過去記事一覧 (2022 年)

7 月

/tt/news/2207/07/news04.jpg
HDDの存在意義が危機【後編】

「HDDは終わりだ」と言うベンダーの主張 HDDは“あれ”でSSDに完敗?

ストレージベンダーのVast Data は、容量30TBのSSDを同社製ストレージシステムに搭載した。単にデータ保存量を増加させるだけではなく、ある点でもメリットが得られることが分かったという。それは何なのか。

/tt/news/2207/06/news02.jpg
不要なアップグレードに喝

今こそハードウェアの延命が必要

サステナビリティーが求められる時代にあって、ハードウェアのアップグレードの意義を問い直す必要がある。そのアップグレードは本当に必要なのか。

/tt/news/2207/05/news03.jpg
よみがえったテープ人気は続くのか【後編】

「テープ」のお祭り騒ぎに“冷や水” LTOの容量増加は無意味なのか?

2021年に発売した「LTO-9」の製品によってテープ市場は息を吹き返した。「LTO-10」以降でもテープの容量増加は続く見通しだ。今後もテープの需要は高まり続けるのか。

/tt/news/2207/04/news04.jpg
分散するデータを価値に変える

BMWの「データ管理」術とは? EVの走行データで新車投入をスピードアップ

BMWグループは全世界の拠点において一貫性のあるデータ管理を目指す。その一環で、同社はデータ管理とデータ分析の新たな仕組みを導入した。その具体的な内容とは。

/tt/news/2207/01/news10.jpg
HDDの存在意義が危機【前編】

HDDに“終わり”を宣告する「QLC」の衝撃

容量30TBのSSDがストレージ市場に衝撃を与えている。HDDの存在意義がなくなってしまう可能性があるからだ。ただしこれは序章にすぎない。これからストレージ市場はどうなるのか。

/tt/news/2207/01/news08.jpg
「プレミアムコンテンツ」の読み解き方

「環境に優しいデータセンター」は結局何がすごいのか? 国内の実態から探る

世界のIT動向をまとめた「プレミアムコンテンツ」の読み解き方を解説する本連載。今回は「『環境に優しいデータセンター』はこうして作る」を取り上げる。

6 月

/tt/news/2206/29/news11.jpg
アワードで紹介する“注目のデータ保護”【第1回】

ランサムウェア対策にも使える「データ保護製品」ベンダーの“3強”はこれだ

ランサムウェアなどの脅威に対して、企業はどのようなデータ保護の対策を講じるべきなのか。米TechTargetの製品アワードで上位にランクインした製品を基に、市場のトレンドや注目の機能を紹介する。

/tt/news/2206/27/news06.jpg
よみがえったテープ人気は続くのか【中編】

「テープ」の出荷本数が増える異常事態 “ありえない”が起きた理由とは?

LTOのテープは新世代が出るたびに容量が大幅に増加している。これがテープの出荷容量の増加にもつながっている。2021年は予測に反して出荷数も増加に転じた。それはなぜなのか。

/tt/news/2206/24/news10.jpg
スマートNICによるプロセッサの負荷分散【第1回】

「スマートNIC」入門 CPUに代わる「DPU」「IPU」で理解する

プロセッサ分野ではCPUからGPUへの分業が進むだけではなく、プロセッサを搭載する「スマートNIC」の活用が進む兆しが見えている。CPU代替のプロセッサが台頭する理由や、スマートNICの理解に不可欠なポイントは。

/tt/news/2206/23/news13.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「CPU」と「GPU」は結局何が違うのか

「CPU」ではなく「GPU」を使った方がよい用途とは何か。用途に合ったGPUを選ぶためのポイントとは。NVIDIAとAMDの主要製品の違いなど、GPU選定を成功させるための勘所を整理する。

/tt/news/2206/23/news01.jpg
専門家が語る「HDDの運命」【第6回】

「HDDはなくなる」は本当か? IDCの答えは

特定分野でSSDへの移行が進んでいるものの、HDDがすぐになくなることはない。生き残るための条件も含め、ストレージ業界の専門家がHDDの運命を占う。

/tt/news/2206/21/news13.jpg
よみがえったテープ人気は続くのか【前編】

「テープ」は死んでいなかった 突然息を吹き返した“謎”の事態

2020年に出荷容量が落ち込んでいた「LTO」のテープは、2021年に大きな盛り上がりを見せた。その背景には、企業が無関心ではいられない“ある事情”があった。

/tt/news/2206/21/news06.jpg
データ増大とCO2排出の対策【後編】

ストレージにたまる無駄データと、管理者を悩ませる「データ所有者」問題

企業のストレージには、重要なデータから必要性の疑わしいデータまで、さまざまなデータが混在しがちだ。データ量が増えるにつれてデータを保管し続けることの負担は増大する。どうすればいいのか。

/tt/news/2206/20/news02.jpg
データセンターの「ネットゼロエミッション」を実現するには【後編】

温室効果ガス排出量実質ゼロ「ネットゼロエミッション」の実現に役立つITとは?

データセンターのネットゼロエミッションを実現する手段として、環境に配慮した形で設計・運営するためのITがそろいつつある。企業はどのようなITを生かしているのか。

/tt/news/2206/16/news03.jpg
プロセッサベンダーが競う次の分野【後編】

もはや限界のCPUに代わる「DPU」「スマートNIC」とは何か?

IntelやNVIDIAに続き、AMDが「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入することになった。各社の狙いはどこにあるのか。プロセッサは今後、どう変わろうとしているのか。

/tt/news/2206/16/news02.jpg
専門家が語る「HDDの運命」【第5回】

「SSDよりも安い」というHDDの強みは「QLC」でなくなる?

SSDはHDDと比べて優れている点が幾つかあるが、コストパフォーマンスではまだHDDの方が優位だ。「手ごろだから選ばれる」HDDは、その強みをいつまで維持できるのか。

/tt/news/2206/15/news03.jpg
なぜNVMeストレージが台頭したのか【後編】

SSDとNVMe、仮想化が出会ってストレージは変わった

NVMeなどのストレージ技術の台頭、仮想化の普及といった流れの中で、ストレージに求められるものも変わってきた。技術動向を扱った書籍を基に、注目点を抜粋して紹介する。

/tt/news/2206/14/news08.jpg
データ増大とCO2排出の対策【前編】

「使わないけど消せないデータ」を保存する“あのストレージ”とは?

