2022年05月29日 10時30分 公開
特集/連載

Windows信奉者が理解に苦しむ“Linux多過ぎ”問題Windowsしか知らなかった人のための「Linux」入門【第1回】

「Linux」に関する知識が十分にないまま「Windows」からLinuxへの乗り換えを進めると、想定外の課題に直面することがある。Windowsしか使ったことがない人が、Linuxを使用する前に知っておくべきことを整理する。

[Damon Garn,TechTarget]

関連キーワード

Linux | Windows


 OSを「Windows」から「Linux」に移行するには、ある程度の覚悟が必要だ。それでも移行によって選択肢やチャンスが広がることがある。スムーズな移行のためには、移行前に適切なドキュメントを参照し、詳細な計画を立て、新しいスキルを習得することが不可欠だ。

 WindowsからLinuxへの移行そのものは難しくない。ただし移行後に想定外の課題に直面しないためには、移行前にLinuxとWindowsの違いを理解する必要がある。これまでWindowsしか使ってこなかった人が、Linuxへの移行を検討する際に知っておきたい、両者の主要な違い8つを整理しよう。

1.「Linux」は実は1つではない

 Microsoftのみが開発・提供するWindowsとは異なり、Linuxのディストリビューション(配布用パッケージ)を提供するベンダーは1社ではない。Linuxのソースコードはオープンソースであり、さまざまなベンダーが独自のディストリビューションを開発・提供している。

 Linuxには、目的別にさまざまなディストリビューションがある。企業の本番サーバ向けディストリビューションもあれば、クリエイターや開発者、コンシューマー向けのディストリビューションもある。特定の用途に向けた標準アプリケーションのラインアップが、ディストリビューションを互いに区別している。

 Windowsとの重要な違いが、もう一つある。それはLinuxコミュニティーの存在だ。Linuxをはじめとするオープンソースソフトウェア(OSS)の開発は、世界中のコントリビューター(貢献者)によるコラボレーションに依存している。Linuxのコミュニティーは世界中の組織にまたがっている。コントリビューターの使用言語や貢献目的はさまざまだ。


 第2回以降は、残る7つの違いを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...