VDI(仮想デスクトップインフラ)が古い技術なのに今でも求められるのはなぜ?「VDI」はまだ役立つのか【第3回】

新しい技術ではないにもかかわらず、「VDI」(仮想デスクトップインフラ)へのニーズが消えないのはなぜなのか。VDIが企業から支持され続ける理由とは。

2023年09月15日 07時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 仮想デスクトップ(仮想PC画面)をサーバで運用する「VDI」(仮想デスクトップインフラ)は、決して新しい技術ではない。それでもVDIは依然として、企業の重要な投資対象になっている。それは新旧の重要な課題に対処する手段として、VDIが有効に機能することが分かっているからだ。具体的には、どのような課題なのか。

だから「VDI」は欠かせない

 テレワークとオフィスワークを組み合わせるハイブリッドワークや、BYOD(私物端末の業務利用)を採用する企業では、従業員がさまざまなクライアント端末を使用し、さまざまな場所で仕事をする可能性がある。こうした働き方を実現する手段として、VDIは役立つ。

 企業がVDIを導入すれば、従業員は利用中のクライアント端末の種類や場所を問わず、仮想デスクトップで仕事ができるようになる。ローカル端末に企業データを残さないようにすることで、ローカル端末の盗難・紛失による情報漏えいリスクを抑えることも可能だ。

 レガシーアプリケーションを利用可能にする手段として、VDIを生かすこともできる。サーバで稼働するアプリケーションの画面のみをローカル端末に転送する「アプリケーション仮想化」により、ローカル端末で直接実行できないレガシーアプリケーションを利用することが可能だ。


 用途によっては、オンプレミスインフラでVDIを構築するよりも、仮想デスクトップのクラウドサービスである「DaaS」(Desktop as a Service)の方が適する場合がある。第4回は、オンプレミスVDIではなくDaaSを選ぶメリットを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...