過去記事一覧 (2019 年)

2 月

/tt/news/1902/14/news07.jpg
IT優先度調査で判明

2019年、ストレージ投資の優先度はクラウドとデータ管理 HCIはピーク越え?

IT担当者向けに実施した調査で、ストレージ分野ではオンプレミスとクラウドの両環境においてデータ管理の重要性が急浮上していることが分かった。一方でフラッシュアレイとコンバージドインフラのニーズはピークを過ぎたようだ。

/tt/news/1902/13/news04.jpg
ブレード、ラック、メインフレームなど

主要ベンダー14社のサーバ製品比較総まとめ

本稿では、利用可能なブレードサーバ、ラックサーバ、メインフレームコンピュータの全体像を詳しく示し、主要ベンダーについて紹介する。

/tt/news/1902/08/news10.jpg
苦難を反面教師に

2018年の事件から学ぶ、災害復旧チームの三大共通課題

2018年は、災害復旧(DR)チームにとって良くも悪くも重要な年になった。ランサムウェアの流行、GDPRへのコンプライアンス、クラウドなど、災害復旧に大きな課題が生まれた。

/tt/news/1902/08/news12.jpg
ビッグデータ処理や機械学習、顔認識アプリケーションにも導入可能

グラフィックス処理だけではない GPUのコンピュータにおける役割とは?

グラフィックスを処理するために開発されたGPUだが、活躍の場はもはやゲーム業界だけではない。本稿ではGPUの能力が仮想化やデータセンターといった分野での利用に適している理由と、使用する際の注意点を解説する。

/tt/news/1902/07/news01.jpg
まだストレージクラスメモリ普及前夜

SCM搭載ストレージの市場投入で見えてきた革新の可能性

HPEとDell EMCによるSCM搭載ストレージの市場投入によって、ストレージアーキテクチャが新たな段階に突入する。

/tt/news/1902/06/news01.jpg
イメージほど高価ではない

x86やクラウドよりもLinuxメインフレームを選ぶべき理由

時代遅れで高価で管理が難しいというイメージが定着しているメインフレームの価値を問い直す。大規模かつミッションクリティカルなシステムを運用するなら、コスト効率の高い選択肢の一つとなる。

/tt/news/1902/05/news05.jpg
企業のストレージ導入に関する調査レポート

企業のストレージ事情 やはり気になるのは「ファイルサーバ」と「バックアップ」

企業は自社のストレージの状態をどう分析しているか。投資や課題認識はどうなのか。TechTargetジャパン会員を対象にした調査の結果から、企業のストレージ環境の実態を探る。

/tt/news/1902/05/news07.jpg
HCIやオープンコンバージェンスなど

企業内で検討すべき さまざまな「NVMeアプローチ」6選

NVMeはストレージの速度を上げ、サーバの接続性を根底から変えるだろう。そのとき企業は、どのようにNVMeと向き合えばいいのだろうか。

1 月

/tt/news/1901/31/news11.jpg
「仮想化」がキーワード

いまさら聞けない「クラウドストレージ」と「仮想ストレージ」

クラウドストレージは必ずしもパブリッククラウドを意味するわけではない。仮想化や仮想データストレージも仮想サーバや仮想デスクトップに関係するとは限らない。これらが実際は何を意味するのかを解説する。

/tt/news/1901/31/news10.jpg
「AIOps」「チャットbot」「GPU」

2019年に注目すべきデータセンターの5大技術トレンド

データセンター管理者は2019年、管理業務やヘルプデスクなどのニーズに対応する手段として「AIOps」「チャットbot」「GPU」といった技術に目を向ける必要がある。

/tt/news/1901/29/news02.jpg
コンテナが仮想マシンの立場をなくす?

