過去記事一覧 (2019 年)

9 月

/tt/news/1909/13/news03.jpg
Windows Virtual Desktop登場でVDI市場は変わるか【後編】

「Windows Virtual Desktop」は「Azure RemoteApp」の生まれ変わりだった?

Microsoftの「Windows Virtual Desktop」が誕生に至るまでには、どのような道のりがあったのか。開発を支援したITベンダーNerdioのCEOに話を聞いた。

/tt/news/1909/10/news04.jpg
VMware、Citrix、Microsoft製品に代わる「代替VDI」3製品を比較【後編】

機械学習も搭載 機能の豊富さで主要VDIに挑む「AppliDis Fusion」

比較的低コストで運用できる「代替VDI製品」の中でも、Systanciaの「AppliDis Fusion」は多数の機能を搭載している。AppliDis Fusionの特徴と各機能について、詳しく説明する。

/tt/news/1909/10/news01.jpg
機能面で差異化を図る各社

「HCI」主要ベンダー7社を比較 Nutanix、HPE、Pivot3、Ciscoの違いは

「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)製品が急速に充実している。各HCI製品にはそれぞれどのような特徴があり、他とどう違うのか。主要ベンダーのHCI製品を紹介する。

/tt/news/1909/07/news02.jpg
Windows Virtual Desktop登場でVDI市場は変わるか【前編】

クラウド版Windows 10「Windows Virtual Desktop」はVDI市場の破壊者か?

Microsoftの「Windows Virtual Desktop」はVDI市場にどのような影響をもたらすか。特にCitrix Systemsなど既存のVDIベンダーにどのような影響があるだろうか。

/tt/news/1909/03/news06.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

クラウド版Windows「Windows Virtual Desktop」の衝撃

Microsoftの「Windows Virtual Desktop」は、仮想デスクトップをクラウドサービスとして提供するDaaS(Desktop as a Service)だ。DaaS市場に一石を投じる同社の製品戦略や、他社サービスとの違いを紹介する。

/tt/news/1909/03/news09.jpg
VMware、Citrix、Microsoft製品に代わる「代替VDI」3製品を比較【中編】

Raspberry Piでも利用可能 仮想アプリの操作感にこだわった「Parallels RAS」

比較的安価に利用できる代替VDI製品の中でも、「Parallels Remote Application Server」は仮想アプリケーションの操作感と、ハイパーバイザーやクライアントデバイスの選択肢に力を入れている。

8 月

/tt/news/1908/05/news02.jpg
転換期のハイブリッドクラウド【第3回】

Azure StackやAWS Outpostsなどの「クラウドアプライアンス」が必要な理由

クラウドベンダーが提供するアプライアンスは、PaaSなどパブリッククラウドと同様の機能を利用してハイブリッドクラウドの運用環境に一貫性を持たせることに有効だ。

/tt/news/1908/28/news01.jpg
コンテナ時代のバックアップ基礎の基礎

Dockerのバックアップ戦略――Dockerの何を保護すべきか?

Dockerは多数の抽象化レイヤーから成り、レイヤーごとにバックアップ方法も異なる。まずDockerの何を保護するのかを決めることが、バックアップ戦略のベースとなる。

/tt/news/1908/28/news04.jpg
VMware、Citrix、Microsoft製品に代わる「代替VDI」3製品を比較【前編】

機能を絞ってVDI運用のコストを軽減する「flexVDI」

VDI製品はVMwareやCitrix、Microsoftの大手3社のほか、それ以外のベンダーも提供している。これらのVDI製品は導入運用のコストが比較的低いことがメリットだ。今回はこうしたVDI製品の中から「flexVDI」を取り上げる。

/tt/news/1908/18/news01.jpg
代表的なサードパーティー製品を紹介

Windows Virtual Desktopでも心配な「印刷問題」とは? その回避策を紹介

「Windows Virtual Desktop」を導入する上で考慮が必要になりそうなのが、リモートデスクトップで以前から存在していた「印刷」の問題だ。その対処に役立つ手段を紹介する。

/tt/news/1908/16/news03.jpg
約半数の企業が「自動化」を志向

SDN市場はCiscoを抑えてVMwareが首位 市場規模は70億ドル規模に

2018年にSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)の市場規模は世界で約70億ドル規模まで拡大した。ベンダーの市場シェア争いでは、VMwareが2018年下半期にCisco Systemsを抑えて首位に立った。

/tt/news/1908/13/news07.jpg
大学の「VDI」に必要なこと【後編】

名門大学が13万人規模の「VDI」で直面した最大の課題と解決策は?