保有データ量が増大する問題は、コストの面でもCO2排出の面でも企業を悩ませる可能性がある。今後、ストレージのデータをどう保管すればいいのか。まず考えた方がよいのは「使わないデータ」の扱い方だ。

/tt/news/2206/14/news03.jpg
SSDの今後を一歩先読み【後編】

SSD利用者が知っておくべき“NVMe接続の本命”とは?

SSD分野は今後、PCIeの新世代への移行が進む見通しだ。矢継ぎ早にSSDの新製品を発表するキオクシアは、SSD分野の今後がどうなるとみているのか。

/tt/news/2206/10/news12.jpg
プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】

CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?

AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。

/tt/news/2206/09/news09.jpg
データセンターの「ネットゼロエミッション」を実現するには【前編】

知らないと恥ずかしい環境用語「ネットゼロエミッション」とは? 実現するには

サステナビリティを目指す企業の取り組みの中、データセンターの「ネットゼロエミッション」実現は重要な役割を果たす。そもそもネットゼロエミッションとは何なのか。具体的な対策は。

/tt/news/2206/09/news02.jpg
専門家が語る「HDDの運命」【第4回】

「2.5型HDD」が消えそうでなかなか消えない“あの理由”

2.5型HDDは市場が着実に縮小している一方、ユーザー企業の人気は根強い。そのジレンマにストレージベンダーはどう向き合っているのか。専門家の見解をまとめた。

/tt/news/2206/07/news08.jpg
なぜNVMeストレージが台頭したのか【前編】

「SCSI」が衰退し「NVMe」「NVMe-oF」がストレージの主役に

ストレージのデータ転送速度やIOPSといったパフォーマンスを高めるために、企業は何に着目すべきなのか。ストレージインタフェースの違いやパフォーマンスを高めるためのポイントとは。

/tt/news/2206/06/news11.jpg
SSDの今後を一歩先読み【前編】

「SSD」のPCIe新世代とは何なのか? NVMeの外せない動き

NVMe接続のSSDは、これからどう変わるのか。キオクシアはPCIeの世代移行を見据えて新製品を発表した。アナリストやベンダーの見方は。

/tt/news/2206/02/news02.jpg
専門家が語る「HDDの運命」【第3回】

「HDDとSSDのどちらを買うか」が無意味な理由

HDDは長年、強力なライバルであるSSDと戦ってきたが、近年は“共存”を目指す動きが活発だ。主要ベンダーは技術の組み合わせの可能性をどうみて、何に取り組んでいるのか。

/tt/news/2206/01/news13.jpg
112層×SASで勝負するSSD【後編】

「SAS接続SSD」が使われ続ける理由とは? “容量30TB”で挑むキオクシアの見解

キオクシアは容量30TBのSAS接続のSSDを投入する。業界最大規模の容量を持つSSDを提供するに当たって、キオクシアは何にこだわったのか。SAS市場の今後と併せて考える。

5 月

/tt/news/2205/30/news03.jpg
GPUの用途と主要製品の違い【後編】

NVIDIAとAMD、“人気GPU”の違いとは? 何を見て選ぶべき?

GPUの主要ベンダーであるNVIDIAとAMD。GPU市場で主流になっている両社の製品にはどのような違いがあるのか。企業が検討すべきポイントは。

/tt/news/2205/27/news13.jpg
112層×SASで勝負するSSD【前編】

キオクシアが「SSD」の“レガシー接続”にこだわった納得の理由

「PCIe Gen4」や「PCIe Gen5」のインタフェースが使われる中、キオクシアは「SAS」の新世代を採用したSSDを投入する。SAS接続ならではの利点が見込めるという。

/tt/news/2205/27/news07.jpg
データセンターの省エネ対策【後編】

サーバを“狙い撃ち”で冷やす「局所冷却」「液浸冷却」とは? 冷却の新常識

データセンターの電力消費を抑制する上で欠かせないのがサーバ冷却の効率化だ。空気の通り道を整備すること、HPCなど高電力のサーバを集中的に冷却することなど、さまざまな手法がある。主要な手法を整理しよう。

/tt/news/2205/27/news15.jpg
BroadcomによるVMware買収 その影響は【前編】

“謎”の半導体企業「ブロードコム」とは? ヴイエムウェア買収合意で脚光

仮想化大手VMwareを買収するBroadcomは、「半導体企業」という説明に引きずられると実態を把握しにくい。大手ベンダーの買収を続けてきた、Broadcomの歴史を簡単に振り返る。

/tt/news/2205/26/news06.jpg
NEWS

PostgreSQL互換のクラウドDB「AlloyDB」発表 「Cloud Spanner」との違いは?

GoogleはPostgreSQL互換のクラウドデータベース「AlloyDB」を発表した。クラウドデータベース「Cloud Spanner」との違いは何か。どのような用途に最適なのか。

/tt/news/2205/26/news04.jpg
専門家が語る「HDDの運命」【第2回】

HDDがこれからも売れ続ける“これだけの根拠”

記録容量20TBのHDDが登場した。ユーザー企業の反応はどうなのか。HDDベンダーの幹部や調査会社のアナリストに、20TBのHDDの需要について聞いた。

/tt/news/2205/24/news02.jpg
いざというときの火災対策マニュアル【後編】

ガスなら人もサーバも生き残る? データセンター火災の“消火と復旧”

データセンター火災が発生した場合の消火手段としては、水とガスの2種類がある。それぞれ何が違うのか。火災からの復旧に備えて、消火手段の特性を知っておくことが欠かせない。

/tt/news/2205/23/news07.jpg
GPUの用途と主要製品の違い【前編】

「CPU」と「GPU」は結局何が違い、どう使えばいいのか?

コンピュータの計算処理を担うCPUとGPU。2つの役割を整理して、GPUが必要になるのはどのような場合なのか、GPUをどう使えばよいのかを紹介する。

/tt/news/2205/20/news12.jpg
データセンターの省エネ対策【前編】

「低PUEのデータセンター」は何がすごいのか? 軽視できないサーバ冷却

データセンターにおける電力の使用効率を示す「PUE」。これを向上させるにはサーバ冷却の効率化など対策が必要だ。優れたPUEを達成するデータセンターは、どのような手法を取り入れているのか。

/tt/news/2205/19/news10.jpg
専門家が語る「HDDの運命」【第1回】

“HDD不要論”をなくす「20TBのHDD」の衝撃

HDDは容量を増やし、SSDより低い容量単価を維持している。だが、SSDも着実に広まりつつある。HDDの役割はどうなるのか。業界関係者やアナリストに「HDDの運命」を聞いた。

/tt/news/2205/18/news04.jpg
Metaが手掛けるスパコン開発【第4回】

Meta(旧Facebook)が“メタバース王”になれる条件とは?

