2014年06月05日 08時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2003の延命にHyper-V活用は妥当か?Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第2回】

Windows Server 2003(R2含む)の移行先としてまず挙がるのは、現在の最新版であるWindows Server 2012 R2だ。仮想化テクノロジーのHyper-Vは、このバージョンで利用できる機能である。移行期およびその後の運用における活用方法を解説する。

[田中 隆三郎,日本マイクロソフト]

Windows Server 2003

 一般的に、「Windows Server 2003」を動作させる環境は、1つの物理サーバ上で1つのOSを動作させる環境になる。前回の記事「Microsoftの仮想化の歴史から振り返る、Hyper-V誕生のストーリー」で述べた通り、Windows Server 2003がリリースされた当初は、サーバ仮想化のテクノロジーがまだ普及していなかった。だが、現在のWindows ServerにはHyper-Vの機能が標準搭載されている。この機能は、Windows Server 2003を移行する際にも役立てることができる。なお、本連載は、Windows Server 2003を使用し、仮想化を進めていないユーザーを想定読者としている。

Hyper-Vの仕組みをおさらい

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...