2014年03月27日 08時00分 公開
特集/連載

捨てるのはもったいない? XP移行後に残ったPCの再利用を考えるWindows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第6回】

Windows XPのサポート終了に伴いクライアント環境を刷新したものの、不要となったPCが残ってしまったというケースがあるでしょう。ハードウェア的にはまだ問題なく動くとしたら、再利用する方法はないものでしょうか。

[山市 良]

 2014年4月9日(日本時間)にサポート終了を迎える「Windows XP」。多くの企業では、同OSが主流だった当時に大量導入し、さまざまな理由(突き詰めればコストの問題)から延命してきたかもしれません。しかし、もはや限界です。サポート終了後もWindows XPマシンを使い続ければ、セキュリティ問題が発生したときの影響範囲が自社だけでなく、取引先を含む社外にも及ぶ恐れがあります。

OS移行後のPCに再利用の可能性はないのか

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...