HDDやSSDの限界を超えるストレージ「HDS」とは特選プレミアムコンテンツガイド

立体的にデータを書き込む「HDS」は、既存のストレージが抱える課題を解消する可能性がある。HDSのメリットと課題、実用化に向けた取り組みを説明する。

2022年04月07日 08時15分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Microsoftの試算によると、2024年までに全世界で毎年125Z(ゼタ)Bのデータが生まれる。膨大な量のデータを保存しつつ、ストレージのデータアクセス速度や耐久性を維持するには、「HDD」「SSD」など既存のストレージが抱える限界を打破する可能性がある。その有力な手段となり得るのが「ホログラフィックデータストレージ」(HDS)だ。Microsoftの研究プロジェクト「Project HSD」が実用化に向けた取り組みを進めている。

 HDSが持つ、既存のストレージ技術にはないメリットとは何か。実用化の可能性は。こうした疑問に答える。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...