データ保護は“自社だけ”の問題ではない
災害・サイバー攻撃から自社のデータを確実に守るには? 事例で深掘り
自然災害やランサムウェアによるデータ損失のリスクが広がる中、企業はどのようにデータを保護すればよいのか。樹脂メーカーの事例を基に、確実なバックアップとリストアを可能にする方法を説明する。(2022/1/21)

ランサムウェアから早期復旧【前編】
「ランサムウェア」に狙われた企業が“数時間”で復旧できた理由
ランサムウェア攻撃の標的になった建築設計事務所のLEO A DALYは、暗号化されたデータを数時間で復旧させることができた。なぜ早期復旧が可能だったのか、その理由を探る。(2022/1/21)

政府や省庁も注意喚起
「バックアップを攻撃するランサムウェア」の被害が増加 対策のポイントは
ランサムウェアの被害が増加している。バックアップを攻撃してデータを復旧させないようにするものもあり、「バックアップがあれば安心」とは言えなくなった。ではどのように対処すればいいのか。有識者に話を聞いた。(2022/1/20)

AWSのストレージサービスが料金体系を刷新【後編】
「Amazon S3 Glacier」に加わった“ミリ秒でデータが取れるアーカイブ”とは?
AWSは「Amazon S3 Glacier」と「AWS IoT SiteWise」の新しいストレージクラスを提供開始した。これらのストレージクラスの特徴を説明する。(2022/1/19)

VMwareの仮想ディスク作成方法を比較【中編】
「Lazy Zeroed」「Eager Zeroed」の違いとは? VMware仮想ディスクのシックプロビジョニング
VMwareの仮想ディスクの作成方法であるシックプロビジョニングには、「Lazy Zeroed」と「Eager Zeroed」という2つの種類がある。それぞれの違いとは。(2022/1/18)

バックアップはDXの第一歩
ランサムウェアが猛威を振るう時代、備えておきたいリカバリーの仕組み
デジタルトランスフォーメーション(DX)を背景としたデータ活用の取り組みに欠かせないのがセキュリティ対策だ。ランサムウェアが猛威を振るう中、全てのデータを簡単に保護するための方法を専門家が語った。(2022/1/18)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【前編】
クラウドにアプリ8割移行の空港が明かす「オンプレミスに残すアプリ」とは
英ベルファスト・シティー空港は、アプリケーションの大半をクラウドサービスで稼働させる見通しだ。ただし一部はオンプレミスインフラに残すという。同空港のIT幹部にクラウド移行の道筋を聞く。(2022/1/17)

Computer Weeklyリバイバル
バックアップでは防げないランサムウェア最新動向
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/1/16)

Computer Weekly日本語版
SSDでRAIDを組む意味はあるのか?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/1/7)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「バックアップ/DR環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/1/14)

テレワーカーのBCP【前編】
災害時は「発電機」と「衛星インターネット」が必要? 在宅勤務のBCPが進まない理由
テレワークは普及したものの、こうした状況の変化に合わせて事業継続計画(BCP)を練り直した企業はどれくらいあるだろうか。テレワーカーのBCPの整備が進みにくい理由とは。(2021/12/28)

二重脅迫がさらに進化
ランサムウェア集団に広がる「脅迫の多様性」
バックアップの普及によって、データを暗号化しただけでは身代金が取れなくなった。ランサムウェア集団は二重脅迫の手口をさらに凶悪化させてきた。彼らが使う手口とは?(2021/12/26)

「プレミアムコンテンツ」の読み解き方
「『Microsoft 365バックアップ』を軽視してはいけない」を日本企業はどう読むべきか
世界のIT動向をまとめた「プレミアムコンテンツ」の読み解き方を解説する本連載。今回は「『Microsoft 365バックアップ』を軽視してはいけない」を取り上げる。(2021/12/23)

