過去記事一覧 (2020 年)

9 月

/tt/news/2009/23/news01.jpg
DASからクラウドへ

Nasuni導入で「数十万ドル」のストレージコスト削減

多数の拠点を擁するAPi Groupは、ストレージコストの増大に悩まされてきた。DASからWAFS、そしてNasuniのクラウドストレージに至る同社の事例を通してストレージコスト削減のヒントを探る。

/tt/news/2009/18/news06.jpg
「OPEX」での導入に合理性

ストレージの「サブスクリプション」「従量課金」がオンプレミスでも広がる理由

クラウドストレージの魅力の一つは、従量課金型の継続課金で導入できることだ。この料金体系は、いまやオンプレミス製品でも当たり前の選択肢になりつつある。

/tt/news/2009/11/news09.jpg
データセンター冷却入門【前編】

データセンター冷却の6大原理とは? 「機械式冷却」の基礎知識

年間を通してデータセンターの効率的な運用を維持するには、適切な冷却手段によって効果的に排熱する必要がある。主要な冷却手段である「機械式冷却」の仕組みを理解する上で、欠かせない基本事項を解説する。

/tt/news/2009/08/news02.jpg
「脱クラウド」の要否【後編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で見落としてはいけない“2大コスト”

コスト削減が「脱クラウド」の主な理由ではなくても、脱クラウドによるコストの変化を把握することは重要だ。当然ながら脱クラウドの作業そのものにも、それなりのコストがかかる。どのようなコストが発生するのか。

/tt/news/2009/07/news01.jpg
コントローラーの機能をオフロード

スタートアップ企業Nebulonが提案する「クラウド定義ストレージ」

ストレージコントローラーの機能の一部をクラウドにオフロードしてハードウェアコストを削減するというクラウド定義ストレージ。ソフトウェア定義ストレージと何が異なるのか。

/tt/news/2009/04/news01.jpg
フラッシュドライブの信頼性向上【前編】

SSDの信頼性検証の歴史を振り返る

物理的破損が生じない分だけHDDよりも信頼性が高いとされるSSD。しかしSSDにもデータが破損する問題が存在した。まずはSSDの課題が検証されてきた歴史を再確認しよう。

/tt/news/2009/03/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「SSD」に変えるか、「HDD」を使い続けるかの見極め方

SSDとHDDそれぞれに技術進化が進んでいる。特定の要件を満たすために、最適なストレージを選択することが重要な時代になってきた。両者の使い分けのポイントとは。

8 月

/tt/news/2008/31/news02.jpg
「SSHD」と「SSD」の違い【後編】

HDDとSSDを融合させた「SSHD」を無駄にする“駄目な使い方”とは?

「SSHD」はHDDとSSDの特性を併せ持ち、用途によっては大きなメリットが期待できる。だが注意点もある。用途を間違えると無駄な投資に終わってしまう可能性があるからだ。何に注意すべきなのか。

/tt/news/2008/28/news06.jpg
「Microsoftが保護してくれる」との思い込みは危険

「Microsoft 365」(Office 365)バックアップの要チェックポイント

「Microsoft 365」のユーザー企業が、データの確実なバックアップやリストアを実現するには、何をすればよいのか。確認すべきポイントを紹介する。

/tt/news/2008/27/news03.jpg
「リモートバックアップ」用語集【後編】

「リモートアクセス」「リモートデスクトップ」はバックアップにどう役立つ?

感染症対策としてのテレワークの動きが広がる中、バックアップに求められる要件が変化しつつある。今のバックアップを理解するためのキーワードを紹介する。

/tt/news/2008/25/news07.jpg
大学の「HCI」活用【前編】

大学がNutanixの「HCI」と「DRaaS」で実現した共用データセンターとは?

DR対策の一環でデータセンターを刷新したアラバマ農工大学は、そのデータセンターを他の大学が利用できるようにした。同校の取り組みを説明する。

/tt/news/2008/25/news02.jpg
「サーバ」の歴史を振り返る【後編】

サーバの「クラスタ化」「アウトオブバンド管理」「仮想化」とは?

ハードウェア側の進化とともに、サーバの進化は運用管理の分野にも及んだ。未来のサーバを考える上でポイントになる点とは。

/tt/news/2008/24/news02.jpg
AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【後編】

MicrosoftとGoogleのオンプレミスハードウェアを再チェック

大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。今回はAzureとAnthosの製品を紹介する。

/tt/news/2008/24/news04.jpg
「脱クラウド」の要否【中編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を失敗させない“2つの考慮点”

「脱クラウド」が必要だと判断したとしても、実際にクラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを移行させるのは簡単ではない。脱クラウドを成功させるには、どのような点を考慮すればよいのだろうか。

/tt/news/2008/23/news01.jpg
「CPU」と「マイクロプロセッサ」の違い【後編】

いまさら聞けない「マイクロプロセッサ」とは? 「CPU」と何が違う?

混同されがちな「CPU」と「マイクロプロセッサ」は、何が異なるのか。「マイクロプロセッサ」の基本的な意味を整理した上で、両者の違いを確認する。

/tt/news/2008/21/news02.jpg
「サーバ」の歴史を振り返る【中編】

業界初の「ラックマウント型サーバ」「ブレードサーバ」とは?

サーバの進化を知る上で欠かせないのがラックマウント型サーバやブレード型サーバの登場だ。どのようにして誕生したのかを振り返る。

/tt/news/2008/20/news05.jpg
クラウドファイルストレージ

AWS、Azure、GCPのファイルストレージ

クラウドではAmazon S3をはじめとするオブジェクトストレージの利用が拡大しているが、ファイルストレージが必要なユースケースも多い。3大クラウドプロバイダーが提供するファイルストレージを理解しておこう。

/tt/news/2008/19/news04.jpg
「テープ」復権へ【後編】

「テープ」と「クラウド」を組み合わせたバックアップの意外な注意点

バックアップやリストアの手段として「磁気テープ」は有用である一方で課題もあるため、他の手段との併用が望ましい。有力な手段としてクラウドサービスが挙げられるが、注意すべき点がある。それは何か。

/tt/news/2008/18/news10.jpg
「脱クラウド」の要否【前編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を招く“クラウド3大問題”とは?

クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」に踏み切る企業は、クラウドサービスでのシステム運用に何らかの問題を抱えている。どのような問題が脱クラウドにつながるのか。

/tt/news/2008/18/news05.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第4回】

オンプレミスとクラウドを賢く使い分ける4つのポイントとは?

「脱クラウド」で考えさせられるのは、結局オンプレミスのインフラとクラウドサービスは何が違うのかという点だ。両者の間で明確に異なる点を考察する。

/tt/news/2008/17/news02.jpg
AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【前編】

Amazon Web Services(AWS)のオンプレミスハードウェアを再チェック

大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。まず3社のアプローチの違いとAWSの製品を紹介する。

/tt/news/2008/17/news08.jpg
「リモートバックアップ」用語集【前編】

「オフサイトバックアップ」と「オンラインバックアップ」の違いとは?

在宅勤務などのテレワークの動きが広がったことで、バックアップの手法を見直さなければならなくなる可能性がある。バックアップの基本から学び直すためのキーワードを紹介する。

/tt/news/2008/16/news01.jpg
「CPU」と「マイクロプロセッサ」の違い【前編】

いまさら聞けない「CPU」とは何か?

「CPU」と「マイクロプロセッサ」は同じ意味で使われることがあるが、両者が本来、異なる意味の言葉だ。両者は何がどう異なるのか。違いを理解するために、まずはCPUを理解しよう。

/tt/news/2008/12/news03.jpg
「サーバ」の歴史を振り返る【前編】

1990年に誕生した「世界初のWebサーバ」とは?

いまだ進化を続ける「サーバ」。その起源は、1990年に誕生した「世界最初のWebサーバ」にさかのぼる。サーバはどのようにして登場したのか。

/tt/news/2008/11/news05.jpg
「テープ」復権へ【前編】

SSD全盛時代に「テープ」が復活した3つの理由

昔ながらの「磁気テープ」が復活しつつある。HDDやSSDがストレージ市場を席巻する中、テープが必要とされる理由とは。

/tt/news/2007/23/news03.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第3回】

「脱クラウド」したくなるセキュリティ問題 クラウドが狙われる理由とは?

クラウドサービスの利用で企業が懸念するポイントの一つがセキュリティだ。これがクラウドサービスからオンプレミスのインフラに回帰する「脱クラウド」の主要な要因にもなっている。

/tt/news/2008/06/news01.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【後編】

Googleをハイブリッドクラウドの“最重要ベンダー”に変えた「Anthos」とは?

Googleはコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を中核としたハイブリッドクラウド戦略を進めている。MicrosoftやAWSと比較したときの同社の強みとは。

/tt/news/2008/04/news03.jpg
「SSHD」と「SSD」の違い【前編】

「SSHD」とは? HDDとSSDを融合させた新たなストレージ

HDDとSSDを組み合わせたストレージが「SSHD」だ。SSDとは何が違い、どのようなメリットが期待できるのだろうか。

7 月

/tt/news/2007/30/news10.jpg
「BaaS」の利点と課題【前編】

「BaaS」とは? テレワーク前提時代のバックアップの“必需品”

企業の間でテレワークが広がる中、データのバックアップの手段に変化が求められている。“テレワーク前提時代”の有力なバックアップ手段となり得るのが「BaaS」(Backup as a Service)だ。その根拠とは。

/tt/news/2007/29/news09.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【中編】

「Azure Stack」だけじゃない、Microsoftのハイブリッドクラウド製品とは?

オンプレミスのインフラ向け製品を長く提供してきたMicrosoftは、クラウドベンダーの中でもいち早くハイブリッドクラウドに目を向けてきた。同社のハイブリッドクラウド向け主要製品・サービスを紹介する。

/tt/news/2007/27/news02.jpg
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【前編】

ユースケース別に見るAWS、Microsoft、Googleのクラウドストレージ

ファイル、ブロック、オブジェクトストレージそれぞれに対応したクラウドストレージサービスがあり、3大プロバイダー(AWS、Microsoft、Google)に限っても多岐にわたる。まずはユースケース別に整理しよう。

/tt/news/2007/23/news02.jpg
「ストレージクラスメモリ」の可能性と市場動向【後編】

次世代メモリ「SCM」に挑むMicron、キオクシア、Samsung Optaneを追うのは?

主要メモリベンダー各社が「ストレージクラスメモリ」(SCM)の開発を進めており、ストレージアレイやサーバへの採用も進む。市場はどう動くのか。

/tt/news/2007/20/news05.jpg
データセンターの液冷化【後編】

メリットが多いデータセンターの液冷化を阻む高くて単純な壁

データセンターの液冷化には地域の省電力化など多くのメリットがある。にもかかわらず液冷化が進まないのはなぜか。理由は非常に単純明快だ。

/tt/news/2007/15/news06.jpg
「ハイブリッドクラウド」の8大用途【後編】

クラウドが使いたくても使えなければ「ハイブリッドクラウド」を選ぶべき理由

企業データはガバナンスやコンプライアンスの観点から、クラウドサービスで扱うことが難しい場合がある。このような場合に考慮すべき選択肢が「ハイブリッドクラウド」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2007/14/news04.jpg
「ストレージクラスメモリ」の可能性と市場動向【前編】

「ストレージクラスメモリ」(SCM)は何の役に立つのか? 実現可能な使い方

メインメモリとストレージの中間的な役割を果たす「ストレージクラスメモリ」(SCM)。メモリやストレージとどう違い、どう使えるのだろうか。

/tt/news/2007/10/news03.jpg
データセンターの液冷化【前編】

液冷システムを検討していないデータセンター事業者は時代後れ

冷却効率の高さとコスト削減の可能性によって注目されている液冷システム。ある事業者は液冷化を必然と捉えて準備を進めている。当然、懐疑論者もいる。データセンターは変わるのだろうか。

