クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【前編】
クラウドストレージ“最大”のリスクは「設定ミス」 対処法は?
クラウドストレージを安全に利用するには、まずはクラウドストレージに関するさまざまなリスクを知ることが不可欠だ。重要なリスクである「設定ミス」と、その対処法を確認する。(2022/6/3)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【中編】
クラウドストレージは「解約後」こそ危ない その理由と対処法
クラウドストレージの安全な利用には、契約中だけではなく、解約後のデータの扱いに注意することが不可欠だ。具体的に何をすればいいのか。セキュリティを高めるためのチップスを集めた。(2022/6/17)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【後編】
エンジニアの“コミュ力”不足が「クラウドストレージ」を危険にさらす?
クラウドストレージの安全な利用に取り組む際は、セキュリティ管理とコンプライアンスの2つを無視してはいけない。具体的にどうすればいいのか。(2022/7/1)

サービスとしてのストレージ「STaaS」【後編】
クラウドストレージと「オンプレミス型STaaS」の決定的な違いとは?
クラウドストレージの課題はオンプレミス型の「STaaS」(Storage as a Service)で解消できる可能性がある。クラウドストレージとオンプレミス型STaaSの違いを解説する。(2020/12/8)

TechTarget発 世界のITニュース
Questが「QoreStor」新版、バックアップへのクラウドストレージ活用をより容易に
「QoreStor」の新版は、バックアップ先としてクラウドストレージを活用しやすくするための新機能を備える。クラウドストレージがより多用されるようになるという、開発元のQuest Softwareの読みを反映させた形だ。(2020/12/1)

企業に迫る大容量データの保管問題【後編】
「テープ」と「クラウドストレージ」の一長一短 動画に使えるストレージは?
大容量の動画データを保管する場合、コストや管理方法など幾つかのポイントを軸にして検討するとよい。テープに対して、クラウドストレージにはどのようなメリットがあり、何に注意すべきなのか。(2022/4/11)

クラウドの4大設定ミスとその防止方法【中編】
機密データを全世界に公開しないための「クラウドストレージ」「クラウドネットワーク」設定ミスの防ぎ方
クラウドストレージやクラウドネットワークの設定ミスが原因となり、機密データを誤って外部に公開してしまうことがある。こうした事故を防ぐために、設定ミスを防止する方法を説明する。(2022/4/5)

コストとパフォーマンスを最適化
AWS、Azure、GCPの「クラウドストレージ」を比較する3つのポイント
パブリッククラウドのコストとパフォーマンスを最適化する上で重要な要素が、クラウドストレージの選択だ。IT管理者ならば適切なクラウドストレージの選び方を熟知しておく必要がある。そのためのヒントを紹介する。(2019/6/13)

クラウドでも重要性を増すファイルストレージ
専門家が予測 2018年の話題は「マルチクラウドストレージ」
専門家によると、企業向けクラウドストレージの2018年のトレンドには、マルチクラウドの利用、ハイブリッドクラウドストレージ、ファイルベースのクラウドストレージなどがあるという。(2018/3/23)

クラウドストレージ選びの基本
クラウドストレージサービス選びにとって重要な指標
クラウドストレージサービスの比較にストレージのスペックを単純に適用することはできない。クラウドならではの複雑性を理解し、重視するポイントを絞る必要がある。(2021/9/2)

クラウドストレージコスト削減法【後編】
クラウドストレージの無駄なコストを節約する勘所
クラウドストレージの何がコストを発生させているのかを確認しよう。契約内容を再チェックすると、必須ではない要素が存在する可能性がある。必要な機能でも、使い方を工夫することでコストを削減できる可能性がある。(2021/2/17)

「グリーンストレージ」の基礎【後編】
「クラウドストレージ」が“省電力ストレージ”の本命になれる理由
電力効率の高い「グリーンストレージ」を採用するなら「クラウドストレージ」の利用が有効な選択になる。その理由を整理した上で、ストレージ関連のコストを抑制するための基本的な考え方を紹介する。(2021/2/9)

環境に優しいストレージ運用法【前編】
「クラウドストレージを使えば電力使用量を減らせる」は大きな誤解だった?
「エコ」意識が高まり、エネルギー価格が高騰する中、環境に配慮したIT機器の運用は企業にとって喫緊の課題となっている。その代表例はストレージだ。どうすればストレージの電力使用量を抑えられるのか。(2022/3/17)

クラウドストレージコスト削減法【前編】
クラウドストレージの見落としがちな課金要素に注意
データ量がクラウドストレージの料金に最も影響するのは当然だが、他にも課金される要素が存在する。これを見逃すと請求書に仰天することになる。(2021/2/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウドストレージはエコ」は大きな誤解だった?
環境意識の高まりやエネルギー価格の高騰を背景に、環境に配慮した形でストレージを運用する動きが加速している。どう運用すればよいのか。具体的な方法を紹介する。(2022/4/21)