マルチクラウドに潜む4つの落とし穴【後編】
ずさんな「マルチクラウド管理」が生む“無駄コスト”の正体と、その解消法
用途に合わせて利用するクラウドサービスを変えるなど、「マルチクラウド」を取り入れる企業がある。ただし使い方によっては利便性が高まる一方で、逆効果を生むこともある。企業が陥りがちなわなとは。(2022/1/14)

ランサムウェア攻撃者の予想を超える
3-2-1ルールは不完全――バックアップ担当者が押さえるべき3つのツボとは
ランサムウェア対策としてデータバックアップの有効性が説かれてきた。だが、その定説は覆されつつある。バックアップ担当者がデータの運用管理において順守すべきデータ保護のルールとは。(2021/12/22)

Computer Weeklyリバイバル
増加する“脱クラウド”、その残念な理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2021/12/11)

Linuxセキュリティ専門家に聞く【後編】
セキュリティを高めるために「最も重要なこと」は? 専門家の意見は
講じるべきセキュリティ対策は意外と簡単だ。ただし、徹底的に実行することが鍵を握る。Linuxセキュリティの専門家に聞いてヒントを得よう。(2021/12/10)

2人のITチームが選んだデータ保管方法【後編】
料理系メディアが“2人ITチーム”で挑んだ2PBのストレージ導入 成功の裏側は
America's Test Kitchenは増大するデータを保管するために、2PBのストレージを導入した。ITチームが2人しかいない同社が、クラウドストレージAmazon S3も併用しながら構築したデータ保管の仕組みとは。(2021/12/9)

VAST DataのストレージOSの新機能
「変更不可能なスナップショット」はランサムウェア対策の切り札になるか
ランサムウェアはバックアップデータも暗号化しようとする。だが何らかのデータ(スナップショットなど)が無事であれば復旧は可能だ。(2021/12/8)

主要DR製品の違い【中編】
CommvaultとZertoを比較 API連携やライセンス体系の違いは?
Commvault SystemsとZertoのDR(災害復旧)製品は、共に充実した機能を備える。どのような違いがあるのか。API連携やライセンスの観点で両製品を比較する。(2021/12/7)

「準仮想化」を理解するためのポイント【前編】
いまさら聞けない「準仮想化」と「完全仮想化」の違いとは? 特徴を比較
準仮想化は完全仮想化にはないメリットをIT管理者にもたらす。準仮想化と完全仮想化はどう違うのか。それぞれの基本的な特徴を説明する。(2021/12/2)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【後編】
ランサムウェア対策“最大のハードル”は「経営者の意識問題」 Gartnerが指摘
ランサムウェア攻撃を受けた企業が被害を広げないためには何をすればよいのか。Gartnerのアナリストが指摘する、企業の根本的なセキュリティ問題とは。(2021/12/1)

主要DR製品の違い【前編】
止められないシステムに必須の「DR」機能とは CommvaultとZertoを比較
DR(災害復旧)製品を使うことでミッションクリティカルなシステムの稼働を維持する方法がある。Commvault Systemsの「Commvault Disaster Recovery」と、Zertoの「Zerto Enterprise Cloud Edition」の仕組みや機能を比較する。(2021/11/30)

クラウドニュースフラッシュ
三菱重工がGoogle「Vertex AI」を選んだ理由 航空機製造でどう使っているのか
三菱重工業の航空機製造工場は、業務自動化のためにGoogle Cloud Platformの「Vertex AI」を採用した。同工場は機械学習をはじめとしたデータ活用にどう取り組んでいるのか。クラウドの主要なニュースを取り上げる。(2021/11/30)

ランサムウェア攻撃の身代金は支払うべきか【第4回】
「サイバーセキュリティ保険」はランサムウェアへの“万全な備え”になるのか?
企業がランサムウェア攻撃を受けた際の復旧にはサイバーセキュリティ保険を活用できる。一方で専門家は、ランサムウェア攻撃が活発化する中でサイバーセキュリティ保険の懸念点を指摘する。それは何なのか。(2021/11/29)