/tt/news/2007/09/news02.jpg
“全社員テレワーク”の大本命【後編】

在宅勤務を快適にするには「VDI」を構築すべきこれだけの理由

在宅勤務などのテレワークを実践する企業が、「VDI」を導入すべき理由が幾つかある。どのような利点があるのだろうか。

/tt/news/2007/03/news03.jpg
パンデミックと投資動向【後編】

新型コロナで「OneDrive」「Dropbox」などの需要が拡大する理由と注意点

パンデミックによって企業の間でテレワークに移行する動きが広がったことで顕著になったのは、「OneDrive」「Dropbox」をはじめとするファイル同期サービスへの需要の高まりだ。その背景には何があるのか。

/tt/news/2007/02/news10.jpg
Storjがオブジェクトストレージ化

分散クラウドストレージサービス「Storj」がAmazon S3互換サービスを開始

ユーザーのストレージを利用して利用料を還元するクラウドサービスのStorjが、Amazon S3互換オブジェクトストレージサービスTardigradeを開始。QNAP製品をTardigrade化するアプリもリリースした。

/tt/news/2007/02/news03.jpg
フラッシュメモリの今【後編】

NAND型よりも「NOR型フラッシュメモリ」を選ぶべき用途とは?

NOR型フラッシュメモリは自動車や医療をはじめ幅広い分野で活躍している。NAND型フラッシュメモリとの違いを踏まえつつ、NOR型フラッシュメモリの用途を探る。

/tt/news/2006/08/news02.jpg
Dropboxの脱クラウド以前と以後【後編】

Dropboxがオンプレミス回帰後も「AWS」を使い続ける理由

Dropboxは脱クラウド後も部分的にAWSの利用を続けている。独自のストレージシステムを構築したオンプレミスのデータセンターを含め、どのようにインフラを運用し、どのような方針で製品を導入しているのだろうか。

6 月

/tt/news/2006/30/news11.jpg
急成長するHPC市場とAIの関係

Microsoft、HPE、IBMが注力 「スパコン」などのHPC市場が盛り上がる理由

Microsoftが新しいスーパーコンピュータ(スパコン)を発表するなど、HPC市場の動きが活発化している。ベンダー各社がHPC市場に注力する理由は何か。Microsoftのスパコンの情報と併せて解説する。

/tt/news/2006/30/news01.jpg
「HCI」混戦時代へ【後編】

HCI市場で「HPE×Nutanix」が「Dell EMC×VMware」を追い抜く日

Dell EMCとVMwareを擁するDell Technologiesは「HCI」市場で支配的な立場にある。その牙城を崩す可能性があるのが、Nutanixとの協業で市場での存在感を増してきたHPEだと専門家は指摘する。どういうことなのか。

/tt/news/2006/29/news06.jpg
“全社員テレワーク”の大本命【前編】

「リモートアクセスVPN」だけで在宅勤務が可能だと考えるべきではない理由

テレワーク用のITインフラとして「リモートアクセスVPN」が広く利用されている。だがリモートアクセスVPNだけでは安全性を確保できないとの声がある。それはなぜなのか。

/tt/news/2006/26/news07.jpg
パンデミックと投資動向【中編】

コロナ禍でも買われるIT製品、後回しされるIT製品の違いは?

新型コロナウイルス感染症の拡大は、企業のIT製品の投資動向にどのような影響を与えるのか。調査結果から探る。

/tt/news/2006/25/news07.jpg
フラッシュメモリの今【前編】

いまさら聞けない「NAND型」「NOR型」フラッシュメモリの違いとは?

フラッシュメモリの種類には、よく耳にするNAND型の他にNOR型がある。どのような違いがあり、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。

/tt/news/2006/01/news03.jpg
Dropboxの脱クラウド以前と以後【前編】

Dropboxはなぜ「AWS」からオンプレミスへの回帰を選んだのか

AWSで運用していた大規模なストレージシステムをオンプレミスに移行したDropbox。同社はなぜ、クラウドサービスからオンプレミスに回帰する「脱クラウド」の判断をしたのだろうか。

/tt/news/2006/22/news02.jpg
フラッシュメモリより1000倍高速

ReRAMはフラッシュメモリの後継の最有力候補となるか?

NAND型フラッシュメモリより1000倍高速で消費電力は1000分の1というReRAM。このReRAMを開発しているイスラエルのスタートアップ企業の取り組みを紹介する。

/tt/news/2006/19/news07.jpg
パンデミックと投資動向【前編】

コロナ禍の納期遅れでも「ストレージ」を買う企業、買わない企業を分ける条件

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって一部ではストレージ製品の納期の遅れが発生している。企業のIT投資にどのような影響があるのか。

/tt/news/2006/17/news01.jpg
失敗しないための注意点は?

マルチクラウドストレージがとてもオススメな理由

複数のクラウドサービスを組み合わせた「マルチクラウドストレージ」には多くのメリットがある。そのユースケースと失敗しないための注意点を解説する。

/tt/news/2006/11/news02.jpg
「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【後編】

「Commvault」と「Veeam」の違いとは? 2大バックアップ製品を比較

Commvault SystemsとVeeam Softwareのバックアップ/リカバリー製品は、何が異なるのだろうか。4つの視点で比較する。

/tt/news/2006/10/news01.jpg
アプリケーションモダナイゼーション【後編】

DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのDBをモダナイズせよ

メインフレームだけがモダナイゼーションの対象ではない。DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのデータベースは、一体どうしたらいいのか。事例からレガシーの近代化のヒントを探る。

/tt/news/2006/09/news05.jpg
IBMに聞く「量子コンピュータ」の今【中編】

「量子コンピュータ」はクラウドとオンプレミスのどちらが現実的か?

