過去記事一覧 (2020 年)

4 月

/tt/news/2004/07/news08.jpg
戦略転換は受け入れられるか

IntelがAIプロセッサ「Nervana」の開発を打ち切り、「Habana」に注力する理由

IntelがAIプロセッサ「Intel Nervana」シリーズの開発打ち切りを表明した。代わって同社は2019年に買収したHabana Labsのプロセッサに注力する。同社の行動が意味するものとは。

/tt/news/2004/06/news05.jpg
どれだけ違いが分かる?

「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」の違いは? 3Dとは? NAND型フラッシュの基礎

NAND型フラッシュメモリには「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」といったタイプに加え、「3D」も登場している。それぞれどのような違いがあり、どのような用途に適しているのだろうか。

/tt/news/2004/02/news05.jpg
エッジ:データのフロンティア【後編】

スタバとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステム

エッジコンピューティングは既に現実的なソリューションだ。StarbucksとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステムがその一例だ。

/tt/news/2004/01/news04.jpg
「脱クラウド」はなぜ起きる?【後編】

クラウドからオンプレミスへの回帰を誘発する“コスト”以外の問題とは?

パブリッククラウドからオンプレミスにシステムを戻そうとする企業は少なくない。主な要因はコストだが、コストが全てではない。どのような問題があるのだろうか。

3 月

/tt/news/2003/31/news07.jpg
「ストレージクラスメモリ」総ざらい【後編】

ストレージクラスメモリ「STT-MRAM」「NRAM」とは? 「DRAM」と何が違う?

ストレージクラスメモリの一種である「MRAM」には幾つかの種類が存在する。それぞれどのような技術を採用していて、容量や性能の観点でどのような違いがあるのだろうか。

/tt/news/2003/18/news06.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第2回】

「脱クラウド」はなぜ起きる? “コスト”や“運用管理”における企業の悩み

オンプレミスに回帰する「脱クラウド」の動向を追うと、企業がパブリッククラウドでどのような問題に直面し、なぜオンプレミスを選択するのかが見えてくる。企業がパブリッククラウドで直面する問題とは。

/tt/news/2003/25/news08.jpg
「脱クラウド」はなぜ起きる?【前編】

クラウドをやめて“オンプレミスに回帰した方がいい”と判断すべき理由は?

パブリッククラウドではコストや運用管理、コンプライアンスに関する問題を抱える可能性がある。どのような場合でクラウドからオンプレミスにシステムを戻すことが適切な判断となるだろうか。

/tt/news/2003/24/news08.jpg
フラッシュストレージが主流になる理由【後編】

SLC、MLC、TLC、QLCの違いは? 3Dだけではないフラッシュ大容量化技術

HDDの出荷台数を抜く勢いでフラッシュストレージが普及しつつある理由を知るには、幾つかの視点が必要だ。容量やフォームファクターなどの視点から見てみよう。

/tt/news/2003/19/news05.jpg
新アプローチのストレージクラスメモリ

NVMeフラッシュより高速! DRAMをストレージ化する「Forsa」

Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。

/tt/news/2003/16/news08.jpg
フラッシュストレージが主流になる理由【前編】

SATA/SAS接続型SSDではなく、なぜ「NVMeフラッシュ」が選ばれるのか

ストレージインタフェースにSATAやSASを採用したSSDよりも、NVMeを採用したフラッシュストレージが選ばれる傾向があるという。その理由とは何か。

/tt/news/2003/12/news06.jpg
「ストレージクラスメモリ」総ざらい【中編】

「DRAM」と「MRAM」の決定的な違いとは?

メインメモリとストレージの在り方を変える可能性を秘める「ストレージクラスメモリ」。その主要技術「MRAM」とは何か。DRAMやNAND型フラッシュメモリと何が違うのか。

/tt/news/2003/11/news11.jpg
曖昧になるインフラ【後編】

「HCI」と「IaaSのオンプレミス版」のどちらを選ぶべきか?

HCI製品から、パブリッククラウドのソフトウェアやハードウェアをオンプレミス側で運用するアプライアンスまで企業が選択できるインフラは多様になり、境界が曖昧になってきた。どのような観点で選ぶべきなのか。

/tt/news/2003/10/news06.jpg
「フラッシュストレージ」は2020年にこうなる【後編】

フラッシュストレージが普及しても「HDD」が使われ続ける理由

フラッシュストレージの用途が急速に拡大する一方、全てのデータセンターがすぐさまフラッシュストレージを導入するわけではない。HDDにはフラッシュストレージにはない需要がまだ存在するからだ。それは何なのか。

