過去記事一覧 (2019 年)

5 月

/tt/news/1905/24/news05.jpg
既存システムとの“相性”が鍵

「HCI」選定で必ず確認したい“6つの比較ポイント”

HCIは規模や目的に適した製品を選択すると導入効果を最大化できる。特徴や機能を評価する際の指標となる6つのポイントを紹介する。

/tt/news/1905/23/news03.jpg
Amazon S3再入門【前編】

いまさら聞けないAmazon S3&オブジェクトストレージ

クラウドストレージのデファクトスタンダードになりつつあるのが、Amazon S3だ。S3の特徴について、改めて復習してみよう。

/tt/news/1905/10/news04.jpg
ストレージの新旧交代劇【後編】

「40TBのHDD」も現実に? 大容量化の次世代技術「MAMR」「HAMR」とは

HDDは過去に幾つかのブレークスルーによって容量を飛躍的に増加させた。現在も技術進化の議論は続いており、今後も大容量化の流れは止まらないだろう。その方向性を探る。

/tt/news/1905/17/news05.jpg
コンテナ化の波に乗る

Google「Anthos」はAWS、Azureのハイブリッドクラウド支援製品と何が違うのか?

Googleは、ハイブリッドクラウドの運用を支援する製品として「Anthos」(旧「Cloud Services Platform」)を提供している。Anthosは、アプリケーションの最新化を目指す企業の間で広く利用される可能性がある。

/tt/news/1905/16/news03.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略【後編】

AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」戦略は何が違うのか?

ハイブリッドクラウド市場は今後、どのように動くのか。AWS、Microsoft、Googleの主要クラウドベンダー3社の戦略は。調査会社の話を基に整理する。

/tt/news/1905/15/news03.jpg
仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【後編】

仮想デスクトップ最適化ツール「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」の違い

仮想デスクトップの最適化ツールを使用すれば、OSが備える一部の機能やユーティリティーを無効にして、より効率的な仮想デスクトップを実現できる。

/tt/news/1904/22/news03.jpg
ストレージの新旧交代劇【前編】

HDDがストレージ市場から“消え去る”とは言い切れない、これだけの理由

SSDへの置き換えが徐々に進み、HDD全体の市場は縮小傾向にある。ただし、HDDが市場から消え去るわけではなく、新たな役割にシフトしている。HDDはこれからどう使われるのだろうか。

/tt/news/1905/07/news07.jpg
オンプレミスだけの自由さとは

「DaaS」ではなく「オンプレミスVDI」で仮想デスクトップを実現すべき4つの理由

VDIの主要な実現方法にはオンプレミス型とDaaS型の2種類がある。製品選択の自由など、オンプレミスでVDIを運用する場合の利点を紹介する。

4 月

/tt/news/1904/25/news02.jpg
サプライヤーの「言い訳」も封殺

やはり原因はVMwareだった――VirtualWisdom導入でボトルネックを特定

サイトパフォーマンスに課題を抱えていた企業がVirtualWisdomを導入。遅延の発生箇所を特定することが可能になり、解決に要する時間が減少した。

/tt/news/1904/25/news06.jpg
クラウドとの親和性も追い風に

「ブロックチェーンストレージ」とは何か? 5つの質問で基礎を知る

ブロックチェーンストレージに対する関心が高まっている。この新しい技術を検討するに当たり、よくある5つの疑問とそれに対する回答を紹介する。

/tt/news/1904/23/news05.jpg
仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【前編】

仮想デスクトップを低コストで快適にする「最適化」のすすめ

仮想デスクトップの最適化によって、企業はどのようなメリットが得られるのか。簡潔にまとめた。

/tt/news/1904/23/news04.jpg
似て非なる両者を比較

いまさら聞けない「フラッシュメモリ」と「DRAM/SRAM」の違いは?

「半導体メモリ」という言葉でひとくくりにされることもある「フラッシュメモリ」と「DRAM/SRAM」。だがこの2種類のメモリは全くの別物だ。両者の違いを整理する。

/tt/news/1904/22/news04.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略【前編】

AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」製品をざっくり理解する

主要クラウドベンダーであるAWS、Microsoft、Googleの3社がハイブリッドクラウド戦略を本格化させている。各社の製品と現状を紹介する。

/tt/news/1904/19/news05.jpg
汎用サーバに実装

仮想マシンでネットワーク機能を実現する「NFV」の3つの利点とは?