「量子コンピュータ」には、ありがちな「誤解」がある。それは何か。IBMの量子コンピュータ部門責任者が主要な3つの誤解を紹介する。

/tt/news/2006/05/news04.jpg
「HCI」混戦時代へ【前編】

「HCI」の好調がストレージの売上高減少の原因だった?

2019年第4四半期前後のベンダー各社のストレージの売上高は落ち込む一方、「HCI」の売上高は伸びている。市場で何が起きているのだろうか。

/tt/news/2006/04/news05.jpg
「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【前編】

「Commvault」と「Veeam」とは? 2大バックアップ製品の長所と短所

データの損失は事業継続性の観点で企業にとっては致命的になる。そこで役立つのがバックアップ/リカバリー製品だ。その主要ベンダーCommvault SystemsとVeeam Softwareの製品の違いを探る。

/tt/news/2006/03/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

エッジコンピューティングに伴うパラダイムシフト

オフィスエッジとモバイルエッジの次に来るのは産業エッジだ。コンピューティングパラダイムのシフトについて解説する。

/tt/news/2006/01/news01.jpg
コンポーザブルインフラの登場【後編】

今すぐコンポーザブルインフラに手を出すべきではない理由

コンポーザブルインフラによってコンピュータのあらゆる構成要素を動的に再構成できるようになれば、ワークロードに最適なリソースを割り当てられるようになる。だがデメリットもある。

/tt/news/2005/29/news14.jpg
IBMに聞く「量子コンピュータ」の今【前編】

「量子コンピュータ」はなぜ必要か? 従来型との比較で考える

従来型のコンピュータではなく、「量子コンピュータ」が必要になるのはなぜなのか。量子コンピュータでできることとは何か。IBMの量子コンピュータ部門責任者に聞いた。

5 月

/tt/news/2005/29/news01.jpg
新たな技術と新たな脅威【後編】

「NAS」があなたの想像よりも危険な理由

さまざまな新技術が普及すれば、攻撃者もそうした技術を狙う。ただし長く使われている技術であっても、攻撃者にとってうまみがあれば攻撃の対象になり続ける。その代表格がNASだという。なぜなのか。

/tt/news/2005/27/news01.jpg
レガシーハードウェアの運用ノウハウ【後編】

「VAX」のクラウド移行も可能? レガシーを使い続けるための延命のヒント

ハードウェアは古くなっても生かせる選択肢がある。運用管理やコストを最適化するために古いハードウェアやそこで動くアプリケーションをどのように扱えばよいかを紹介する。

/tt/news/2005/26/news07.jpg
SSDのメリットとデメリット【前編】

いまさら聞けない「SSD」と「HDD」の根本的な違いとは?

HDDからSSDへの切り替えが進んでいる。その背景には、SSDがもたらす多様なメリットがある。そもそもSSDはHDDと何がどう違うのか。

/tt/news/2005/21/news04.jpg
ストレージでデータ処理

CPUを搭載する「コンピュテーショナルストレージ」のユースケースと主要製品

CPU(やASIC、FPGA、GPU)を搭載し、ストレージで直接データを処理する「コンピュテーショナルストレージ」が注目されている。どのようなメリットがあり、どのような用途に使われているのか。

/tt/news/2005/18/news02.jpg
コンポーザブルインフラの登場【前編】

データセンターの非効率性を解決するコンポーザブルインフラ

構成が固定的なハードウェアでは、現在の複雑なワークロードを効率的に処理できない。そこで登場したのが異種(ヘテロジニアス)コンピューティングだったが、これも十分ではなかった。

/tt/news/2005/14/news04.jpg
「HCI」や「IaC」との違いも整理

「コンポーザブルインフラ」とは何かを理解する7大基礎用語

「コンポーザブルインフラ」によってアプリケーションの実行環境の構築がどのように変わるのか。「HCI」「IaC」とは何が違うのか。それらを知るための基礎用語を解説する。

/tt/news/2005/13/news03.jpg
Kubernetesストレージの基礎【後編】

あらゆるストレージとデータソースをコンテナ化して統合する「Rook」の魅力

Rookは、各種ストレージハードウェアやクラウドストレージ、SQLおよびNoSQLデータベースをまとめてソフトウェア定義ストレージ化する。Kubernetesユーザー注目のソリューションの魅力と課題を紹介する。

/tt/news/2005/12/news05.jpg
レガシーハードウェアの運用ノウハウ【前編】

年代物のレガシーサーバを放置してはいけない“これだけの問題” 

企業が古くなったハードウェアを維持する理由はさまざまだ。安全かつ効率的に運用したいのであれば、古いハードウェアの維持によって生じる問題を知っておくことが欠かせない。どのような問題があるのか。

/tt/news/2005/07/news08.jpg
「DX」に適したインフラ

「コンポーザブルインフラ」とは? クラウドやHCIとの違いと類似点を解説

「コンポーザブルインフラ」は企業が文化的あるいは技術的に変化するために役立つインフラだ。具体的にどのように利用することで変化をもたらせるのかを考えてみよう。

/tt/news/2005/07/news07.jpg
バッファオーバーフロー攻撃に備える【前編】

「バッファオーバーフロー攻撃」の仕組みとは? 何が危険なのか?

メモリ領域の脆弱性「バッファオーバーフロー」はどのように悪用され、どのような危険性をはらんでいるのか。対策のために知っておくべきバッファオーバーフローと、それを悪用した攻撃の裏側を解説する。

/tt/news/2005/06/news01.jpg
HDDより予兆は見つけにくい?

