Azure FilesとAzure NetApp Files Azure Virtual Desktop用ストレージの本命は?「Azure Virtual Desktop」(AVD)のストレージ構築のポイント【第3回】

適切なストレージ選定は、MicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop」(AVD)の快適な利用につながる。ファイルストレージの主な選択肢が「Azure Files」「Azure NetApp Files」だ。両者の違いは。

2023年03月31日 05時00分 公開
[Katie FentonTechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)である「Azure Virtual Desktop」(AVD)を快適に利用するには、ストレージの種類や容量を適切に選ぶことが必要だ。自社に合ったストレージを選定するには、どうすればよいのか。AVDの導入と運用の方法について網羅的に解説した書籍『Mastering Azure Virtual Desktop』の著者であるライアン・マンガン氏に話を聞く。マンガン氏は、DaaSをはじめとするクライアントコンピューティングの専門家だ。

Azure FilesとAzure NetApp Filesのどちらを選ぶべきか

―― ユーザー企業がAVDで利用するストレージを選ぶ際、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

マンガン氏 世界には信じられないほど、さまざまな種類のアプリケーションが存在する。さまざまなアプリケーションを処理するためには、適切なデータ転送速度と十分なストレージ容量を確保することが必要だ。

 ユーザープロファイル(エンドユーザーのデータや設定)を保存するストレージの設計にも注意するとよい。あるエンドユーザーのユーザープロファイルのデータ量は小さく、別の人のユーザープロファイルのデータ量は大きい場合がある。

 アプリケーションの使い方次第で、必要なストレージ容量は大きく変わる。例えばMicrosoftのメールクライアント「Outlook」のエンドユーザーが、メールサーバ製品「Exchange Server」を日常的にキャッシュモード(ローカルにメールデータを残す動作モード)で利用しているとする。この場合、ストレージへのデータの読み書きを常に実行することになるため、仮想デスクトップやアプリケーションの動作に影響が出る可能性がある。

 AVDではファイルストレージとして、Microsoftの「Azure Files」または「Azure NetApp Files」が選択できる。災害対策(DR)の面では、Azure Filesは全てのリージョン(同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」の地域データセンター群)で利用でき、冗長性を確保しやすい特徴がある。Azure NetApp Filesは大企業向けのファイルストレージで、リージョンをまたいだデータのレプリケーション(複製)ができるのが特徴だ。

 エンドユーザーの数が500人から1000人であれば、Azure Filesでも問題ない。それ以上のエンドユーザー数、例えば1万人以上のエンドユーザーが使用する時は、Azure NetApp Filesが適している。Azure NetApp FilesはAzure Filesと比較してデータ管理機能が豊富で、可用性を確保しやすいためだ。


 次回はAVDが抱える“ある問題点”を、マンガン氏が指摘する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。