インディアナ大学は学生と教職員に仮想デスクトップを提供するため、Citrix Systems製品を利用している。運用時の課題とそれを解消する方法について、同校のIT部門担当者に聞いた。

/tt/news/1908/11/news01.jpg
Microsoft純正DaaSを取り巻く動きを整理

Windows 10をクラウドで提供する「Windows Virtual Desktop」はどうなる?

MicrosoftはDaaS「Windows Virtual Desktop」の正式リリースに向けて、同社のアプリケーションを仮想環境での実行に最適化する作業を進めている。Citrix Systemsとの協業も含めて、最近の動きを整理する。

/tt/news/1908/07/news06.jpg
大学の「VDI」に必要なこと【前編】

名門大学は13万人が利用する「VDI」をどのように構築したのか

仮想デスクトップインフラ(VDI)運用環境を構築したインディアナ大学。13万人のユーザーを支えるVDIの構築と運用の実態は、どのようなものか。

7 月

/tt/news/1907/24/news01.jpg
マイクロサービスに警鐘

マイクロサービスはセキュリティの複雑性を増大させる

アナリストは、マイクロサービスの利点ばかりが注目され、内在するリスクが軽視されていると警鐘を鳴らす。マイクロサービスによって生じる複雑性とは何か。

/tt/news/1907/16/news05.jpg
転換期のハイブリッドクラウド【第2回】

AWS、Azure、IBM、国産 「VMware」ベースのハイブリッドクラウド製品の違いは

ハイブリッドクラウドの運用を実現する手段として、オンプレミスで幅広く利用されているVMware製品ベースの仮想環境を、クラウドにも構築する製品がある。ベンダーによる製品特性の違いを考察する。

/tt/news/1907/19/news05.jpg
定期的な見直しが大切

VDIの“リソース過剰割り当て”を防ぐ方法 「動的メモリ」は要注意?

IT管理者は仮想デスクトップインフラ(VDI)のリソースをバランスよく割り当てる必要がある。そのための方策を幾つか紹介しよう。

/tt/news/1907/17/news08.jpg
Royal Technologiesのアプリケーション仮想化導入事例

製造業が「VDI」を使わずにWindowsからChromebookへ移行した理由

プラスチック製造業のRoyal Technologiesは、VDIを使用せずにWindowsベースのレガシーアプリケーションを利用する方法として、アプリケーション仮想化ソフトウェア「Cameyo」を採用した。その理由とは何か。

/tt/news/1907/15/news01.jpg
ライセンスコストが節約できる可能性も

アプリケーションストリーミングの長所と注意すべき点

アプリケーションストリーミングは、アプリケーション仮想化手法の一つだ。アプリケーション更新作業を簡略化したり、ライセンス料を削減できたりする可能性がある。しかし利用には注意も必要だ。

/tt/news/1907/10/news06.jpg
ITインフラの変遷を振り返る

「コンポーザブルインフラ」は「HCI」と何が違う? 注目される理由は

HCIに続くITインフラのアーキテクチャとして「コンポーザブルインフラ」が登場した。これまでのITインフラの変遷を振り返りつつ、HCIとコンポーザブルインフラの違いについて説明する。

/tt/news/1907/09/news05.jpg
「VMware Horizon」を例に学ぶ

VDIの「ライセンス」「エディション」選びに失敗しないための注意点

仮想デスクトップインフラ(VDI)のライセンスやエディションを適切に選択するのは簡単ではない。「VMware Horizon」を例に、VDIのライセンスやエディション選びの主な注意点を紹介する。

/tt/news/1907/09/news03.jpg
オンプレミスに拡張するクラウド【後編】

「Anthos」と「Azure Stack」を比較 2大ハイブリッドクラウド製品の違いは?

主要クラウドベンダーが新たな製品やサービスを発表することで、ハイブリッドクラウドの選択肢が広がっている。本編ではGoogleとMicrosoftが提供するハイブリッドクラウド製品を紹介する。

/tt/news/1907/08/news05.jpg
接続障害のトラブルシューティング

「リモートデスクトップがつながらない」を解決する5つの対策

リモートデスクトップ接続ができないときは、ファイアウォール、セキュリティ証明書などに原因がある可能性がある。接続の問題を特定する方法と、簡単にできる解決策について説明する。

/tt/news/1907/01/news04.jpg
オンプレミスに拡張するクラウド【前編】

“オンプレミス版AWS”を実現する「AWS Outposts」とは? 何ができるのか?