「SSD」の障害を引き起こす4つの原因と対処法

SSDはHDDと比べて高速処理が可能で信頼性も高いが、障害が発生することはある。SSDの障害が起こる原因と、正常な状態で使い続けるための方法を紹介する。

/tt/news/2005/02/news01.jpg
NAND型フラッシュメモリの進化と現実【後編】

「QLC」と「TLC」の違いとは? NAND型フラッシュメモリの賢い選び方

「QLC」方式と「TLC」方式のNAND型フラッシュメモリのどちらが適切かは、どのような基準で判断すればよいのか。用途に注目して両者を比較する。

4 月

/tt/news/2004/30/news03.jpg
Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【後編】

「IBM Z」などのメインフレームからクラウドへの移行がすぐには進まない理由

GoogleはCornerstone Technologyの買収でメインフレームからクラウドへの移行手段を充実させている。IBMなどのメインフレームベンダーもニーズを維持するための対策に乗り出している。その中身とは。

/tt/news/2004/25/news02.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

“HDDはSSDに負けた”論の検証から5G基礎解説まで 新規会員が気になった話題は

「サーバ&ストレージ」「ネットワーク」「仮想化」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/25/news01.jpg
NAND型フラッシュメモリの進化と現実【前編】

QLC、TLCが生まれた今でも「SLC」のNAND型フラッシュメモリが使われ続ける理由

進化や変化が、常にあらゆるニーズを満たすとは限らない。「QLC」「TLC」といった新しい方式が登場したにもかかわらず、従来の「SLC」方式のNAND型フラッシュメモリが使われるのには、それなりの理由がある。

/tt/news/2004/24/news01.jpg
各SSDの特徴を再整理

3D XPoint、Z-NAND、TLC、QLC……ユースケースに最適なSSDとは

SSDには複数の種類があり、速度もコストも特徴も異なる。ユースケースに最適なSSDを選ぶには、各種SSDの仕様を理解しなければならない。場合によってはSSDによるストレージ階層化も検討すべきだろう。

/tt/news/2004/23/news02.jpg
Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【中編】

Googleが「メインフレーム」からのクラウド移行に目を付けた納得の理由

Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。背景には何があるのか。

/tt/news/2004/22/news02.jpg
Kubernetesストレージの基礎【前編】

Kubernetesによるコンテナストレージの管理

コンテナのストレージもKubernetesで管理することが一般化してきた。まずはKubernetesにおけるコンテナストレージの仕組みを基礎から解説する。

/tt/news/2004/21/news09.jpg
GPU仮想化は何に役立つのか【後編】

Intel、NVIDIA、AMDの「GPU仮想化」技術を比較 それぞれの特徴とは

主要なGPUベンダーが提供している「GPU仮想化」技術。IntelやNVIDIA、AMDなど、ベンダーごとのGPU仮想化技術の特徴と、「vSphere」環境で仮想GPUを利用する方法を説明する。

/tt/news/2004/21/news05.jpg
新型コロナがメモリ市場に与える影響【後編】

NAND型フラッシュの流通が新型コロナウイルスで滞る?

新型コロナウイルスの感染拡大でNAND型フラッシュメモリの需要が低迷すると専門家は予測する。各社が設備投資を積極化させてきた中で、NAND型フラッシュメモリの価格にはどのような影響があるのだろうか。

/tt/news/2004/16/news08.jpg
「ストレージクラスメモリ」に関する5つのQ&A【前編】

次世代メモリ「ストレージクラスメモリ」(SCM)とは? 利点と用途を解説

ストレージとメモリの“いいとこ取り”を目指す「ストレージクラスメモリ」(SCM)。SCMが自社に適しているかどうかを判断する基準として、その技術的特性やメリット、用途などを紹介する。

/tt/news/2004/15/news07.jpg
Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【前編】

Googleが買収したCornerstoneとは? メインフレームアプリをクラウドへ

Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。Cornerstoneはどのようなベンダーで、「Google Cloud Platform」(GCP)に何をもたらすのか。

/tt/news/2004/14/news06.jpg
新型コロナがメモリ市場に与える影響【前編】

新型コロナウイルス感染拡大でNAND型フラッシュメモリの価格はどう動く?

新型コロナウイルスの感染拡大でNAND型フラッシュメモリの需要が低迷すると専門家は予測する。各社が設備投資を積極化させてきた中で、NAND型フラッシュメモリの価格にはどのような影響があるのだろうか。

/tt/news/2004/13/news05.jpg
GPU仮想化は何に役立つのか【前編】

「GPU仮想化」とは? 使うべき用途、避けるべき用途の違い

「GPU仮想化」は、データセンターの処理能力を向上させてCPUの負荷を軽減し、UXの向上に役立つ。しかし向いていない用途に導入すると、余計なコストが生じる恐れもある

/tt/news/2004/10/news03.jpg
結論:素晴らしい

価格分の価値があるLogitechのキーボード「MX Keys」

英Computer WeeklyのInspect-a-Gadgetチームが、Logitech(ロジクール)のキーボードを試用した。絶賛にあふれたレビューを紹介する。

/tt/news/2004/07/news08.jpg
戦略転換は受け入れられるか

IntelがAIプロセッサ「Nervana」の開発を打ち切り、「Habana」に注力する理由

IntelがAIプロセッサ「Intel Nervana」シリーズの開発打ち切りを表明した。代わって同社は2019年に買収したHabana Labsのプロセッサに注力する。同社の行動が意味するものとは。

/tt/news/2004/06/news05.jpg
どれだけ違いが分かる?

「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」の違いは? 3Dとは? NAND型フラッシュの基礎

NAND型フラッシュメモリには「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」といったタイプに加え、「3D」も登場している。それぞれどのような違いがあり、どのような用途に適しているのだろうか。

/tt/news/2004/02/news05.jpg
エッジ:データのフロンティア【後編】

スタバとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステム

エッジコンピューティングは既に現実的なソリューションだ。StarbucksとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステムがその一例だ。

/tt/news/2004/01/news04.jpg
「脱クラウド」はなぜ起きる?【後編】

クラウドからオンプレミスへの回帰を誘発する“コスト”以外の問題とは?