ネットワークデバイスの機能を汎用サーバで実現する「NFV」は、企業にどのような恩恵をもたらすのだろうか。主要な3つの利点を解説する。

/tt/news/1904/19/news04.jpg
「NVMeストレージ」の実力を最大限に引き出す【後編】

NVMeストレージの性能向上を阻む4つの課題、その解決策とは?

NVMeベースのストレージでは、ファイルシステムがボトルネックとなり得る。本稿ではそれを防ぐ方法について説明する。

/tt/news/1904/18/news03.jpg
クラウド戦略の根幹

「ハイブリッドクラウド」は「ハイブリッドIT」「マルチクラウド」とどう違うのか?

マルチクラウドとハイブリッドクラウドには明確な違いがある。両者の概念を理解した上で、クラウドをどのように採用するのが適切かを検討する必要がある。

/tt/news/1904/16/news01.jpg
ストレージ管理者はもういらない!?

重要度が低下してきたストレージ管理者が進むべき2つキャリア

ハイパーコンバージドインフラの進展は、ストレージ管理者の重要度を低下させた。ストレージ管理者が今後進むべき道は2つある。

/tt/news/1904/16/news06.jpg
「NVMeストレージ」の実力を最大限に引き出す【前編】

NVMeストレージの性能向上に「ファイルシステム」が重要な理由

ファイルシステムによっては、NVMeの高いパフォーマンスが発揮できないことがある。本稿ではその理由を明らかにする。

/tt/news/1904/05/news03.jpg
エッジ利用を視野

HDDも追加可能な低遅延のオールフラッシュ Western Digitalが国内発売

HDDやSSDを中心に事業展開してきたWestern Digitalが、フラッシュアレイやコンポーザブルインフラの国内販売を開始した。レイテンシを抑え、HDDを追加可能にしたオールフラッシュモデルなど2モデルを用意する。

/tt/news/1904/12/news04.jpg
ストレージのボトルネック問題を解消する

仮想デスクトップに快適さを求めるなら「HCI」でVDIを構築すべき理由

HCIでVDI環境を構築すると、さまざまなメリットがある。例えばリソースのスケーリングが容易にできる。VDI環境を構築する際は、ストレージの設計に注意する必要がある。

/tt/news/1904/10/news08.jpg
主要な機能を整理

「Windows Server 2019」にここまで盛り込まれていた「SDDC機能」の中身

Microsoftは「Windows Server 2019」に、「ソフトウェア定義データセンター」(SDDC)の構築に役立つ多様な機能を盛り込んだ。どのような機能があるのだろうか。

/tt/news/1904/05/news05.jpg
ネットワーク、ソフトウェアの観点も紹介

今のサーバを5年以上使い続けるには? 耐用年数を延ばす3つのテクニック

IT管理者はサーバのCPUやメインメモリ、ネットワークハードウェアをアップグレードすることで、サーバの円滑な運用を維持し、リソースを最大限に活用できる。

/tt/news/1904/04/news04.jpg
想定外に高くつく可能性も

VDIコストは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)で本当に削減できるのか?

VDI用としてHCI導入を検討している企業は、長期的なコストを算出して、本当にHCIが自社のVDIに適しているかどうかを検討する必要がある。

/tt/news/1904/04/news03.jpg
用途に応じて選ぶ

いまさら聞けない「RAID 6」「RAID 10」の違い 比較のポイントは?

RAID構成にはさまざまな選択肢がある。それぞれの微妙な違いを理解するのは難しい。広く利用されている「RAID 6」と「RAID 10」のどちらにも明確な長所と短所がある。

/tt/news/1904/09/news01.jpg
オンプレミスと共に生きる企業のインフラ

「さくらの専用サーバ」の実運用から読み取く オンプレミスサーバ運用の極意とは

さまざまなクラウドサービスが登場し、自社でサーバを持つ以外の選択肢が増えている。だがその中で、あえてサーバ管理を続ける覚悟をした企業に向けて、サーバ保守の効率化のポイントを解説する。

/tt/news/1904/02/news12.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「100TB SSD」「138億年保存可能」の衝撃 ストレージの未来は?

