Windows XP移行のもう1つの落とし穴「日本語問題」を読み解くWindows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第5回】

Windows XPからの移行を阻む障害はアプリケーションの互換性だけではありません。Windows Vista時代に実施された日本語対応の大きな変更が、今になって初めて顕在化する可能性があるのです。

2014年03月13日 08時00分 公開
[山市 良]

サポート期限切れ後の延命は考えるべきじゃない

 費用の問題を別にすれば、オペレーティングシステム(OS)の移行を難しくする最大の要素は、アプリケーションの互換性問題でしょう。従来の環境では可能だったことが、OSの移行とともにできなくなれば、業務に支障をきたしかねません。

 基幹業務システムが新しい環境で正常に動作しなければ、プログラムの変更が必要になります。ただし、プログラムの修正作業に多大な労力や費用が掛かったとしても、実現することは以前と何も変わりません。既存システムの改修を図るよりも、これを機にシステムを大幅に刷新する道を探るべきでしょう。例えば、パッケージ製品で意外と簡単に対応できるケースもあります。クラウドを利用すれば、安価かつ短期間で対処可能かもしれません。

 繰り返しになりますが、「Windows XP」と同時に、同OS標準の「Internet Explorer 6」(以下、IE 6)および「Microsoft Office 2003」(以下、Office 2003)のサポートも、2014年4月9日(日本時間)をもって終了します。Office 2003やIE 6、古いバージョンの「Java Runtime Environment」(JRE)に依存したアドインを利用しているという理由で、新しいOSに移行できなかったユーザーも、もう時間切れです。サポート期限が切れた後もシステムを“延命”するという考えは捨てるべきです。

 どうしても既存の環境を手放せない場合は、前回(絶対に捨てられない「Windows XP」システムをそれでも温存するには?)説明したように、仮想環境で完全に隔離して、“塩漬け”にする方法以外に策はないでしょう。セキュリティ攻撃の踏み台にされないよう、ネットワークもメディアも完全に隔離することが重要です。

OS移行で日本語が思わぬ落とし穴に?

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。