パブリッククラウドからオンプレミスにシステムを戻そうとする企業は少なくない。主な要因はコストだが、コストが全てではない。どのような問題があるのだろうか。

3 月

/tt/news/2003/31/news07.jpg
「ストレージクラスメモリ」総ざらい【後編】

ストレージクラスメモリ「STT-MRAM」「NRAM」とは? 「DRAM」と何が違う?

ストレージクラスメモリの一種である「MRAM」には幾つかの種類が存在する。それぞれどのような技術を採用していて、容量や性能の観点でどのような違いがあるのだろうか。

/tt/news/2003/18/news06.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第2回】

「脱クラウド」はなぜ起きる? “コスト”や“運用管理”における企業の悩み

オンプレミスに回帰する「脱クラウド」の動向を追うと、企業がパブリッククラウドでどのような問題に直面し、なぜオンプレミスを選択するのかが見えてくる。企業がパブリッククラウドで直面する問題とは。

/tt/news/2003/25/news08.jpg
「脱クラウド」はなぜ起きる?【前編】

クラウドをやめて“オンプレミスに回帰した方がいい”と判断すべき理由は?

パブリッククラウドではコストや運用管理、コンプライアンスに関する問題を抱える可能性がある。どのような場合でクラウドからオンプレミスにシステムを戻すことが適切な判断となるだろうか。

/tt/news/2003/24/news08.jpg
フラッシュストレージが主流になる理由【後編】

SLC、MLC、TLC、QLCの違いは? 3Dだけではないフラッシュ大容量化技術

HDDの出荷台数を抜く勢いでフラッシュストレージが普及しつつある理由を知るには、幾つかの視点が必要だ。容量やフォームファクターなどの視点から見てみよう。

/tt/news/2003/19/news05.jpg
新アプローチのストレージクラスメモリ

NVMeフラッシュより高速! DRAMをストレージ化する「Forsa」

Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。

/tt/news/2003/16/news08.jpg
フラッシュストレージが主流になる理由【前編】

SATA/SAS接続型SSDではなく、なぜ「NVMeフラッシュ」が選ばれるのか

ストレージインタフェースにSATAやSASを採用したSSDよりも、NVMeを採用したフラッシュストレージが選ばれる傾向があるという。その理由とは何か。

/tt/news/2003/12/news06.jpg
「ストレージクラスメモリ」総ざらい【中編】

「DRAM」と「MRAM」の決定的な違いとは?

メインメモリとストレージの在り方を変える可能性を秘める「ストレージクラスメモリ」。その主要技術「MRAM」とは何か。DRAMやNAND型フラッシュメモリと何が違うのか。

/tt/news/2003/11/news11.jpg
曖昧になるインフラ【後編】

「HCI」と「IaaSのオンプレミス版」のどちらを選ぶべきか?

HCI製品から、パブリッククラウドのソフトウェアやハードウェアをオンプレミス側で運用するアプライアンスまで企業が選択できるインフラは多様になり、境界が曖昧になってきた。どのような観点で選ぶべきなのか。

/tt/news/2003/10/news06.jpg
「フラッシュストレージ」は2020年にこうなる【後編】

フラッシュストレージが普及しても「HDD」が使われ続ける理由

フラッシュストレージの用途が急速に拡大する一方、全てのデータセンターがすぐさまフラッシュストレージを導入するわけではない。HDDにはフラッシュストレージにはない需要がまだ存在するからだ。それは何なのか。

/tt/news/2003/10/news03.jpg
「SSD」「HDD」使い分けのポイント【後編】

「SSD」を選ぶべき人、「HDD」を使い続けるべき人を分ける条件

大容量化と低価格化によってSSDなどのフラッシュストレージは企業のストレージとして主流と言えるほどになった。それでもHDDの出荷容量が増えている。どちらを選ぶべきなのか。用途で両者を比較する。

/tt/news/2003/09/news02.jpg
プロセッサの勢力図再検討【後編】

EPYCで復活したAMD、魅力を増すIBMのPOWER

Intelよりも低コストを実現したEPYC。魅力的なアーキテクチャで存在感を示すPOWER。AMDとIBMの動向とともに、CPUを取り巻く市場の変化を解説する。

/tt/news/2003/05/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「SSD」は穴を空けても復旧可能? 安全な廃棄方法は

ストレージとして一般的に利用されるようになったSSD(ソリッドステートドライブ)は、5年ほどで寿命が来ると言われる。この際、適切に廃棄しなければデータ流出の危険にさらされてしまう。どう対処すればよいのか。

/tt/news/2003/04/news11.jpg
「ストレージクラスメモリ」総ざらい【前編】

「ストレージクラスメモリ」とは? 重要技術の「ReRAM」から理解する

DRAMとNAND型フラッシュメモリの中間的な性質を持つ「ストレージクラスメモリ」。メインメモリとしてもストレージとしても使えるストレージクラスメモリとは何者なのか。代表的な技術と製品を紹介する。

/tt/news/2003/04/news10.jpg
「Meltdown」「Spectre」「ZombieLoad」に続く

Intel製CPUを襲う新たな脅威「CacheOut」 これまでの脆弱性と何が違う?

Intel製プロセッサでデータ漏えいを引き起こす可能性のある新種の脆弱性「CacheOut」が見つかった。これまでに明らかになった同様の脆弱性よりも進刻な攻撃につながる可能性があるという。何が危険なのか。

/tt/news/2002/14/news02.jpg
量子コンピュータの用途と課題は?