独自開発のスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)を武器に、メタバース市場で覇権を握ろうとするMeta Platforms。同社が市場で主導権を握るためには、何が必要なのか。

/tt/news/2205/18/news01.jpg
「量子コンピュータ」実用化へ【第4回】

「量子コンピュータ」で資金調達に成功している“勝ち組企業”とは?

比較的新しい市場である量子コンピュータ市場でベンダーが勝ち抜くには、資金力が重要だ。これまでのところ、ベンダーが順調に信金を調達できている分野があるという。それは何なのか。

/tt/news/2205/16/news01.jpg
CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第4回】

動画配信に欠かせない「CDN」が近年提供する意外な機能

企業がCDNを使う理由として、まずユーザー体験の向上を挙げることができる。機能が多様化する中、CDNのメリットはそれにとどまらなくなってきた。CDNについて他に何を知っておくべきなのか。

/tt/news/2205/13/news01.jpg
Micron 7450 SSDの見逃せないポイント

176層NANDでSSDの容量倍増、さらに速度と耐久性が向上した納得の理由

Micron 7450 SSD with NVMeは初の176層NANDで容量が大幅に向上した。だが、それよりも見逃せないのが大容量SSDでありながら速度と耐久性が高いことだ。それには理由がある。

/tt/news/2205/11/news01.jpg
「量子コンピュータ」実用化へ【第3回】

「量子コンピュータ」の普及が部品、材料市場を刺激する

量子コンピュータの飛躍的な進化を支えるのが、部品や材料だ。量子コンピュータ市場の動向はIT製品のベンダーだけでなく、部品・材料メーカーにも影響を及ぼす。

/tt/news/2205/10/news04.jpg
いざというときの火災対策マニュアル【中編】

サーバを水没させない――データセンター火災から機器を守る消火方法

火災を予防することが先決だが、それと同時に火災が発生した場合の備えも検討しておく必要がある。データセンターで火災が発生した場合の消火手段を紹介する。

/tt/news/2204/27/news03.jpg
ストレージの電力消費問題【後編】

容量増加のSSDと安いHDD、低電力のテープ――これからのストレージの選択肢

消費電力量の抑制はこれから企業が重視すべき取り組みの一つだ。SSDやHDD、テープといった各種ストレージについて消費電力を軸にして検討する場合、企業は何を知っておくべきなのか。

/tt/news/2205/09/news07.jpg
Metaが手掛けるスパコン開発【第3回】

Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」が直面する環境と倫理の大問題

Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、幾つかの問題を抱えていると専門家が指摘する。主な問題は「環境問題」と「倫理問題」だ。

/tt/news/2205/06/news03.jpg
雑誌付録のRaspberry Pi Picoも

写真で見るRaspberry Pi史:ジャンパー線まみれのプロトタイプ・ラズパイ公開

開発段階のプロトタイプラズパイ、雑誌に添付されたラズパイPico、国際宇宙ステーションで超小型衛星に組み込まれたラズパイなど、ラズパイ10年の歴史を写真で振り返る。

/tt/news/2205/02/news13.jpg
Metaが手掛けるスパコン開発【第2回】

Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」は何のハードを使っているのか?

Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、同社のこれまでのシステムとどう違うのか。どのようなハードウェアで構成されているのか。

/tt/news/2205/02/news01.jpg
CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第3回】

Webコンテンツを「CDN」がサクサク高速配信する仕組み

Webコンテンツの高速配信の役割を持つCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)は、エンドユーザーを重視する企業にとっての欠かせない存在だ。CDNは具体的にどのように機能して企業にメリットをもたらすのか。

4 月

/tt/news/2204/28/news14.jpg
プロセッサ2種の併用で高速化

「CPU」と「GPU」の得意なタスクの違い “やってはいけない”使い方は?

CPUに加えてGPUを併用する動きがある。GPUはグラフィックス処理用ではなく、CPUのタスクを肩代わりする役割として活用が進む。2つをどう使い分けるのが賢い選択なのか。

/tt/news/2204/20/news06.jpg
ストレージの電力消費問題【前編】

SSDとHDDを単純比較してはいけない理由 電力に敏感な企業のストレージ

多様なデータの利用が広がり、データセンターの電力消費は増大を続ける見通しだ。データ保管という重要な役割を担うストレージに関して、企業が考慮すべきこととは。

/tt/news/2204/27/news06.jpg
フランス公共放送系の「脱クラウド」【後編】

「脱クラウド」で公共放送子会社が実感した“あのメリット”とは?

システムの一部をクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻したFrance Televisions Publicite。脱クラウドが同社にもたらしたメリットとは何か。脱クラウドの先にある「システム改革」とは。

/tt/news/2204/27/news02.jpg
「どこからでもサービス提供」の視点【後編】

先が見えないからこそ考えるべき「インフラの条件」とは?

オンプレミスとクラウドサービスを含め、企業が利用可能なインフラは多岐にわたる。働き方が変わる中でも継続してサービス提供するために、IT部門はインフラにどのような要素を取り入れればよいのか。

/tt/news/2204/26/news12.jpg
いざというときの火災対策マニュアル【前編】

段ボールやプラスチックはNG? 「データセンター火災」を防ぐ基本行動

データセンターの火災は企業に甚大な損害をもたらす。最悪の事態を防ぐために、企業はどのような火災対策を取るべきなのか。

/tt/news/2204/22/news07.jpg
「量子コンピュータ」実用化へ【第2回】

「量子コンピュータ」市場で生き残るベンダーの条件とは?

量子コンピュータの実用化が進み、市場が活性化すると、ベンダー間の競争が激しくなる可能性がある。量子コンピュータ市場で生き残るのはどのようなベンダーなのか。

/tt/news/2204/22/news02.jpg
創業者が語るラズパイの誕生と現在

祝10周年! 創業者も予想できなかったRaspberry Pi活用例

Raspberry Piが10周年を迎えた。Raspberry Piの誕生から現在の誰も予想しなかった展開まで、Raspberry Piの歩みを創業者のコメントを交えて振り返る。

/tt/news/2204/22/news08.jpg
データセンター需要とグリーン化【後編】

太陽光や水素をエネルギー源にするデータセンターの立地はどうなるのか?

