AWSがシンクライアントに本気なら「仮想デスクトップ」の勢力図が変わる?AWSの新しいシンクライアント【後編】

AWSはシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。仮想デスクトップやシンクライアントの市場における同社の狙いは何か。市場に与える影響を踏まえて考える。

2024年01月05日 05時00分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)は2023年11月、シンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。同製品のハードウェア部分は、Amazon.comが手掛けるメディアプレーヤー「Amazon Fire TV Cube」とほぼ同じ外観をしている。シンクライアントOSには、同社製のOS「Fire OS」のエンタープライズエディションを利用する。AWSの狙いはどこにあるのか。

今後の論点は他ベンダーのVDI

 Amazon WorkSpaces Thin Clientは、仮想デスクトップ配信サービスの「Amazon Workspaces」や「Amazon Workspaces Web」、アプリケーションストリーミングサービスの「Amazon AppStream 2.0」などのユーザー企業をターゲットとしている。AWSのインフラで他ベンダーのVDI(仮想デスクトップインフラ)を使用可能にするサービス「Amazon Workspaces Core」のユーザー企業はターゲットとして想定していないと考えられる。AWSがAmazon WorkSpaces Thin Clientで他ベンダーのVDIを利用できるようにするかどうかは未知数だ。

 将来的に他ベンダーのデスクトップ仮想化製品やサービスでAmazon WorkSpaces Thin Clientを利用可能になるのであれば、それはAmazon.comとAWSがシンクライアント市場に本格参入することを意味する。10ZiG TechnologyやHP、Dell Technologiesなどのシンクライアントベンダーと競合することになる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...