「長期保存が可能な、大容量で高速なデータアクセスができるストレージ」。ストレージ担当者が夢見るだろうこの要件を全てかなえるストレージはまだない。だが、その先駆けとなるストレージは既に登場している。

/tt/news/1904/02/news09.jpg
2021年にはシェアの半分を占めると予想

企業利用が浸透しつつあるNVMeフラッシュストレージ、今後の展開は?

ハイパースケールデータセンターはNVMeフラッシュの早期導入者(アーリーアダプター)だ。ベンダー各社も今後数年でフラッシュデバイスとNVMeファブリックの普及をさらに進める計画を立てている。

3 月

/tt/news/1903/29/news03.jpg
「AIフレンドリーなHCI環境を目指す」

AI処理に最適なHCIは? Dell、HPC、Ciscoなど代表的製品を比べる

リソースを大量に利用するAI(人工知能)のワークロード需要が高まっている。そのため、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)もそうした需要に対応するために進化している。

/tt/news/1903/28/news06.jpg
製品動向から技術動向まで

HCIのメリットを最大限に引き出す10のベストプラクティス

HCIのメリットを最大限に生かし、調達、導入、管理サイクルのさまざまな場面で活用できる10のベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/1903/28/news05.jpg
AIの新用途やコンポーザブルインフラなど

ストレージ業界、押さえておかないと疎外感を抱く6つの技術トレンド

2019年のストレージ技術トレンドは、安価で密度の高いフラッシュや、優れたパフォーマンスとデータ保護を実現するマルチクラウドデータ管理などが話題になるだろう。

/tt/news/1903/26/news07.jpg
「BitLocker」が状況を悪化させる

「自己暗号化SSD」の脆弱性を回避するにはどうすればいいのか?

オランダの研究者が、自己暗号化SSDに潜む脆弱性を発見した。脆弱性のあるSSDに保存したデータを保護するには、どうすればよいかのか、対策を紹介する。

/tt/news/1903/20/news07.jpg
核心的テクノロジーに注目

2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”

ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。

/tt/news/1903/19/news05.jpg
ケース別に分けて紹介

性能向上は「システムをデータに近づける」「データをシステムに近づける」のいずれか

優れたアプリケーションパフォーマンスに対する欲求は尽きない。遅延を減らすためには、データの方をシステムに近づけるか、システムの方をデータに近づけるか、どちらが適切なのだろう。

/tt/news/1903/18/news05.jpg
SSDで容量を増やす際の注意点

「QLC NANDフラッシュ」は一長一短 パフォーマンスと容量どっちを取る?

QLC NANDはストレージの大容量化と低コストを実現する。しかし一部の組織では、よりパフォーマンスが高い選択肢を必要とする場合がある。どのような場合にQLC NANDに移行するのが賢明なのだろうか。

/tt/news/1903/15/news08.jpg
「遅滞なく進むケースは皆無」という実態

マイグレーションでダウンタイムを抑えるために注意すべき点は?

データ、ソフトウェア、ハードウェアのマイグレーションでは、新しい環境の機能と設定をフル活用し、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑える必要がある。企業のマイグレーションの実態を見てみよう。

/tt/news/1903/14/news08.jpg
専門家はFCを選ぶ?

NVMe over Fibre Channel以外の選択肢は? NVMeファブリックの今後はどうなる

NVMe over Fabricsの行く末はどうなるだろう。RDMAが注目だが、ストレージの専門家は引き続きファイバーチャネルを選ぶだろう。

/tt/news/1903/12/news03.jpg
HCISとHCIは何が違うのか【第2回】

HCISとHCIを「システムの種類」と「情シスの気質」で比較する

HCIとHCISはどのように使い分ければいいのか。「システムの種類」と「情シスの気質」に注目し、企業の課題に沿った製品選定例を紹介する。

/tt/news/1903/11/news03.jpg
量子コンピュータの汎用化に一歩前進

商用量子コンピュータ「IBM Q System One」登場

IBMが商用量子コンピュータを発表した。まだ誰でも使えるとは言えないが、量子コンピューティングの扉が開かれた意義は大きい。

/tt/news/1903/06/news10.jpg
従来手法の機能を補完する

バックアップとスナップショットは万能薬ではない データ喪失の悪夢を避けるには?