国内のデータセンターは東京や大阪の都市圏に集中する傾向にある。データセンターにおける再生可能エネルギー利用の動きがこれから広がる場合、立地にどう影響する可能性があるのか。

/tt/news/2204/22/news05.jpg
次世代自動車の鍵となる半導体【後編】

フェラーリが採用するクアルコムの半導体とは? 次世代カーに使われるSoC

半導体ベンダーQualcommが注力する分野の一つが自動車だ。Ferrariとの提携を発表した同社の半導体は、自動車においてどのような役割を果たすのか。

/tt/news/2204/21/news07.jpg
「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【後編】

「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とクラウド版IBM Zは何を実現するのか

「IBM Z and Cloud Modernization Stack」は、ユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。IBM Zのクラウドサービス「IBM Wazi as a Service」との組み合わせが実現することとは。

/tt/news/2204/21/news09.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「クラウドストレージはエコ」は大きな誤解だった?

環境意識の高まりやエネルギー価格の高騰を背景に、環境に配慮した形でストレージを運用する動きが加速している。どう運用すればよいのか。具体的な方法を紹介する。

/tt/news/2204/20/news11.jpg
フランス公共放送系の「脱クラウド」【前編】

「脱クラウド」に公共放送子会社が踏み切った“なるほどの理由”

広告事業のFrance Televisions Publiciteは、バックアップやアーカイブのシステムをクラウドサービスからオンプレミスのインフラに戻した。同社はクラウドサービスに「不便さ」を感じたという。それは何なのか。

/tt/news/2204/19/news02.jpg
CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第2回】

Web黎明期からあった「CDN」に企業が最近になって注目する理由

CDNは1990年代に登場して以来、Webの進化に合わせて変わってきた。Webコンテンツの多様化、クラウドサービスの拡大などが背景にある。CDNの変遷と最新機能を紹介する。

/tt/news/2204/08/news02.jpg
データセンター需要とグリーン化【中編】

再生可能エネルギー利用に動くデータセンター ユーザー企業にも選択肢

大規模データセンターを運営する事業者は、再生可能エネルギーの活用などグリーン化の取り組みを進めている。こうした動きは今後ますます強まる可能性がある。今後のデータセンターはどう変わるのか。

/tt/news/2204/18/news07.jpg
Metaが手掛けるスパコン開発【第1回】

Meta(旧Facebook)が“AIスパコン”を独自開発 その目的は?

Meta Platformsは、機械学習モデルをトレーニング可能なスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)の開発を進めている。専門家が考える、同社にRSCが不可欠な理由とは。

/tt/news/2204/15/news09.jpg
「量子コンピュータ」実用化へ【第1回】

「量子コンピュータ」の現状とは IBMとQuantinuumの製品から理解する

量子コンピュータの実用化に向けた取り組みが進んでいる。主要ベンダーであるIBMとQuantinuumが2021年に発表した関連製品や技術から、量子コンピュータの動向を探る。

/tt/news/2204/15/news07.jpg
次世代自動車の鍵となる半導体【前編】

あのフェラーリが半導体のクアルコムと提携する理由

近年、自動車分野におけるデジタル技術の活用が顕著だ。半導体ベンダーのQualcommは、自動車メーカーのFerrariと組み、新たな取り組みに着手した。何を実現しようとしているのか。

/tt/news/2204/15/news02.jpg
IaaSの可用性を高める3つのポイント【後編】

「高可用性IaaS」が本当に必要かどうかを考える5つのヒント

IaaSの可用性を必要以上に高めようとすると、インフラの複雑さやコストが増大する可能性がある。HAが本当に必要かどうかを考えるための5つの観点を説明する。

/tt/news/2204/14/news07.jpg
「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【前編】

クラウド版IBM Z「IBM Wazi as a Service」爆誕 誰が喜ぶのか?

「IBM Wazi as a Service」は、IBMのメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする。IBM Zのユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2204/13/news01.jpg
オブジェクトストレージとPOSIX【後編】

「POSIX」と「オブジェクトストレージ」の関係がなぜ問題なのか

Amazon S3などで一般化したオブジェクトストレージは、POSIXを前提とする既存のアプリケーションと相性が悪い。POSIX準拠の有無がどう関係するのか。

/tt/news/2204/13/news09.jpg
「どこからでもサービス提供」の視点【前編】

独自ルールにこだわるIT部門に足りない「発想の転換」 Gartnerが指摘

働き方が変わることと同時にビジネスニーズも変化している。IT部門はこの変化に対処するためにどうすればいいのか。そのためには従来の考え方を捨てて、新しい戦略を取り入れることが求められる。

/tt/news/2204/04/news03.jpg
データセンター需要とグリーン化【前編】

データセンター新設が相次ぐ国内 2000年代初頭ラッシュとの違いは?

旺盛なデータセンター需要を背景にして、国内ではデータセンターの新設が相次いでいる。企業のIT活用にデータセンターは今後も不可欠だが、同時に意識しておかなければならない消費電力の課題がある。

/tt/news/2204/11/news03.jpg
企業に迫る大容量データの保管問題【後編】

「テープ」と「クラウドストレージ」の一長一短 動画に使えるストレージは?

大容量の動画データを保管する場合、コストや管理方法など幾つかのポイントを軸にして検討するとよい。テープに対して、クラウドストレージにはどのようなメリットがあり、何に注意すべきなのか。

/tt/news/2204/08/news03.jpg
IaaSの可用性を高める3つのポイント【中編】

可用性に無駄金を使わない基礎知識 「IaaS」の主な構成要素とは?

IaaSの可用性向上を実現する場合、IaaSの「何」の可用性を高めるのかを検討し、必要以上のコストが発生しないようにするのが重要だ。IaaSの主な構成要素を整理し、それぞれでHAを実現する方法を説明する。

/tt/news/2204/07/news14.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

HDDやSSDの限界を超えるストレージ「HDS」とは

立体的にデータを書き込む「HDS」は、既存のストレージが抱える課題を解消する可能性がある。HDSのメリットと課題、実用化に向けた取り組みを説明する。

/tt/news/2204/06/news02.jpg
オブジェクトストレージとPOSIX【前編】

知っているようで知らない「POSIX」とは何か

普段、「POSIX準拠」か否かを意識することはない。30年以上前に生まれたこの規格は今でも使われ続けている。改めてPOSIXがなぜ重要なのかを説明する。

/tt/news/2204/06/news03.jpg
静かに現実味を帯びる「AIOps」【後編】

アクセンチュアが目指す「AIOps」の挑戦的な試みとは?