AWS、Microsoft、Googleの主要クラウドベンダー3社がハイブリッドクラウドを実現する製品分野の取り組みを強化している。本記事ではこうした製品の一つである「AWS Outposts」を解説する。

6 月

/tt/news/1906/28/news10.jpg
コンテナセキュリティの基礎知識【後編】

「コンテナ」「オーケストレーター」のセキュリティを脅かす4大脆弱性

コンテナとオーケストレーターを安全に運用する上で、対処すべき代表的な4種類の脆弱性がある。それらの概要と、脅威を軽減する手段を紹介する。

/tt/news/1906/25/news07.jpg
コスト、手軽さ、スキル、何を重視する

ハイブリッドクラウドは“異種混合”と“同種混合”のどちらを選ぶべき?

主要クラウドベンダーがオンプレミス分野で製品を投入し、「ハイブリッドクラウド」を構成するモデルとして「異種混合モデル」と「同種混合モデル」が登場している。その長所と短所について説明する。

/tt/news/1906/20/news03.jpg
転換期のハイブリッドクラウド【第1回】

Microsoft、AWS、Google、IBM、Oracleの「ハイブリッドクラウド」の本気度は?

主要クラウドベンダーは、ハイブリッドクラウドにどう向き合い、どのような製品を提供しているのか。クラウドベンダーのハイブリッドクラウドに対するスタンスや製品展開の方向性を整理する。

/tt/news/1906/21/news01.jpg
VDI/DaaSでグラフィックスアプリ

Googleのゲームサービス「Stadia」はVDI/DaaSの転換点

VDI/DaaSでもGPUを多用したグラフィックスアプリケーションは利用可能だ。そうなるはずだ。Googleのゲームサービス「Stadia」が全てを変えてしまうかもしれない。

/tt/news/1906/21/news04.jpg
コンテナセキュリティの基礎知識【前編】

いまさら聞けない「コンテナ」「オーケストレーター」の仕組みと役割

企業のシステム運用開発における新たな潮流がコンテナだ。コンテナとオーケストレーターの役割を知り、それらにまつわるセキュリティリスクに対処するための備えをしておくことが重要だ。

/tt/news/1906/20/news01.jpg
7大「Kubernetes管理ツール」を比較【後編】

Kubernetes管理ツール「Platform9」「OpenShift」「JUKE」の違いは?

マルチクラウドにおけるKubernetesの運用を簡素化する主要な「Kubernetes管理ツール」を紹介。Kubernetesが今後どのような方向性で進化するのかについても考察する。

/tt/news/1906/14/news02.jpg
これからのプライベートクラウド構築【後編】

VMware、Nutanix、Red Hatを比較 プライベートクラウドで選ぶべきベンダーは?

プライベートクラウドを自前で構築する際、ベンダーごとの特性を把握しておけば、どのような製品が自社に適しているかを判断できるだろう。主要な3ベンダーに絞り、選定のポイントを紹介する。

/tt/news/1906/10/news08.jpg
7大「Kubernetes管理ツール」を比較【前編】

Kubernetes管理ツール「NKS」「Cloudify」「Terraform」「Rancher」を比べた

複数のパブリッククラウドやオンプレミスにまたがる「Kubernetes」環境を管理するIT管理者にとって、運用を簡素化する「Kubernetes管理ツール」が役立つだろう。主要ツールの特徴を紹介する。

/tt/news/1906/10/news06.jpg
具体的な利用例や相違点を紹介

いまさら聞けない「サーバレス」「マイクロサービス」は何が違うのか

サーバレスアーキテクチャとマイクロサービスアーキテクチャは、それぞれに特徴があり、目的に応じた使い分けが大切だ。主な相違点と特徴を見てみよう。

/tt/news/1906/07/news07.jpg
これからのプライベートクラウド構築【前編】

「プライベートクラウド」の構築方法を正しく選ぶ4つの評価ポイント

プライベートクラウドを構築するための手法は一様ではない。自前で構築するのか、ベンダーの協力を得るのか。その判断に影響を与えるポイントとは何だろうか。

/tt/news/1906/04/news05.jpg
ハイパーバイザー戦争の後に

KVMに負けた「Xen」の生きる道

「Xen」は「KVM」とのハイパーバイザー戦争に敗北したのかもしれない。だが、それは消滅を意味するわけではない。このオープンソースプロジェクトは自動車業界などのニッチなユースケースで生き続けている。

/tt/news/1906/03/news04.jpg
ハイブリッドクラウドでAWS、Azureを追うGoogle

VMware製品で「Google Cloud Platform」の機能が使える新プラグインの実力は?