仮想マシンとコンテナの今後を考える それぞれの強みを生かした運用とは

DockerやKubernetesなど、コンテナ技術の進化に伴い、企業IT部門の仮想マシン(VM)の存在を脅かすエコシステムが台頭している。少なくとも、その重要性が脅かされているのは間違いない。

/tt/news/1901/28/news08.jpg
状況に応じた技術の選択が必要

HCIではなく、おなじみの従来型データセンターを選ぶべき場面とは

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)型よりも従来型のデータセンターを選択する方が賢明な場合もある。本稿では、HCIを避ける理由を幾つか考える。

/tt/news/1901/25/news04.jpg
中小企業のクラウドストレージ導入(前編)

中小企業が考慮すべきクラウドストレージの要件

中小企業にとってもクラウドストレージが現実的な選択肢になってきた。まずは中小企業にとってのストレージ要件を整理しよう。

/tt/news/1901/22/news03.jpg
目的と場面で使い分ける

仮想マシンとコンテナ 何が違い、どう使い分けるべきか?

コンテナは、マイクロサービスアーキテクチャ、災害復旧、利用密度など、さまざまな点においてメリットがある。コンテナと仮想マシンを適切に使い分けることが重要だ。

/tt/news/1901/22/news02.jpg
「LinuxとWindowsの違い」だけではない

いまさら聞けないファイルシステム 「NFS」と「CIFS/SMB」の違い

NFSとCIFS/SMBとはどのような違いがあるのだろう。NFSとCIFS/SMBをどのように使い分けるかを説明できるだろうか?

/tt/news/1901/21/news06.jpg
自社に適したハードウェアはどれか

サーバハードウェア比較 ラック、ブレード、メインフレーム、HCIの違いは?

本稿では、ラック、ブレード、メインフレーム、HCIといった各タイプのサーバの構造と、その長所と短所を解説する。どの種類のサーバが自社のデータセンターに適しているか、考えるヒントにしてほしい。

/tt/news/1901/18/news04.jpg
IT担当者が語る

アップストリームとマネージドのKubernetesを比較 それぞれの長所と短所は

ITベンダーはKubernetesのパッケージ化を急いでいるが、ライバルは他のベンダーではない。アップストリーム版や企業の独自コンテナオーケストレーションプロジェクトだ。

/tt/news/1901/17/news04.jpg
Partners HealthCareの導入事例を紹介

クラウド型STaaS「ClearSky Data」が研究機関のIT部門にもたらすメリット

Partners HealthCareは、セキュリティが確保され、医療規制に準拠した状態で、研究者がすぐに利用できるストレージとしてクラウド型STaaSを採用した。本稿はその選定理由について説明する。

/tt/news/1901/11/news05.jpg
余っているストレージ容量を共有

Storjによるクラウドストレージの「Uber化」は成功するのか

使っていないもの、余っているものを共有し、対価を得る。これをストレージに適用するとどうなるのか。Storjの挑戦は成功するのか。成功の条件とは何か。

/tt/news/1901/10/news06.jpg
Microsoft製以外にも広がる選択肢

リモートサーバ管理ツールを比較 本当に役立つ製品は?

リモートサーバの監視と保守に最適なツールは、IT環境や予算によって異なる。本稿ではMicrosoftの提供サービスからサードパーティー製ソフトウェアまで、便利なリモートサーバ管理ツールを紹介する。

/tt/news/1901/09/news05.jpg
更新プログラムやEdgeの動きをどう捉える

「Windows 10」と「Microsoft Edge」、2018年の陰と陽

2018年は良くも悪くも「Windows 10」の話題が目立った。Microsoftは機能更新プログラムの不具合の対処に追われる一方、ブラウザ「Microsoft Edge」に関する歓迎すべき計画を発表した。

/tt/news/1901/09/news03.jpg
NVMeを生かすための仕組みが重要

初めてNVMeストレージを選ぶときに気を付けたい4つのポイント

パフォーマンスを向上させ、つの自社のニーズを満たし、予算にも見合うNVMeアレイを選ぶにはどのような知識が必要になるだろう。

/tt/news/1901/08/news04.jpg
どちらもコンピュータの記憶領域

メモリとストレージは何が違うのか?

メモリとストレージがそれぞれコンピュータに対して果たす役割は似ているが、両者は別物だ。その違いは、コンピュータの電源が切れた時に、それぞれの保存データがそのまま保持されるかどうかにある。