IT運用のさまざまな領域にAI技術が入り込んでいる。AIOpsを実践中のアクセンチュアは、自動化の適用範囲をさらに広げることにまい進する。同社が次に狙う成果とは。

/tt/news/2204/05/news07.jpg
CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第1回】

いまさら聞けない「CDN」 高速コンテンツ配信のメリットと使わないリスク

画像や動画を中心とするWebコンテンツが普及するにつれ、CDNを利用する企業の動きが広がってきた。なぜ、さまざまな企業がCDNに頼るようになったのか。CDNを使わないことによるリスクとは。

/tt/news/2204/04/news08.jpg
企業に迫る大容量データの保管問題【前編】

動画データの保存にはまず「テープ」? ただし陥りがちな失敗も

大容量の動画データを保存する場合、どのようなストレージが理想的なのか。動画データの保管において注意すべき点を踏まえつつ、検討すべきストレージのメリットとデメリットを考える。

/tt/news/2204/04/news02.jpg
Intelが半導体製造で本領発揮?【後編】

半導体不足の中でIntelが出した戦略は冒険なのか、手堅いのか?

新戦略を掲げるIntelは、イスラエルのファンドリー企業を買収するという攻めの一手を出した。半導体の供給不足の中で発表されたこの買収で、同社が狙う業界ポジショニングが見える。

/tt/news/2204/03/news01.jpg
「Windows 10」ドライブ障害の対処法【第1回】

HDDが壊れる“あの兆候”と、兆候を見逃さない簡単な方法

ドライブの故障は、PCが起動しない、データを損失するといった事態を引き起こす。幾つかの兆候に気を付けることで、故障を防ぐことができる可能性がある。どのような兆候があるのか。兆候を発見する手段とは。

/tt/news/2204/01/news16.jpg
IaaSの可用性を高める3つのポイント【前編】

SLAの「99.9%」は何を意味するのか 必要な可用性を計算する方法

IaaSにあるデータやアプリケーションを安定して利用できる状態にするには、IaaSの可用性を高める必要がある。必要な可用性を検討する際のポイントを説明する。

/tt/news/2204/01/news15.jpg
12世代Intel Coreで変わった点

「vPro」搭載PCは普通のPCと何が違う? テレワークを狙う攻撃に焦点

第12世代のIntel Core向け「vPro」は、ファームウェアからOS、メモリに至るまで幅広いセキュリティ機能をそろえるとIntelは強調する。具体的には、どのような機能があるのか。

/tt/news/2204/01/news02.jpg
「AIOps」の肝 システム運用における機械学習の活用法【後編】

AIにシステムを任せるのは危険? 部分的なシステム自動化が無難なのか

企業のシステムが複雑になる中で、機械学習をシステム運用に取り入れることが重要になってきた。全てを機械学習モデルに任せることは簡単ではないが、部分的に活用するだけでもメリットを享受できる可能性がある。

3 月

/tt/news/2203/31/news03.jpg
環境に優しいストレージ運用法【後編】

HDD、SSD、テープを「電力」で比較 電力を食わないストレージとは?

ストレージの電力使用量を減らすには、ストレージがどのような方法でデータを読み書きしているのかを知ることが重要だ。環境に優しいストレージ運用に必要な、基本的な知識を整理する。

/tt/news/2203/31/news10.jpg
静かに現実味を帯びる「AIOps」【中編】

アクセンチュアが実践する「AIOps」による定型業務の自動化とは?

ITコンサルティング会社のAccentureは、機械学習でIT運用を自動化する「AIOps」によって社内の業務負担を軽減している。同社が実践するAIOpsの取り組みと、その成果とは。

/tt/news/2203/31/news07.jpg
面積だけじゃないデータセンターの「サイズ」選び【後編】

「大規模」対「小規模」 あなたの会社が選ぶべきデータセンターはどっち?

データセンターにはその大きさによってさまざまなメリットやデメリットがある。「大規模」と「小規模」を比較しながら、どの企業にどちらがよいのかを探る。

/tt/news/2203/29/news11.jpg
静かに現実味を帯びる「AIOps」【前編】

ただの流行語ではなくなった「AIOps」 なぜ導入が進み始めたのか?

機械学習とIT運用を組み合わせるAIOpsは派手に宣伝されることがなくなり、導入期に突入した。この動きに影響を与えたのは、パンデミックとクラウドサービスの利用拡大だ。

/tt/news/2203/28/news12.jpg
Intelが半導体製造で本領発揮?【前編】

パット・ゲルシンガーCEO体制で本気になったIntelの選択

工場新設や競合との事業提携、企業買収とIntelが攻めに出ている。パット・ゲルシンガーCEO体制になった同社は競争力を取り戻すのか。

/tt/news/2203/21/news04.jpg
大容量データ向けのHDD【後編】

HDDのマイルストーン「50TB」 大容量化の鍵を握る技術は?

ヘリウム充塡によるプラッタ枚数の増加をはじめ、過去の技術改善でHDDの大容量化は進んだ。将来的には50TBの容量が視野に入っている。Western Digitalはこれをどう実現するのか。

/tt/news/2203/25/news02.jpg
PCIeとEDSFF基礎の基礎【後編】

次世代NVMe SSDの大本命、EDSFFフォームファクターとは何か

EDSFFが次世代フォームファクターの最有力候補になりつつある。どのような形状で、PCやストレージ製品にどのように実装されるのか。EDSFFの全体像を解説する。

/tt/news/2203/25/news14.jpg
「AIOps」の肝 システム運用における機械学習の活用法【前編】

システム障害のよくある原因と、トラブル対処に使える「機械学習モデル」一覧

インシデント対処の質向上とコスト削減を図るための選択肢として、機械学習が注目されている。どのような問題に対して、どのような機械学習の手法が有効なのだろうか。

/tt/news/2203/25/news11.jpg
面積だけじゃないデータセンターの「サイズ」選び【前編】

レガシーシステムなら「小規模」が正解? データセンターの“理想的な大きさ”とは

企業はデータセンターのサイズをどのように決めればよいのか。その際に基準とすべきなのは物理的な面積だけではない。もう一つ重要な要素とは何か。

/tt/news/2203/24/news04.jpg
環境に優しいストレージ運用法【中編】

ストレージの電力使用量を下げる具体的な方法 「クラウドで解決」実は難しい?

