「バックアップとコンテナ利用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/10/13)

光ファイバーで「スマート酪農」に挑むYeo Valley【前編】
乳製品メーカーは今なぜ「銅線」から「光ファイバー」に切り替えたのか?
英国の乳製品メーカーYeo Valleyは光ファイバーによるネットワークを導入し、高速通信ができるインフラを築いた。これまで銅線の電話回線を使っていた同社が、ネットワークの置き換えを決めた背景は。(2021/10/13)

パンデミックを乗り切るホテルチェーンのクラウド活用法【後編】
大手ホテルが脱オンプレミスに踏み切った、旅行業界ならではの“ある事情”
ホテルフランチャイズを営むChoice Hotelsは宿泊予約システムをはじめとした自社システムのクラウドサービスへの移行を進めている。その理由と、クラウドサービス移行で得られた効果とは。(2021/10/13)

テープ市場は拡大の一途【前編】
「テープ」が再び脚光を浴びた理由 普通のストレージにはない“ある利点”
テープはパンデミックによって出荷容量がいったん落ち込んだが、そのパンデミックによって新たな需要も生まれているという。テープが再び脚光を浴びた理由とは。(2021/10/12)

Uberが個人情報の取り扱いで犯したミス【前編】
Uberの「100万人分以上の個人情報漏えい事件」はなぜ起こったのか
オーストラリアのプライバシー監視機関の調査によって、個人情報を保護する適切な措置をUberが講じていなかったことが判明した。報告書の情報から、問題が発生した背景を読み解く。(2021/10/11)

Computer Weekly日本語版
増加する“脱クラウド”、その残念な理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/10/1)

クラウドニュースフラッシュ
トヨタ系地図サービス会社が、3大クラウドではなく「OCI」のDBMSを選んだ理由
国内企業の「OCI」の導入事例やクラウド利用状況調査の結果、「秘密計算」が可能なクラウドサービスの提供開始など、クラウドの主要なニュースを紹介する。(2021/9/30)

制作スタジオを支えるストレージシステム【後編】
メディア企業がNVMeストレージとテープを好んで使う理由 Quantumを選んだ決め手は
映像制作会社のEFDは大量データを扱う将来的な事業拡大を見据え、Quantumのストレージシステムを採用した。どのような仕組みが必要だったのか。(2021/9/28)

SaaS時代に求められるバックアップ対策
Microsoft 365のユーザー企業が抱える死角とは、リスクと対策を議論する
リモートワークの浸透を背景にオンライン業務を円滑化するMicrosoft 365の導入が広がり、重要なデータが蓄積されるようになった。標準の機能ではデータを守り切れないが、その事実はあまり認知されていない。今すぐできる対策とは。(2021/9/30)

TechTarget発 世界のITニュース
新しいランサムウェア「BlackMatter」現る 実体は姿を変えた「REvil」の可能性も
2021年7月に新しいランサムウェア「BlackMatter」が出現、作成者はサイバー攻撃者を“募集”している。ランサムウェア「REvil」が犯罪者フォーラムを利用禁止になった直後というタイミングから、2つの密な関係が浮かび上がっている。(2021/9/27)

セキュリティの敵「アクションバイアス」の正体と回避策【後編】
「サイバー攻撃を二度と受けない」が“最悪の目標”であるこれだけの根拠
強いストレスを感じる状況に置かれ、すぐに行動する衝動を抑え切れない「アクションバイアス」。企業はサイバー攻撃を受けたとき、どうすればアクションバイアスを避け、冷静に対処できるのか。(2021/9/27)

制作スタジオを支えるストレージシステム【前編】
映像会社がストレージに「StorNext」を使う訳 “他社もまねしたい”仕組みとは
メキシコのある制作スタジオは、NVMe接続ストレージとテープバックアップを使って事業拡大を見据える。これを支えるのはQuantumの「StorNext File System」だ。(2021/9/22)

ありがちな原因を整理
バックアップが失敗する4つの原因と解決策
システムを守るためのバックアップが失敗していたら致命的だ。確実にバックアップを取得するために、失敗の要因を低減しておこう。(2021/9/21)

ブロガーが語るネットワークの3つの問題【前編】
いまさら聞けない「拡張VLAN」とは? なぜVLANを拡張するのか
ネットワークエンジニアでブロガーのある人物は、ネットワークエンジニアは「拡張VLAN」について考えるべきだという。その根拠や拡張VLANの必要性を考える。(2021/9/13)

セキュリティの敵「アクションバイアス」の正体と回避策【前編】
ランサムウェア被害の企業が、バックアップを取っていても身代金を払ってしまう“心理的理由”
企業はサイバー攻撃の発覚後、即座に行動しようとする。ただし迅速に動き過ぎることはかえって適切な対処の妨げになる。どういうことなのか。理解の鍵を握るのが「アクションバイアス」だ。(2021/9/13)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第1回】
「仮想化エンジニア」になろう――その仕事内容と必要なスキルとは
仮想化エンジニアの職に就くにはまず、その役割を理解することと採用面接に通過することが必要だ。仮想化エンジニアの具体的な業務内容と、面接時に心掛けておきたいことを説明する。(2021/9/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
自治体や公共サービスを支える、高い可用性と安全性を備えるITインフラの姿とは
地方自治体や公共サービスを支えるITインフラには、何よりも可用性と安全性の高さが求められる。これらの要件を満たすソリューション構成の在り方を、岡山県真庭市をはじめとした複数の事例から探る。(2021/9/10)

