サービス中断とどうバランスを取るか
クラウド移行時のバックアップと運用監視、確実に実施するために何が必要?
どうすればバックアップや運用監視などの課題を確実にクリアしてオンプレミスからパブリッククラウドに移行できるのだろうか。それぞれのポイントを解説する。(2021/7/28)

TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェアから復旧したはずの食肉業者が、身代金1100万ドルを支払った理由
食肉加工のJBS USAは、ランサムウェア攻撃からシステムを復旧させたと述べた数日後に、巨額の身代金を支払ったことを公表した。なぜ身代金を支払う必要があったのか。(2021/7/16)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」のまさかの被害者 バックアップ企業が負った痛手とは?
システムを保護することを専門とするベンダーも、サイバー攻撃の被害に遭うことがある。バックアップ用ストレージベンダーのExaGridがランサムウェアに感染し、260万ドルの身代金を支払った。(2021/7/8)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【後編】
「リモートアクセスセキュリティ」に成功する企業、そうでない企業の違い
リモートアクセスのセキュリティ対策は、どの技術を採用するかに加え、それらの技術をどのチームが管理すべきかも重要になる。調査結果から、セキュリティ技術をうまく活用するためのヒントを学ぼう。(2021/7/8)

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

TechTarget発 世界のITニュース
マルウェア「TrickBot」関連でラトビア国籍の女性が逮捕 プログラミングを担当
ランサムウェア攻撃にも使われるマルウェア「TrickBot」の攻撃に関わったとして、ラトビア国籍の女性が起訴された。どのような攻撃活動に関わっていたのか。(2021/7/5)

「Microsoft 365のバックアップ環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/6)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【後編】
重要システムを1日で復旧させた敏腕CIOが明かす「ランサムウェア対策のヒント」
米カリフォルニア州のユバ郡はバックアップ製品を活用し、ランサムウェア攻撃を認識してから1日以内に重要なシステムの復旧にこぎ着けた。復旧を率いた“敏腕CIO”が明かすランサムウェア対策のヒントとは。(2021/7/5)

テープ時代のルール
3−2−1バックアップルールはクラウド時代でも有効なのか
テープバックアップの時代に考案された3−2−1バックアップルールは今でも有効なのか。クラウドバックアップを前提にすると何が変わるのか。3−2−1ルールを改めて検討する。(2021/7/5)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【前編】
リモートアクセスセキュリティの“勝ち組企業”を見分ける「SIPI」とは?
リモートアクセスのセキュリティ対策の“成功企業”を見分ける指標があるという。それは何なのか。調査会社Nemertes ResearchのCEOが説明する。(2021/6/30)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【中編】
身代金は払わない ランサムウェア被害のCIOが安心した「バックアップ」の効果
米カリフォルニア州のユバ郡がランサムウェア攻撃から迅速に復旧できた背景には、バックアップ製品の活用があった。同郡はバックアップ製品を使ってどう備え、どう攻撃に対処したのか。(2021/6/30)

「こんなはずでは」を未然に防ぐデータ保護
DX時代のIT-BCP/DRには何が必要? 従来製品では足りない「万が一」への備え
ビジネスがデジタル化し、システムの停止が企業活動の停止に直結するようになった現代、データ保護の重要性は増している。だが従来のバックアップ方式では、いざというときの復旧に不安が残るという。どうすれば対処できるのか。(2021/7/28)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」の攻撃が欧米で多発 FBIがセキュリティ警告
ランサムウェア「Conti」の攻撃が相次ぎ、米国や欧州の医療機関を中心に被害が広がっている。FBIも目を光らせるこれらの攻撃はどのような手口を使っているのか。(2021/6/26)

VMのスナップショットとバックアップの違い【前編】
仮想マシンを守る「スナップショット」の基礎 その仕組みと用途とは?
VMの貴重なデータを失わないためには、管理者はスナップショットとバックアップの違いを理解する必要がある。両者は何が違うのか。まずはスナップショットを理解しよう。(2021/6/25)