グリーン化を掲げ、IT機器を環境に優しい形で運用する動きは、ストレージとも無関係ではない。ストレージの電力使用量を低下させるこつを踏まえ、環境に配慮したストレージ運用を始めるためのノウハウを紹介する。

/tt/news/2203/22/news01.jpg
テレワーク時代に適したVM管理の実践術【後編】

ROBOでVMを動かすなら「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)を検討すべし

ROBOでVMを稼働させようとしている企業のIT担当者が、管理負荷の軽減に活用できる製品分野には何があるのか。主要な製品分野を整理する。

/tt/news/2203/18/news05.jpg
PCIeとEDSFF基礎の基礎【前編】

NVMe SSDを導入するならPCIeの世代を要確認 PCIe 4.0、5.0、6.0とは?

SSDを導入するなら、NVMeかどうかだけでなくPCIeの世代にも注目する必要がある。普及期に入ったPCIe 4.0対応は必須だ。PCIe 5.0以降についても知っておくべきだ。

/tt/news/2203/18/news03.jpg
半導体業界に広がる不穏【後編】

半導体大手のM&Aが消えた本当の理由 反グローバリズムの兆候か

NVIDIAによる同業Armの買収は、半導体不足やサプライチェーンの混乱などの中で破談した。何が背景にあるのか。今後の世界に与える影響は。

/tt/news/2203/08/news09.jpg
大容量データ向けのHDD【前編】

SSDに高速性で負けても「HDD」の未来は明るい? 老舗ベンダーの見解は

HDDは2021年に20TBが登場するなど大容量化が進み、データを効率的に保管するストレージとしての役割を大きくしている。老舗ストレージベンダーWestern Digitalの見解を基に、今後のHDDへの期待を紹介する。

/tt/news/2203/17/news08.jpg
環境に優しいストレージ運用法【前編】

「クラウドストレージを使えば電力使用量を減らせる」は大きな誤解だった?

「エコ」意識が高まり、エネルギー価格が高騰する中、環境に配慮したIT機器の運用は企業にとって喫緊の課題となっている。その代表例はストレージだ。どうすればストレージの電力使用量を抑えられるのか。

/tt/news/2203/17/news02.jpg
メインフレーム人材確保の技【後編】

メインフレーム人材不足を解消する“アクセンチュア式トレーニング”とは?

ITサービスベンダーはメインフレームの運用や管理に精通する人材を確保するために、さまざまな対策を講じている。従業員育成、自動化技術の活用……。各社は何に力を入れているのか。

/tt/news/2203/14/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

「NVIDIA AI Enterprise」とVMware「vSphere with Tanzu」が連携 利点は?

AIアプリケーション運用ソフトウェア群「NVIDIA AI Enterprise」の更新版はVMwareの「vSphere with Tanzu」との連携を実現した。これにより何ができるのか。

/tt/news/2203/11/news01.jpg
GPUの次はDPUに注目

DPU(Data Processing Unit)とは何か――何ができる? なぜ必要?

専用ハードウェアが復権しつつある。その最たるものが並列演算に特化したGPUだ。そして今、「DPU」が注目されている。DPUはなぜ必要なのか。

/tt/news/2203/11/news10.jpg
半導体業界に広がる不穏【前編】

NVIDIAのArm買収はなぜ破談したのか 「国や企業が猛反発」の真相

NVIDIAによるArmの買収は失敗に終わった。各国の規制当局やベンダーは、この案件の発表後から懸念を示していた。何が取引の成立を阻んだのか。

/tt/news/2203/10/news08.jpg
メインフレーム人材確保の技【前編】

“レガシー人材”求む 「メインフレーム管理者」がかつてないほど貴重な理由

ユーザー企業が直面するメインフレーム専門の人材不足は、ITサービスベンダーにとって商機だ。ただし人材確保の難しさはベンダーにとっても変わらない。窮地から生まれた、人材確保の知恵を紹介する。

/tt/news/2203/10/news02.jpg
出社再開のための「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)チェックリスト【後編】

ファン不具合でサーバ加熱も 止めていた「HCI」の再稼働時に注意すべきこと

オフィス出勤再開とともに取り組みたい「HCI」のチェック。セキュリティを含めたソフトウェア更新から細かいパーツの動作確認まで、チェック対象はさまざまだ。IT管理者のやるべきことをまとめた。

/tt/news/2203/08/news13.jpg
テレワーク時代に適したVM管理の実践術【前編】

「ROBO」で動く仮想マシン(VM)をリモートで管理する方法

テレワークを推進する企業のIT管理者が、「ROBO」で動くVMをリモートで管理できるようにするには、どうすればよいのか。役立つ製品分野を紹介する。

/tt/news/2203/07/news01.jpg
法人向けSSDへのキオクシアの一手【後編】

SSDに「M.2」ではなく「EDSFF」 “PCIe 4.0のKIOXIA製”が見いだした利点

キオクシアは2021年11月、PCIe 5.0接続の新SSDに加えて「PCIe 4.0」接続の製品を発表した。このSSDは「M.2」代替のフォームファクタを採用することで、ある利点が得られるという。

/tt/news/2203/04/news03.jpg
教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【後編】

データセンター人材不足が「致命的」な水準に 解決策は?

英国のデータセンター業界は、必要なスキルを持つ人材が不足する「スキル危機」に直面している。対策はあるのか。データセンター業界に特化した学習プログラムを教育機関と共に設計した企業に聞いた。

/tt/news/2203/03/news11.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

50TB超も見えた次世代HDD「OptiNAND」の正体

HDDとフラッシュメモリを組み合わせた「OptiNAND」は、普通のHDDとは何が違うのか。その特徴を整理し、メリットとデメリットを理解しよう。

2 月

/tt/news/2202/28/news01.jpg
CPUと熱と電力と【後編】

限界に近づくCPU&サーバの電力密度 Intelも検討するあの冷却方式

CPUを省電力化する試みは文字通り焼け石に水。電力密度は上昇し続ける。これにGPUボードなどの要素が加わり、サーバ単位の電力密度はさらに増大する。どうやって冷却するのか。

/tt/news/2202/28/news04.jpg
法人向けSSDへのキオクシアの一手【中編】

「2.5型SSD」を代替 フォームファクタが変わる“次世代SSD”とは?

NVMe接続SSDは「PCIe 4.0」のストレージインタフェースが主流となりつつある中で、キオクシアは「PCIe 5.0」に準拠し、フォームファクタに「EDSFF E3.S」を採用した製品を発表した。法人向けSSDはどう変わるのか。

/tt/news/2202/25/news11.jpg
教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【前編】

10代向けのデータセンター人材“英才教育”に教育機関が本腰 その内容は

データセンター業界に特化した学習プログラムを英国の教育機関UTC Heathrowが提供する。データセンター業界の複数企業が協力して作成した、そのプログラムの中身とは。

/tt/news/2202/25/news01.jpg
次世代ストレージの本命か?