Linuxセキュリティ専門家に聞く【前編】
「99%のランサムウェア攻撃を防げる手段」を書いた専門家が本当に伝えたいこと
IT管理者はセキュリティ確保のためにバックアップやパッチ管理、定期的な脆弱性スキャンが欠かせない。Linuxセキュリティの専門家にシステムを守るこつを聞いた。(2021/11/26)

2人のITチームが選んだデータ保管方法【前編】
料理番組の会社が「Amazon S3」の“5日経過データ”をオンプレミスに戻す理由
America's Test Kitchenは「Amazon S3」とオンプレミスのストレージアプライアンスを併用するデータ保管の仕組みを構築した。導入した製品やその狙いは。(2021/11/25)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【中編】
ランサムウェア身代金「払う、払わない」の“正解”は? Gartnerの識者が議論
ランサムウェア攻撃を受けた企業は、身代金の要求に応じるかどうかを判断する必要がある。Gartnerのアナリストが、判断の基準や是非について持論を語る。(2021/11/24)

6つのバックアップツールを比較【後編】
バックアップツール“4種”を比較 Commvault、Acronis、Cohesity、Veritasの違いは?
バックアップツールは一見すると似た機能を提供しているが、特徴的な違いがある。主要な4つのツールを紹介する。(2021/11/24)

DR製品「Zerto」と「Veeam」を比較【後編】
「Zerto」と「Veeam」に結局違いはあるのか? クラウドDRは当たり前の選択に
Veeam SoftwareとZertoは共にクラウドサービスを使ったDR製品を提供している。両製品には共通点が多いが、決定的な違いはあるのか。(2021/11/24)

「Slack」のバックアップ手段を考える【後編】
「Slack」のメッセージを保存しておく“簡単過ぎる”方法
「Slack」のデータをバックアップする際、外部のツールを使わなくても保存することが可能だ。Slack標準の機能を使うときの手順と注意点を紹介する。(2021/11/19)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【前編】
Gartnerが明かす「ランサムウェア」の“本当の怖さ”とは?
データを暗号化して企業に身代金を要求するランサムウェアは、企業にとって大きな脅威となる。それはなぜなのか。Gartnerのアナリストがランサムウェアの危険性を解説する。(2021/11/17)

DR製品「Zerto」と「Veeam」を比較【中編】
DRの準備を無駄にしない――実効性を高める「Zerto」と「Veeam」の工夫
確実にシステム復旧できるかどうかがDRにおいては重要だ。「Zerto Virtual Replication」と「Veeam Backup & Replication」でDRを確実にするための選択とは。(2021/11/17)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「バックアップツールの提案活動」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/11/22)

「Slack」のバックアップ手段を考える【前編】
消えたら困る「Slack」のメッセージやファイルを残すには?
ビジネスチャットツール「Slack」で送受信したファイルは自動的にバックアップされない。Slackのデータをバックアップするにはどうすればいいのか。役立つ方法を紹介する。(2021/11/12)

6つのバックアップツールを比較【前編】
バックアップで“定番”の「Veeam」と「Rubrik」の違い 何を押さえるべきか?
バックアップの導入を考える際、どのような製品を候補として検討すればいいのか。主要なバックアップツールの特徴を紹介する。(2021/11/10)

コロナ禍で身近になった「レジリエンス」【後編】
事業継続力のある保険会社から学べることは何か? “きめ細かな工夫”の中身
「レジリエンス」(回復力)を追求するには先行事例から学ぶのが手っ取り早い。あるリスク管理の“すご腕”保険会社は、どのようにしてレジリエンスを手に入れたのか。(2021/11/9)

変わるHCIとベンダーの考え【前編】
Nutanix、VMware、Dellを「新HCI」が追う 今後のメインストリームは?
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)市場に注目すべき変化がある。NutanixやVMwareの動きに加えて、主要ベンダーを追う注目ベンダーの動向をまとめる。(2021/11/8)

