過去記事一覧 (2021 年)

7 月

/tt/news/2107/28/news01.jpg
メリット/デメリットを考える

コンテナ実行環境として最適なのはベアメタルか仮想化環境か

コンテナを実行する環境として、ベアメタルと仮想化環境が考えられる。当然ながらどちらにもメリットとデメリットがある。自社が重視すべき要件は何か。

/tt/news/2107/23/news03.jpg
「Windows 365」先取りチェック【後編】

「Windows 365」の2021年登場は“必然”? 専門家が「タイムリー」と評する訳

Microsoftはなぜ今、新たなDaaS「Windows 365」を提供するのか。その背景には、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う“ある変化”があると専門家はみる。

/tt/news/2107/17/news03.jpg
「Windows 365」先取りチェック【前編】

クラウドPC「Windows 365」の衝撃 Windows 10やWindows 11が使える定額制DaaS

Microsoftの「Windows 365」は、「Windows 10」「Windows 11」搭載の仮想デスクトップが使えるDaaSだ。同社の既存DaaS「Azure Virtual Desktop」とは異なり、定額制の料金体系を採用した。その背景に何があるのか。

/tt/news/2107/08/news01.jpg
VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】

仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?

VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。

6 月

/tt/news/2106/26/news05.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)

Windows 10の更新問題や無料の性能向上術、ミニPCの実力など 新規会員の注目は

「システム運用管理」「仮想化」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2106/18/news07.jpg
「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【後編】

「コンテナ」は「サーバ仮想化」と何が違うのか? どちらを選べばよいのか

ワークロード実行環境として「コンテナ」の採用が広がりつつある。コンテナとサーバ仮想化の違いは何か。どちらの技術を採用すべきかを考えるときのポイントとは。

/tt/news/2106/11/news06.jpg
「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【前編】

タイプ1とタイプ2のハイパーバイザーとは? 完全仮想化と準仮想化の違いは?

「サーバ仮想化」と一口に言っても、それを実現する技術はさまざまだ。「タイプ1ハイパーバイザー」「タイプ2ハイパーバイザー」の違いと、「完全仮想化」「準仮想化」の違いを整理しよう。

/tt/news/2106/08/news03.jpg
「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【後編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)に満足できない企業が選ぶ“代替策”とは?

「Windows Virtual Desktop」(WVD)はエンドユーザーが簡単に「Windows」の仮想デスクトップにアクセスできるようになるといったメリットがあるが、短所も幾つかある。WVDの利用に適していない企業の特徴を説明する。

/tt/news/2106/07/news11.jpg
Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【後編】

「Windows Virtual Desktopマネージドサービス」の中身とは? 4社を比較

「Windows Virtual Desktop」(WVD)を利用するときは、運用をマネージドサービスプロバイダー(MSP)に任せるのも手だ。MSP4社が提供するWVDのマネージドサービスの内容を説明する。

/tt/news/2106/04/news01.jpg
サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【後編】

サーバ仮想化の導入を阻む「リソース競合」「アプリパフォーマンス低下」問題

サーバ仮想化製品を導入することでアプリケーションの処理速度が低下したり、予想よりも多額の管理コストがかかったり可能性がある。こうした問題を防ぐための方法とは。

/tt/news/2106/01/news06.jpg
「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【中編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の利用に向かない企業の特徴とは?

「Windows Virtual Desktop」(WVD)はエンドユーザーが簡単に「Windows」の仮想デスクトップを利用できるようにするといったメリットがあるが、短所も幾つかある。WVDの利用に適していない企業の特徴を説明する。

5 月

/tt/news/2105/31/news08.jpg
Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【中編】

「Windows Virtual Desktop」のマネージドサービスを賢く選ぶ7つのポイント

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の管理をマネージドサービスプロバイダー(MSP)に委託する場合、自社に適したマネージドサービスを選定する必要がある。選定のときに考慮すべき7つのポイントを説明する。

/tt/news/2105/28/news03.jpg
サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【中編】

「仮想マシンの構築が簡単過ぎる」ことがもたらす深刻な問題とは?