「VMware vRealize Automation」の管理コンソールで「Google Cloud Platform」を操作できるプラグインが登場した。ハイブリッドクラウドで先行するAWSとMicrosoftを追い上げようとする、Googleの取り組みの一環だ。

5 月

/tt/news/1905/30/news06.jpg
代表的な製品は?

「HCI」はソフトウェアとアプライアンスのどちらを選ぶべきか?

HCIにはソフトウェアとアプライアンスの2通りの導入方法がある。導入する企業はそれぞれの方法における課題を考慮に入れておくとよい。

/tt/news/1905/20/news03.jpg
ネットワーク効率化の要点

クラウド時代のネットワーク、「SD-WAN」導入が増える“真の理由”とは

クラウドサービスの利用拡大に合わせてSD-WANを採用する動きが本格化している。SD-WANの機能でWAN回線の混雑解消、コスト削減などが期待できる。SD-WANがいま求められる理由や導入時のポイントを説明する。

/tt/news/1905/24/news05.jpg
既存システムとの“相性”が鍵

「HCI」選定で必ず確認したい“6つの比較ポイント”

HCIは規模や目的に適した製品を選択すると導入効果を最大化できる。特徴や機能を評価する際の指標となる6つのポイントを紹介する。

/tt/news/1905/23/news08.jpg
トラフィック増加への対処法

「SD-WAN」採用企業が2020年までに6割を超える? その理由は

クラウドサービスの利用が拡大している他、エッジでは大量のデータが発生するようになった。こうした状況に合わせ、ネットワークに求められる要件も変化している。

/tt/news/1905/21/news05.jpg
データの場所をどう捉えるか

「アプリケーション仮想化」の2大方式 サーバベースとクライアントベースの違い

アプリケーション仮想化製品は一般的に、仮想アプリケーションの配信方法に応じてサーバベース方式とクライアントベース方式の2種類がある。その主な違いはデータの場所だ。

/tt/news/1905/17/news05.jpg
コンテナ化の波に乗る

Google「Anthos」はAWS、Azureのハイブリッドクラウド支援製品と何が違うのか?

Googleは、ハイブリッドクラウドの運用を支援する製品として「Anthos」(旧「Cloud Services Platform」)を提供している。Anthosは、アプリケーションの最新化を目指す企業の間で広く利用される可能性がある。

/tt/news/1905/16/news04.jpg
物理的な制御に依存しない

「ネットワーク仮想化」と「ネットワーク抽象化」は何が違うのか?

ネットワークの仮想化と抽象化には、ネットワークリソースを仮想的に構成するといった類似点があるが、複雑さや目的が異なる。

/tt/news/1905/15/news03.jpg
仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【後編】

仮想デスクトップ最適化ツール「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」の違い

仮想デスクトップの最適化ツールを使用すれば、OSが備える一部の機能やユーティリティーを無効にして、より効率的な仮想デスクトップを実現できる。

/tt/news/1905/14/news03.jpg
仮想デスクトップのスムーズな連携を実現

VMware Cloud on AWSとオンプレミスの両方で「Horizon」を運用すべき理由

クラウドの「VMware Cloud on AWS」とオンプレミスでデスクトップ仮想化製品「VMware Horizon」を利用すると、ハイブリッドクラウド環境の管理性が向上する他、新たなユースケースを実現できる。

/tt/news/1905/09/news05.jpg
「誰も何も信用しない」からいったん離れる

いまいち分かりにくい「ゼロトラストセキュリティ」をあらためて理解する

「ゼロトラストセキュリティ」は、字面通りに解釈すると頭を抱えてしまいそうなセキュリティモデルだが、その背景にある基礎を理解すれば、やるべきことは自ずと見えてくる。

/tt/news/1905/07/news07.jpg
オンプレミスだけの自由さとは

「DaaS」ではなく「オンプレミスVDI」で仮想デスクトップを実現すべき4つの理由

VDIの主要な実現方法にはオンプレミス型とDaaS型の2種類がある。製品選択の自由など、オンプレミスでVDIを運用する場合の利点を紹介する。

/tt/news/1905/06/news01.jpg
「アプリケーション仮想化」早分かりガイド【後編】

知っておきたい「アプリケーション仮想化」5大製品の特徴は?