“専用”と“汎用”のクラウド比較【中編】
「クラウドストレージ」3大選定ポイント AWS、Azure、GCPかニッチクラウドか
「クラウドストレージ」を導入する際、大規模かつ汎用的な「ハイパースケールクラウド」と、小規模で特定の用途に適した「ニッチクラウド」のどちらを選択すべきか。選定のポイントを説明する。(2020/4/1)

中小企業のクラウドストレージ導入(後編)
中小企業向けクラウドストレージのセキュリティとコスト
クラウドストレージの導入に際して気になるのはセキュリティとコスト、さらにはデータ保護だ。中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。(2019/2/20)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【前編】
ユースケース別に見るAWS、Microsoft、Googleのクラウドストレージ
ファイル、ブロック、オブジェクトストレージそれぞれに対応したクラウドストレージサービスがあり、3大プロバイダー(AWS、Microsoft、Google)に限っても多岐にわたる。まずはユースケース別に整理しよう。(2020/7/27)

復権する「ストレージ階層化」【後編】
クラウドストレージも階層化する「HSM」(階層型ストレージ管理)とは何か?
安価に導入可能なクラウドストレージにストレージ階層化の仕組みを取り入れて、効率的にデータ利用するにはどうすればいいのだろうか。その手段となり得るのが「HSM」(階層型ストレージ管理)だ。(2019/9/19)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】
AWS、MS、Googleのクラウドストレージオプション総まとめ
クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。(2020/8/19)

Computer Weeklyリバイバル
クラウドストレージコスト削減法
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/1/2)

Computer Weekly日本語版
クラウドストレージコスト削減法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/8/23)

クラウド対テープ【後編】
クラウドストレージかテープかを決める境界線
クラウドストレージにはメリットもあるが、デメリットもあるので必ずしもベストな選択肢とはならない。テープの方が優れている場合もある。どちらを選ぶべきか、その判断の目安を紹介する。(2019/12/24)

「Amazon S3」の利用料金を節約するための基本の「き」【前編】
Amazon S3を安く使う「ストレージクラス」の賢い使い分け方
AWSのクラウドストレージサービス「Amazon S3」は複数の種類のストレージクラスを提供している。これらを使い分けることで、利用料金の抑制を見込める。それぞれの特徴を説明する。(2022/1/14)

「仮想化」がキーワード
いまさら聞けない「クラウドストレージ」と「仮想ストレージ」
クラウドストレージは必ずしもパブリッククラウドを意味するわけではない。仮想化や仮想データストレージも仮想サーバや仮想デスクトップに関係するとは限らない。これらが実際は何を意味するのかを解説する。(2019/1/31)

ストレージ管理のコストを最適化:
オンプレからクラウドに移行できない膨大な「企業秘密のデータ」をどう管理する
企業が扱うデータは増え続けており、ストレージの容量やデータの管理に悩む企業も多いだろう。クラウドストレージなど簡単にストレージ容量を増やす手段は幾つかあるが、データ管理の方法も考えないと思わぬコストが発生することがある。(2021/12/8)

2人のITチームが選んだデータ保管方法【後編】
料理系メディアが“2人ITチーム”で挑んだ2PBのストレージ導入 成功の裏側は
America's Test Kitchenは増大するデータを保管するために、2PBのストレージを導入した。ITチームが2人しかいない同社が、クラウドストレージAmazon S3も併用しながら構築したデータ保管の仕組みとは。(2021/12/9)

2019年までに半分以上のデータがクラウドへ
クラウドストレージ利用調査 企業の過半数がAWSを選ぶ理由は?
企業がクラウドストレージ導入に踏み切る主な理由は、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、コラボレーション用のストレージ容量の確保だ。(2018/2/7)

Computer Weekly日本語版
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/12/16)

中小企業のクラウドストレージ導入(前編)
中小企業が考慮すべきクラウドストレージの要件
中小企業にとってもクラウドストレージが現実的な選択肢になってきた。まずは中小企業にとってのストレージ要件を整理しよう。(2019/1/25)

評判と価格だけで選んではいけない
AWS、Google クラウドストレージサービスの特徴は?
ストレージとバックアップのクラウドサービスは評判だけで選んではいけない。本記事では、大手クラウドストレージベンダーが提供する機能のうち比較すべき機能について考察する。(2018/11/7)

Storjがオブジェクトストレージ化
分散クラウドストレージサービス「Storj」がAmazon S3互換サービスを開始
ユーザーのストレージを利用して利用料を還元するクラウドサービスのStorjが、Amazon S3互換オブジェクトストレージサービスTardigradeを開始。QNAP製品をTardigrade化するアプリもリリースした。(2020/7/2)

クラウドビッグ3のファイルストレージ
クラウドファイルストレージの5つのメリット
かつてクラウドストレージといえばオブジェクトストレージだったが、クラウド大手3社はファイルストレージも提供するようになった。クラウドのファイルストレージのメリットとは何か。(2021/3/11)

クラウドは「安い」とは限らない
ひかりTVが「クラウドストレージ」をやめて「オンプレミス」に回帰した理由
映像配信サービス「ひかりTV」を運営するNTTぷららは「Azure Blob Storage」のデータをオンプレミスに移行した。大量のデータをクラウドではなくオンプレミスに置くことを選んだ理由は何だったのか。(2019/12/26)