従来のバックアップ手法、あるいはスナップショット単独では、現在の企業が抱えるデータ保護と災害復旧(DR)のニーズは満たせない。両者を組み合わせる必要がある。

/tt/news/1903/05/news02.jpg
サーバ今昔物語【第2回】

「新しい技術が出るたび状況が良くなると信じた」 サーバはこれからどうなる?

サーバと共に社会人生活を過ごした著者が語るIAサーバ進化の歴史。未来のサーバはどうなっているのだろうか。

/tt/news/1903/05/news06.jpg
AIとIoTでの活用が進む

データレイクを「沼地」にしないために 2019年ストレージ技術予測

専門家によると2019年は、ビッグデータ分析、AI(人工知能)、機械学習、IoT(モノのインターネット)のための「ストレージアーキテクチャの見直し」が重要になるという。

/tt/news/1903/01/news09.jpg
Linuxの例を紹介

Dockerのセキュアなホスト環境を構築するためには?

コンテナ分野の最先端技術において、セキュリティの基本的なベストプラクティスは見逃せない。ワークロードを保護し、攻撃の対象となる領域を最小限に抑えられる。

2 月

/tt/news/1902/28/news03.jpg
備えあれば憂いなし

サーバのトラブルシューティングを極める6つのポイント

範囲特定、状況把握、文書化、コミュニケーション、監視とログの確認、サポート依頼。このガイドラインに従えば、サーバに発生した障害のトラブルシューティングを迅速かつ簡単に実行できる。

/tt/news/1902/26/news08.jpg
ラック、ブレード、メインフレームにも留意

「サーバは8つの機能で比較すべし」 有識者が語る、その真意とは

サーバハードウェアを購入する場合、プロセッサ数、メモリ容量、ストレージ容量など検討する要素はたくさんある。主要ベンダーが提供するサーバを比較する際は、8つの重要な機能を綿密に評価すべきだ。

/tt/news/1902/25/news03.jpg
今後に備えるために

2019年に磨くべき5つのデータセンタースキル

データセンターにおけるソフトウェアの比重が高まる中、管理者はクラウドやコンテナ、DevOps、人工知能(AI)について学び、今後に備える必要がある。

/tt/news/1902/23/news01.jpg
「eUFS 2.1」で1TBストレージが可能に

「1TBスマホ」がついに登場 Samsung「Galaxy S10+」で実現

モバイルデバイスで1TBストレージを可能にするSamsung Electronicsの「eUFS 2.1」は、IT管理者にとって1TB分の悩みの種になる。

/tt/news/1902/22/news03.jpg
チップレベルのセキュリティ対策

Spectre&Meltdown騒動から1年、今Intelは何をしているのか

プロセッサの脆弱性が判明してから1年が経過した。Intelは今、どのような取り組みをしているのだろうか。

/tt/news/1902/21/news04.jpg
両者に求められる性能の違いとは

いまさら聞けない、セカンダリーストレージとプライマリーストレージのすみ分け

ワークロードを階層化して、堅牢なデータ保護を確立するなら、プライマリーストレージとセカンダリーストレージを用意するのがベストだろう。だが、この2つにはどのような役割を割り振ればよいだろうか。

/tt/news/1902/20/news05.jpg
既存のFC SANでも利用可能

NVMeの最新標準「NVMe over Fibre Channel」とは何か?

「FC-NVMe」とも呼ばれる新しい標準が公開された。ファイバーチャネルSANによるパフォーマンスの遅れをこの標準がどの程度軽減するかは、これから数カ月の動向を見守る価値があるだろう。

/tt/news/1902/20/news01.jpg
中小企業のクラウドストレージ導入(後編)

中小企業向けクラウドストレージのセキュリティとコスト

クラウドストレージの導入に際して気になるのはセキュリティとコスト、さらにはデータ保護だ。中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。

/tt/news/1902/19/news01.jpg
次世代CPU技術解説

サーバ向けCPU市場を制するのはIntel Cascade LakeかAMD Romeか

2019年もIntelとAMDの覇権争いが過熱しそうだ。両社の次世代製品はどのような仕様なのか。どのような市場を狙っているのか。大きく異なるその設計思想を解説する。