/tt/news/2003/10/news03.jpg
「SSD」「HDD」使い分けのポイント【後編】

「SSD」を選ぶべき人、「HDD」を使い続けるべき人を分ける条件

大容量化と低価格化によってSSDなどのフラッシュストレージは企業のストレージとして主流と言えるほどになった。それでもHDDの出荷容量が増えている。どちらを選ぶべきなのか。用途で両者を比較する。

/tt/news/2003/09/news02.jpg
プロセッサの勢力図再検討【後編】

EPYCで復活したAMD、魅力を増すIBMのPOWER

Intelよりも低コストを実現したEPYC。魅力的なアーキテクチャで存在感を示すPOWER。AMDとIBMの動向とともに、CPUを取り巻く市場の変化を解説する。

/tt/news/2003/05/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「SSD」は穴を空けても復旧可能? 安全な廃棄方法は

ストレージとして一般的に利用されるようになったSSD(ソリッドステートドライブ)は、5年ほどで寿命が来ると言われる。この際、適切に廃棄しなければデータ流出の危険にさらされてしまう。どう対処すればよいのか。

/tt/news/2003/04/news11.jpg
「ストレージクラスメモリ」総ざらい【前編】

「ストレージクラスメモリ」とは? 重要技術の「ReRAM」から理解する

DRAMとNAND型フラッシュメモリの中間的な性質を持つ「ストレージクラスメモリ」。メインメモリとしてもストレージとしても使えるストレージクラスメモリとは何者なのか。代表的な技術と製品を紹介する。

/tt/news/2003/04/news10.jpg
「Meltdown」「Spectre」「ZombieLoad」に続く

Intel製CPUを襲う新たな脅威「CacheOut」 これまでの脆弱性と何が違う?

Intel製プロセッサでデータ漏えいを引き起こす可能性のある新種の脆弱性「CacheOut」が見つかった。これまでに明らかになった同様の脆弱性よりも進刻な攻撃につながる可能性があるという。何が危険なのか。

/tt/news/2002/14/news02.jpg
量子コンピュータの用途と課題は?

量子コンピュータが「単なるPCの進化系」ではない理由

大手からスタートアップまで、国内外のベンダー各社が研究開発を進める「量子コンピュータ」。その基本的な仕組みと用途、現状の課題を解説する。

/tt/news/2003/03/news04.jpg
「フラッシュストレージ」は2020年にこうなる【前編】

「ストレージクラスメモリ」「NVMe」「QLC」とは? フラッシュの重要技術

「ストレージクラスメモリ」「NVMe」「QLC」など、フラッシュストレージを取り巻く技術が急速に進化し、フラッシュストレージの用途が広がっている。今後のフラッシュストレージ市場はどうなるのか。

/tt/news/2003/02/news11.jpg
曖昧になるインフラ【前編】

「真のHCI」とは何か? 「CI」との違いを見極める方法

さまざまなHCI製品が登場するにつれて、CI製品とHCI製品の境界線が曖昧になってきた。最近登場した製品を含めて、HCI製品の特徴を整理する。

/tt/news/2003/02/news10.jpg
「SSD」「HDD」使い分けのポイント【前編】

SSDに“主役”を譲っても「HDD」の出荷容量が伸び続ける理由

ストレージ市場でHDDからSSDなどのフラッシュストレージへの移行が進む。ところがHDDの出荷容量は増加傾向にあり、HDDベンダーは大容量化に寄与する技術開発を進めている。ストレージ市場の現状を整理してみよう。

2 月

/tt/news/2002/26/news01.jpg
プロセッサの勢力図再検討【前編】

2020年版:IntelとArmのCPU市場ポジションと動向

絶対王者の地位を死守してきたIntelだが、今後もそれは続くのか。市場の変化は新たな勝者を生み出すのか。IntelとArmの戦略とその有効性を概観する。

/tt/news/2002/26/news02.jpg
黎明期のエッジコンピューティング【後編】

「エッジコンピューティング」の成功企業になるためにやるべきこととは?

エッジコンピューティングは現段階では用途が限定的だが、数年でさまざまな業界に取り組みが広がるとみられる。自社がエッジコンピューティングに取り組み、メリットを引き出すにはどうすればよいのか。

/tt/news/2002/25/news01.jpg
量子コンピューティングは実用化の局面

IBM Researchのギル氏が語る量子コンピュータの基礎理論と「IBM Q」の現在

CES 2020にIBM Researchのディレクターが登壇。量子コンピュータのプログラミング方法を学ぶ必要性を訴え、量子コンピュータの基礎理論やIBM Qの現状を解説した。

/tt/news/2002/25/news06.jpg
D-WaveのCEOに聞く「量子コンピュータ」の可能性【後編】

D-Waveが語る「量子コンピュータ」のコスト問題を解決する方法は?