自治体を狙うランサムウェア攻撃【後編】
ランサムウェアに襲われた自治体IT幹部に聞く、見落とせない対策ポイントとは?
自治体を襲うランサムウェア攻撃の手口が複雑化している。どう対処すべきなのか。実際にランサムウェア攻撃を受けた経験のある自治体のIT幹部に、対策のポイントを聞く。(2021/9/3)

「OTシステム」を狙った攻撃の脅威【中編】
Gartnerが推奨する「OTシステム」のセキュリティ対策“最重要ポイント”とは
Gartnerの報告書は、OTシステムへの攻撃に警鐘を鳴らしている。どのような対策を講じるべきなのか。こうした攻撃が目立つようになった背景と共に説明する。(2021/9/2)

ロイヤル・オペラ・ハウスの事例に学ぶ「クラウドじゃない」選択肢の価値【後編】
クラウドの約半額? ロイヤル・オペラ・ハウスが試算した「HCI」のコスト
クラウドサービスへの全面移行計画を白紙にしてNutanixの「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を導入した英国のロイヤル・オペラ・ハウス。決定の理由は「コスト」だ。実際にどのくらい削減できるのか。(2021/9/1)

複数のAWSアカウントを管理するための必須知識【後編】
AWSなどのクラウドサービスの不要アカウントを安全に削除する方法
クラウドサービスのアカウントを複数管理するときは、利用料金の増大を防ぐために全てのアカウントの利用状況を把握し、使わなくなったアカウントは完全に削除することが必要だ。これらの作業時の注意点とは。(2021/8/31)

「Apple Configurator」の限界と代替策【後編】
Hexnode、Jamf、DigiDNA……iPhone、iPad管理ツールの“本命”はこれだ
Appleのモバイルデバイスの管理ツールには、「Apple Configurator」以外にも複数の選択肢がある。それぞれどのようなメリットがあるのか。IT担当者の負荷を減らし、効率の良い管理への道を開く最適解はどれなのか。(2021/8/31)

自治体を狙うランサムウェア攻撃【前編】
ランサムウェアに襲われた自治体が、身代金を払わないために使った“切り札”とは
世界各国の自治体は、ランサムウェア攻撃に備えてどのような対策を進めているのか。実際にランサムウェア攻撃を受けた米国地方都市の取り組みを紹介する。(2021/8/27)

ロイヤル・オペラ・ハウスの事例に学ぶ「クラウドじゃない」選択肢の価値【前編】
あの名門歌劇場がクラウド全面移行をやめて「HCI」を選んだ“なるほどの理由”
英国のロイヤル・オペラ・ハウスはクラウドサービスへのシステム移行を検討していたが、ある理由で「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の採用を決定した。その理由は何か。HCI採用に至った経緯を追った。(2021/8/25)

急場しのぎのツールを使い続けていないか
「ハイブリッドワーク」導入前に見直したいネットワークセキュリティ 5つのポイント
テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。(2021/8/24)

「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【後編】
「Microsoft 365」や「Salesforce」のバックアップ対策が進まない本当の理由
企業がSaaSのバックアップ対策を十分に講じていない問題がある。それは決して製品が不足しているからではない。では何が問題なのか。(2021/8/24)

RDPセッションがフリーズする原因と解決方法【後編】
Windowsの仮想デスクトップにアクセスできないときの「証明書の確認」と、最終手段「ユーザープロファイルの再作成」の方法
RDPセッションが利用できなくなる原因は幾つかある。問題の原因を特定して再び利用できるようにする方法と、問題が解決しない場合の“最終手段”を説明する。(2021/8/17)

「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【中編】
SaaSのデータ保護を「重視する企業」と「軽視する企業」を分ける“あの特徴”
企業でSaaSの活用が進む一方、データバックアップの対策が十分に進んでいないのはなぜだろうか。バックアップを軽視する企業の特徴を分析する。(2021/8/17)

TechTarget発 世界のITニュース
Kaseya製品を踏み台にしたランサムウェア「REvil」攻撃 その影響範囲の実態は
ランサムウェア「REvil」による攻撃を受けたソフトウェアベンダーKaseyaは、数多くのユーザー企業に攻撃の影響が及んだことを発表した。その影響範囲は。(2021/8/12)

「市民も安心のデータ保護」をどう実現するか
古都ヨークが「Microsoft 365」保護にBarracudaのクラウドバックアップを使う“本当の理由”
英ヨーク市はオフィススイート「Microsoft 365」への移行に伴い、市民データを守るためのクラウドバックアップを導入した。何を選び、どのような目的で導入したのか。現場の評価ポイントも含めて紹介する。(2021/8/12)