ランサムウェアが病院に及ぼす危機【第3回】
医療機関を狙うランサムウェア攻撃の手口 スタッフが休む週末は危険?
医療機関を狙うランサムウェア攻撃の手順を知っておくことは、被害を防ぐ第一歩だ。専門家は「最近のランサムウェア攻撃はファイルの暗号化だけでなく業務の妨害を目的としている」と話す。攻撃者の戦略とは。(2021/6/24)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【後編】
“次世代「SD-WAN」”に欠かせない「AI技術」「5G」「クラウド」との関係
SD-WAN製品はITのさまざまな変化を受けて変わってきた。今後はどのような機能強化があるのだろうか。4つのポイントを紹介する。(2021/6/24)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【前編】
ランサムウェア被害のCIOが明かす「わが郡はランサムウェアにこう攻撃された」
ランサムウェア攻撃を受けた米カリフォルニア州のユバ郡。同郡はランサムウェアに何がどう攻撃されたのか。同郡のCIOがつまびらかにする。(2021/6/23)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【後編】
「Microsoft 365」データ保持の限界は? バックアップの購入は必要か?
「Microsoft 365」が備えるデータ保持の標準機能には一定の制約がある。サードパーティー製のバックアップソフトウェアを使えばデータ保護を強化できる。標準機能でできること、できないことを見極めるポイントは。(2021/6/23)

「サイバー攻撃対策とバックアップ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/22)

注意すべき「Microsoft 365」の標準機能【前編】
「Microsoft 365」データ保持の基礎知識 保持ポリシー、保持ラベルの違いは?
「Microsoft 365」のデータ保護においては、データ保持の機能とバックアップを適切に使い分けることが重要になる。まずはデータ保持で着目すべきポイントを紹介する。(2021/6/16)

「SD-WAN」の基礎から活用例まで【第4回】
「5G」を「SD-WAN」で生かす方法とは? IoTデバイスのセキュリティにも注目
「IP-VPN」「インターネット回線」「LTE」「5G」など、企業が業務に利用できるWANは多様だ。将来的に普及が見込まれる5Gをはじめ、多様なネットワークをSD-WANで運用することでどのような利点があるのか。(2021/6/24)

攻撃の成否を分ける2つの要素も紹介
ランサムウェア攻撃者はなぜ「オンラインストレージ」を狙う? 理由と対策は
ランサムウェア攻撃は進化を遂げ、オンラインストレージを標的にするようになった。そうしたランサムウェア攻撃が成功すれば、大きな被害をもたらしかねない。何に注意すれば被害を防ぐことができるのか。(2021/6/14)

「責任共有モデル」に沿って戦略を練る
「Microsoft 365」のデータ消失を避ける4つの独自ルールとは?
「Microsoft 365」の運用においては、バックアップの自社ルールを設定することが重要だ。4つの項目に沿って、Microsoft 365の適切なバックアップポリシーを策定しよう。(2021/6/9)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第3回】
「SD-WAN」によるコスト削減方法とは? 40%の大幅削減例も
「SD-WAN」のメリットはローカルブレークアウトによる負荷分散だけではない。導入の仕方によっては「コスト削減」も可能だ。どのような場合にコスト削減が可能になるのか。(2021/6/16)

Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【後編】
「Windows Virtual Desktopマネージドサービス」の中身とは? 4社を比較
「Windows Virtual Desktop」(WVD)を利用するときは、運用をマネージドサービスプロバイダー(MSP)に任せるのも手だ。MSP4社が提供するWVDのマネージドサービスの内容を説明する。(2021/6/7)

TechTarget発 世界のITニュース
米司法省が「ランサムウェア」の被害抑止に本腰 国内外の連携強化へ
米司法省(DOJ)は増大するランサムウェアの脅威に対抗するためのタスクフォースを結成した。被害抑止に向けて、どのような取り組みを進めるのか。(2021/6/5)