アプリケーション仮想化市場には、どのような製品が存在するのか。Microsoft、Citrix Systems、VMwareが販売する主要な5製品を紹介しよう。

4 月

/tt/news/1904/29/news01.jpg
「アプリケーション仮想化」早分かりガイド【前編】

いまさら聞けない「アプリケーション仮想化」3大方式の違いとは?

アプリケーションの配備や管理を効率化する「アプリケーション仮想化」技術には、大きく分けて3つのタイプがある。その特徴や違いを簡単におさらいしよう。

/tt/news/1904/25/news02.jpg
サプライヤーの「言い訳」も封殺

やはり原因はVMwareだった――VirtualWisdom導入でボトルネックを特定

サイトパフォーマンスに課題を抱えていた企業がVirtualWisdomを導入。遅延の発生箇所を特定することが可能になり、解決に要する時間が減少した。

/tt/news/1904/23/news05.jpg
仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【前編】

仮想デスクトップを低コストで快適にする「最適化」のすすめ

仮想デスクトップの最適化によって、企業はどのようなメリットが得られるのか。簡潔にまとめた。

/tt/news/1904/23/news02.jpg
特徴と限界を見極めるヒント

VDIパフォーマンス監視ツールを比較 「ControlUp」「eG」「Goliath」の違いは

VDIのパフォーマンス監視ツールを選択する際は、各ツールに固有の機能と限界を理解する必要がある。「ControlUp Real-Time」「eG Enterprise」「Goliath Performance Monitor」の3つを取り上げ、特徴を紹介する。

/tt/news/1904/19/news05.jpg
汎用サーバに実装

仮想マシンでネットワーク機能を実現する「NFV」の3つの利点とは?

ネットワークデバイスの機能を汎用サーバで実現する「NFV」は、企業にどのような恩恵をもたらすのだろうか。主要な3つの利点を解説する。

/tt/news/1904/19/news03.jpg
古いシステムとのギャップをどう埋める?

Windows Serverのレガシーアプリを「Docker」に移行、製造受託大手が直面した課題は

「Docker」を使い、「Windows Server」のレガシーアプリケーションをモダナイゼーションしようとする企業が直面する課題とは何か。製造受託大手Jabilの事例から探る。

/tt/news/1904/18/news02.jpg
Kubernetesで分散学習

Kubernetesベースのディープラーニング環境「Nauta」

Intelがオープンソースのディープラーニングツール「Nauta」を公開した。Nautaでどのようなことができるのだろうか。

/tt/news/1904/18/news03.jpg
クラウド戦略の根幹

「ハイブリッドクラウド」は「ハイブリッドIT」「マルチクラウド」とどう違うのか?

マルチクラウドとハイブリッドクラウドには明確な違いがある。両者の概念を理解した上で、クラウドをどのように採用するのが適切かを検討する必要がある。

/tt/news/1904/16/news08.jpg
競争はますます激化

マルチユーザーWindows 10が使える「Windows Virtual Desktop」と他のDaaSの違い

MicrosoftがDaaS「Windows Virtual Desktop」で「Windows 10」のデスクトップをマルチユーザーで利用可能にすることは、DaaS市場に大きな変化をもたらす。競争はますます激化し、他のDaaSベンダーも革新を迫られる。

/tt/news/1904/16/news07.jpg
鍵を握るのはWAN接続

「SD-WAN」でネットワークコストが安くなる“これだけの理由”

SD-WANでは、コスト削減の利点が強調されることが少なくない。どのようにコストを削減できるのかを考察する。

/tt/news/1904/12/news04.jpg
ストレージのボトルネック問題を解消する

仮想デスクトップに快適さを求めるなら「HCI」でVDIを構築すべき理由

HCIでVDI環境を構築すると、さまざまなメリットがある。例えばリソースのスケーリングが容易にできる。VDI環境を構築する際は、ストレージの設計に注意する必要がある。

/tt/news/1904/10/news08.jpg
主要な機能を整理

「Windows Server 2019」にここまで盛り込まれていた「SDDC機能」の中身

Microsoftは「Windows Server 2019」に、「ソフトウェア定義データセンター」(SDDC)の構築に役立つ多様な機能を盛り込んだ。どのような機能があるのだろうか。

/tt/news/1904/10/news07.jpg
オンデマンド、スポットの“いいとこどり”

AWS、Azure、GCPの激安プラン「リザーブドインスタンス」はどれだけ安い?

