仮想デスクトップ“なぜか遅い”の原因が「ストレージ」にある理由はこれだ「Azure Virtual Desktop」(AVD)のストレージ構築のポイント【第2回】

MicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop」の仮想デスクトップを快適に利用するには、適切なストレージを選ぶことが重要だという。それはなぜなのか。

2023年03月24日 05時00分 公開
[Katie FentonTechTarget]

 仮想デスクトップの管理や利用をスムーズにするには、ストレージの適切な設定が欠かせない。MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)である「Azure Virtual Desktop」(AVD)を使って仮想デスクトップを配信するときのストレージ設計のポイントを、DaaSをはじめとするクライアントコンピューティングの専門家、ライアン・マンガン氏に聞く。マンガン氏は著書『Mastering Azure Virtual Desktop』で、AVDの管理方法を解説している。

なぜAzure Virtual Desktopでは「ストレージ」が重要なのか

―― AVDの運用において、なぜストレージ管理が重要な役割を果たすのでしょうか。

マンガン氏 ストレージは、昔から今に至るまで、あらゆるITシステムの重要な役割を担ってきた。ストレージの「パフォーマンス」は、それ自体がITシステムを快適に利用できるようにするための指標になる。

 ストレージのパフォーマンスは、ストレージのデータ転送速度と、ストレージの容量という2つの構成要素に分けることができる。ストレージのパフォーマンスが十分ではない場合、ITシステムそのものの動作が遅くなり、ユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)が低下する。そのためエンドユーザーはストレスを感じる。

 十分なストレージの容量がなければ、エンドユーザーはファイルを保存できなくなる可能性がある。AVDの場合、仮想デスクトップの実行には複数の種類のストレージを利用する。具体的には、AVDのユーザープロファイル(エンドユーザーのデータや設定)を格納するストレージや、仮想デスクトップで実行するアプリケーションのためのストレージなどが挙げられる。


 次回は、AVDのファイルストレージとして、Microsoftの「Azure Files」と「Azure NetApp Files」のどちらを選ぶべきかについて、マンガン氏が語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...