2016年04月21日 08時00分 公開
特集/連載

1回で分かる:仮想マシンを丸ごとバックアップする「VADP」の仕組みIT部長さんのための技術トレンド【第8回】(1/2 ページ)

VMwareが提供するバックアップのAPIである「VADP」。仮想マシンを丸ごとバックアップする機能として多くの製品が対応している。このVADPの仕組みやバックアップ動作について詳しく解説する。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 「VADP」はVMwareが提供するバックアップのAPIであり、多くのバックアップ製品が対応している。VADPの認知度は、この2、3年でかなり向上してきたと実感している。筆者は年間に100件近いバックアップ案件を支援しており、VADPはその中のほぼ全ての仮想化案件で採用または検討されている。

 だが、VADPについて「仮想マシンを丸ごとバックアップする」ということは知っていても、動作や仕組みをきちんと理解していない人も多い。

 本稿では、VADPのバックアップ動作について詳細に解説する。下記の流れで誰にでも理解できるように解説するので、安心して読み進めてほしい。

  • VADPの概要 〜VADPとは?
  • VMware環境を構成する要素
  • VADPバックアップの動作

VADPの概要 〜VADPとは?

 VADPはVMwareが提供するバックアップのAPIである。「VMware vSphere Storage APIs − Data Protection」が現在の正式名称であり、以前は「vStorage API for Data Protection」だった。仮想マシンのスナップショットと連係し仮想マシンを丸ごとバックアップする機能である。仮想マシンのスナップショット機能と連係するので、ある程度の整合性を保つことができる。また、ストレージ環境に依存しないので、汎用性の高いバックアップ方法といえる。

 VADPの機能はバックアップ製品を介して利用できる。「NetBackup」「NetVault Backup」「Arcserve」などの主要なバックアップ製品は全てVADPに対応している。

参考情報

 ほとんどのバックアップ製品はVADPに対応している。しかし、リストアや運用面で機能差があることは忘れてはいけない事実である。各バックアップ製品についての最新情報は各ベンダーに確認していただきたいが、確認項目や製品選定の考え方については、筆者の過去の記事を参考にしてほしい。


VMware環境を構成する要素

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...

news138.jpg

今さら聞けない「ウェビナー」の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...