次世代SSDフォーマット「EDSFF」に注目せざるを得ない理由

IntelのRuler SSDを起源とするEDSFFの存在感が増している。これが「U.2」および「M.2」の後継フォーマットになる可能性が高いという。その理由とは何か。

/tt/news/2202/25/news02.jpg
「ストレージ仮想化」の種類と選び方【番外編】

「ストレージ仮想化」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の主な違いとは?

企業が「ストレージ仮想化」製品の導入を検討する際、比較対象となり得るのが「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)製品だ。両者は何が違うのか。簡潔に紹介する。

/tt/news/2202/24/news11.jpg
出社再開のための「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)チェックリスト【前編】

コロナ禍で止めていた「HCI」を再び安全に動かす方法とは?

コロナ禍の収束を見込み、企業は徐々にオフィス出勤を再開。従業員が自宅で働いていたとき“眠っていた”「HCI」は大丈夫なのか。HCIの状態をチェックするポイントを紹介しよう。

/tt/news/2202/24/news03.jpg
「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来【後編】

HDDの陰に隠れた次世代「HDS」 挫折を振り払って実用化へ

過去に商用化の成功例がない「ホログラフィックデータストレージ」(HSD)の研究をMicrosoftが進めている。既存の商用ストレージにはないメリットをもたらす、革新的なストレージは誕生するのか。

/tt/news/2202/21/news01.jpg
CPUと熱と電力と【前編】

Raptor LakeからNova Lakeまで Intel CPUの最新ロードマップ

IntelがCPUに今後導入する「タイル」は電力密度をさらに高めるだろう。そこで重要になるのが製造プロセス技術だ。本稿では製造プロセス技術とともにIntel CPUのロードマップを整理する。

/tt/news/2202/21/news08.jpg
法人向けSSDへのキオクシアの一手【前編】

「NVMe接続SSD」の“PCIe 5.0移行”を前提にしたKIOXIA 数年後を先取り

キオクシアはインタフェースに「PCIe 5.0」、フォームファクタに「EDSFF E3.S」を採用したSSDを開発した。法人向けSSD市場に与える変化とは。

/tt/news/2202/18/news02.jpg
「ストレージ仮想化」の種類と選び方【後編】

「ストレージ仮想化」製品選定に失敗しない選び方のポイントとは?

ストレージ仮想化製品を導入するときは、仮想ストレージの種類や手法、管理方法を基に検討することが必要だ。ストレージ仮想化製品の選び方のポイントを説明する。

/tt/news/2202/17/news02.jpg
「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来【中編】

データを“立体保存”するストレージ「HDS」への期待 その新しい原理とは

ホログラフィックデータストレージ(HDS)は、一度書き込んだデータを変更できないWORMが基本だった。だがMicrosoftが手掛けるHDSは昔の研究とは方向性が異なる。何が変わったのか。

/tt/news/2202/01/news14.jpg
「CO2削減」の具体的な成果につなげる

データセンター脱炭素のこつは? “最も持続可能な企業”のノウハウ

膨大な電力を必要とするデータセンターなどの事業において脱炭素を進めるにはどうすればいいのか。Schneider Electricの知見を基に、CO2削減のポイントをまとめる。

/tt/news/2201/25/news05.jpg
VMwareの仮想ディスク作成方法を比較【後編】

VMware仮想ディスクの「シンプロビジョニング」とは? 「シック」との違いは

VMwareは仮想ディスクの作成方法として「シンプロビジョニング」を用意している。他の作成方法との違いは何か。シンプロビジョニングの仕組みと長所、短所を詳しく説明する。

/tt/news/2202/09/news15.jpg
「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来【前編】

HDDとSSDの限界を超える「HDS」の大ブームは来るのか

光学ストレージの一種である「ホログラフィックデータストレージ」(HDS)。過去に失敗に終わった取り組みもあるが、この技術が死んだわけではない。HDSがこれから革新を起こす可能性を深掘りする。

/tt/news/2202/04/news10.jpg
「ストレージ仮想化」の種類と選び方【中編】

ストレージ仮想化の「ホストベース」「アレイベース」「OSベース」「ファイルシステムベース」「ネットワークベース」の違いとは?

ストレージ仮想化には複数の方式があり、その特徴やメリットは異なる。5つのストレージ仮想化方式の仕組みと特徴を説明する。

/tt/news/2202/03/news04.jpg
データの永久保存方法【後編】

ドイツの大学が「テープ」でデータを永久保存 長年蓄積したノウハウとは?

データを永久保存するには、長年にわたって適切にデータを扱わなければならない。貴重なデータを豊富に抱えるゲッティンゲン大学は、どのような方法を採用しているのか。

/tt/news/2201/27/news04.jpg
脱炭素社会におけるITの役割【後編】

ソフトウェアも“省エネ化”する「脱炭素」や「SDGs」の試みとは?

「脱炭素」や「SDGs」に対してIT分野ではどのような取り組みが求められるのか。社会のデジタル化が今後も進んで、IT機器の利用機会が多様化する中で、これらは軽視できないテーマになりつつある。

/tt/news/2202/02/news08.jpg
業界標準を狙うフレームワークが登場

データセンターの環境対策 持続可能性を高める“5つの指標”とは?

データセンターの持続可能性を高めるためのフレームワークをSchneider Electricが発表した。環境対策がより強く求められるようになっていることが背景にある。フレームワークは具体的にどのような内容なのか。

/tt/news/2202/01/news02.jpg
大容量HDDへの高まるニーズ【後編】

HDDは「20TB」の時代 SeagateとWestern Digitalに違いはあるか?

Western Digitalだけではなく、Seagate Technologyも20TBの2種類のHDDを発売した。両社の20TB製品に違いはあるのだろうか。

1 月

/tt/news/2201/30/news02.jpg
「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第8回】

量子ドットディスプレイ搭載「Galaxy Chromebook 2」は“あの作業”で役立つ?

Samsung Electronicsの「Galaxy Chromebook 2」は、色再現性を高める量子ドット採用のディスプレイが売りだ。このディスプレイはどのような仕事に役立つのか。Galaxy Chromebook 2の特徴をビジネス視点で探る。

/tt/news/2201/28/news10.jpg
「ストレージ仮想化」の種類と選び方【前編】

ストレージ仮想化の「ファイルレベル」「ブロックレベル」の違いとは?