量子コンピュータが「単なるPCの進化系」ではない理由

大手からスタートアップまで、国内外のベンダー各社が研究開発を進める「量子コンピュータ」。その基本的な仕組みと用途、現状の課題を解説する。

/tt/news/2003/03/news04.jpg
「フラッシュストレージ」は2020年にこうなる【前編】

「ストレージクラスメモリ」「NVMe」「QLC」とは? フラッシュの重要技術

「ストレージクラスメモリ」「NVMe」「QLC」など、フラッシュストレージを取り巻く技術が急速に進化し、フラッシュストレージの用途が広がっている。今後のフラッシュストレージ市場はどうなるのか。

/tt/news/2003/02/news11.jpg
曖昧になるインフラ【前編】

「真のHCI」とは何か? 「CI」との違いを見極める方法

さまざまなHCI製品が登場するにつれて、CI製品とHCI製品の境界線が曖昧になってきた。最近登場した製品を含めて、HCI製品の特徴を整理する。

/tt/news/2003/02/news10.jpg
「SSD」「HDD」使い分けのポイント【前編】

SSDに“主役”を譲っても「HDD」の出荷容量が伸び続ける理由

ストレージ市場でHDDからSSDなどのフラッシュストレージへの移行が進む。ところがHDDの出荷容量は増加傾向にあり、HDDベンダーは大容量化に寄与する技術開発を進めている。ストレージ市場の現状を整理してみよう。

2 月

/tt/news/2002/26/news01.jpg
プロセッサの勢力図再検討【前編】

2020年版:IntelとArmのCPU市場ポジションと動向

絶対王者の地位を死守してきたIntelだが、今後もそれは続くのか。市場の変化は新たな勝者を生み出すのか。IntelとArmの戦略とその有効性を概観する。

/tt/news/2002/26/news02.jpg
黎明期のエッジコンピューティング【後編】

「エッジコンピューティング」の成功企業になるためにやるべきこととは?

エッジコンピューティングは現段階では用途が限定的だが、数年でさまざまな業界に取り組みが広がるとみられる。自社がエッジコンピューティングに取り組み、メリットを引き出すにはどうすればよいのか。

/tt/news/2002/25/news01.jpg
量子コンピューティングは実用化の局面

IBM Researchのギル氏が語る量子コンピュータの基礎理論と「IBM Q」の現在

CES 2020にIBM Researchのディレクターが登壇。量子コンピュータのプログラミング方法を学ぶ必要性を訴え、量子コンピュータの基礎理論やIBM Qの現状を解説した。

/tt/news/2002/25/news06.jpg
D-WaveのCEOに聞く「量子コンピュータ」の可能性【後編】

D-Waveが語る「量子コンピュータ」のコスト問題を解決する方法は?

量子コンピュータの魅力とは何か。コスト問題にどう対処すべきなのか。量子コンピュータベンダーD-WaveのCEOに聞く。

/tt/news/2002/19/news07.jpg
黎明期のエッジコンピューティング【前編】

「エッジコンピューティング」が“バズワード”で終わるかどうかを分ける条件

「エッジコンピューティング」は今、最も注目すべき分野の一つであることは間違いない。ただし実際の取り組みが進むかどうかは話が別だ。普及の条件とは。

/tt/news/2002/18/news03.jpg
「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【後編】

「ファイバーチャネル」と「iSCSI」を性能、コスト、難易度など4点で比較

SANに使用するストレージインタフェースとしてFCとiSCSIのどちらを選択すべきなのか。4つのポイントで2つの技術を比較する。

/tt/news/2002/17/news05.jpg
D-WaveのCEOに聞く「量子コンピュータ」の可能性【前編】

D-Waveが直面した「量子コンピュータ」の“限界”とは? どう乗り越えるのか

複雑な計算問題を解くのに優れている量子コンピュータは、企業の課題解決にも役立つ可能性がある。量子コンピュータベンダーD-WaveのCEOに、量子コンピュータの用途と開発状況を聞く。

/tt/news/2002/13/news07.jpg
パブリッククラウドとの比較が分かりやすい

「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」「コロケーション」の違いは?

コロケーション施設を使ってプライベートクラウドを構築することはできる。ただしコロケーション施設を使えば常にプライベートクラウドになるわけではない。パブリッククラウドも含めて、3つの用語の違いを探る。

/tt/news/2002/13/news05.jpg
積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【後編】

メモリセル300層超えへ Samsung「V-NAND」でストレージ大容量化が進むか

Samsung Electronicsの3次元NAND型フラッシュメモリ「V-NAND」はメモリセルの積層数を増やすことで大容量化を進め、ついに100層を突破した。フラッシュストレージの大容量化にどのような影響があるのだろうか。

/tt/news/2002/10/news03.jpg
「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【前編】

いまさら聞けない「ファイバーチャネル」「iSCSI」の違い SANならどっち?

SANには「ファイバーチャネル」と「iSCSI」が一般的に使われる。どちらでSANを構成すべきかは意見が分かれる。それぞれどのようなネットワーク技術なのだろうか。

/tt/news/2002/07/news07.jpg
積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【前編】

100層以上のメモリセルを搭載 Samsung第6世代「V-NAND」を構成する技術とは

Samsung Electronicsの第6世代「V-NAND」は、100層以上のメモリセルを積載した3次元NAND型フラッシュメモリだ。高速性、大容量、低消費電力をどう実現したのか。

/tt/news/2002/06/news03.jpg
エッジのセキュリティをどう確保するか【後編】

エッジコンピューティングを危険にしないために「ゼロトラスト」が必要な理由

セキュリティに関する懸念から、企業はエッジコンピューティングの導入に足踏みする可能性がある。この懸念に対処するには何が必要なのか。

/tt/news/2002/05/news08.jpg
ハイブリッドクラウドを利用する5つのメリット【前編】

「ハイブリッドクラウド」がインフラコスト削減とリソース不足解消に役立つ訳

「ハイブリッドクラウド」はどのような用途があるのか。利用することでどのようなメリットがあるのだろうか。コスト管理とアジリティの観点から説明する。

/tt/news/2001/17/news04.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第1回】

クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか

企業ITにとって欠かせない存在になったクラウド。運用管理の効率化などさまざまな利点があるが、使い方を間違えると「オンプレミスの方が良かった」という結果になる。そこで生まれる選択肢が「脱クラウド」だ。