AWSの「クラウドIAM」7選【中編】
AWSアカウントの一元管理に役立つ「AWS RAM」と「AWS Organizations」とは
AWSは複数のAWSアカウントを管理しやすくするために「AWS RAM」「AWS Organizations」を提供する。これらの特徴と用途を整理しよう。(2021/6/3)

テープからディスクへ
バックアップシステム刷新――コストメリットがないのに満足の理由
ある企業がテープバックアップからディスクバックアップに移行した。コスト的なメリットは得られなかったものの満足しているのはなぜか。同社が解決したかったものとは何か。(2021/6/3)

DRは本番とレプリカ機のデータ整合が費用・リスク抑制のカギ
「IBM AS/400」の災害対策、手頃なコストで確実な事業継続を実現するには
「リモートレプリケーション」は本番機が被災してもレプリカ機ですぐに業務を再開できる点が強みだが、構築と管理の難しさやITインフラのコストが課題だった。これらを解決するシンプルな答えは。(2021/6/8)

バックアップと復元で起こりがちな問題
「Microsoft 365」のバックアップはなぜ複雑か アプリの多彩さが落とし穴に
「Microsoft 365」にはさまざまなアプリケーションを利用できるメリットがあるが、バックアップが複雑になりやすいことに注意が必要だ。具体的にどのような問題があるのだろうか。(2021/6/1)

Microsoft 365のデータ消失に備える最適解
Microsoft 365のバックアップは必要ないのか? 調査で分かった「本音」とは
Microsoft 365で作成したデータのバックアップをユーザー任せにすると思わぬ落とし穴がある。クラウドサービスのデータ保護においては、データレジデンシーやプライバシー規制などさまざまな配慮が必要だ。注意すべきポイントは。(2021/6/1)

攻撃者の意表を突く
ランサムウェアからデータを完全に守る「書き換えられないバックアップ」とは
バックアップデータをも暗号化、浸食するランサムウェアが現れ、バックアップでの対策が無効になりつつある。これに対抗できるのは20年ほど前から存在する“忘れられた技術”と、専門家は語る。(2021/6/1)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【中編】
「仮想マシンの構築が簡単過ぎる」ことがもたらす深刻な問題とは?
サーバ仮想化製品のデメリットには、どのようなものがあるのか。導入後に起こり得るトラブルを予防するために、主なデメリットと、その解決策を理解しよう。(2021/5/28)

NASからSANへ乗り換えるべき7つの兆候【中編】
「NAS」をやめて「SAN」に移る目安とは? 可用性、信頼性、データ保護の問題
中堅・中小企業が「NAS」から「SAN」に移行するかどうかを見極める判断基準として、「可用性」「信頼性」「データ保護」の視点がある。事業継続性のリスクを排除するという観点で注目すべき「移行の目安」とは。(2021/5/27)

Teamsのセキュリティ問題を脅かす4つの脅威【後編】
「Teams」を悪用する「社外ユーザーによる情報漏えい」を防ぐ方法とは?
ビジネスチャットツール「Microsoft Teams」を安全に利用するために、企業はどのような脅威に備えればよいのか。主要な脅威と対策を整理する。(2021/5/20)

データ保護規制にも対処
クラウドデータ保護「DPaaS」とは? 使い倒す方法は?
バックアップやセキュリティ対策といったデータ保護のクラウドサービス「DPaaS」は、データ保護の運用効率化とデータ損失を防ぐ対策強化に有効だ。DPaaSを最大限に活用するヒントを紹介する。(2021/5/19)

Teamsでコミュニケーションコンプライアンス機能を使う4ステップ【後編】
「Teams」の不正チャット監視ポリシーを決める基本手順とは?
「Microsoft 365」のコミュニケーションコンプライアンス機能を使って「Microsoft Teams」のチャットを監視するために、IT管理者が決めなければいけないのが監視ポリシーだ。どのように決めればよいのか。(2021/5/19)