RDPセッションがフリーズする原因と解決方法【前編】
Windowsの仮想デスクトップが使えなくなる「メモリ不足」とその解決方法
RDPセッションがフリーズし、仮想デスクトップが利用できなくなる原因の一つに、ホストの「メモリ不足」がある。メモリが不足していないかどうかを確認する方法と、その解決方法を説明する。(2021/8/10)

「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【前編】
「自社データは自社で守る」意識が浸透せず SaaSベンダー依存の“危ない橋”
「Microsoft 365」(Office 365)などのSaaSの活用が広がる中、企業の「盲点」になりがちなのがデータのバックアップだ。企業がSaaSのバックアップを軽視している状況が調査で明らかになった。(2021/8/10)

資源探査のデータを守るバックアップ
住友商事系の資源会社が「Veeam×VMware」から「HYCU×Nutanix」に乗り換えた訳
Summit Exploration and ProductionはVeeam Software製品とVMware製品で構築していたバックアップシステムを、HYCU製品とNutanix製品を組み合わせたシステムに移行させた。選定理由は何だったのか。実感した利点は。(2021/8/5)

Web会議の録画、便利で適切な使い方【後編】
Zoomなどの「Web会議」の録画データを正しく扱う方法
Web会議を録画することで、企業はさまざまなメリットを得ることができる。ただし録画データの適切な保持が不可欠だ。どのように保持すればよいのか。(2021/8/5)

「既定」と「最大」の容量は
「OneDrive for Business」の容量を増やすには? 注意すべきMicrosoft 365の制限
「Microsoft 365」を利用する場合、「OneDrive for Business」のストレージ容量の上限に注意が必要だ。その上限を増やす方法を紹介する。(2021/8/3)

「サイバー攻撃対策とバックアップ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/22)

サービス中断とどうバランスを取るか
クラウド移行時のバックアップと運用監視、確実に実施するために何が必要?
どうすればバックアップや運用監視などの課題を確実にクリアしてオンプレミスからパブリッククラウドに移行できるのだろうか。それぞれのポイントを解説する。(2021/7/28)

TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェアから復旧したはずの食肉業者が、身代金1100万ドルを支払った理由
食肉加工のJBS USAは、ランサムウェア攻撃からシステムを復旧させたと述べた数日後に、巨額の身代金を支払ったことを公表した。なぜ身代金を支払う必要があったのか。(2021/7/16)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」のまさかの被害者 バックアップ企業が負った痛手とは?
システムを保護することを専門とするベンダーも、サイバー攻撃の被害に遭うことがある。バックアップ用ストレージベンダーのExaGridがランサムウェアに感染し、260万ドルの身代金を支払った。(2021/7/8)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【後編】
「リモートアクセスセキュリティ」に成功する企業、そうでない企業の違い
リモートアクセスのセキュリティ対策は、どの技術を採用するかに加え、それらの技術をどのチームが管理すべきかも重要になる。調査結果から、セキュリティ技術をうまく活用するためのヒントを学ぼう。(2021/7/8)

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

TechTarget発 世界のITニュース
マルウェア「TrickBot」関連でラトビア国籍の女性が逮捕 プログラミングを担当
ランサムウェア攻撃にも使われるマルウェア「TrickBot」の攻撃に関わったとして、ラトビア国籍の女性が起訴された。どのような攻撃活動に関わっていたのか。(2021/7/5)

「Microsoft 365のバックアップ環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/6)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【後編】
重要システムを1日で復旧させた敏腕CIOが明かす「ランサムウェア対策のヒント」
米カリフォルニア州のユバ郡はバックアップ製品を活用し、ランサムウェア攻撃を認識してから1日以内に重要なシステムの復旧にこぎ着けた。復旧を率いた“敏腕CIO”が明かすランサムウェア対策のヒントとは。(2021/7/5)

テープ時代のルール
3−2−1バックアップルールはクラウド時代でも有効なのか
テープバックアップの時代に考案された3−2−1バックアップルールは今でも有効なのか。クラウドバックアップを前提にすると何が変わるのか。3−2−1ルールを改めて検討する。(2021/7/5)

「リモートアクセスセキュリティ」成功企業の条件【前編】
リモートアクセスセキュリティの“勝ち組企業”を見分ける「SIPI」とは?
リモートアクセスのセキュリティ対策の“成功企業”を見分ける指標があるという。それは何なのか。調査会社Nemertes ResearchのCEOが説明する。(2021/6/30)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

バックアップでランサムウェア攻撃を乗り越える【中編】
身代金は払わない ランサムウェア被害のCIOが安心した「バックアップ」の効果
米カリフォルニア州のユバ郡がランサムウェア攻撃から迅速に復旧できた背景には、バックアップ製品の活用があった。同郡はバックアップ製品を使ってどう備え、どう攻撃に対処したのか。(2021/6/30)

「こんなはずでは」を未然に防ぐデータ保護
DX時代のIT-BCP/DRには何が必要? 従来製品では足りない「万が一」への備え
ビジネスがデジタル化し、システムの停止が企業活動の停止に直結するようになった現代、データ保護の重要性は増している。だが従来のバックアップ方式では、いざというときの復旧に不安が残るという。どうすれば対処できるのか。(2021/7/28)