パブリッククラウド利用において長期的な“約束”にはどのような意味があるだろうか。インスタンスの利用を長期で予約する際、AWS、Microsoft、Googleの料金体系にはどのような違いがあるのか、詳しく見てみよう。

/tt/news/1904/06/news02.jpg
DaaS市場を一変させる可能性

Windows Virtual Desktopで実現できる「マルチユーザー版Windows 10」とは?

「Windows Virtual Desktop」を使うと「Windows 10」をマルチユーザーで利用できるようになる。DaaS市場の様相を一変させる可能性がある、この新しいサービスのメリットとデメリットを検証する。

/tt/news/1904/05/news06.jpg
デスクトップの配信方式に違いが

DaaSの2大方式を比較 「サーバベース」と「クライアントベース」の違いは?

DaaSは一般的に、サーバOSのデスクトップを利用する「サーバベース」か、クライアントOSのデスクトップを利用する「クライアントベース」のいずれかに分類できる。両者のメリットとデメリットは。

/tt/news/1904/04/news04.jpg
想定外に高くつく可能性も

VDIコストは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)で本当に削減できるのか?

VDI用としてHCI導入を検討している企業は、長期的なコストを算出して、本当にHCIが自社のVDIに適しているかどうかを検討する必要がある。

3 月

/tt/news/1903/30/news01.jpg
プレビュー版を提供開始

「Windows Virtual Desktop」の衝撃 Windowsをクラウド提供の意味は?

クラウドベースのデスクトップ・アプリケーション仮想化ツール「Windows Virtual Desktop」は2019年後半に提供開始する見込みで、「Office 365 ProPlus」を統合する。

/tt/news/1903/27/news11.jpg
仮想環境に適したバックアップ手法とは

「VMware vSphere」バックアップのための主要テクニックとNGリスト

仮想環境のアーキテクチャと運用は、従来のバックアップ環境とは異なり、特殊なテクニックが必要だ。本稿では、「VMware vSphere」をバックアップする場合の主なテクニックを紹介する。

/tt/news/1903/26/news02.jpg
コンテナはもう古い

小さくて速くてセキュアなユニカーネルの簡単作成ツール

アプリケーションと、そのアプリケーションの実行に必要な最小限のライブラリのみで構築した実行ファイルが「ユニカーネル」だ。このユニカーネルを作成できるツール「OPS」を紹介する。

/tt/news/1903/22/news15.jpg
オンプレミス寄りか、クラウド寄りか

「ハイブリッドクラウド」を実現する製品とは? 選定の勘所は?

オンプレミスとパブリッククラウドが併存するハイブリッドクラウドを構築する動きが広がっている。管理ツールを中心に、関連製品の選定ポイントや今後の注目動向などについて、ITRの甲元宏明氏の話を基にまとめる。

/tt/news/1903/20/news07.jpg
核心的テクノロジーに注目

2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”

ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。

/tt/news/1903/19/news07.jpg
VMwareとの連携も重要に

関係者を驚かせた「AWS Outposts」はハイブリッドクラウドの本命になるか?

AWSは「AWS Outposts」を使ってクラウドのソフトウェアをオンプレミスに移そうとしている。AWS Outpostsは、「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)と同じハードウェアを採用するマネージドサービスだ。

/tt/news/1903/15/news01.jpg
問題の発生源をピックアップ

Dockerを導入する前に企業が絶対に知っておくべきこと

Dockerは優れた技術だが、開発者個人が使うだけなら問題なくても企業レベルになると問題が生じる可能性がある。Dockerのメリットを最大限に引き出し、リスクを回避するため、企業が注意すべきこととは?