/tt/news/1902/19/news05.jpg
数十年使われ続ける理由

「テープ」がデータ爆発時代のバックアップに役立つのはなぜか

自社のデータ保管、保護に四苦八苦していないだろうか。データ量が増え続ける今、磁気テープストレージが賢明かつコスト効率の高い手段になる可能性がある。

/tt/news/1902/14/news07.jpg
IT優先度調査で判明

2019年、ストレージ投資の優先度はクラウドとデータ管理 HCIはピーク越え?

IT担当者向けに実施した調査で、ストレージ分野ではオンプレミスとクラウドの両環境においてデータ管理の重要性が急浮上していることが分かった。一方でフラッシュアレイとコンバージドインフラのニーズはピークを過ぎたようだ。

/tt/news/1902/13/news04.jpg
ブレード、ラック、メインフレームなど

主要ベンダー14社のサーバ製品比較総まとめ

本稿では、利用可能なブレードサーバ、ラックサーバ、メインフレームコンピュータの全体像を詳しく示し、主要ベンダーについて紹介する。

/tt/news/1902/08/news10.jpg
苦難を反面教師に

2018年の事件から学ぶ、災害復旧チームの三大共通課題

2018年は、災害復旧(DR)チームにとって良くも悪くも重要な年になった。ランサムウェアの流行、GDPRへのコンプライアンス、クラウドなど、災害復旧に大きな課題が生まれた。

/tt/news/1902/08/news12.jpg
ビッグデータ処理や機械学習、顔認識アプリケーションにも導入可能

グラフィックス処理だけではない GPUのコンピュータにおける役割とは?

グラフィックスを処理するために開発されたGPUだが、活躍の場はもはやゲーム業界だけではない。本稿ではGPUの能力が仮想化やデータセンターといった分野での利用に適している理由と、使用する際の注意点を解説する。

/tt/news/1902/07/news01.jpg
まだストレージクラスメモリ普及前夜

SCM搭載ストレージの市場投入で見えてきた革新の可能性

HPEとDell EMCによるSCM搭載ストレージの市場投入によって、ストレージアーキテクチャが新たな段階に突入する。

/tt/news/1902/06/news01.jpg
イメージほど高価ではない

x86やクラウドよりもLinuxメインフレームを選ぶべき理由

時代遅れで高価で管理が難しいというイメージが定着しているメインフレームの価値を問い直す。大規模かつミッションクリティカルなシステムを運用するなら、コスト効率の高い選択肢の一つとなる。

/tt/news/1902/05/news05.jpg
企業のストレージ導入に関する調査レポート

企業のストレージ事情 やはり気になるのは「ファイルサーバ」と「バックアップ」

企業は自社のストレージの状態をどう分析しているか。投資や課題認識はどうなのか。TechTargetジャパン会員を対象にした調査の結果から、企業のストレージ環境の実態を探る。

/tt/news/1902/05/news07.jpg
HCIやオープンコンバージェンスなど

企業内で検討すべき さまざまな「NVMeアプローチ」6選

NVMeはストレージの速度を上げ、サーバの接続性を根底から変えるだろう。そのとき企業は、どのようにNVMeと向き合えばいいのだろうか。

1 月

/tt/news/1901/31/news11.jpg
「仮想化」がキーワード

いまさら聞けない「クラウドストレージ」と「仮想ストレージ」

クラウドストレージは必ずしもパブリッククラウドを意味するわけではない。仮想化や仮想データストレージも仮想サーバや仮想デスクトップに関係するとは限らない。これらが実際は何を意味するのかを解説する。

/tt/news/1901/31/news10.jpg
「AIOps」「チャットbot」「GPU」

2019年に注目すべきデータセンターの5大技術トレンド

データセンター管理者は2019年、管理業務やヘルプデスクなどのニーズに対応する手段として「AIOps」「チャットbot」「GPU」といった技術に目を向ける必要がある。

/tt/news/1901/29/news02.jpg
コンテナが仮想マシンの立場をなくす?