サーバ仮想化製品のデメリットには、どのようなものがあるのか。導入後に起こり得るトラブルを予防するために、主なデメリットと、その解決策を理解しよう。

/tt/news/2105/27/news01.jpg
失敗しないコンテナ化戦略【後編】

Kubernetesの自動スケーリング機能の落とし穴

Kubernetesの自動スケーリング機能(オートスケーラー)を利用することで、クラスタのサイズを自動的に調整できる。だが、ここに落とし穴がある。

/tt/news/2105/28/news04.jpg
AWSの「クラウドIAM」7選【前編】

AWS IAM、Amazon Cognito、AWS Directory Serviceとは? AWSの主要クラウドIAM

AWSはIDおよびアクセス管理(IAM)のクラウドサービス「クラウドIAM」を提供する。その中から「AWS IAM」「Amazon Cognito」「AWS Directory Service」の特徴を説明する。

/tt/news/2105/26/news02.jpg
コンテナの誇大広告を斬る

コンテナ&マイクロサービスが常に優れているわけではない

レガシーシステムをコンテナでマイクロサービス化することがトレンドの一つになっているが、それが常に最良の方法というわけではない。企業はコンテナとどう向き合うべきなのか?

/tt/news/2105/25/news13.jpg
「Windows Virtual Desktop」の導入効果を見極める【前編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の利用に向いている企業の条件とは?

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」(WVD)の導入を検討する場合、その長所と短所を理解する必要がある。自社への導入が適切かどうか判断可能にするために、WVDの長所と適した用途を説明する。

/tt/news/2105/25/news10.jpg
TechTargetジャパンクイズ

「ハイパーバイザー」の違いが分かる6問クイズ

ハイパーバイザーには性質が異なる「タイプ1」と「タイプ2」の2種類がある。それぞれに適する利用場面、長所、短所はどのようなものか。クイズに挑戦して理解度を確認しよう。

/tt/news/2105/24/news08.jpg
Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【前編】

「Windows Virtual Desktop」を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?

「Windows Virtual Desktop」(WVD)を導入すると決めたら、次は自社で運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)を利用するかを決める必要がある。WVDを自社で運用するときに必要なスキルを説明する。

/tt/news/2105/20/news02.jpg
失敗しないコンテナ化戦略【前編】

コンテナ移行を阻む課題と解決のヒント

レガシーアプリケーションのコンテナ化にはどのような課題が発生するのか。それを最小限のコストで解決するためのヒントを紹介する。

/tt/news/2105/18/news09.jpg
サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【前編】

「サーバ仮想化」のデメリットとは? コスト増大、仮想マシン増殖のリスク

効率的なリソース使用や容易な実装を実現するサーバ仮想化製品。さまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化製品だが、デメリットもある。主要なデメリットとその解決方法を説明する。

/tt/news/2105/10/news06.jpg
「DaaS」はテレワークの必需品か【後編】

テレワーク長期化を「DaaS」で乗り越えるための注意点と解決策

DaaSの導入はテレワーク実現の有力な手段だ。ただし急場しのぎではなく長期的なテレワークの手段としてDaaSを活用する場合、導入や運用時に注意しなければならないことがある。それは何か。どう解決すればよいのか。

/tt/news/2105/07/news01.jpg
「VDI」6つのメリットと5つの注意点【後編】

「VDI」導入の失敗企業が見落とす5つの注意点

企業にさまざまなメリットをもたらす「VDI」。ただし事前の検討や準備が不十分だと、導入効果を引き出し切れない可能性がある。VDIを導入する前に検討しておきたい注意点を解説する。

4 月

/tt/news/2104/30/news01.jpg
「VDI」6つのメリットと5つの注意点【中編】

「VDI」はなぜ選ばれるのか? ファット共存、標準化、コスト削減の利点を解説

企業のクライアントデバイスの管理負荷を軽減する「VDI」には、さまざまなメリットがある。管理面やコスト面のメリットを整理する。

/tt/news/2104/27/news01.jpg
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第4回】

Google「Anthos」を利用できるHCIは? Kubernetesをハイブリッドクラウド化

「Kubernetes」と「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)の組み合わせはハイブリッドクラウドにも広がっている。Googleのハイブリッドクラウド構築サービス群「Anthos」を取り入れるHCI製品を紹介する。

/tt/news/2104/26/news08.jpg
「DaaS」はテレワークの必需品か【前編】

投資顧問会社がコロナ禍で実感した「DaaSでテレワーク」のメリットとは?

