「ファイルストレージ」とは? 使いやすいストレージなのはなぜ?3種類のストレージを比較【第2回】

ストレージの一種であるファイルストレージは、どのようなストレージなのか。基本的な仕組みやよくある使い方、注意が必要なデメリットなど、ファイルストレージの基本を説明する。

2024年01月07日 10時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

ストレージ | データ | インフラ


 ストレージはブロックストレージ、ファイルストレージ、オブジェクトストレージの3種類に分けることができる。それぞれ何が違い、どのようなメリットとデメリットがあるのか。今回はファイルストレージを具体的に解説する。

「ファイルストレージ」はなぜ使いやすいストレージ? 欠点は?

 ファイルストレージは、データをファイルやフォルダの集合体として整理する。ファイルストレージには、第1回で取り上げたブロックストレージと重複する部分がある。ファイルストレージはブロックストレージのベースとして使われることがあるからだ。しかしアプリケーションによってはファイルストレージを必要とせず、ブロックストレージのみを使用する場合もある。

 一部のファイルストレージはローカルでのみ使用されるが、ファイルストレージはネットワークでアクセスすることが可能だ。例えばOS「Windows」ではファイルやプリンタを共有するプロトコル「Server Message Block」(SMB)を使い、ネットワークに接続されたファイルストレージにアクセスできる。「Linux」のシステムでもファイル共有システムのプロトコル「Network File System」(NFS)を使うことで、同じことが可能だ。

 他方、ファイルストレージではなくブロックストレージに直接アクセスするアプリケーションでは、「Internet Small Computer Systems Interface」(iSCSI)といったプロトコルが使われる。

 ファイルストレージは幅広いOSで利用できるため、企業にとって使いやすいストレージの種類だと言える。ただし読み書きのパフォーマンス(性能)とスケーラビリティ(拡張性)には注意が必要だ。大きなファイルの読み書きや、複数のユーザーが大量のI/O(入出力)を生成する場合、パフォーマンスの低下が発生する可能性がある。


 第3回は、オブジェクトストレージを具体的に説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...