ストレージ仮想化を仮想化の対象によって分類すると、「ファイルレベル」と「ブロックレベル」の2種類に大別できる。これらはどう違うのか。

/tt/news/2201/28/news02.jpg
「CPU」「GPU」「DPU」はどう違うのか【後編】

“第三のプロセッサ”「DPU」とは? CPU、GPUとの違いは

大量データの高速処理を実現する切り札となり得るプロセッサが「DPU」(データ処理装置)だ。「CPU」「GPU」に並ぶ“3つ目の頭脳”は何ができるのか。

/tt/news/2201/20/news05.jpg
脱炭素社会におけるITの役割【前編】

「脱炭素×IT」で何ができるのか? “偽りのSDGs”批判にも抗力を発揮

「脱炭素」の動きが強まる中、ITには何が求められ、何ができるのか。IT分野における取り組みの現状や、今後力を注ぐべき点を探る。

/tt/news/2201/26/news21.jpg
データの永久保存方法【前編】

データを「永久保存」する方法 ドイツの大学が持つ歴史的に貴重なデータとは?

重要なデータの中には、長期保存ではなく永久保存が必要になるものもある。ドイツのある大学が、貴重なデータを永久保存するための方法を模索している。

/tt/news/2201/24/news02.jpg
メインメモリとキャッシュメモリはどう違うのか【後編】

「メインメモリ」と「キャッシュメモリ」の6つの違いとは?

コンピューティングの“黒子”として欠かせないのが「メインメモリ」と「キャッシュメモリ」だ。この2つは何がどう違うのか。

/tt/news/2201/21/news03.jpg
「CPU」「GPU」「DPU」はどう違うのか【中編】

「GPU」はCPUと何が違う? 用途は画像処理だけじゃない

「CPU」を補うプロセッサとして「GPU」がある。コンピュータグラフィックスの高速処理にとどまらない、GPUの活用術とは何か。

/tt/news/2201/31/news02.jpg
「Amazon S3」の利用料金を節約するための基本の「き」【後編】

「Amazon S3」を安く使う賢い方法 「S3 Intelligent-Tiering」「Amazon S3 Storage Lens」を駆使

AWSが用意する機能やオプションなどをうまく使えば、「Amazon S3」の利用料金を抑制できる可能性がある。主な手段を3つ説明する。

/tt/news/2201/18/news07.jpg
VMwareの仮想ディスク作成方法を比較【中編】

「Lazy Zeroed」「Eager Zeroed」の違いとは? VMware仮想ディスクのシックプロビジョニング

VMwareの仮想ディスクの作成方法であるシックプロビジョニングには、「Lazy Zeroed」と「Eager Zeroed」という2つの種類がある。それぞれの違いとは。

/tt/news/2201/17/news08.jpg
大容量HDDへの高まる需要【前編】

「20TBのHDD」2種類をSeagateが発売 “従来型”で容量が増えた理由

企業が保管するデータ量が増大するにつれて、大容量ストレージへのニーズが強まっている。こうした中、Seagate Technologyは同社製品としては最大の20TBのHDDを販売開始した。20TBを実現した仕組みとは。

/tt/news/2201/15/news02.jpg
「CPU」「GPU」「DPU」はどう違うのか【前編】

いまさら聞けない「CPU」の基礎知識 その大切な役割とは?

データセンターで活躍する主なプロセッサは「CPU」「GPU」「DPU」の3種類だ。それぞれの役割はどのように異なるのか。まずは代表格であるCPUの特徴を整理しよう。

/tt/news/2201/14/news05.jpg
メインメモリとキャッシュメモリはどう違うのか【中編】

いまさら聞けない「キャッシュメモリ」の基礎知識 “脇役”でも重要な役割とは

「キャッシュメモリ」は「メインメモリ」に対して小規模ながら、快適なアプリケーションの利用に大きく貢献している。キャッシュメモリの仕組みや役割に光を当てよう。

/tt/news/2201/14/news10.jpg
「Amazon S3」の利用料金を節約するための基本の「き」【前編】

Amazon S3を安く使う「ストレージクラス」の賢い使い分け方

AWSのクラウドストレージサービス「Amazon S3」は複数の種類のストレージクラスを提供している。これらを使い分けることで、利用料金の抑制を見込める。それぞれの特徴を説明する。

/tt/news/2201/06/news01.jpg
見直される「テープ」の存在【後編】

「テープ」が大容量化でHDDを置き去りに? 10年で数十倍増も実現か

日々さまざまなデータを扱う中で、企業が保管するデータは増える一方だ。こうした中でデータ保管用のストレージとして進化を続ける「テープ」の注目点を紹介する。

/tt/news/2201/11/news15.jpg
VMwareの仮想ディスク作成方法を比較【前編】

「RDM」(RAW Device Mapping)とは? VMware仮想ディスクの作成方法

VMwareは仮想ディスクの作成方法として「RDM」と「シックプロビジョニング」「シンプロビジョニング」を用意している。その中からRDMの仕組みを説明する。

/tt/news/2201/10/news04.jpg
フラッシュ全盛でも「テープ」に根強い需要

「テープ」が使われ続ける納得の理由 ファンなら分かるLTOの利点とは

ストレージベンダーが投入する「LTO-9」準拠のテープ製品がテープ分野を盛り上げている。業界関係者はテープ市場の先行きは明るいと言う。どのような事情があるのか。

/tt/news/2201/08/news01.jpg
メインメモリとキャッシュメモリはどう違うのか【前編】

いまさら聞けない「メインメモリ」の基礎 どのような仕組みか? 何に役立つ?

身近かつ重要な存在でありながら、実態が見えにくいのが「メインメモリ」だ。「キャッシュメモリ」との比較の前に、まずはメインメモリの基本的な仕組みと役割をおさらいしよう。

/tt/news/2201/06/news03.jpg
エコなデータセンターの作り方【後編】

「再生可能エネルギーを100%太陽光発電で」はなぜ難しいのか 解決策は?

環境に配慮したデータセンターを作るには、エネルギー効率の向上と再生可能エネルギーの使用が欠かせない。この2つを実現するためのこつを紹介する。

/tt/news/2112/15/news07.jpg
見直される「テープ」の存在【前編】

「テープ」復活は確実か? 認めざるを得ない“実は古くない”ストレージの利点

古くからあるストレージである「テープ」に興味深い動きがある。SSDやHDDが主要ストレージとして使用される中で、企業はテープの何に着目すべきなのか。