量子コンピュータの魅力とは何か。コスト問題にどう対処すべきなのか。量子コンピュータベンダーD-WaveのCEOに聞く。

/tt/news/2002/19/news07.jpg
黎明期のエッジコンピューティング【前編】

「エッジコンピューティング」が“バズワード”で終わるかどうかを分ける条件

「エッジコンピューティング」は今、最も注目すべき分野の一つであることは間違いない。ただし実際の取り組みが進むかどうかは話が別だ。普及の条件とは。

/tt/news/2002/18/news03.jpg
「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【後編】

「ファイバーチャネル」と「iSCSI」を性能、コスト、難易度など4点で比較

SANに使用するストレージインタフェースとしてFCとiSCSIのどちらを選択すべきなのか。4つのポイントで2つの技術を比較する。

/tt/news/2002/17/news05.jpg
D-WaveのCEOに聞く「量子コンピュータ」の可能性【前編】

D-Waveが直面した「量子コンピュータ」の“限界”とは? どう乗り越えるのか

複雑な計算問題を解くのに優れている量子コンピュータは、企業の課題解決にも役立つ可能性がある。量子コンピュータベンダーD-WaveのCEOに、量子コンピュータの用途と開発状況を聞く。

/tt/news/2002/13/news07.jpg
パブリッククラウドとの比較が分かりやすい

「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」「コロケーション」の違いは?

コロケーション施設を使ってプライベートクラウドを構築することはできる。ただしコロケーション施設を使えば常にプライベートクラウドになるわけではない。パブリッククラウドも含めて、3つの用語の違いを探る。

/tt/news/2002/13/news05.jpg
積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【後編】

メモリセル300層超えへ Samsung「V-NAND」でストレージ大容量化が進むか

Samsung Electronicsの3次元NAND型フラッシュメモリ「V-NAND」はメモリセルの積層数を増やすことで大容量化を進め、ついに100層を突破した。フラッシュストレージの大容量化にどのような影響があるのだろうか。

/tt/news/2002/10/news03.jpg
「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【前編】

いまさら聞けない「ファイバーチャネル」「iSCSI」の違い SANならどっち?

SANには「ファイバーチャネル」と「iSCSI」が一般的に使われる。どちらでSANを構成すべきかは意見が分かれる。それぞれどのようなネットワーク技術なのだろうか。

/tt/news/2002/07/news07.jpg
積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【前編】

100層以上のメモリセルを搭載 Samsung第6世代「V-NAND」を構成する技術とは

Samsung Electronicsの第6世代「V-NAND」は、100層以上のメモリセルを積載した3次元NAND型フラッシュメモリだ。高速性、大容量、低消費電力をどう実現したのか。

/tt/news/2002/06/news03.jpg
エッジのセキュリティをどう確保するか【後編】

エッジコンピューティングを危険にしないために「ゼロトラスト」が必要な理由

セキュリティに関する懸念から、企業はエッジコンピューティングの導入に足踏みする可能性がある。この懸念に対処するには何が必要なのか。

/tt/news/2002/05/news08.jpg
ハイブリッドクラウドを利用する5つのメリット【前編】

「ハイブリッドクラウド」がインフラコスト削減とリソース不足解消に役立つ訳

「ハイブリッドクラウド」はどのような用途があるのか。利用することでどのようなメリットがあるのだろうか。コスト管理とアジリティの観点から説明する。

/tt/news/2001/17/news04.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第1回】

クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか

企業ITにとって欠かせない存在になったクラウド。運用管理の効率化などさまざまな利点があるが、使い方を間違えると「オンプレミスの方が良かった」という結果になる。そこで生まれる選択肢が「脱クラウド」だ。

/tt/news/2002/03/news07.jpg
「NVMe」が変えるストレージ市場【前編】

NVMeストレージが売れると「SATA接続型SSD」が売れなくなると予想できる理由

パフォーマンスや価格優位性が増し、利用が広がりつつある「NVMeストレージ」。その普及の影響は、HDDからストレージ市場の主導権を奪った従来型SSDにも及んでいるという。それはどういうことなのか。

1 月

/tt/news/2001/31/news02.jpg
QLCにもあるオンリーワンな使い道

書き込みが遅くて耐久性が低いQLC SSDが活躍できる用途

QLCは書き込み速度が遅く、セルを書き換えられる回数も少ない。だが用途によっては非常に有用だ。QLCの真価を引き出す使い道とは何か。

/tt/news/2001/30/news07.jpg
エッジのセキュリティをどう確保するか【前編】

「エッジコンピューティング」はなぜ危険か やるべき対策は

「エッジコンピューティング」が企業にもたらすメリットは少なくない。ただしその可能性を生かすにはエッジのセキュリティに関する懸念を理解し、対処する必要がある。どのような脅威があり、どう対処すべきなのか。

/tt/news/2001/30/news06.jpg
オフラインコピーのありがたみ

「テープバックアップ」は過去の遺物ではない 価値を理解する5つの用語

ランサムウェア攻撃に遭ったとき「テープバックアップ」が救世主となることがある。テープバックアップは「過去の遺物」と侮れない重要な選択肢だ。その理解に役立つ5つの用語を解説する。

/tt/news/2001/30/news05.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【後編】

「ハイブリッドクラウド」で高額請求を回避できるデータ配置方法とは?