“脱Excel”か“活Excel”か
Excelファイルを複数人で編集したいなら「Teamsの併用」が合理的な理由
「Microsoft Excel」のファイルを複数人で共同編集するには幾つかの手段があります。その中でも有力な選択肢が「Microsoft Teamsの利用」です。それはなぜでしょうか。(2021/11/15)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/11/4)

失敗しない「Microsoft 365」移行ガイド【後編】
「Microsoft 365」移行を失敗せずにやり切る方法
企業は「Microsoft 365」への移行を進める際、何に気を付ければよいのか。事前調査からツール選定まで、移行を成功させるためのポイントを紹介する。(2021/11/4)

DR製品「Zerto」と「Veeam」を比較【前編】
HPE買収のディザスタリカバリー製品「Zerto」とは ランサムウェア対策も?
DR製品である「Zerto Virtual Replication」と「Veeam Backup & Replication」にはどのような違いがあるのか。まずはHPEが買収したZertoのソフトウェアの特徴をまとめる。(2021/11/2)

コロナ禍で身近になった「レジリエンス」【前編】
危機に強い組織の共通点 パンデミックで飲食や医療、普通の会社は何をした?
危機に直面してもシステムが稼働し、業務を続けられるようにするのが「レジリエンス」(回復力)だ。パンデミックを経験した後だからこそ、知っておくべきレジリエンス向上の秘訣とは。(2021/11/2)

TechTarget発 世界のITニュース
Accentureにランサムウェア攻撃 「機密情報を公開」の脅しにどう対処したか?
ハッカー集団「LockBit」はコンサルティング大手のAccentureにランサムウェア攻撃を仕掛け、同社の機密情報を公開すると脅した。攻撃者は本当に機密情報を手に入れたのか。(2021/10/29)

行政機関で広がるクラウド活用【中編】
自治体が「Azure」を採用 “オンプレミスより安い”というデータ保管コストは
保安官のボディーカメラから取得したデータの保管場所として「Microsoft Azure」で構築したストレージシステムを利用する米国のブーン群。Azureの利用で得られたコスト削減効果とは。(2021/10/29)

コンテナのデータ保護を検証
コンテナへの挑戦で避けては通れない「バックアップ」をどうする?
アプリケーションのコンテナ化を検討する際、バックアップやデータ保護の課題は避けては通れない。コンテナのデータ保護に関するベストプラクティスを探る。(2021/10/29)

失敗しない「Microsoft 365」移行ガイド【前編】
「Microsoft 365移行ツール」選定のこつ 「移せたのはメールだけ」を避ける
「Microsoft 365」の機能はメールにとどまらず、多岐にわたる。Microsoft 365移行ツールを選定する際は、この事実を正しく認識することが不可欠だ。それはなぜなのか。何に注意すればよいのか。(2021/10/28)

テープ市場は拡大の一途【後編】
「LTO-9」を企業が待ち望んだ訳 大容量だけではないテープの進化
テープ規格「LTO-9」の準拠品が登場した。テープユーザーはこれを待ち望んでいた。大容量化だけではない、LTO-9のメリットとは。(2021/10/27)

「ハイパースケールクラウド」から学ぶ【第2回】
「大規模クラウド」のストレージ設計も夢ではない IT担当者が盗むべき運用術
ITインフラをソフトウェアで制御する流れはストレージにも広がっている。一般企業はハイパースケールクラウドに倣い、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)を活用することでさまざまなメリットを得ることができる。(2021/10/21)

テープ市場は拡大の一途【中編】
HDDとSSDにはない「テープ」の強さ 見切りを付けた企業も“使いたくなる”理由
テープに再注目する動きがある。各種のストレージが出回る中で、企業はテープの何にメリットを見いだしているのか。その理由を探る。(2021/10/20)