでGPU(グラフィックス処理ユニット)のリソースを使う場合は、当然ながらそのための下準備が必要になる。GPUのリソースを使う2つの方法を基に、その準備の流れについて説明しよう。

/tt/news/2401/11/news03.jpg
AWS新製品でテレワークを再考【後編】

「AWSのシンクライアント」が格安のようだが“隠れコスト”には要注意

Amazon Web Services(AWS)は同社シンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」について“低価格”であることをアピールしている。しかし話はそう簡単ではない。何に気を付けるべきか。

/tt/news/2401/09/news09.jpg
VMware買収がもたらす影響

VMware買収の狙いはやはりあれ? レイオフに動くBroadcomの本心

VMwareの買収を2023年11月に完了させたBroadcomは、VMware従業員のレイオフに踏み切った。この動きから、BroadcomがVMware を買収した狙いの一部が見えてきた。

/tt/news/2401/09/news08.jpg
「買収完了」でも安心できない

VMware製品が“消える”なんてあり得ない? Broadcom傘下での今後とは

VMware買収後のBroadcomはどう動くのか。喫緊の課題としては、VMware HorizonとCarbon Blackという2つの製品群の行方だ。

/tt/news/2401/06/news01.jpg
ノートPC不要の時代がすぐそこに【前編】

「ノートPC不要論」を再燃させた“シンクライアントの進化”とは

ノートPCはしばしば、管理作業の複雑さや、デバイスが重く持ち運びしにくいことが課題として挙げられる。こうした課題を解決するのが、シンクライアントだ。ノートPCがシンクライアントに完全に置き換わる未来はあるのか。

/tt/news/2301/05/news12.jpg
AWSの新しいシンクライアント【後編】

AWSがシンクライアントに本気なら「仮想デスクトップ」の勢力図が変わる?

AWSはシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。仮想デスクトップやシンクライアントの市場における同社の狙いは何か。市場に与える影響を踏まえて考える。

/tt/news/2401/04/news05.jpg
AWS新製品でテレワークを再考【中編】

AWSシンクライアントは「機能が最低限」でも“あれ”がある その特徴とは?

Amazon Web Services(AWS)から登場したシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」にはどのような特徴があるのか。この“小さな箱”を使ってできることを考える。