/tt/news/1903/14/news09.jpg
巨大な単一アプリケーションからの脱却

マイクロサービスを運用する人がいつもぶつかる9つの課題

モノリス(巨大な単一アプリケーション)を細かく切り分けることは優れた判断である一方、マイクロサービスのアプローチは慎重に実施しないと共通の問題に行き着く。本稿では、こうした共通の課題を9つ紹介する。

/tt/news/1903/08/news01.jpg
Computer Weekly導入ガイド

コンテナとDevOpsに求められるセキュリティ

高速で安全なコンテナとコンテナオーケストレーションに、グローバル企業が目覚めつつある。だがセキュリティが脅かされることがあってはならない。

/tt/news/1903/08/news06.jpg
運用環境に応じて選ぶ

クラウド環境でマネージドKubernetesを使うメリットとデメリット

クラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesをマルチクラウド環境に導入する場合、幾つか問題が生じる。マネージドKubernetesのメリットを生かせるかどうかを確認したければ、本稿で紹介する3つのステップに従うとよい。

/tt/news/1903/07/news05.jpg
業界特化型、ゼロクライアントなどさまざま

主要15社のシンクライアントを徹底比較 Chromebook、Raspberry Piもあり?

本稿では、市場に出回る主要シンクライアントシステムを取り上げ、業界、コスト、データ使用に基づき比較する。どのシステムを購入するかを正しく判断する参考にしてほしい。

/tt/news/1903/01/news09.jpg
Linuxの例を紹介

Dockerのセキュアなホスト環境を構築するためには?

コンテナ分野の最先端技術において、セキュリティの基本的なベストプラクティスは見逃せない。ワークロードを保護し、攻撃の対象となる領域を最小限に抑えられる。

/tt/news/1903/01/news06.jpg
先生と子ども両方が恩恵を受ける

西条市教育委員会が「Azure」でクラウド化、業務改善と成績アップを実現

愛媛県西条市は「Microsoft Azure」を導入し、教職員の業務システムのクラウド化を実施。仮想デスクトップによるテレワーク環境を整備することで、業務改善やセキュリティ強化を実現した。

2 月

/tt/news/1902/28/news02.jpg
Computer Weekly導入ガイド

マイクロサービスとコンテナによるビジネスの変革

コンピューティングはこの数年で進化し、アジャイルな仕組みに重点が置かれるようになった。DevOpsとマイクロサービスが、いかにITアーキテクチャを進化させているかを紹介する。

/tt/news/1902/21/news05.jpg
管理団体の変化に伴う期待と不安

Googleの手を離れたKubernetes、今後の展開は?

Googleは、Kubernetesの大規模テスト環境をCNCFに移管するため、「Google Cloud Platform」(GCP)クレジットとして900万ドルを寄付し、3年間の引き継ぎプロセスに入る。

/tt/news/1902/15/news01.jpg
レガシーアプリ延命術

Windows Server 2008のサポート終了はDocker導入のチャンス

DockerはWindows Server 2008のサポート終了を好機と考えている。これはコンテナ導入を検討している企業にも当てはまる。1年後の大イベントを最小コストで乗り切るヒントとは?

/tt/news/1902/07/news03.jpg
同じ「クラウド」でもベンダー差異は大きい

マルチクラウド時代のVDI管理で注意したい「クラウド間のユーザー認証」問題

VDIの管理にクラウドベースのツールを使う場合、IT部門は普段より苦労することになるかもしれない。

/tt/news/1902/05/news10.jpg
Kubernetesが生み出す変化

進化するコンテナ技術 2019年にさらに人気が高まる理由とは

コンテナ化の流れが減速する気配はない。コンテナの進化に主眼を置いたさまざまな技術、製品、ベンダーの取り組みが増え、2019年はコンテナを取り巻く環境が大きく変化する年になりそうだ。

/tt/news/1902/05/news08.jpg
個々の機能や特性を比べる

Dockerと仮想マシンを比較 アプリ開発環境で使うなら?

仮想マシン(VM)とコンテナには技術的に大きな違いがある。コンテナを選ぶ開発者が多いのは、コンテナの方により整合性があると考えているためだ。

/tt/news/1902/04/news08.jpg
AI(人工知能)開発にも活用できる

VDI環境で進むGPU利用 より経済的になって支持が拡大

VDI(仮想デスクトップインフラ)環境でのGPUの利用が進んでいる。GPUの共有やCPUリソースの解放といったさまざまな技術進化や新たなユースケースの登場が背景にある。

1 月

/tt/news/1901/31/news11.jpg
「仮想化」がキーワード

いまさら聞けない「クラウドストレージ」と「仮想ストレージ」

クラウドストレージは必ずしもパブリッククラウドを意味するわけではない。仮想化や仮想データストレージも仮想サーバや仮想デスクトップに関係するとは限らない。これらが実際は何を意味するのかを解説する。

/tt/news/1901/29/news03.jpg
自社に最適なクライアントを選ぶ

Raspberry PiやChromebookもある シンクライアントをコストや用途で比較

リモートサーバでアプリケーションとファイルを管理するシンクライアント方式は、端末のコストを抑え、PCの管理を簡単にするメリットがある。本稿では各種シンクライアント端末を、コストや用途面から比較する。

/tt/news/1901/29/news02.jpg
コンテナが仮想マシンの立場をなくす?

