「クラウドストレージはエコ」は大きな誤解だった?特選プレミアムコンテンツガイド

環境意識の高まりやエネルギー価格の高騰を背景に、環境に配慮した形でストレージを運用する動きが加速している。どう運用すればよいのか。具体的な方法を紹介する。

2022年04月21日 08時15分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 HDDやSSDといったストレージの動作には電力が必要だ。大量のデータを蓄積するために多数のストレージを導入すれば、消費する電力量も膨大になる。空調設備や物理的なセキュリティシステムを機能させるためにも電力が要る。

 目の届くところにストレージがないクラウドストレージの場合、ユーザーはストレージの運用に必要な電力量を意識しにくい。だからといってクラウドストレージの消費電力量が、オンプレミスのストレージよりも少ないとは限らない。

 電力使用の実態を探ると、クラウドストレージの利用には想像以上に電力が必要であることが分かってくる。使い方によっては、クラウドストレージよりもオンプレミスのストレージの方が、電力の使用を抑制できる可能性さえあるという。どういうことなのか。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:環境に優しいストレージ運用法

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...