/tt/news/2002/03/news07.jpg
「NVMe」が変えるストレージ市場【前編】

NVMeストレージが売れると「SATA接続型SSD」が売れなくなると予想できる理由

パフォーマンスや価格優位性が増し、利用が広がりつつある「NVMeストレージ」。その普及の影響は、HDDからストレージ市場の主導権を奪った従来型SSDにも及んでいるという。それはどういうことなのか。

1 月

/tt/news/2001/31/news02.jpg
QLCにもあるオンリーワンな使い道

書き込みが遅くて耐久性が低いQLC SSDが活躍できる用途

QLCは書き込み速度が遅く、セルを書き換えられる回数も少ない。だが用途によっては非常に有用だ。QLCの真価を引き出す使い道とは何か。

/tt/news/2001/30/news07.jpg
エッジのセキュリティをどう確保するか【前編】

「エッジコンピューティング」はなぜ危険か やるべき対策は

「エッジコンピューティング」が企業にもたらすメリットは少なくない。ただしその可能性を生かすにはエッジのセキュリティに関する懸念を理解し、対処する必要がある。どのような脅威があり、どう対処すべきなのか。

/tt/news/2001/30/news06.jpg
オフラインコピーのありがたみ

「テープバックアップ」は過去の遺物ではない 価値を理解する5つの用語

ランサムウェア攻撃に遭ったとき「テープバックアップ」が救世主となることがある。テープバックアップは「過去の遺物」と侮れない重要な選択肢だ。その理解に役立つ5つの用語を解説する。

/tt/news/2001/30/news05.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【後編】

「ハイブリッドクラウド」で高額請求を回避できるデータ配置方法とは?

ハイブリッドクラウドを構築するときは、データの配置方法とセキュリティ対策を検討することが必要だ。それぞれどのようなリスクがあり、どう対処すべきなのか。

/tt/news/2001/29/news04.jpg
市場における新たな要件も解説

VMwareは「HCI」市場の“最重要ベンダー”であり続けることができるか?

HCIソフトウェア市場をけん引するVMware。エッジコンピューティングをはじめHCI市場を取り巻く状況が変化する中、VMwareは今の立ち位置を維持できるのか。

/tt/news/2001/29/news03.jpg
活性化するベアメタルクラウド市場

Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?

Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。

/tt/news/2001/28/news02.jpg
ハードウェアに迫る危険【後編】

ハードウェアレベルの脆弱性が悪用されたら何が起こるのか? QSEEに学ぶ

2019年11月、Armの技術「TrustZone」をベースにしたQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。その悪用は、どのような脅威をもたらすのか。

/tt/news/2001/23/news04.jpg
「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断

クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由

ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。

/tt/news/2001/22/news06.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【前編】

「ハイブリッドクラウド」の構築で最初に検討すべき2つの運用モデルとは

ハイブリッドクラウドは適切に構築すれば、オンプレミスとクラウド、両者のいいとこ取りが可能になる。ハイブリッドクラウドを構築するための最初のステップについて説明する。

/tt/news/2001/22/news05.jpg
コンポーザブルインフラ用語集

「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”

「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。

/tt/news/2001/22/news04.jpg
ハードウェアに迫る危険【前編】

Android全デバイスに影響か Qualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性

Armの技術「TrustZone」に基づくQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。発見者によると、「全てのバージョンの『Android』搭載デバイスが影響を受ける」という。

/tt/news/2001/20/news07.jpg
量子コンピュータの向いている分野とは

「量子コンピュータ×機械学習」は何の役に立ち、何の役に立たないのか

量子コンピュータは、機械学習をはじめとする人工知能技術の可能性を広げると専門家は指摘する。両者の組み合わせは、どのような業界に、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2001/19/news01.jpg
IT担当者が知っておくべきディスク管理用語

Windows 10の「ボリューム」と「パーティション」は何が違うのか?

「ディスクの管理」は、「Windows 10」管理者に役立つ重要な機能だ。使いこなすには「ボリューム」「パーティション」の違いや「ベーシックディスク」「ダイナミックディスク」の違いを理解する必要がある。

/tt/news/2001/17/news02.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【後編】

ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。

/tt/news/2001/16/news03.jpg
“テレポーテーション”も可能に?

量子コンピュータだけではない量子技術「量子鍵配送」「量子プリンタ」とは?

実用化に向けた取り組みが進む量子関連技術は、量子コンピュータだけではない。他の主要な量子技術の「量子鍵配送」「量子プリンタ」「量子センシング」について、実在する企業の取り組みを基に紹介する。

/tt/news/2001/14/news01.jpg
ただし導入には覚悟が必要

IPネットワークで高速共有ストレージを実現する「NVMe over TCP」

既存のネットワークインフラを使って高速アクセスを実現するNVMe over TCP。高性能と低コストを両立させた優れた選択肢だが、今導入するならちょっとした覚悟が必要だ。

/tt/news/2001/09/news03.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【前編】

ワイン醸造所がクラウドに移した発酵監視システムをオンプレミスに戻した理由

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、機械学習によって発酵タンク内の状態を監視するシステムを開発した。パブリッククラウドにデータを保存する仕組みにしたが、問題が発生した。それはどのようなものだったのか。

/tt/news/2001/06/news02.jpg
IBMが語る「量子コンピュータ」実用化への道筋【後編】

量子アプリケーション開発に量子力学の知識は必要か?

GoogleやIBMは量子コンピュータ開発に積極的だ。これらの企業の開発状況や、ユーザー企業が量子コンピュータ技術を利用するメリットについて、IBM基礎研究所の責任者に話を聞いた。

/tt/news/2001/04/news01.jpg
「イーサネット」の歴史と進化【前編】

「イーサネット」の原型はハワイのネットワークだった?

「イーサネット」はXeroxのパロアルト研究所(PARC)が1970年代に開発し、1983年にIEEE(米電気電子技術者協会)が標準規格として認定した。その原型となったネットワークとは。