TechTarget発 世界のITニュース
FBIが警鐘を鳴らす「FortiOS」の脆弱性 “パッチ未適用”の製品が標的に
FBIとCISAによると、Fortinet製品が搭載する「FortiOS」の脆弱性を悪用したAPT攻撃が発生している。アップデートしていない製品が狙われているとみられる。(2021/5/18)

Teamsのセキュリティを脅かす4つの脅威【前編】
「Teams」を危険にする「偽通知メール」問題とは?
テレワークに不可欠なビジネスチャットツールは、攻撃者の狙い目となっている。主要なビジネスチャットツールの一つである「Microsoft Teams」を取り巻く脅威と対策を学ぼう。(2021/5/14)

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品の比較に有効
HCIの主要コストがすぐ分かる「TCO計算チェックリスト」
「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入を検討する企業は、各製品のTCOを比べると、自社に適した製品を選びやすくなる。TCOを計算するにはどうすればいいのか。まず確認すべきチェックリストを示す。(2021/5/14)

「2027年問題」で気になるデータ移行の課題
SAP S/4HANA移行で重要なストレージの信頼性、製品選びで重視すべき機能とは?
SAP ERP 6.0の標準サポートが終了する2027年を控え、SAP S/4HANAへの移行を検討する企業が増えている。一方、専用データベース「SAP HANA」においてはバックアップやリカバリーをはじめ懸念点も多い。これを解消するストレージの要件とは?(2021/5/18)

なぜ両方とも必要なのか
いまさら聞けない「RAID」「バックアップ」の基本的な違いとは?
「RAID」と「バックアップ」に勝敗を付けることはできない。RAIDもバックアップも、それぞれ優れている点がある。そもそも両者の違いは何か。(2021/5/13)

コンバージドインフラからハイパーコンバージドインフラ(HCI)に移行
ベンダー営業担当の説明は真実か? HCI導入の鉄鋼会社が取った確認方法とは
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を導入した鉄鋼会社Harrison Steel CastingsのIT担当者は、HCIベンダーの営業担当者による製品説明の真偽を確かめるべく、ある行動に出た。その行動とは。(2021/5/13)

TechTarget発 世界のITニュース
Acerへのランサムウェア攻撃をダークWebで暴露 “身代金5000万ドル”は本当か
台湾のPCベンダーAcerがランサムウェアに感染した疑いがある。同社は「異常な状況を観察し、関連する法執行機関に報告した」ことを認めた。(2021/5/13)

Teamsでコミュニケーションコンプライアンス機能を使う4ステップ【前編】
「Teams」の不正チャットを防ぐMicrosoft 365の機能とは? 有効にするには
従業員が「Microsoft Teams」でやりとりするチャットを監視するために、IT管理者が取り得る手段が、「Microsoft 365」のコミュニケーションコンプライアンス機能だ。どのような機能なのか。どうすれば使えるのか。(2021/5/12)

“脱Excel”か“活Excel”か
「Teams」で「Excel」を使う利点と“落とし穴”
「Microsoft Teams」の機能は便利ですが、「Microsoft Excel」のファイルを使った作業では意外な不便さを強いられることがあります。Teamsを使った共同作業でExcelファイルを扱う際のこつとは。(2021/5/17)

オンライン教育を脅かす攻撃【後編】
学校がサイバー攻撃の標的になりやすい“深刻な理由”
「教育機関は攻撃者に狙われやすい」とセキュリティの専門家は指摘する。それはなぜなのか。オンライン教育の導入で新たなセキュリティ問題に直面する教育機関が、今知っておくべき現実を整理する。(2021/5/6)

クラウドニュースフラッシュ
マネーフォワードがFinTechサービスを「AWS」で動かす理由
時事通信社やマネーフォワードが自社サービスのシステムにクラウドサービスを活用した事例や国内のパブリッククラウド市場調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2021/4/30)