投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、テレワークにVMware製品ベースのDaaSを利用している。COVID-19の拡大を理由に全社的なテレワーク体制を開始した同社が、スムーズにテレワークへ移行できた理由とは。

/tt/news/2104/22/news01.jpg
メインフレームからクラウドへ【後編】

COBOLやPL/Iのメインフレームアプリケーションをクラウドサービスで動かすには

ソースコードがあれば、メインフレームアプリケーションのクラウドサービス移行は比較的容易だ。ただしプログラミング言語の種類によって難易度は異なる。「COBOL」「PL/I」で書かれている場合はどうなるのか。

NEWS

気象庁が中枢システムを仮想化基盤に移行 防災・減災に向けたデータ活用を加速

気象庁は仮想化製品で構築したインフラに3つの中枢システムを移行させ、統合運用管理を実現。運用負荷軽減とシステム開発の迅速化を図るとともに、防災や減災に向けたデータ活用を強化する。

/tt/news/2104/21/news03.jpg
独自構築か商用製品か、どの商用製品か

後悔しないKubernetesプラットフォームの選び方

コンテナ運用にKubernetesは不可欠だが、Kubernetes環境の構築は難易度が高い。そしてKubernetesだけでは足りない。他のツールも必要だ。困難な独自構築を試みるか、商用製品を購入するか。検討のポイントとは?

/tt/news/2104/06/news02.jpg
コンテナネットワークの基礎知識【第7回】

Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは

オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。

/tt/news/2104/20/news07.jpg
「VDI」6つのメリットと5つの注意点【前編】

いまさら聞けない「VDI」のメリット 何がうれしいのか?

企業が「VDI」を導入することで得られるメリットには、どのようなものがあるのか。主なメリットを整理する。

/tt/news/2104/16/news01.jpg
Nutanix Xi Frame導入事例

グラフィックワークステーションレベルの仮想デスクトップを実現

ロバート・ゴードン大学は、GPUを使うアプリケーションを学生に提供するために「Xi Frame」による仮想デスクトップを展開した。Xi Frameを採用した決め手とは何か。

/tt/news/2104/15/news02.jpg
物理サーバと仮想サーバを比較する【後編】

「物理サーバ」と「仮想サーバ」のどちらを選べばよいのか?

仮想サーバでアプリケーションを動かすことは珍しくなくなった一方で、物理サーバでアプリケーションを動かすことが時代遅れになったわけではない。物理サーバと仮想サーバのどちらを選べばよいのか。

/tt/news/2104/14/news07.jpg
VMwareの主要製品を理解する【後編】

「VMware Horizon」「Workspace ONE UEM」とは 「VCP」などのVMware認定資格は

VMwareはデスクトップ仮想化をはじめとするデジタルワークスペース製品群を提供している。「VMware Horizon」「Workspace ONE UEM」などデジタルワークスペースの中核製品と、同社が提供する認定資格を説明する。

/tt/news/2104/14/news03.jpg
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第3回】

Nutanix、Red Hat、NetAppの「HCI×Kubernetes」は? マルチクラウドも視野

「Kubernetes」がさまざまなHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品で利用できるようになってきた。本稿はNutanix、Red Hat、NetAppの取り組みを紹介する。

/tt/news/2103/30/news02.jpg
コンテナネットワークの基礎知識【第6回】

AWS、Azure、GCPの「Kubernetesサービス」とは? 可用性を高めるための工夫

Kubernetesクラスタの構築・運用は簡単ではありません。運用するインフラを問わず、Kubernetesの課題を解消するさまざまな製品やサービスが登場しています。大手クラウドベンダーの関連サービスを紹介します。

/tt/news/2104/13/news02.jpg
PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【後編】

「PCaaS」と「Devices as a Service」は何が違うのか? 選定のポイントは

「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」は結局、何が違うのか。主要3社のPCaaS/Devices as a Serviceの内容を基に、両者の違いやサービス検討時の注意点を整理する。

/tt/news/2104/08/news18.jpg
メインフレームからクラウドへ【前編】

「メインフレーム」のアプリケーションをクラウドサービスで動かす3つの選択肢

メインフレームで稼働するアプリケーションをクラウドサービスに移行させるには、どのような方法があるのか。3つの方法を説明する。

/tt/news/2104/08/news15.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Windows Virtual DesktopとRDS、普通のVDIの違いは?

テレワーク時のセキュリティ確保や、社内外での同一デスクトップ利用に役立つ仮想デスクトップには、幾つかの実現手段がある。「RDS」と一般的な「VDI」、そして「Windows Virtual Desktop」の違いを整理する。

/tt/news/2104/07/news03.jpg
PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【中編】

Dell、HP、Lenovoの定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」の違いを比較

「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」の代表的なベンダーに、DellとHP、Lenovoがある。3社のサービス内容と特徴を説明する。

/tt/news/2104/05/news07.jpg
物理サーバと仮想サーバを比較する【前編】

いまさら聞けない「物理サーバ」と「仮想サーバ」の基本的な違いとは

「物理サーバ」と「仮想サーバ」は何が違うのか。仮想サーバが広く使われるようになった今、あらためて両者の違いを理解しよう。

/tt/news/2104/01/news13.jpg
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】

「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?

コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。

3 月

/tt/news/2103/31/news15.jpg
VMwareの主要製品を理解する【中編】

「vSAN」「Virtual Volumes」(vVols)の違いは VMwareのストレージ仮想化製品

VMwareはSDDCを実現するためのさまざまな仮想化製品を提供している。その中からストレージ仮想化を実現する「vSAN」「VMware vSphere Virtual Volumes」と、運用管理の「VMware vRealize Suite」を取り上げる。

/tt/news/2103/30/news10.jpg
PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【前編】

定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」とは? “普通のDaaS”との違いは

「PC as a Service」(PCaaS)や「Devices as a Service」とはどのようなサービスなのか。両サービスの内容と、「DaaS」として広く知られる「Desktop as a Service」との違いを説明する。

/tt/news/2103/25/news01.jpg
何を考慮すればいいのか?

Kubernetesインフラを確実にバックアップするための5つのポイント

Kubernetesが普及するにつれ、バックアップの重要性が増している。だが、「何を」「どのように」バックアップすればいいのか。

/tt/news/2103/22/news08.jpg
VMwareの主要製品を理解する【前編】

いまさら聞けない「vSphere」「NSX-T Data Center」とは? VMwareの仮想化製品

VMwareの仮想化製品は幅広い。それぞれどのような機能を持つのか。まずはサーバ仮想化ソフトウェアの「vSphere」とネットワーク仮想化ソフトウェアの「VMware NSX-T Data Center」を解説する。

/tt/news/2103/19/news05.jpg
サーバ&ストレージに関する読者調査レポート

クラウドやHCIの導入状況は? 「脱クラウド」「オンプレミス回帰」は4割以上に

サーバ&ストレージ製品の導入状況や投資計画に関する読者調査を実施した。クラウドサービスやHCIの導入が広がりつつあること、「脱クラウド」「オンプレミス回帰」に前向きな組織が4割を超えることなどが分かった。

/tt/news/2103/10/news04.jpg
コンテナネットワークの基礎知識【第5回】

「Kubernetesクラスタ」の自前構築はなぜ難しい? Kubernetes運用の基礎知識

大規模なコンテナ環境を扱う際に必要になるのが「Kubernetes」です。ただしKubernetesそのものを使ってコンテナクラスタを構築するのは簡単ではありません。どのような点に注意が必要なのでしょうか。

/tt/news/2103/12/news13.jpg
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第1回】

「コンテナ」の良さとは? 「HCI」で「Kubernetes」を動かす意味は?

ベンダーは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)でコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用しやすくする取り組みを活発化させている。HCIとKubernetesにどのような可能性を見込んでいるのか。

/tt/news/2103/09/news11.jpg
Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【後編】

Windows Virtual Desktopが快適に使える「シンクライアント」の条件とは?

シンクライアントを選ぶときは何を考慮すればよいのか。MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を利用する場合を例に挙げ、シンクライアント選びのポイントを説明する。

/tt/news/2103/04/news03.jpg
Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【中編】

Windows Virtual Desktopが使えるシンクライアントの本命は? 5社の違いを比較

シンクライアントの代表的なベンダーにはDellとHP、IGEL Technology、NComputing、Stratodeskがある。これらの主要ベンダーが提供するシンクライアントの特徴を説明する。

2 月

/tt/news/2102/24/news04.jpg
無料版もあり

Kubernetes用管理製品Robin.ioが実現する永続ストレージ

コンテナの課題の一つが永続ストレージだ。これを実現する方法は幾つかあるが、今回は無料版もあるRobin.ioに着目した。Robin.ioによって何が実現するのだろうか。

/tt/news/2102/18/news08.jpg
Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【前編】

Windows Virtual Desktopは「シンクライアント」で使うべき納得の理由

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」の仮想デスクトップを使うクライアント端末として「シンクライアント」を選ぶメリットとは何なのか。代表的なベンダーと共に説明する。

/tt/news/2102/17/news02.jpg
COVID-19対策に「VDI」を使うメリットと注意点【後編】

「VDIでテレワーク」の見逃せない“落とし穴”とは

「VDI」製品は従業員のテレワークを支える有力な手段だが、万能薬ではない。導入や運用の際の注意点を説明する。

/tt/news/2102/03/news02.jpg
テレワーク環境の提供【後編】

非仮想デスクトップでOSを問わず、多彩なアプリを配信する方法

オックスフォード大学社会科学部は、統計処理用の各種アプリケーションを学生に使わせる必要があった。だが仮想デスクトップの負荷やOSの違いに煩わされたくなかった。そこで全く異なるアプローチを選択した。