ハイブリッドクラウドを構築するときは、データの配置方法とセキュリティ対策を検討することが必要だ。それぞれどのようなリスクがあり、どう対処すべきなのか。

/tt/news/2001/29/news04.jpg
市場における新たな要件も解説

VMwareは「HCI」市場の“最重要ベンダー”であり続けることができるか?

HCIソフトウェア市場をけん引するVMware。エッジコンピューティングをはじめHCI市場を取り巻く状況が変化する中、VMwareは今の立ち位置を維持できるのか。

/tt/news/2001/29/news03.jpg
活性化するベアメタルクラウド市場

Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?

Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。

/tt/news/2001/28/news02.jpg
ハードウェアに迫る危険【後編】

ハードウェアレベルの脆弱性が悪用されたら何が起こるのか? QSEEに学ぶ

2019年11月、Armの技術「TrustZone」をベースにしたQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。その悪用は、どのような脅威をもたらすのか。

/tt/news/2001/23/news04.jpg
「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断

クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由

ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。

/tt/news/2001/22/news06.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【前編】

「ハイブリッドクラウド」の構築で最初に検討すべき2つの運用モデルとは

ハイブリッドクラウドは適切に構築すれば、オンプレミスとクラウド、両者のいいとこ取りが可能になる。ハイブリッドクラウドを構築するための最初のステップについて説明する。

/tt/news/2001/22/news05.jpg
コンポーザブルインフラ用語集

「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”

「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。

/tt/news/2001/22/news04.jpg
ハードウェアに迫る危険【前編】

Android全デバイスに影響か Qualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性

Armの技術「TrustZone」に基づくQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。発見者によると、「全てのバージョンの『Android』搭載デバイスが影響を受ける」という。

/tt/news/2001/20/news07.jpg
量子コンピュータの向いている分野とは

「量子コンピュータ×機械学習」は何の役に立ち、何の役に立たないのか

量子コンピュータは、機械学習をはじめとする人工知能技術の可能性を広げると専門家は指摘する。両者の組み合わせは、どのような業界に、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2001/19/news01.jpg
IT担当者が知っておくべきディスク管理用語

Windows 10の「ボリューム」と「パーティション」は何が違うのか?

「ディスクの管理」は、「Windows 10」管理者に役立つ重要な機能だ。使いこなすには「ボリューム」「パーティション」の違いや「ベーシックディスク」「ダイナミックディスク」の違いを理解する必要がある。

/tt/news/2001/17/news02.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【後編】

ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。

/tt/news/2001/16/news03.jpg
“テレポーテーション”も可能に?

量子コンピュータだけではない量子技術「量子鍵配送」「量子プリンタ」とは?

実用化に向けた取り組みが進む量子関連技術は、量子コンピュータだけではない。他の主要な量子技術の「量子鍵配送」「量子プリンタ」「量子センシング」について、実在する企業の取り組みを基に紹介する。

/tt/news/2001/14/news01.jpg
ただし導入には覚悟が必要

IPネットワークで高速共有ストレージを実現する「NVMe over TCP」

既存のネットワークインフラを使って高速アクセスを実現するNVMe over TCP。高性能と低コストを両立させた優れた選択肢だが、今導入するならちょっとした覚悟が必要だ。

/tt/news/2001/09/news03.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【前編】

ワイン醸造所がクラウドに移した発酵監視システムをオンプレミスに戻した理由

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、機械学習によって発酵タンク内の状態を監視するシステムを開発した。パブリッククラウドにデータを保存する仕組みにしたが、問題が発生した。それはどのようなものだったのか。

/tt/news/2001/06/news02.jpg
IBMが語る「量子コンピュータ」実用化への道筋【後編】

量子アプリケーション開発に量子力学の知識は必要か?

GoogleやIBMは量子コンピュータ開発に積極的だ。これらの企業の開発状況や、ユーザー企業が量子コンピュータ技術を利用するメリットについて、IBM基礎研究所の責任者に話を聞いた。

/tt/news/2001/04/news01.jpg
「イーサネット」の歴史と進化【前編】

「イーサネット」の原型はハワイのネットワークだった?

「イーサネット」はXeroxのパロアルト研究所(PARC)が1970年代に開発し、1983年にIEEE(米電気電子技術者協会)が標準規格として認定した。その原型となったネットワークとは。