仮想マシンとコンテナの今後を考える それぞれの強みを生かした運用とは

DockerやKubernetesなど、コンテナ技術の進化に伴い、企業IT部門の仮想マシン(VM)の存在を脅かすエコシステムが台頭している。少なくとも、その重要性が脅かされているのは間違いない。

/tt/news/1901/28/news08.jpg
状況に応じた技術の選択が必要

HCIではなく、おなじみの従来型データセンターを選ぶべき場面とは

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)型よりも従来型のデータセンターを選択する方が賢明な場合もある。本稿では、HCIを避ける理由を幾つか考える。

/tt/news/1901/25/news04.jpg
中小企業のクラウドストレージ導入(前編)

中小企業が考慮すべきクラウドストレージの要件

中小企業にとってもクラウドストレージが現実的な選択肢になってきた。まずは中小企業にとってのストレージ要件を整理しよう。

/tt/news/1901/22/news03.jpg
目的と場面で使い分ける

仮想マシンとコンテナ 何が違い、どう使い分けるべきか?

コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。

/tt/news/1901/22/news02.jpg
「LinuxとWindowsの違い」だけではない

いまさら聞けないファイルシステム 「NFS」と「CIFS/SMB」の違い

NFSとCIFS/SMBとはどのような違いがあるのだろう。NFSとCIFS/SMBをどのように使い分けるかを説明できるだろうか?

/tt/news/1901/21/news06.jpg
自社に適したハードウェアはどれか

サーバハードウェア比較 ラック、ブレード、メインフレーム、HCIの違いは?

本稿では、ラック、ブレード、メインフレーム、HCIといった各タイプのサーバの構造と、その長所と短所を解説する。どの種類のサーバが自社のデータセンターに適しているか、考えるヒントにしてほしい。

/tt/news/1901/18/news04.jpg
IT担当者が語る

アップストリームとマネージドのKubernetesを比較 それぞれの長所と短所は

ITベンダーはKubernetesのパッケージ化を急いでいるが、ライバルは他のベンダーではない。アップストリーム版や企業の独自コンテナオーケストレーションプロジェクトだ。

/tt/news/1901/17/news04.jpg
Partners HealthCareの導入事例を紹介

クラウド型STaaS「ClearSky Data」が研究機関のIT部門にもたらすメリット

Partners HealthCareは、セキュリティが確保され、医療規制に準拠した状態で、研究者がすぐに利用できるストレージとしてクラウド型STaaSを採用した。本稿はその選定理由について説明する。

/tt/news/1901/11/news05.jpg
余っているストレージ容量を共有

Storjによるクラウドストレージの「Uber化」は成功するのか

使っていないもの、余っているものを共有し、対価を得る。これをストレージに適用するとどうなるのか。Storjの挑戦は成功するのか。成功の条件とは何か。

/tt/news/1901/10/news06.jpg
Microsoft製以外にも広がる選択肢

リモートサーバ管理ツールを比較 本当に役立つ製品は?

リモートサーバの監視と保守に最適なツールは、IT環境や予算によって異なる。本稿ではMicrosoftの提供サービスからサードパーティー製ソフトウェアまで、便利なリモートサーバ管理ツールを紹介する。

/tt/news/1901/09/news05.jpg
更新プログラムやEdgeの動きをどう捉える

「Windows 10」と「Microsoft Edge」、2018年の陰と陽

2018年は良くも悪くも「Windows 10」の話題が目立った。Microsoftは機能更新プログラムの不具合の対処に追われる一方、ブラウザ「Microsoft Edge」に関する歓迎すべき計画を発表した。

/tt/news/1901/09/news03.jpg
NVMeを生かすための仕組みが重要

初めてNVMeストレージを選ぶときに気を付けたい4つのポイント

パフォーマンスを向上させ、つの自社のニーズを満たし、予算にも見合うNVMeアレイを選ぶにはどのような知識が必要になるだろう。

/tt/news/1901/08/news04.jpg
どちらもコンピュータの記憶領域

メモリとストレージは何が違うのか?

メモリとストレージがそれぞれコンピュータに対して果たす役割は似ているが、両者は別物だ。その違いは、コンピュータの電源が切れた時に、それぞれの保存データがそのまま保持されるかどうかにある。