HDDやSSDの限界を超えるストレージ「HDS」とは特選プレミアムコンテンツガイド

立体的にデータを書き込む「HDS」は、既存のストレージが抱える課題を解消する可能性がある。HDSのメリットと課題、実用化に向けた取り組みを説明する。

2022年04月07日 08時15分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Microsoftの試算によると、2024年までに全世界で毎年125Z(ゼタ)Bのデータが生まれる。膨大な量のデータを保存しつつ、ストレージのデータアクセス速度や耐久性を維持するには、「HDD」「SSD」など既存のストレージが抱える限界を打破する可能性がある。その有力な手段となり得るのが「ホログラフィックデータストレージ」(HDS)だ。Microsoftの研究プロジェクト「Project HSD」が実用化に向けた取り組みを進めている。

 HDSが持つ、既存のストレージ技術にはないメリットとは何か。実用化の可能性は。こうした疑問に答える。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...