過去記事一覧 (2020 年)

1 月

/tt/news/2001/22/news06.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【前編】

「ハイブリッドクラウド」の構築で最初に検討すべき2つの運用モデルとは

ハイブリッドクラウドは適切に構築すれば、オンプレミスとクラウド、両者のいいとこ取りが可能になる。ハイブリッドクラウドを構築するための最初のステップについて説明する。

/tt/news/2001/22/news05.jpg
コンポーザブルインフラ用語集

「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”

「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。

/tt/news/2001/22/news04.jpg
ハードウェアに迫る危険【前編】

Android全デバイスに影響か Qualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性

Armの技術「TrustZone」に基づくQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。発見者によると、「全てのバージョンの『Android』搭載デバイスが影響を受ける」という。

/tt/news/2001/20/news07.jpg
量子コンピュータの向いている分野とは

「量子コンピュータ×機械学習」は何の役に立ち、何の役に立たないのか

量子コンピュータは、機械学習をはじめとする人工知能技術の可能性を広げると専門家は指摘する。両者の組み合わせは、どのような業界に、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2001/19/news01.jpg
IT担当者が知っておくべきディスク管理用語

Windows 10の「ボリューム」と「パーティション」は何が違うのか?

「ディスクの管理」は、「Windows 10」管理者に役立つ重要な機能だ。使いこなすには「ボリューム」「パーティション」の違いや「ベーシックディスク」「ダイナミックディスク」の違いを理解する必要がある。

/tt/news/2001/17/news02.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【後編】

ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。

/tt/news/2001/16/news03.jpg
“テレポーテーション”も可能に?

量子コンピュータだけではない量子技術「量子鍵配送」「量子プリンタ」とは?

実用化に向けた取り組みが進む量子関連技術は、量子コンピュータだけではない。他の主要な量子技術の「量子鍵配送」「量子プリンタ」「量子センシング」について、実在する企業の取り組みを基に紹介する。

/tt/news/2001/14/news01.jpg
ただし導入には覚悟が必要

IPネットワークで高速共有ストレージを実現する「NVMe over TCP」

既存のネットワークインフラを使って高速アクセスを実現するNVMe over TCP。高性能と低コストを両立させた優れた選択肢だが、今導入するならちょっとした覚悟が必要だ。

/tt/news/2001/09/news03.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【前編】

ワイン醸造所がクラウドに移した発酵監視システムをオンプレミスに戻した理由

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、機械学習によって発酵タンク内の状態を監視するシステムを開発した。パブリッククラウドにデータを保存する仕組みにしたが、問題が発生した。それはどのようなものだったのか。

/tt/news/2001/06/news02.jpg
IBMが語る「量子コンピュータ」実用化への道筋【後編】

量子アプリケーション開発に量子力学の知識は必要か?

GoogleやIBMは量子コンピュータ開発に積極的だ。これらの企業の開発状況や、ユーザー企業が量子コンピュータ技術を利用するメリットについて、IBM基礎研究所の責任者に話を聞いた。

/tt/news/2001/04/news01.jpg
「イーサネット」の歴史と進化【前編】

「イーサネット」の原型はハワイのネットワークだった?

「イーサネット」はXeroxのパロアルト研究所(PARC)が1970年代に開発し、1983年にIEEE(米電気電子技術者協会)が標準規格として認定した。その原型となったネットワークとは。