シンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」とは? 見た目はFire TV CubeAWSの新しいシンクライアント【前編】

AWSとAmazon.comは新しいシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。外観が「Fire TV Cube」によく似た同シンクライアントは、どのような製品なのか。

2023年12月22日 05時00分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)は2023年11月、シンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。同製品はAWS の親会社Amazon.comのECサイトから195ドルで購入できる。1つのディスプレイとキーボード、マウス、その他のUSB機器(ヘッドセット、マイクなど)に接続可能で、HDMIポートが付いた専用のUSB 3.0ハブを外付けすれば、合わせて2つのディスプレイに接続できる。このハブが付属したモデルの価格は279.99ドルだ。

シンクライアントのベースは既存の“あの製品”?

 Amazon WorkSpaces Thin Clientの管理はAWSサービスの管理コンソール「AWS Management Console」で実施できる。同製品の管理や監視、保守のために、端末1台当たり月額6ドルのサービス料金がかかる。

 Amazon WorkSpaces Thin Clientは、Amazon.comとAWSのコラボレーションで実現した。同製品のハードウェア部分は、Amazon.comが手掛けるメディアプレーヤーの「Amazon Fire TV Cube」の第3世代とほぼ同じ外観をしている。シンクライアントOSには、同社製のタブレットやメディアプレーヤーに組み込まれている「Fire OS」のエンタープライズエディションを利用する。


 次回の中編は、Amazon WorkSpaces Thin Clientのハードウェア部分が抱える制限と、同製品の利点、主な用途を詳しく解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...