NVIDIAの新GPU「HGX H200」は何がすごいのか? 進化した点は?生成AIとLLMとNVIDIA【前編】

NVIDIAは生成AIやLLMの処理を効率化する新しいGPUを発表した。近年、AI技術の活用に乗り出す動きが企業に広がっている。企業が着目すべきGPUの特徴とは。

2024年01月05日 05時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

GPU | CPU | データセンター


 2023年11月13日月曜日(現地時間)、GPU(グラフィックス処理装置)ベンダーのNVIDIAはデンバーで開催された「Supercomputing 2023」(SC23)の特別講演で、新GPUの「NVIDIA HGX H200」(以下、H200)を発表した。SC23はスーパーコンピューティング、ネットワーク、ストレージの国際カンファレンスだ。

 NVIDIAによると、H200はメモリにSK hynixの「HBM3e」を採用してメモリ容量を従来モデルから増やした。これは、テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)と大規模言語モデル(LLM)の処理効率化に役立つという。具体的にはどのような進化を遂げたのか。

GPU選びで大事な“あの指標”

 さまざまな企業が生成AIやLLMの活用に乗り出している。とはいえ、こうしたAIワークロード(AI技術を組み込んだシステム)を処理するには一定以上の容量のメモリが必要だ。「メモリ容量は企業にとってしばしば課題になる」とコンサルティング企業J.Gold Associatesの創設者兼アナリストのジャック・ゴールド氏は指摘する。

 「AIワークロードは、CPUやGPUだけでなく、メモリにも負荷を掛ける。メモリの処理性能を追加するほど、AIワークロードの実行速度に違いが出る」(ゴールド氏)

 NVIDIAによると、「Amazon Web Services」(AWS)や「Google Cloud」「Microsoft Azure」「Oracle Cloud Infrastructure」などが、2024年からH200を使ったインスタンス(仮想マシン)をデプロイ(配備)する最初のクラウドサービスになるという。一般提供の開始は2024年下半期になる見込みだ。H200は前世代のモデルである「NVIDIA HGX H100」と互換性があるため、NVIDIAのユーザー企業はサーバシステムの設計を見直すことなくH200を使用できる。


 後編はNVIDIAの他の新製品の紹介や、近年の戦略を分析する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...