/tt/news/2102/03/news05.jpg
コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【後編】

クラウドサービスでのずうずうしい「うるさい隣人」問題を防ぐ4つの対策

リソースを過剰に消費して他のワークロードの稼働に影響を与える「うるさい隣人」問題は、クラウドサービスの使用時にも発生する。主要な4つの対策を紹介しよう。

/tt/news/2102/02/news12.jpg
COVID-19対策に「VDI」を使うメリットと注意点【前編】

コロナ禍のテレワーク普及で「VDI」製品が売れる理由

COVID-19拡大を受け、テレワークのために「VDI」製品の導入を検討する企業が少なくないという。それはなぜなのか。VDI製品がテレワークにもたらすメリットを説明する。

1 月

/tt/news/2101/29/news10.jpg
仮想化時代の一押し技術【後編】

運用自動化にビッグデータ管理――IT管理者なら学んでおきたい技術

オンプレミスのデータセンターとクラウドサービスなど、複数のインフラを使い分ける企業は少なくない。さまざまなインフラを管理するために、IT管理者が優先して身に付けるべき技術とは。専門家が解説する。

/tt/news/2101/26/news04.jpg
TechTargetジャパンクイズ

「デスクトップ仮想化」「アプリケーション仮想化」のプロが解きたい6問クイズ

「デスクトップ仮想化」「アプリケーション仮想化」の基礎知識を確認できるクイズを掲載したブックレットを公開しました。TechTargetジャパン会員であれば無料でダウンロードできます。

/tt/news/2101/25/news04.jpg
建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【後編】

建設会社がDaaS選びで「自宅回線が遅くても快適」を重視した“切実な理由”

米国の建設会社Mead & Huntは、テレワーク推進の手段として「DaaS」を選定する際に何を重視したのか。その背景とは。同社CIOに聞く。

/tt/news/2101/23/news01.jpg
企業のChromebook導入が進む?

「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?

GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。

/tt/news/2101/22/news10.jpg
「VMware Horizon」トラブルの原因と対策【後編】

VMware Horizonのブラックスクリーン問題を招く「ファイアウォール」「画面転送プロトコル」「VRAM」の問題

ファイアウォールや画面転送プロトコル、VRAMの設定によっては、「VMware Horizon」の仮想デスクトップが利用できなくなる「ブラックスクリーン」問題が発生することがある。これらの問題を説明する。

/tt/news/2101/21/news10.jpg
コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】

コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策

リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。

/tt/news/2101/15/news19.jpg
建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【前編】

テレワーク拡大で生産性は下がるどころか史上最高に――DaaS導入の建設会社CIO

「DaaS」を使ったテレワークを推進している米国の建設会社Mead & Hunt。テレワークによって「生産性は史上最高になる」と同社CIOは語る。その理由は。

/tt/news/2101/14/news08.jpg
仮想化時代の一押し技術【前編】

Docker、ハイブリッドクラウド、Ansible――IT管理者なら知っておきたい技術

仮想化技術の浸透に伴ってインフラが変化し続ける中、IT管理者が習得する必要がある技術も変化している。注目すべき技術とは何か。専門家が解説する。

/tt/news/2101/12/news02.jpg
読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDチップス編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の賢い使い方は? マイクロソフトに聞く

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を使う際、仮想デスクトップにどうアクセスすればよいのか。他社製品との連携がもたらす利点とは。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。

/tt/news/2101/08/news06.jpg
「VMware Horizon」トラブルの原因と対策【前編】

VMware Horizonのブラックスクリーン問題を招く「解像度」「GPO」の問題

「VMware Horizon」で仮想デスクトップが正常に利用できなくなる「ブラックスクリーン」問題はなぜ起きるのか。主な原因のうち2つと、それぞれの対策を説明する。

/tt/news/2101/06/news08.jpg
サーバ仮想化製品の5大課題【後編】

「モンスターVM」「ゾンビVM」とは? “遅い仮想マシン”の真犯人

大容量の仮想CPUと仮想メモリを用いた「モンスターVM」や、休眠状態の「ゾンビVM」は、リソースの大量消費の原因となる可能性がある。こうしたVMが引き起こす問題と対処方法を説明する。

/tt/news/2101/06/news03.jpg
読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDセキュリティ編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)のセキュリティ対策はどうする? マイクロソフトに聞く

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」のユーザー企業が取り得るセキュリティ対策とは何か。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。

/tt/news/2012/25/news07.jpg
「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【後編】

CitrixのDaaSは「エコシステム」と「Microsoftとの協業」が強みか

「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」)は関連製品の幅広さが特徴のDaaSだ。その概要を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。