「OPEX」での導入に合理性
ストレージの「サブスクリプション」「従量課金」がオンプレミスでも広がる理由
クラウドストレージの魅力の一つは、従量課金型の継続課金で導入できることだ。この料金体系は、いまやオンプレミス製品でも当たり前の選択肢になりつつある。(2020/9/18)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
AWSやAzure採用のマルチクラウド環境に、ストレージの悩みに効く特効薬とは?
マルチクラウド環境ではデータ運用がネックになりがちだ。どのクラウドストレージを利用するにせよロックインの懸念は残り、データの転送コストもかさんでしまう。多くの企業が利用するAWS/Azure環境では、どんな解決策があるのだろうか。(2021/8/2)

DASからクラウドへ
Nasuni導入で「数十万ドル」のストレージコスト削減
多数の拠点を擁するAPi Groupは、ストレージコストの増大に悩まされてきた。DASからWAFS、そしてNasuniのクラウドストレージに至る同社の事例を通してストレージコスト削減のヒントを探る。(2020/9/23)

Windows 10搭載PCで誤って削除したファイルを復活
無料のPCデータ復元アプリ「Windows File Recovery」 クラウド時代に登場の謎
Microsoftの「Windows File Recovery」は、PCに保存したファイルを誤って削除した際に効果を発揮する。クラウドストレージ全盛の今、同社がWindows File Recoveryを提供する狙いとは。(2020/9/13)

他人のHDDにファイルを保存?
ブロックチェーンによる分散型クラウドストレージの可能性
ブロックチェーンをDropboxやGoogleドライブのようなクラウドストレージに応用するサービスがある。ブロックチェーンを使ったストレージサービスは普及するだろうか。(2018/1/26)

Kubernetesストレージの基礎【後編】
あらゆるストレージとデータソースをコンテナ化して統合する「Rook」の魅力
Rookは、各種ストレージハードウェアやクラウドストレージ、SQLおよびNoSQLデータベースをまとめてソフトウェア定義ストレージ化する。Kubernetesユーザー注目のソリューションの魅力と課題を紹介する。(2020/5/13)

似ているようで違う
AWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?
パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。(2017/4/3)

新興企業の勢いが止まらない
クラウドストレージベンダーWasabi Technologiesが6800万ドルを調達できた理由
新興企業のWasabi Technologiesは、わずかな期間で6800万ドルを調達し、ブランド認知度を高め、パブリッククラウドベンダーのビッグスリーに挑戦している。(2018/11/27)

バックアップから始めるクラウド本格活用
BCP/DRの切り札になる、クラウドストレージの賢い活用法
増加し続けるデータの保管先として注目を集めるクラウドストレージ。だが、クラウドストレージは本当に“使える”のか。関係者の声に耳を傾けてみよう。(2015/10/27)

余っているストレージ容量を共有
Storjによるクラウドストレージの「Uber化」は成功するのか
使っていないもの、余っているものを共有し、対価を得る。これをストレージに適用するとどうなるのか。Storjの挑戦は成功するのか。成功の条件とは何か。(2019/1/11)

企業が求める管理要件を満たす
クラウドストレージは情報ガバナンスと利便性を両立できるか
業務で安心して利用できるクラウドストレージとは何か。いまある環境を生かして、アクセス管理などのきめ細かな制御を実現するBoxは、具体的に他と何が違うかを解説する。(2017/3/14)

プライベート、パブリック、ローカルを統合
必要なのはどのタイプ? クラウドストレージアプライアンスの選び方
プライベート/パブリッククラウドとローカルの間に設置し、各種ストレージを統合するのがクラウドストレージアプライアンスだ。目的や用途に最適なアプライアンスを選ぶには、その機能を理解する必用がある。(2016/6/3)

いまさら聞けないハイブリッドクラウド【第4回】
クラウドストレージを賢く選ぶための、ハイブリッドクラウド利用ガイド
Amazon S3に代表されるクラウドストレージの特性とハイブリッド利用について解説する。オンプレミスやプライベートとうまく連係することで、データの保管や利用コストを最適化できる。(2015/4/23)

セキュリティ、コンプライアンスなどなど
自社で管理したい企業のためのプライベートクラウドストレージ入門
セキュリティ、法規制、コンプライアンスなどの理由からパブリッククラウドストレージを利用できない企業も多い。そんな企業はプライベートクラウドストレージを検討してみてはいかがだろうか。(2014/11/13)

Amazon S3再入門【前編】
いまさら聞けないAmazon S3&オブジェクトストレージ
クラウドストレージのデファクトスタンダードになりつつあるのが、Amazon S3だ。S3の特徴について、改めて復習してみよう。(2019/5/23)

容量「実質無限大」のフラッシュストレージも
エンタープライズのための新クラウドストレージ活用法
管理対象データが増えるとバックアップや保管データの扱いが課題になる。GDPR対策などを考えると保管データといえどもすぐアクセスしたい。この課題を解決する方法は?(2018/4/25)