仮想マシンとコンテナの今後を考える それぞれの強みを生かした運用とは

DockerやKubernetesなど、コンテナ技術の進化に伴い、企業IT部門の仮想マシン(VM)の存在を脅かすエコシステムが台頭している。少なくとも、その重要性が脅かされているのは間違いない。

/tt/news/1901/24/news08.jpg
代表的製品を紹介

IT運用向け人工知能「AIOps」活用で仮想インフラの管理をスムーズに

仮想インフラはますます複雑になり、管理が難しくなってきている。「AIOps」を利用すれば、管理者はデータを手動で加工することなく有益な情報に変換できるようになる。

/tt/news/1901/23/news06.jpg
製造業、通信事業、医療、教育、サービス業……

シンクライアントを導入すべき? 業界別にみるメリットとデメリット

シンクライアントがあれば、幅広い組織や業界が恩恵を受けられる可能性がある。シンクライアントのメリットとデメリット、そして業界ごとの理想的な用途について解説する。

/tt/news/1901/22/news03.jpg
目的と場面で使い分ける

仮想マシンとコンテナ 何が違い、どう使い分けるべきか?

コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。

/tt/news/1901/21/news06.jpg
自社に適したハードウェアはどれか

サーバハードウェア比較 ラック、ブレード、メインフレーム、HCIの違いは?

本稿では、ラック、ブレード、メインフレーム、HCIといった各タイプのサーバの構造と、その長所と短所を解説する。どの種類のサーバが自社のデータセンターに適しているか、考えるヒントにしてほしい。

/tt/news/1901/18/news04.jpg
IT担当者が語る

アップストリームとマネージドのKubernetesを比較 それぞれの長所と短所は

ITベンダーはKubernetesのパッケージ化を急いでいるが、ライバルは他のベンダーではない。アップストリーム版や企業の独自コンテナオーケストレーションプロジェクトだ。

/tt/news/1901/15/news11.jpg
今こそ使い方を見直す好機

「Windows Virtual Desktop」の影響は? VDI/DaaS市場の変化を予測する

新年を迎えた今こそ、VDIの使い方を見直し、台頭するDaaS(Desktop as a Service)や、VDIエンドポイントとして使い勝手が向上しているモバイルデバイスに目を向ける好機だ。

/tt/news/1901/15/news10.jpg
メリットとデメリットを整理

「仮想マシン」と「物理サーバ」を比較 コンテナにはどちらを選ぶべき?

物理サーバと仮想マシンのどちらがコンテナ導入に適するのか。どちらにも、それぞれ大きな長所と短所がある。

/tt/news/1901/11/news07.jpg
権限を正しく設定する

IT専門家が語るコンテナセキュリティのヒントと注意点

コンテナのセキュリティを確保するためには、コンテナ、ホスト、Kubernetes、アプリケーションの各構成を詳しく調べる必要がある。

/tt/news/1901/08/news06.jpg
4つの機能から分かる

Citrix、VMware、Microsoftを比較 アプリケーション仮想化製品とは?

アプリケーション仮想化製品は、配信インフラ、ホスティング、クライアントアクセス、管理と監視機能といった4つの主要なコンポーネントで構成される。このコンポーネントと、各ベンダーの製品について解説する。

/tt/news/1901/07/news04.jpg
製品構成を詳しく解説

VMware Workspace ONE vs. Citrix Cloud デジタルワークスペース2大製品を比較

デジタルワークスペースの2大巨頭であるCitrix SystemsとVMware。それぞれのデジタルワークスペース関連製品/サービスは何ができるのか。詳しく紹介する。

/tt/news/1901/07/news03.jpg
Windows以外の選択肢

LinuxシンクライアントがWindowsを上回る理由 仮想デスクトップには何がベスト?

仮想デスクトップを導入する企業は、エンドポイントとしてLinuxシンクライアントの導入を検討してはどうだろう。Windowsシンクライアントよりも安価であるなど、検討すべき理由は幾つかある。